スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カナダ ~ 違いがあるからこそ強い国

 2016-10-03
Prime Minister Justin Trudeau’s Address to the 71st Session of the United Nations General Assembly
ジャスティン・トルドー首相 第71回国連総会スピーチ


New York, New York
September 20, 2016



Good afternoon.
こんにちは。

Mr. President, fellow delegates, and friends. It is an honour to be with you today.
ミスタープレジデント、代表団の皆さん、友人たち。共に今日ここに同席していることに誇りを感じます。

And it’s wonderful to be here in the great city of New York. Once again this week, New Yorkers showed us how to be resilient and resolute in the face of violent extremism.
ここ、偉大なニューヨークにいることもすばらしいことです。今週、再び、ニューヨークの人々は暴力の過激主義をものともせず、快活にかつ毅然としている姿を私たちに見せてくれました。


On behalf of everybody in this room, let me say directly to the people of New York: you are a model to the world. And we thank you.
この会場にいる全ての人を代表して、ニューヨークの人々に直接言わせてください。あなた方は、世界のモデルです。私たちは、本当に感謝しています。


Exactly one year ago, Canada was in the middle of a long and closely fought election campaign. 78 days on the road, and I can assure you in Canada there are 78 days worth of roads.
ちょうど1年前、カナダは長期にわたる選挙運動の真最中でした。78日間街頭に立っていました。そして、その街頭での78日はカナダでは価値のあるものだったと確信しています。


It is the responsibility of a leader to spend time with the people they were elected to serve.
人々に仕えるために選ばれたリーダーが、その人々と共に過ごすことは、一人のリーダーとしての責任です。


If you want the real stories, you have to go where people live. Coffee shops and church basements, mosques and synagogues. Farmer’s markets. Public parks.
本当に何が起こっているのかを知りたければ、人々の暮らす場所へ行かなければなりません。コーヒーショップ、教会の地下、モスク、ユダヤ教会へ。直販市、公園へ。


justin-trudeau25.jpeg


It was in places like that that I got the best sense of what Canadians were thinking, and how they were doing. And through the politeness—because we Canadians are always polite, even when we’re complaining—I learnt a few things.
カナダの市民が何を考え、どんな風にすごしているのかを知る最良の場所はそういうところなのです。そしてその礼節を通して - たとえ文句を言っているときでもカナダ人はいつも礼儀正しいのです - 私は学んだのです。


I talked with people my age who were trying to be hopeful about their future, but found it tough to make ends meet, even when they were working full time.
自分たちの未来について希望を持とうとしている同世代の人たちと話しましたが、たとえフルタイムで働いていても収支を合わせるのが難しいことを知りました。


I heard from young Canadians who were frustrated. Who told me that they couldn’t get a job because they don’t have work experience, and they couldn’t get work experience because they don’t have a job.
失望している若い世代のカナダ人からも話を聞きました。職歴がないから就職できず、仕事がないので職歴も積めないのだと言っていました。


I heard from women and girls who still face inequality in the workplace and violence just because they are women, even in a progressive country like Canada.
カナダのような進歩した国においてでさえも、女性だからというだけの理由で、職場で不平等と暴力に直面している女性たちにも話しを聞きました。


I met parents working hard to give their children every chance to succeed, but were afraid that their efforts won’t be enough.
自分たちの子供たちに成功するチャンスを与えたくて必死に働いているけれども、自分たちの努力がまだまだ十分ではないのではないかと不安に思っている親たちにも会いました。


And I had the opportunity to share meals with retired seniors who worked hard their whole lives and are now forced to rely on food banks.
そして一生働きづめで生きてきたのに、今はフードバンクに頼るしかないのいうお年寄りの人たちと食事を共にする機会もありました。


I’ve had too many distressing conversations with Canadians over the past few years. But they made something very clear to me.
過去数年間、カナダの市民と多くの痛ましい会話を交わしてきたのです。しかし私にとって、彼らにとてもはっきりしていたものがありした。


Canadians still believe in progress. Or at least, that progress is possible.
カナダの市民はまだ、進歩することを信じています。あるいは、少なくともそれが可能であると。


But that optimism is mixed with a lot of concern.
しかしその楽観主義は多くの不安と混ざり合ったものです。


Obviously, Canadians are not alone in feeling that way. Those feelings are ubiquitous. That anxiety is a reality.
明らかに、カナダ市民だけがそんな風に思っているわけではありません。このような感情はいたるところにあります。この不安感こそが現実なのです。


When leaders are faced with citizens’ anxiety, we have a choice to make.
リーダーたちが市民の不安と直面するとき、私たちには選択肢があります。


Do we exploit that anxiety or do we allay it?
その不安感を利用するのか?あるいは和らげるのか?



Exploiting it is easy. But in order to allay it, we need to be prepared to answer some very direct questions.
利用するのは簡単です。しかし、和らげるためには、いくつかの直接的な疑問に答える用意が必要です。


What will create the good, well-paying jobs that people want, and need, and deserve?
人々が望み、必要とし、そして誰もが与えられるべき、質のよい、給料のよい仕事を生み出せるのは何なのか?


What will strengthen and grow the middle class, and help those working hard to join it?
人々が一生懸命働きたいと思い、中流階級を強化し成長させられるものは何なのか?


What will build an economy that works for everyone?
誰にとっても利益のある経済を築くのは何なのか?


What will help to make the world a safer, more peaceful place?
この世界をより安全で平和な場所にできるのは何なのか?


To allay people’s anxiety, we need to create economic growth that is broadly shared, because a fair and successful world is a peaceful world.
人々の不安を和らげるために、私たちは広く共有できる経済成長を作り出す必要があります。公平で成功に満ちた世界というものが、平和な世界だからです。


We need to focus on what brings us together, not what divides us.
自分たちを分断するものではなく、共に協力できるものに焦点を当てる必要があります。



For Canada, that means re-engaging in global affairs through institutions like the United Nations. It doesn’t serve our interests—or the world’s—to pretend we’re not deeply affected by what happens beyond our borders.
カナダにとって、それは国連のような機関を通して世界情勢に再び関わっていくことを意味します。自分たちが国境の外で起きていることに深く影響を受けてないふりをすることは私たちの-あるいは世界の-関心を満たすことではありません。


Earlier this year, we helped negotiate the Paris Agreement on Climate Change. As part of our commitment to implementing that agreement, we announced that Canada would invest $2.65 billion over five years to fund clean, low-carbon growth in developing countries.
今年の初め、わたしたちは気候変動についてのパリ協定の交渉に関与しました。その協定を実行するという約束の一部として、カナダが5年間を通して発展途上国におけるクリーンで、低炭素排出の成長を遂げるために26億5千万ドルを投資することを発表しました。


In order to help promote peace and security in areas affected by instability, we reaffirmed our support for NATO and committed ourselves to expanding Canada’s role in United Nations peacekeeping operations.
不安定さに影響を受けている地域の平和と安全を促進するために、NATOへの支持を再確認し、国連の平和維持活動におけるカナダの役割を拡大することも約束しました。


And we hosted the Fifth Global Fund Replenishment Conference, where we increased our contribution by 20% by giving more than $800 million to the Global Fund. And we also encouraged our partners to increase their contributions, making it possible to raise $13 billion in support of ending AIDS, tuberculosis and malaria by 2030.
私たちは、第五回世界基金補充会議を主催し、世界基金に対して8億ドル以上を補充することで貢献額を20%増やしました。そして、私たちのパートナーにも更なる貢献を働きかけ、それは、AIDS、結核、マラリアを2030年までに撲滅するための支援を可能にするものです。


We’ve done all this—and will do much more—because we believe we should confront anxiety with a clear plan to deal with its root causes.
これら全てのことを成し遂げたのです。-そしてまだまだ続けますが-なぜなら、問題の根っこに取り組むための明確な計画をもって、不安感に立ち向かうべきだと信じているからです。


And we believe we should bring people together around shared purposes like the UN Sustainable Development Goals.
そして、私たちは国連の持続可能な発展を遂げるという目標のような共通の目的について結束するべきだと信じています。


Because what is the alternative?
ほかの方法があるでしょうか?


To exploit anxiety?
不安感を利用しますか?


To turn it into fear and blame?
それを恐怖と非難するということにに変えてしまいますか?


To reject others because they look, or speak, or pray differently than we do?
誰かの外見や、言葉、あるいは祈り方が自分たちと違うということで否定しますか?


You see, in Canada we got a very important thing right. Not perfect, but right.
見てください。カナダではとても大事なことを正しく成し遂げています。完全ではないかも知れませんが、正しく、です。


In Canada, we see diversity as a source of strength, not weakness. Our country is strong not in spite of our differences, but because of them.
カナダでは、多様性を強さの源と考えています。弱さではありません。私たちの国は自分たちの違いにもかかわらず強い国なのではなく、違いがあるからこそ強い国なのです。


cabinet-concern.jpg
男女15名ずつ。マイノリティーといわれる先住民、インド系、アフガニスタン系カナダ人、身体障害者が閣僚メンバーに選出され、18名は初めての入閣、という新しさ?で話題を呼びましたね。


And make no mistake: we have had many failures, from the internment of Ukrainian, Japanese and Italian Canadians during the World Wars; to our turning away boats of Jewish and Punjabi refugees; to the shamefully continuing marginalization of Indigenous Peoples.
勘違いしないでください。私たちは多くの失敗を犯してきました。世界大戦中のウクライナ系、日系、イタリア系カナダ人の抑留から、ユダヤ人、パンジャブ人難民船を追い払ってしまったこと、不名誉にも、先住民の人たちを軽んじ続けてきてしまったことにいたるまで。


What matters is that we learn from our mistakes, and recommit ourselves to doing better.
何が大事なのかといえば、私たちが失敗から学び、行いを改めることを再度自分たちに約束するということです。


To that end, in recent months, Canadians have opened their arms and their hearts to families fleeing the ongoing conflict in Syria. And from the moment they arrived, those 31,000 refugees were welcomed—not as burdens, but as neighbours and friends. As new Canadians.
そのことについて言えば、ここ数ヶ月間、カナダはシリアで起こっている絶え間ない戦闘から逃げてきた家族たちに心から手を差し伸べました。難民たちが到着した瞬間から、3万1000人の難民たちは歓迎されたのです-重荷としてではなく、隣人、そして友人として。新しい、カナダ人として。


syrian refgee


That effort brought Canadians together. In an almost unprecedented fashion, the government worked with the business community, engaged citizens and civil society to help the newcomers adapt to their new country.
この努力がカナダ人を一つにしました。かつてないやり方で、新しくカナダに到着する人たちが、彼らにとっての新しい国に順応できるように、政府が実業界と共に働き、市民、市民社会と関わってきたのです。


But our efforts will not truly be successful until those refugees have become established, full-fledged members of the Canadian middle class.
しかし、私たちの努力は、難民の人たちがカナダの中流階級のメンバーとして十分認められ、その位置を確立するまでは、本当の意味で成功したとは言えません。


And I want you to know that this objective is within our grasp—not because of what we have done, but because of what they are themselves.
そして、この目標は私たちの理解においてではなく、つまり、私たちが成し遂げてきたことが何か、ではなく、難民の人たち自身がどうなのか、ということだということを理解してください。


You see, refugees are people with the same hopes and dreams as our own citizens.
難民の人たちは、私たちカナダ人とおなじ希望と夢を持っている人たちだということが、お分かりいただけるでしょう。


But while our people have felt anxiety, Syrians faced catastrophe.
私たちが不安感を抱いているとき、シリアの人々は大惨事と直面していました。


Do you want to know where Syria’s middle class is?
シリアの中流階級の人たちがどこにいるか知りたいですか?


They’re living in refugee camps in Turkey, Lebanon, and Jordan.
彼らは、トルコ、レバノン、ヨルダンの難民キャンプで暮らしています。


They’re moving across Europe, looking for a place to set down roots, to get their kids back in school, find steady work, and be productive citizens.
ヨーロッパ中を移動し、根を落ち着かせる場所を探しています。子供たちを学校に戻し、安定した仕事を見つけ、実りの多い市民となるために。


Refugee camps are teeming with Syria’s middle class. Doctors and lawyers. Teachers and entrepreneurs. They’re well educated. They work hard. They care about their families. They want a better life—a safer and more secure future for their kids—as we all do.
難民キャンプはシリアの中流階級の人たちで満ちています。医師、弁護士、教師、企業家たちです。高い教育を受けているのです。よく働きます。家族たちを大事にしています。もっとよい暮らしがしたいのです。私たち全員がそうであるように、安全で、子供たちのためにもっと将来が確保された暮らしを望んでいるのです。


So when I say that I hope that the Syrian refugees we welcomed will soon be able to join our middle class, I am confident that we can make that happen.
私たちが歓迎したシリアの難民が、すぐに中流階級に加わることができることを望んでいると発言したからには、それを実現することが私たちにはできると自信を持っています。


And we’ll do it by offering to them the same things we offer to all our citizens—a real and fair chance at success.
そして、私たちがカナダの全ての市民に提供していること-成功するための真の公平な機会-を、彼らにも提供することでそれができるのです。


We’re going to do all we can to build a strong middle class in Canada.
私たちはカナダの力強い中流階級を作り上げるためにできることは何でもします。


We’re going to invest in education, because it gives the next generation the tools they need to contribute to the world economy and succeed.
私たちは、教育に投資します。なぜなら、教育が次世代に世界の経済へ貢献し、成功するために必要な道具を与えることができるからです。


We’re going to invest in infrastructure because it creates good, well-paying jobs for the middle class and helps to make our communities better places to live, work and invest.
私たちは、インフラに投資します。なぜなら、インフラが中流階級の人たちにとって、質の良い、良い給料の仕事を作り出し、わたしたちのコミュニティーを住みやすく、働きやすく、そして投資しやすい場所にするからです。


We’re determined to build an economy that works for everyone—not just the wealthiest 1%—so that every person benefits from economic growth.
私たちは、全ての人に役立つ経済を作り上げることを決意しました。-1%のもっとも裕福な人たちだけではなく-全ての人がその経済成長から利益を得られるように。


And we are going to refuse to give in to the pressure of trading our cherished values for easy votes. The world expects better from us, and we expect better from ourselves.
そして、安易な投票で自分たちの大事な価値を利用しようとする圧力に負けることは拒否します。


In the end, my friends, there is a choice to be made. Strong, diverse, resilient countries like Canada didn’t happen by accident, and they won’t continue without effort.
最後に、友人たちよ。私たちには選択すべきことがあります。カナダのような、強く、多様な、快活な国々は偶然できたわけではありません。努力なしに、続けることはできないのです。


Every single day, we need to choose hope over fear, and diversity over division.
一日一日、私たちは恐怖より希望を決別ではなく多様性を選択する必要があります。


Fear has never fed a family nor created a single job.
恐怖は、家族を養うことも、たった一つの仕事を作り出すこともできません。


And those who exploit it will never solve the problems that have created such anxiety.
そして、恐怖を利用する人たちは、不安を作り出している問題を解決することは決してできないでしょう。

こういう報道をしている国、身近にたくさんありますよね・・・カナダも前政権がそうでしたが・・


Our citizens, the nearly 7.5 billion people we collectively serve, are better than the cynics and pessimists think they are.
私たち市民は、私たちが共に仕えるほぼ75億人の私たちは、思っているほど皮肉屋でも悲観主義者でもありません。


They want their problems solved not exploited.
彼らは、問題を利用されるのではなく、解決されることを望んでいます。


Listen, Canada is a modest country. We know we can’t solve these problems alone.
はい、カナダは慎み深い国です。これらの問題を自分たちだけで解決できないことは分かっています。


We know we need to do this all together.
皆がともに協力する必要があることは分かっています。


We know it will be hard work.
それが大変な仕事であることも分かっています。


But we’re Canadian. And we’re here to help.
それでも私たちはカナダ人です。そして、私たちは、その手助けをするためにここにいます。






今の社会の仕組みと常識の中で、平等に皆が豊か(物質的>精神的 と言う意味で)になるためには、彼の言っていることがまともなほうなのかもしれません。


世界一貧しい大統領だった、ムヒカ大統領にはまだまだ及びませんが、


ほとんどのカナダ人の思いを見事に代弁してくれている言葉は胸に響きます。


政権が変わり、


やっぱり、カナダはカナダらしさを取り戻しましたね!


息子たちは、日本人という自覚がなく、カナダ人だと思い込んでいます。



『違いがあるからこそ強い国』

diversity.jpg


小さいころからそういう価値観の社会で育ったものにとって、

半生以上、カナダで過ごしている私にとっても、


やはり日本は閉鎖的だと感じてしまうのは仕方のないことなのでしょう。



平和への第一歩は、

何よりも


~違いを受け入れ尊重する~


ここからなのだと思います。


大きくは、


人間も、動物も、植物も、生きとし生けるもの全てのものへの感謝と尊重


ですね!





関連記事

世界を変えるのは、大きなことではなく、小さなこと

 2016-09-21
collective_evolution_logo.jpg

25 SIMPLE WAYS YOU CAN ACTUALLY CHANGE THE WORLD
実際に世界を変えることができる25つの簡単な方法


DAN FRIES AUGUST 18, 2016

change world

Turn on the TV. What do you see?
テレビをつけると流れてくるのは何ですか?

Tornadoes, typhoons, devastation everywhere. Homeless people, corrupt politicians, poverty.
竜巻、台風、どこもかしこも惨状。ホームレス、腐敗した政治家たち、貧困。

Robbery, rape, murder.
強盗、強姦、殺人

Climate change. War. Pollution.
気候温暖化、戦争、汚染

I could go on and on. But just a few of these is enough to make one feel depressed about what’s going on in our world.
まだまだ続けられますが、世界で何が起こっているかで落ち込んでしまうには、これだけで十分です。

Seven continents, 193 independent countries. You are one human being in a world of 7.4 billion other individuals. You want to help make a difference.
7大陸にある193の独立国。あなたは世界にいる74億の人間のうちの一人です。そして世界を変えたいと思っています。

You want to change the world — but how?
世界を変えたい、でもどうやって?

You’re just one person — a tiny speck compared to 7.4 billion people. Can you really change the world by yourself?
あなたはたった一人の人間。74億人に比べれば点のような小さな存在です。本当に自分だけで世界を変えられるのでしょうか?


The answer is a resounding yes! Many people think that one person can’t make a difference. But imagine this: 7.4 billion individuals each doing something to change the world. So you see, change can start with one person. Change can start with you, right here, right now.
答えは、声高らかに、イエス!です。多くの人は1人では何も変えられないと思っているでしょう。しかし、想像してみてください。74億人の一人ひとりが世界を変えるために何かをしたとしたら。そう、もう分かるでしょう。変化というものは一人の人から始まるものなのです。あなたから、ここで、たった今から。

Here are 25 simple ways for you to start changing the world:
ここに、世界を変えるためにできる25の簡単な方法を紹介します。


1. Volunteer. Volunteer for a few days and immerse yourself in new experiences. This will help you see life through new lenses and will enlighten you about the different situations in your community.
ボランティア
数日間でもボランティアをして新しいことに没頭してみましょう。新しいレンズで自分の人生を見ることができ、あなたが住んでいるコミュニティの中の今までとは違った状況に気づかされるでしょう。


2. Support a cause. Find something you are passionate about and fight for it. It can be saving the environment or raising funds for a new hospital. Join groups that support your advocacy.
何かの運動を支持する
自分が情熱を持てるものを探し、そのためにたたかってみましょう。環境を守ることかもしれませんし、新しい病院のための資金集めかもしれません。あなたが擁護したいと思うグループに参加するのもよいでしょう。


3. Respect others. It is important to respect everyone and to afford each person their right to be treated with decency and humanity. There is more to what meets the eye, so erase prejudices, eliminate labels, and stop judging.
他人を尊重する
全ての人を尊重し、礼儀を持って人道的にそれぞれの人の権利が守られることが重要です。表面だけでは分からないことがあります。偏見を捨て、レッテルを貼らず、独自の判断するのはやめましょう。


4. Pay it forward. Take a photo for a tourist or open the door for someone. Random good deeds are pleasant surprises. You have no idea how it affects other people, especially those who aren’t used to being treated that way. More than how it makes the people you help feel, you might even start a ripple with your intentional generosity and helpfulness.
恩送り
観光客に写真を撮ってあげる。誰かのためにドアを開けてあげる。そんななんでもないやさしい行為がうれしいサプライズなのです。それがその人にどんな影響を与えるかは思いもよらないものです。とくにそういうことをされるのに慣れてない人たちにとっては。あなたが親切にした人たちがどんな風に感じたか、ということより、その意図的な寛大さや思いやりで小波を起こすことさえできるかもしれません。




5. Adopt from your local shelter. Most animals in shelters are rescues in need of loving homes. If not adopted, they will be euthanized. Adopt a rescue and give animals a second chance. You will also get a new best friend as an added bonus!
地域のシェルターの里親になる
シェルターに救われてきたほとんどの動物たちは、愛を注いでくれる家を必要としています。里親がいなければ、安楽死させられてしまいます。里親となって、もう一度チャンスを与えてあげましょう。ボーナスとして、新しいベストフレンドを手にすることにもなるでしょう!


6. Be more conscious about health and nutrition. Try to eat more vegetables and fruits than meat. Aside from the physical and mental benefits you’ll get, the environment will also benefit from this change in lifestyle. You will also be supporting farmers in need by purchasing their produce.
健康と栄養について更なる意識を高める
肉より、野菜やフルーツを多く食べるようにしましょう。肉体的、精神的な利益もさることながら、そのライフスタイルを変えることで環境にもよい利益があるのです。そして、その産物を購入することで農家を支えることにもなります。


7. Keep the environment clean. Others may not be as conscious as you when it comes to properly disposing garbage. Take a walk. You can change the world by picking up litter — yes, even other people’s litter.
環境をクリーンに
ゴミについて、あなたほどに意識をしていない人がいるかもしれません。散歩してみましょう。落ちているゴミを拾うだけで世界を変えられるのです。そう、ほかの人のゴミを拾うのです。


8. Bond with the elderly. The elderly spend their days reminiscing about the past or trying to catch up with the changing times. Spend time with your grandparents and be thankful they are still with you. If they are no longer present, try visiting the elderly around your neighborhood. You never know what you might learn from them.
年配の人と繋がる
年老いた人は追憶の日々を送ったり、変化する時代に追いつこうとしています。祖父母とすごしたり、彼らがまだあなたと共にいてくれることに感謝しましょう。もし祖父母がもういないのであれば、近所のお年寄りをたずねて見ましょう。彼らから学ぶことがあるかもしれません。


9. Make yourself heard. Don’t be afraid to speak out about your concerns and opinions. Use your voice to influence and educate others on important issues. Don’t hold back. Sign petitions, issue statements, and write letters. You have a constitutionally guaranteed right to share your thoughts.
あなたの言葉を届ける
あなたが懸念していることや、あなたの意見について声を上げることを怖れないでください。重要な問題について、ほかの人に影響を与え、教えてあげるために言葉を尽くしましょう。抑えることはありません。嘆願書に署名をし、声明文を出し、手紙を出しましょう。あなたの考えを共有する権利は憲法で確約されているのです。


10. Support your family and friends. You know how it feels to have someone believe in you more than you believe in yourself. Be a cheerleader for the important people in your life. The world needs stronger relationships.
あなたの家族、友達を支える
自分自身を信じる以上に、あなたを信じてくれる人がいることで、どんな風に感じるか分かりますよね。あなたの人生で大事だと思う人のチアリーダーでいてください。世界には、強いつながりが必要なのです。


11. Appreciate strangers. The world would be better if only we learned to appreciate people. Give waiters tips for exceptionally good service. Say hi to your building doorman — it must be pretty boring holding the door open for everyone all day. Smile at janitors and thank them for keeping things in order.
見知らぬ人たちへの感謝
人々に感謝をすることを覚えておくだけで、世界はよくなります。サービスが抜群だったら、そのウェイターにチップをあげましょう。ドアマンにありがとうといいましょう。一日中出入りする人にドアを開け続けるのは、かなり退屈に違いありません。管理人に微笑みかけ、問題がないように働いてくれていることに感謝しましょう。


12. Conserve electricity and water. Turn off appliances and lights when not in use. Don’t use the air conditioner when the temperature is bearable. Turn the shower off when you are soaping, shaving, or applying shampoo. Water may be abundant now, but the future is still uncertain.
電気と水の節約
電化製品、電気を使っていない時は消しましょう。絶えられるのであれば、冷房の使用をやめましょう。石鹸を使っている時、ひげうを剃っているとき、シャンプーをしている時にシャワーを止めましょう。今水は豊富にあるかもしれませんが、将来のことはまだ不確定なのです。


13. Let go of your stuff. Minimal is the current trend in Japan. They believe that it’s better to own less stuff. Admit it, you have a lot of things that you haven’t used for the past six months. Yet, you don’t want to give them up because having things creates a sense of security in us.
物をためない
最小限にとどめるのが今の日本のトレンドです。できるだけ物を持たないことがよいのだと日本人は信じています。過去半年使わなかったものがたくさんあることを認めましょう。それをあきらめられないのは、持っているということだけで安心するという感覚になっているだけです。

410sn-mdGaL._SX351_BO1,204,203,200_
なんだか、これ、爆発的な人気ですね♪

There are people in the world who are content with just one pair of footwear though they need more. You’re doing yourself a favour by training yourself to be less materialistic. Seize the opportunity to bless others with stuff you don’t even need but will go miles in the hands of someone else.
世界には、もっと必要なのに、靴を1セットだけ持っていることで満足している人たちもいます。物質的なものを減らすようにしてみましょう。自分が必要でないものが誰かほかの人の手に渡れば、それがずっと価値のある恵みとなるという機会をつかみましょう。


14. Connect by disconnecting. Because of technology, we have been spending more and more time online. Disconnect from social media at least for a few hours per day. Reconnect with people you haven’t talked to in a while. Engage in face-to-face conversations over coffee or tea and not Skype for a change. While technology does have a lot of benefits, it can throw our brain out of balance and hinder real human connection.
接続をきることで繋がる
テクノロジーが故、私たちがオンラインでいる時間は増え続けています。少なくとも一日数時間はソシアルメディアの接続をきりましょう。しばらく話していなかった人と、再び繋がりましょう。気晴らしに、スカイプではなく、コーヒーやお茶を飲みながら面と向かった会話をして見ましょう。テクノロジーからの利益はたくさんありますが、私たちの脳のバランスを崩し、本当の人と人のつながりを阻害する可能性もあるのです。


15. Buy from small businesses. Buy from street and market vendors and even peddlers you see often. They’re making a living to eat and not to buy a new car or condo. Also, patronize and support your local artists and workers.
小さな会社のものの購入
小さな商店やマーケット、あるいはよく見かける行商人から物を買いましょう。彼らは食べるために商売をしているだけで、新しい車やマンションを買うためではありません。地域のアーチストや仕事をしている人たちを支援しましょう。


16. Buy fair-trade goods or products with advocacies. When you buy fair-trade goods, you help farmers get a fair price for their products. These products can be handicrafts, coffee, flowers, tea, honey, and a wide variety of stuff that you usually fill your grocery cart with.
支持する意味でフェアートレードの商品を買う
フェアートレードのものを購入することで、農家の人たちが、自分たちの作物に公正な値段をつけることができます。手作りのもの、コーヒー、花、お茶、蜂蜜、いつもスーパーで買う様々なものです。

You can also look into buying products that have advocacies connected to them. There are some products that are made by special children, elderly, and even prisoners. Buy from those who need your money most.
それらの商品が、どんなことを唱道しているのかを調べてみるものよいでしょう。特別な事情のある子供たち、お年寄り、囚人などが作ったものもあるでしょう。お金を一番必要としている人から、物を買いましょう。


17. Give an anonymous donation. Choose an organization that you would like to help and give a portion of your savings anonymously. Any amount will do — even loose change can go a long way.
匿名の寄付
自分が手伝いたいと思う組織に、自分の貯金の中から少し匿名で寄付しましょう。金額は問題ではありません。端た金でさえ、ちりも積もれば山となる、です。


18. Recycle. Let go of plastic, and reuse materials if possible. Plastic does not degrade, and if we don’t do our part, it will continue to pile up and pollute our soils, seas, and skies.
リサイクル
プラスチックをなくしましょう。そして、できるなら再利用しましょう。プラスチックは退化しないのです。あなたが何もしなければどんどん山積みになり、土、海、空を汚染し続けることになるでしょう。


19. Go digital! Use less paper so that fewer trees will be cut down. Minimize printing and exchange documents over email.
デジタル化!
紙の使用を減らせば、木が倒されることを減らせます。印刷を最小限し、Eメールで文書のやり取りをしましょう。


20. Explore alternative options for transportation. Share a ride with someone. You can also try biking or even walking for short distances. Aside from helping minimize pollution, you are also doing your body a favour by being more active.
交通手段を考える
車では誰かと相乗りしましょう。短い距離なら自転車や、歩くこともできるでしょう。汚染を減らすことができる上に、自分自身の運動にもなります。


21. Reach out to the homeless. Give food to the homeless man who sleeps outside your building. Remember the stuff you cleaned out from your place? You can give some old clothes and blankets to the homeless people near you.
ホームレスの人に手を差し伸べる
建物の外で寝ているホームレスの人に食べ物をあげましょう。自分の家の片付けをしたときにいらなくなったものを覚えていますか?古着や毛布など、近くにいるホームレスの人にあげることだってできるのです。


22. Be a role model. Bond with children — it can be nieces, nephews, or your friend’s kids. Listen to their stories and share some motivating ones in return. Be an inspiration and keep your mind open. Even adults can learn something from children.
人の見本となる
子供たちとつながりましょう。甥っ子、姪っ子、友達の子供たちなど。彼らの話を聞き、お返しに彼らを励ますような話をしてあげましょう。激励の人となり、心を開きましょう。大人だって、子供たちから学ぶことがあるのです。


23. Plant in your backyard. A small green space in your backyard can already have a huge impact when maximized. You can use it to plant herbs or flowers. With your own edible garden, you can be self-sufficient and food secure. You can also share your skills with others and teach them how to achieve what you did.
家庭菜園
庭に小さな畑を作ることで、それが最大に利用されたとき、とても大きなインパクトを与えることができます。ハーブや花を植えてもよいでしょう。自分が食べるための畑を持つことで、自給自足ができ、食べ物を確保できます。自分の知識、経験をほかの人と共有し、その人たちが同じようにできるように教えてあげましょう。

20140418DSC_0606.jpg


24. Be a listener. Oftentimes, words aren’t needed. Be a listener to those who need to vent out frustrations. Lend an ear to someone who needs to be heard. The world will benefit if people are granted safe spaces to express themselves without malice or judgment.
聞き手になる
しばしば言葉は必要ありません。苛立ちを吐き出す必要のある人の言葉に耳を傾けましょう。誰かに聞いてもらう必要のある人に、耳を貸しましょう。安全な場所が確保され、悪意や判断なしに自分の言いたいことが言えることで、世界がよくなるのです。


25. Spread positive vibes. The media may bombard us with terrible news, but there are also beautiful, heart-warming stories everywhere. Strike a balance and be the bearer of inspiration in a devastation-torn world. You’ll never know the effect that your random smiles will have on someone’s day.
ポジティブ感覚を広める
メディアは、酷いニュースを私たちに浴びせているかもしれません。しかし、美しく、心温まる話はどこにでもあるのです。どちらか極端に偏ることなく、惨状に引き裂かれる中、激励の使者となりましょう。あなたが何気なく微笑むことが、誰かのその日の救いとなるような効果などないとはいえないのです。


Remember, a small act can have a lasting impact. A drop creates a ripple that disturbs the calm. You may be one person, but if others are inspired by your actions, they might follow your example.
小さな行動こそ、長いインパクトになるのだということを覚えておいてください。一滴が静寂をやぶる小波となるように。あなたは一人の人間ですが、もし、誰かがあなたの行動で鼓舞されることがあれば、その人たちは同じようにするかもしれません。


Imagine if every living person did just one of these 25 things every day — the world would definitely change for the better.
今生きている全ての人が、この25のことを毎日したと想像してみてください。世界は確実によい方向に変わるでしょう。




本当に世界が変わるというのは、

限られた人が、人並みはずれた大きなこと、偉大なこと、劇的なことをすることからではなく、

普通の、一人ひとりのわたしたちが、

本当に小さな、簡単な、

でも、意識的な、やさしい心で日々繰り返し、一瞬一瞬を積み上げることで、



ある日突然大転換するというのではなく、

自分の子供の成長を絶え間なく見るように、

確実に、少しずつ世界が成長し、

気が付けば、すごく変わったね。。。!!

という事がおきる現象なのだと思います。


YEAH!!!!私たち!!!!!

私たちひとり・ひとりが、世界を変えるのです。



関連記事

今年のエリーの夏休み♪

 2016-08-12
久しぶり~の再会



関連記事

放射能問題~分断からACCEPTへ

 2016-07-08
7月3日 三宅洋平 選挙フェスDay12 JR新宿西口


53m23sから

東京のみなさんにここでひとつ、話しにくいことを話させてください。
今回の僕のアジェンダ、2番目に掲げたのが、脱被曝測りまくる日本。いや、測りまくれ日本。

今日自由が丘で演説をしたら、後ろの駅前の植え込みが0.18マイクロシーベルト/HOUR。
いまだにホットスポットは東京にもたくさんあります。福島原発で飛散した放射性物質は、8割が海に流れました。2割が日本の国土に降り注ぎました。その2割を広島型原爆に換算すると、100発分なんです

先ほどもお話しましたように、広島や長崎に人々が、長く、不確定な情報の中で自覚もなく苦しんできた現状がありますが、その50倍の量のものが日本の国土に降り注ぎ、ものによっては利根川や荒川を通って海に流れたかもしれないが、物によってはいまだに沈殿し、あるいはものによっては除染しきれず、除染をしてもまた戻りますからね。そして土自体は消えないし、その辺の植え込みや、こういった街中のいろんな角々、辻辻にたまってるんですよね。風が吹けば舞います

だけど、今の政府は、内部被曝というものをほとんど計算に入れていないし、常に外部線量の話しかしません。だから今多くの人が、ガイガーカウンターもってる人ですら、0.056くらいか。だいぶ落ち着いてきたね、なんて言うんですけど、違いますよ

呼気被曝食べる量の6倍の空気を、容積として6倍の空気を僕らは日々吸って生きてるんです。まぁ、人によっては断食できる人もいるかもしれませんけどね。空気だけは、誰でも吸い続けますからね。それが肺の中にたまる。

だけど第五福竜丸のとき、ビキニ環礁の水爆実験のなかにたまたまエリア内にいたあのマグロ漁船の人々が被曝をし、そして亡くなったときに、世界で、被曝で死ぬのは私たちを最後にしてほしい、と言い残したとき、実はほかに400艘の4百隻の漁船が近海にいたんですよ。第五福竜丸を持ち上げることで、ほかの被害の実態を矮小化し、そして、その人々は自分が被曝で死んだということすら自覚のないまま苦しんで死に、医者も首をかしげ、最終的には、「お父さん、お酒の飲みすぎだったからね。」家族はそう言って納得してきたんです。

同じことが、チェルノブイリや、ベラルーシでも起きてます。同じことが今まさに、東日本でも、いや西日本も含めて起ころうとしているんです。

僕が、原発震災、あの直後に東京を脱出したときは、仲間たちとも大きな軋轢が起きました逃げるのか。俺は東北へ友達を助けに行く。といって、放射能色濃い中へ飛び込んでいった仲間たちもたくさんいます。

お前は沖縄に逃げるんだ。これまでお前が言ってきたことはじゃぁ、何なんだよ。いつも先頭に立って、原発のことや、社会のことを俺たちに教えてくれた三宅洋平が先頭たたないでどうすんだよ。

僕は、放射能だけは俺たちは勝てないから、逃げるという姿勢でしか証明できなかったんです。危険を。

それから何ヶ月も何年も袂を分かった仲間たちもいました。でも今5年が経って、そういった感情的な軋轢はだんだん埋まってきて、特に僕は全開選挙に出たことで自分の本気を認めてもらえて、また仲間の結束が戻り、こうして今日も音楽を共に奏でる仲間たちが集まってくれてるんですよね。

なぜ俺たちがばらばらに分断されたのか
危ない、危なくない食べるか、食べないか住むか、住まないか。

それは政府が正しい情報をわれわれに与えなかったからです。その1点に尽きるんです。僕が測りまくれ日本、を掲げたときには、いやいや、国は、測ってるぜ。ただ教えてないだけだ、そう言ってくれた仲間もいます。事実です。彼らはきっと測ってます。

だけど今実態としては、表に出る情報は、青息吐息の市民測定所、みんなのカンパで成り立ってます。あるいはやってる人たちが自分の自腹でやってます。それか個人。そして、今日演説してくれた松戸市議、ラッパーデリくんのような、児童公園を全部土壌を含めて自分で測ってるような気合の入った議員のわずかな情報です。

たとえば線量が0.138出てるような公園のちょっと線量の高いところ、そこの土壌を測ると、それもケースバイケースで密度が全然違います。数千ベクレルの場合もあれば、何万ベクレルと跳ね上がるときもあります。そこを何も知らずに子供たちが遊んでいるのが、今の日本という、平和な国なんです。

soil cs
福島より放射能汚染が深刻な首都圏のホットスポットが判明! 飲料水が汚染される可能性も?[2016年03月24日]

air filter
横浜 空気清浄機フィルター 放射能測定結果


これは僕たちの力だけでやることは無理です。だから国にやってほしいと突き上げていますが、だけど、自分が立候補して分かったんです。政治家も人間です。官僚も人間です。突き上げられると心が動かないんですよ。なぜなら彼らも瑣末のいろんなことに頭を悩ませながら生きていて、もう、ほかでやることでいっぱいなのに、突き上げてこられたら、圧力団体に圧力かけられても、心が動かないんですよね。

今ネット上で僕に到底答えきれないような量の質問が飛んできてます。そういう政治に対するスタンス自体を僕らもやはり壊れてるんですよ。だから、一緒に国会に行きたいんです。


7月4日 三宅洋平 選挙フェスDay13 JR立川駅

26m10sから

ここに立つと思うんですよ。あぁ、自分の命の使い方を見つけられて、俺はとても幸せだと。それは長生きしたいさ。湯川さんみたいな素敵な年のとり方してる人を見ると、俺も80歳まで行きたいなぁ、と思うよ。だけど、80まで生きることが先に目的にあるはずじゃないよね。命をどうやって使うかをみつけることが俺は幸せだと思うんだよ。それを積み重ねて積み重ねて長生きできたらHappyだな、と。だから、恐れずに進んでいきたいです。

放射能の話させてください。
5年たちました。
原因がわからないけれども、20台のサーフィンやってる仲間が突然胃がんになって、医者の宣告より5倍はやく亡くなったり、40歳の仲間が脳梗塞で妻子を残して逝ってしまったり、
自分の顔が全国に広いせいもあるんだろうけど、なんかおかしいな、っていうのが多いんです。

直後はあまりにみんなが感情的だったんで、こういう話はとてもしにくかったし、
そして、これは、危ない、危なくない。逃げる、逃げない
そういうことが友人関係や家族を分断してきました。

その理由は何ですか?

直ちに健康に影響がないとか、全く親心を持たない政府の発表
そして情報を正しく出さない政府の態度
僕たちはたぶらかされてきたんです。

でも、5年がたって、少しマインドが落ち着いてきたから、
あえて、僕は、東京選挙区で今回、脱被曝、測りまくる日本というアジェンダを掲げても、おそらくみんなは心のどこかで受け入れてくれるだろうと、リスクをしょいながらも、受け入れてくれるだろうと思ってこれを掲げています。

昨日自由が丘で街宣やったときも、裏の植え込みが0.18マイクロシーベルト/HOURでたんです。ホットスポットはいまでも各地に点在しています。

福島原発で、あの事故で出た放射性物質の8割が海へ、2割が陸地に降りました。2割だけでも、広島型原発100発分なんです。そしてそれは今も消えてません。これからもずっとあります。雨や風によっていろんなところへたまります。

まず実態調査を国がちゃんとして、あるいは、もう既にしている調査の情報をちゃんと僕らに提供する。そういうことを国会行って要求していきたいんです。

もう恐れずに目を向けて子供たちを守り、子供たちを守る大人たちを守らなきゃいけないときがきてますベラルーシやウクライナで何が起きたのかを、ちゃんと目を背けずに僕らは調べそこから学べることを、彼らという未来が語ることを、受け入れていかなきゃいけないんです。

じゃぁ、測りまくってどうするんだよ、って言われます。
今、お医者さんに行って、自分が調子が悪いのは放射能のせいじゃないんですかって、相談できますか?ほとんどできないと思うんです。そのことを言うのがタブーみたいになってますよね。日本の医療制度をちゃんとそういった国民のみんなが胸のうちに秘めてる不安に寄り添う形にしていかなければいけないと思いませんか?

医師会を除名されるのが怖くて本当は気づいてるけど口を開いてないお医者さんともたくさん話しをしてきました。彼らは細々と現場で患者と対峙してきてるんです。そっと相談に乗ったりしてるんです。

同じことはメディアでも起きてます。本当のことを伝えたくてちゃんと取材をしているんだけれども、デスクが通さない。あるいはデスクががんばってもその上の上司が通さない。なぜなら、後ろにロイヤル株主がいるからですよね。

ボブ・マーリーの最大の仲間、ピーター・トッシュはこういいました。”Get Up, Stand Up! Don’t give up the fight.”あれから40年の時間がたって、僕はこういいたいんです。”Get up, Stand up! Don’t give up to stop the fight”怒りと戦いでは話は片付かない。怒りと戦いの先にある許しまでたどり着く、対話の道を歩みたいです。東京選挙区、無所属立候補、三宅洋平に力をください。




5年たったから、冷静に話しができる?かな?

せっかく忘れてるんだから、蒸し返さないで、って思う人が多いのかな?


5年経って、わたしも感じてる。


長く生きることではなく、次の瞬間に失くしても後悔しないように、

自分の命を全うしたい。


危険だと分かっていても、

そこにいるかけがえのない理由があることも、

前より理解できるような気がする・・・





関連記事

UNITE!

 2016-07-03
7月2日 選挙フェス DAY11 渋谷ハチ公前



これは文字起こし出てくるの待ってられず・・相変わらずの主観バリバリの抜粋書き起こしです!字幕に感謝!いつもありがとう!ARTE 

日本のみならず世界が大きく動き出しています。
僕たちは常にどん詰まりまで追い込まれないと動き出しません。それが人間です。
だから、今起きているいろんなネガティブなこと、その全てが僕らにとって糧になっているということ。
ここまで追い詰められて初めて僕らが気づくこと。
そしてそこから湧き上がること。
そして周りを見渡したときに同じ事を思う人がたくさんいるということ。
それをこうやって選挙という場所で確認できる自由があることを。
まだまだ日本は捨てた国じゃないっていうことを確認させていただいております。ありがとう!

vivian.jpg
日本の若いみなさん、心の若い皆さん。
お願いですから、この機会を革命を起こすために使ってください。
しっかり生きましょう。
世界をよりよい場所にするのです。
三宅洋平に投票しましょう。

ビビアン・ウェストウッドはこの間シュールガス発掘に関してそれはちっとも環境によくないって事を講義するために英国首相官邸に白い戦車に乗って乗りつけました

vivian 2


今世界で1番気合が入っているグランドマザーの一人です。後に続きましょう

僕らはクーデターを起こしたいわけではありません
だからこの巨大なデモンストレーションも、最大限秩序を守り、警察の皆さんの協力を借りて、こうやって、皆さんの動線をなんとか確保しながらそこを行きかう車の邪魔もしないように、「だけどこれは選挙だから、ごめんけどここまでは許して」、という範囲でやらせていただいています。

僕たちは、安倍さんや麻生さんを、彼らが政治的に犯したミステイクを許したいんです。
革命という言葉は、「上がしたになり下が上になる」という定義が存在します。
違う。俺がやりたいのは、じゃぁ、革命じゃない。
上も下もない世界を作りたいんです。

「安倍政治を許さない」ではなくて、
安倍政治を許さにゃい」くらいでいきたいんです。

もちろん動物殺処分はゼロです。

人間のことだけを規定した憲法だって、全生態系の権利を人権と等しく規定するような、エクアドルの新憲法のような環境第一に考えた憲法を作る必要があると思ってるんです。

しかし、政治的に誰かを許そうというときには、まず一度歴史を検証する必要があります。
そして、彼らに政治責任を取ってもらう必要があるんです。そうじゃないと許すことができません。
政治責任を取る、とはどういうことか。
責任与党と言っている方々に責任を取ってもらうためには、選挙という名の国民の負託で、彼らに政権を代わってもらうことが責任を取るということなんです。

非暴力コミュニケーション
共感コミュニケーション
ぎりぎりまで対話を続ける民主主義の基本。それがデモクラシー。
言葉の粋を尽くした、アイヌの言葉でいえば、「チャランケ」
そのポリシーを国会に取り戻す為に三宅洋平を山本太郎に続く2議席目のドンデモ議員として国会に送り込んでほしいんです。

遅れをとらないでください。
この時代の潮流に、世界が大きく動き出したんです。
超大企業が、あるいは株や為替が国家の仕組みを超えて人々をないがしろにしていく世界を、もう俺たちが止めるんだっていうことをここで約束してほしいんです。

政治家ってのは、命を懸けて本当のことを皆さんに伝えるのが仕事なんじゃないんですか?どうしてあの時、安保法制が通るときに、牛歩したのが山本太郎一人なんだ?って僕は思ったんです。
牛歩は一人より二人の方がいいですよね。

藪を掻き分け掻き分け僕らがこじ開けてきたこの細い道の後に
「あぁ、なんか政治家ってかっこいいんじゃないか」って思った若い人たちが、
僕や山本太郎の後に続いてくれると信じてます。

この11日間だけでも、東京中の街頭演説に結構若い人が来てくれてます。
18歳から選挙権があるんですよね。
投票率を60%、70%まで押し上げれば、固定票、組織票で固まっている自公の計算が大きく狂うんです。
なぜなら、彼らは組織で固めてるから、今からこれ以上票をつみますことができないんですよ。
街頭演説を見てください。3人とか5人しか人が立ってないんです。
誰も人の心を動かせてません
お金だけ動かしてるんですよ。

だから今回は「投票に今まで行ってない人たちが投票に行ってしまうこと」が彼らが一番恐れていることなんです。

全開の国政選挙、自民党に投票下人1765万人。
投票に行かなかった人。つまりセンスがよすぎて政治が耐えられない、そういうイケテル人々。つまり今ここにいるほとんど全員ですね。4922万人。

election.jpg


日本で最大の政党は、「政治なんかダサくて見てらんねぇよ。」っていうそんな皆さんなんです。そのおよそ5000万人の気持ちを今回の選挙にはぶち込んでほしいだよ!

安倍さんはガリガリくん一本、政治資金で買ってたわけですよね。山本太郎がTBSできっちり証明してくれた。



舛添さんがやってる事とあんまり変わんないのに、何で舛添さんだけがあんなにマスコミにたたかれたのか?
常に情報は、スピンコントロールスピンコントロールそう、それがファシズム。人々をだましてでも自分たちの行きたい方向へもっていこうとする
麻生さんいいましたよね?「ナチスの手口でも見習ったらいいんだ」って。
だけど麻生さん、たぶんあなたはあなたのつたない英語でマイケル・グリーンやアーミテージにだまされていませんか

だけどもし彼の心の中にも国を想う気持ちがカケラでもあるなら今からでも引き戻せますよ。俺んちに晩飯くいにきたら大歓迎します。どうも国会議員の皆さんは東京に長くいるのでこの5年間で多少被曝していると思いますよ。おいしい酵素玄米とか、俺の手作りみそとかマジで効きますから!いつでも歓迎します。

晋三さん、昭江さん、確か皆さん代々木のほうに住んでますよね?聞こえますかぁ?!

ナマ言ってる三宅洋平という若造を許してください。僕もあなたたちのミステイクを許します。そこから同じ対話のテーブルについてくれませんか?

日本会議の皆さん。創価学会の皆さんの皆さんもすでに気づいて立ち上がりましたよ。



あなたたち自身が一番騙されてるっていうことにそろそろ気づいてほしいんです。
利用されないでください。戦争で儲ける人たちに。
それは日本人ですらない

世界の富の99%を買い占めた1%の人々と言うのはたぶん国家意識持ってません。
国家意識を持っていない人たちが戦争で儲けるために使うのが国家意識なんです。
人々をナショナリズムで煽り立てて、中国では抗日運動日本では中国の脅威論
日本と中国を仲悪くさせて儲かる奴らがいるんですよ。
軍需金融、IMF、その中枢。

OK。その人たちのことも「許さにゃい。許したい。」そして「許してほしい。」そんな地球を作りたい。

気候変動。Climate Change.レオナルド・デカプリオが先頭に立って、30万人のでもが繰り広げられたり、世界ではそういうことが起きているときに、まだ日本では天皇陛下を元首に掲げると言う自民党憲法改正草案が押し通されようとしてるんです。

気づいてください。
騙されないでください。
自信を持ってください。
自覚を持ってください。
あまたは不景気の下で、低賃金で仕事があるだけマシなんていう精神状態で働かされるほど矮小な小さな存在ではないということを。


自信を持ってください。
あなたが夢見ることは実現できるをいうことを。

ビジョンを持ってください。
恥ずかしがらずに語ってください。

Imagineしてください。
ジョンレノンのように。

だから少し前にスペインで起きたあの運動は、こう叫んだんです。
Podeoms, Podemos
俺たちはできる、俺たちはできる俺たちはできるんだ、って口にしてほしいんです。

国会議員が717人います。
僕はそこに言って、全てのドアをノックするでしょう。
そして全ての議員のハートをノックするでしょう。
国民の声を届けにきたよ。愛される国会議員になってほしいから、俺の話を聞いてくれないか、って。
そこに右も左もないんですよ。
新の保守とは国家の暴走から国を守ることだ。
じゃぁ、国ってだれだ?
国体か?皇家か?経済か?経団連か?
違う。国とは、そこに生える民草。この土壌の上に生える民草
あなただ、あなただ、あなたなんだ。俺なんだ!
I,I, I、I and I and I and I
アイとアイが循環するこのアイの循環社会
俺たちが国なんだ、って言うことを彼らに思い出してもらうんです。

公明党を押し上げてきた創価学会の力。
今の自民党を作ってきた、あるいは民進党にもいる280人の議員抱えてきた日本会議の力。それは想いの力、そして運動の力なんです。
想いは違えどREPECT

その先にあるのは、
ここには俺たちって言う声もあるんだ!っていうことを証明する力
です。
さぁ、新しい国会を作ろう
まずは自民党の改憲草案をボツにしたあとに
全ての意見が尊く等しく語られる、そんなテーブルを国会に作りましょう。
そしてそこに、三宅洋平を送り込んでください。
よろしくお願いします!




何だろう。

ずっとずっと昔。

本当に昔。

教科書に出てくる日本史が始まるときよりずっと前の。

ものすごく懐かしい日本人の魂を感じる・・・・・


20160629三宅洋平 選挙フェス Day8 JR蒲田駅西口

20160630三宅洋平 選挙フェス Day9 多摩センター

20160701三宅洋平 選挙フェスDay10 北千住駅

関連記事
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 20歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 17歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 8歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。