スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

忘却の彼方の神風福島50 in JAPAN

 2013-01-20
イギリスより。

guardian-logo1.jpg


Fukushima 50: 'We felt like kamikaze pilots ready to sacrifice everything'
福島50: 「全てを犠牲にする事を覚悟した神風特攻隊のようだと感じた」



Nuclear plant staff live unseen in the shadow of the disaster, says worker Atsufumi Yoshizawa, as Japan grapples with the fallout from the world's worst nuclear accident since Chernobyl
チェルノブイリ以来世界最悪の原子力事故からの死の灰と日本が格闘している時に、災害の陰の中で人目に触れず生きていたのだと語る原発スタッフ、ヨシザワ・アツフミさん。

Justin McCurry in Tokyo

guardian.co.uk, Friday 11 January 2013 13.11 GMT

Dressed in a dark-blue work jacket with his company motif stamped on his breast pocket, Atsufumi Yoshizawa does not look like a man who spent the best part of a year in the thick of battle.
胸ポケットに社章のついた深い青色の作業ジャケットに身をまとい、ヨシザワ・アツフミさんは、戦いの真っ只中で1年の大半を過ごした男のようには見えません。


Yet that is how he describes his time among the group of engineers, technicians, soldiers and firefighters who risked their lives to remain at the heart of Japan's worst nuclear crisis.
しかし、日本の最悪の放射能危機の中心に命をかけて残った技師、技術者、自衛隊員、消防士のグループの中で過ごしたその時の事をそのように彼は語るのです。


The international media named them the Fukushima 50, although the actual number of workers who stayed to handle the triple meltdown at Fukushima Daiichi nuclear plant ran into the hundreds.
世界のメディアは彼らを福島50と名づけました。実際福島第一原子力発電所でのトリプルメルトダウンを処理するのに留まった作業員の数は何百人にも及びましたが。


control room
The Fukushima No 1 nuclear power plant control room. Jolts from an earthquake caused ceiling panels to crash to the floor. Photograph: AFP/Getty Images


They became the heroes of the disaster. The world feted their bravery and selfless dedication, an antidote to the opprobrium being poured on Japan's hapless nuclear safety officials and politicians. But at home, almost all of the Fukushima 50 have remained anonymous. Some shun the spotlight, but many others fear reprisals as the public continues to grapple with the environmental and political fallout from the world's worst nuclear disaster since Chernobyl.
彼らはその災害時の英雄となりました。世界中が彼らの勇敢さと私心のない献身を祝福しました。哀れな日本の原子力安全保安員や政治家たちに注がれた恥辱への毒消しだったのです。しかし自国では、ほとんど全ての福島50は今でも匿名です。スポットライトを避ける人もいます。多くの他の人たちは報復を怖れているのです。国民は今でもチェルノブイリ以来世界で最悪の原子力災害からの環境、政治の降下と格闘しているからです。


In a rare interview, Yoshizawa describes how the crisis unfolded, and why he does not consider himself a hero.
めったにないインタビューで、ヨシザワさんはどのように危機が展開し、なぜ自分を英雄だと思わないのかについて話してくれました。


atsufumi yoshizawa
Atsufumi Yoshizawa, a member of the Fukushima 50 who was in charge of two reactors at Fukushima Daiichi. Photograph: Tokyo Electric Power Company


When Japan's north-east coast was shaken by a magnitude 9.0 earthquake on the afternoon of 11 March 2011, Yoshizawa was certain of two things: he would not flee, and he would not die.
2011年3月11日に、東北海岸がマグにチュード9・0の地震で揺れたとき、ヨシザワさんは2つのことを確信しました。-自分は逃げないこと。そして、死なないこと。


The 54-year-old nuclear engineer was about to end his shift at Fukushima Daiichi when the first powerful jolt arrived. Violent swaying ensued, causing panels to crash from the ceiling. Yoshizawa, who was in a corridor outside the plant's main control room, was forced to crouch on the floor before talking shelter beneath a desk.
その54歳の原子力技術者は、最初の強い揺れが福島第一原発を襲ったとき、自分のシフトを終えようとしているところでした。激しい揺れが続き天井のパネルがガラガラ音をたてました。中央制御室の外の廊下にいたヨシザワさんは、机の下に避難する前に床に身をかがめなければなりませんでした。


"I managed to look out of a window and saw parked cars bouncing up and down from the sheer force of the earthquake. I had never experienced anything like it," he said in a recent interview at the headquarters of the plant's operator, the Tokyo Electric Power Company (Tepco).
「なんとか窓の外を見ることができ、止まっている車が地震のたて揺れの力で上下に弾んでいるのを見ました。こんな経験は一度もありませんでした。」と、彼は東電本社でのインタビューに答えて言いました。


Yoshizawa, who joined the company straight from university 30 years ago, was one of 6,000 workers on site that afternoon, a third of them in the restricted area near the plant's six reactors. His immediate thoughts were not with his wife and two daughters, who he assumed were safe at home in Yokohama, south of Tokyo, but with his colleagues, most of whom had families living near the plant.
30年前に大学を卒業してすぐに入社したヨシザワさんは、その日の午後現場にいた作業員6千人のうちの一人でした。その発電所の6つの原子炉の近くの制限された場所にいた1/3の人たちです。ヨシザワさんがまず思ったことは、自分の妻と2人の娘ではありませんでした。東京の南、横浜の自宅で安全だと思っていたのです。そうではなく、ほとんど家族が原発付近に住んでいる、彼の同僚のことだったのです。


Tsunami
津波


Once the shaking had subsided, Yoshizawa, a slight, bespectacled man who has swapped his anti-radiation suit for a shirt and tie since his transfer last year to the Tepco headquarters, where he is general manager of the nuclear fuel cycle department, headed to an earthquake-proof room where senior staff had gathered to discuss their response.
去年東電本社に核燃料サイクル部の部長として転属させられてから放射線防護服をYシャツとネクタイに換え、めがねをかけたヨシザワさんは、一度揺れがわずかに静まると、年長のスタッフが対応について話し合っている耐震の部屋へ向かいました。


It was there, less than an hour after the quake, that news began to circulate that the plant had been struck by a tsunami much bigger than the 3-metre wave predicted in news bulletins – and far higher than the facility's protective seawall had been built to withstand.
地震から1時間もしないうちに、発電所が臨時ニュースで予測された3mよりも大きな津波-そして、津波に持ちこたえるために立てられた発電所の堤防よりはるかに高い波に襲われてたという知らせが回りだしたのは、その場所でした。


The evacuation building had no windows, so none of the men inside could see the tsunami as it ripped into the front of the reactor buildings, uprooting everything its path and sweeping them away on a tide of filthy seawater. "The next I heard was that there was a problem with the electricity supply, and there were reports of debris floating in the sea," Yoshizawa says.
避難棟には窓がありません。津波が原子炉建屋の正面になだれ込み、通った道筋にある全てを絶滅させ汚れた海水の潮に押し流し去った時、中にいた男たちは誰もそれを見ることができませんでした。「次に私が聞いたものは、電気の供給に問題が生じたということで、海には瓦礫が漂流しているという報告がありました。」とヨシザワさんは話します。


But the reality was even more menacing. The tsunami had crippled the plant's backup power supply, plunging it into darkness. Worse still, it had deprived four of the six reactors of the power required to cool the nuclear fuel rods inside.
しかし、現実は、もっと殺気だったものでした。津波は発電所のバックアップ電源を破壊し、暗闇の中に突き落としました。更に悪いことに、中の核燃料棒を冷すのに必要な6つの電源のうち、4つが奪われたのです。


If Yoshizawa could consider himself fortunate in those circumstances, it was that the two reactors under his control – units five and six – were already in cold shutdown for planned maintenance checks. But for as long as the power stayed off, nuclear fuel rods in the remaining four reactors would melt, causing a potentially catastrophic release of radioactive material that would reach far beyond Fukushima.
もしヨシザワさんが、これらの状況の中で自分を幸運だと考えることができたとしたら、それは2つの原子炉が制御下にあったということです。5号機と6号機は既に定期整備検査のため、冷温停止状態だったのです。しかし、電源がない限り、残りの4つの原子炉にある核燃料棒は溶けてしまい、福島をはるかに超えたところにまで及ぶ、破局的な放射能放出の可能性に繋がるのです。


with IAEA
Atsufumi Yoshizawa meets a member of an International Atomic Energy Agency delegation at the Fukushima plant in May 2011. Photograph: Tepco


Withdrawal
撤退


The prime minister at the time, Naoto Kan, has since claimed Tepco was poised to pull out all of its employees, believing the situation had become irrevocable. Kan, who has converted to the anti-nuclear cause since leaving office in autumn 2011, told staff a withdrawal would spell the end of Tepco. In his darkest moments, he would later admit, he was making mental preparations for a possible evacuation of greater Tokyo, an area of 35 million people.
その当時の菅直人首相は、東電が従業員を全て撤退する構えで、その状況は変更できなくなったと考えていたと主張しています。2011年の秋に官邸を去ってから反核運動に転換した菅氏は、スタッフに対し、撤退が東電の終わりを意味するのだと告げました。彼はこの最も暗黒の瞬間に、3500万人が暮らす東京首都圏の避難の可能性を心の中で準備していたのだ、と後に認めました。


Disagreements over a possible withdrawal rumoured to have taken place in the capital never filtered through to the men on the frontline, according to Yoshizawa. Some among the vast network of Tepco contractors and subcontractors ordered their employees to leave the plant. They were joined by other workers who lived in the communities in the path of the tsunami or which were imperilled by the reactor meltdowns. None of the workers had been able to communicate with their families; some would return to find their homes had been swept away. But at no point was anyone forced to stay, Yoshizawa said.
東京で起こった撤退の可能性のうわさの否認については、最前線の男たちを通して、ということは全くなかったとヨシザワさんは言います。東電の契約会社、そのまた契約会社の巨大なネットワークの中のいくつかは、彼らの従業員に発電所を去るよう命令がありました。津波に襲われ、原子炉のメルトダウンで危険に曝された地元に住む作業員が、加わりました。作業員の誰も、家族と連絡を取ることができませんでした。何人かは、家に戻り家が流されていることを知りました。しかし、留まることを強制された人は、どの時点でも誰もいなかった、とヨシザワさんは話しました。


"I never thought of leaving. I had to stay and get a grip on the situation. I wasn't thinking about my family, only about the other workers and how worried they must have been about their own families.
「その場を去ろうとは全くおもいませんでした。留まり、状況を把握しなえればならなかったのです。自分の家族のことは考えませんでした。他の作業員のことと、彼らが家族の事をどんなにか心配しているに違いない、ということだけを考えていました。」


"We knew that we would not be replaced. No one was forced to stay, but those of us who remained knew that we would be there until the end. We knew that we were the only people capable of saving the plant. Our determination surpassed all other considerations."
「代わりの人がいないことは分かっていました。誰も留まることを強制されませんでした。しかし残っている者たちには最後までそこにいるのだということが分かっていたのです。自分たちだけが、この発電所を救うことができるのだと知っていたのです。」


Yoshizawa says the hardest part of his job was sending junior colleagues into dangerous situations. The plant was frequently rocked by strong aftershocks, and the proximity of so much water to electrical equipment was an ever-present danger, as was the risk of acute radiation sickness.
ヨシザワさんが、自分の仕事で最も困難だったのが若い同僚を危険な状況に送り込むことだった、と言います。発電所は頻繁に強い余震に襲われました。電気装置付近の大量の水は、常に危険でした。急性の放射能障害の危険があったのです。


The day after the tsunami, the plant was rocked again when a hydrogen explosion ripped though the building housing reactor No 2. Within days, two more units would suffer similar explosions.
津波の日の後、水素爆発が2号機の建屋を引き裂いたとき、発電所は再び揺れ動かされました。数日のうちに更に2つの原子炉が同様の爆発に見舞われます。


"Several workers were injured during the hydrogen explosions, and telling people to go back into dangerous areas was tough. But [Masao] Yoshida [the then plant manager] never asked anyone to do the impossible; he knew that would only put lives at risk. By taking that approach, he united us all behind our mission."
「何人かの作業員が水素爆発中に負傷し、危険な場所へ戻るように言うのは辛いことでした。しかしヨシダ・マサオ所長は不可能なことを誰かに要請したりは決してしませんでした。それが命を危険に曝すことだけにすぎないと分かっていたのです。その様なやり方で、彼は、私たちの使命の背後で私たち全てを団結させたのです。


fukuichi.jpg
Aerial shot of the No 3 nuclear reactor at the Fukushima Daiichi nuclear plant in Minamisoma. Photograph: Reuters/Digital Globe


Explosions
爆発


Momentary relief came when Yoshizawa was moved to a disaster-response headquarters 5km from the plant. While he was there, the Fukushima crisis entered an even more dangerous phase, as two explosions in reactor buildings hampered efforts to direct a constant stream of coolant water at overheating fuel rods.
原発から5kmの災害対応本部にヨシザワさんが移動した時、つかの間息抜きができました。そこにいた間、福島危機は更に危険な局面に突入していました。2つの原子炉での爆発が、オーバーヒートしている燃料棒の冷却水を常時流すことに向けた試みを妨げたのです。


After three days off-site, Yoshizawa and several Tepco colleagues decided they had no choice but to return to Fukushima Daiichi. As they left the crisis headquarters, firefighters, police officers, soldiers and nuclear officials lined up to salute them. "We felt like members of the Tokkotai [the kamikaze pilots of the second world war] in that we were prepared to sacrifice everything," he says. "The people lined up outside never said as much, but I could tell by their expressions that they didn't think we would return."
3日間現場から離れたあとで、ヨシザワさんと何人かの東電の同僚たちは、福島第一原発に戻る以外の選択はないと決断しました。危機管理本部を後にした時、消防士、警官、自衛隊員と原子力関係者たちが一列に並び彼らに敬礼しました。「私たちは、何もかも犠牲にする覚悟の中で、神風特攻隊のようだと感じていました。」と彼は言います。「外に並んでいた人々は多くを話しませんでした。しかし彼らの表情から、私たちが戻らないと思っていることは察しがつきました。」


By the time Yoshizawa arrived back at the plant, the international media were referring to him and his colleagues as the Fukushima 50, though the actual number of workers probably ran into the hundreds, with each team working shifts shortened by their exposure to constantly spiking atmospheric radiation. "I had heard the term Fukushima 50, but in fact there were many more people at the site, many more than I had imagined. And no one was panicking."
ヨシザワさんが発電所に戻るまでに、国際メディアは彼や彼の同僚を、福島50と呼んでいました。激増し続ける空気中の放射線の被曝のため短いシフトで作業していたそれぞれのチームがあり、実際の作業員の数はおそらく何百に達していましたが。「福島50という言葉は聞いていました。しかし実際に現場にはもっと大勢の人がいたと思います。そして誰もパニックにはなっていませんでした。」


Over the weeks that followed, the Fukushima 50 resigned themselves to a daily routine of long shifts, wrapped head to toe in protective clothing, and uncomfortable nights sleeping on the floor of a radiation-proof building.
それから数週間、福島50は長いシフトの通常作業に戻りました。頭からつま先まで防護服に身をまとい、放射線防止建屋の床で寝、居心地の悪い夜を過ごしたのです。


The scale of the disaster left the plant workers short of vital equipment. At one point there were not enough protective suits to go round, and stocks of personal radiation monitors had been damaged in the tsunami. "In normal circumstances you order what you need from outside, but we were in the middle of a nuclear evacuation, Japan was the scene of a major disaster, so no one could come near the plant," Yoshizawa says. "The few supplies we did have, we got ourselves."
災害の規模が大きく、原発作業員の重要な装備が不足しました。ある時点では、十分な防護服もなく、常備している個人の放射線モニターは津波で損傷していました。「普通なら、外から必要なものを注文します。しかし放射能避難の最中だったのです。日本は大災害の状況下にあったのです。なので、だれも原発付近まで来れませんでした。」とヨシザワさんは話します。「私たちが持っていた少しばかりの供給物を自分たちで確保したのです。」


Initially, the men survived on a diet of biscuits and other dried food. Deliveries of emergency supplies were out of the question while soldiers were still pulling bodies from the tsunami debris and getting aid to hundreds of thousands of survivors. The water shortage meant the Fukushima 50 were denied even bowls of warming instant noodles.
最初男たちはビスケットと他の乾燥食品で生きながらえていました。自衛隊員たちがまだ津波瓦礫のなかから亡骸を引き上げ、何百、何千もの生存者を救済しているときに緊急用品が届くということは問題外でした。


spray green
Tepco workers spray a green, resin-based dust protectant on the ground in the common pool area of the damaged Fukushima Daiichi plant. Photograph: Tepco/EPA


Deprivation
喪失


For the first fortnight of the crisis, each worker was given just one 500-millilitre PET bottle of water that had to last two days. "It was two weeks before I had my first cup of coffee," Yoshizawa says. "It tasted fantastic."
危機が始まり最初の2週間、それぞれの作業員は500ミリリットルのペットボトルの水を与えられただけで、それを2日もたせなければなりませんでした。「最初にコーヒーを飲んだのは2週間後でした。」とヨシザワさんは話しました。「ものすごくおいしかったです。」


The long working hours, combined with a poor diet and sleep deprivation, took their toll on his health. He lost a lot of weight and his blood pressure soared.
長い労働時間と乏しい栄養と睡眠妨害で、健康に代価を払うことになりました。体重が激減し、血圧は急上昇しました。


It wasn't until December 2011, when the government declared the damaged reactors had reached a stable state known as cold shutdown that he and his colleagues could return to anything resembling regular working conditions.
破壊された原子炉が冷温停止として知られる安定した状態に達したと政府が宣言した2011年12月にやっと彼と同僚たちは通常の労働状態に戻ることができました。


Almost two years after the tsunami, the men who stayed behind at Fukushima Daiichi and spared Japan from an even worse fate occupy an uncomfortable place in the country's post-disaster psyche. While the Chilean miners who spent 69 days trapped deep underground in 2010 were feted as national heroes, most of the Fukushima workers continue to live unseen in the shadow of the disaster.
津波からほぼ2年たち、福島第一原発に留まり、更に悪い結末からをも日本を救った男たちは、災害後の自国の精神に居心地の悪い想いをしています。2010年に地下深くに69日間閉じ込められたチリの坑夫たちは、国の英雄として祝福されましたが、ほとんどの福島の作業員たちは今でも災害の影の中で一目に触れず生き続けているのです。


Tepco turns down most interview requests, and all but two of the handful of workers who have commented publicly did so on condition of anonymity. Most have chosen to remain silent, fearing they would be ostracised in the communities they tried, but failed, to prevent from turning into post-nuclear wastelands for years, perhaps decades.
東電はほとんどのインタビューの依頼を断ります。その一握りの作業員のうちの2人を除き全ての人が、匿名で公のコメントをしました。ほとんどが、だまったままでいることを選択しています。放射能放出の後、何年も、おそらく何十年も不毛の地となってしまうことを防ごうとし、失敗した、自分が身をおく社会から追放されるのを恐れているのです。


Yoshizawa understands their anger. "Generally speaking, people in Japan believe we were the cause of the accident, and it's important to bear that in mind. As Tepco employees we have to take responsibility for the accident, and ensure that it never happens again. It's a matter of regaining people's trust, but it will take time.
ヨシザワさんは、人々の怒りを理解しています。「一般的に言って、日本の人々は私たちが事故の原因だと考えていて、(わたしたちは)それを心に留めておくことが大事なのです。東電の社員として、わたしたちは事故の責任をとらなければなりません。そして、2度と起こらないようにしなければならないのです。」


"Looking back, maybe there were things we could have done better to prepare, but at the time we did everything possible to respond to the accident."
「振り返ると、多分私たちは、もっと備えることができたでしょう。しかしあの時は、事故対応にできることは全てやりました。」


The perception that the workers perpetrated the accident and then botched their response appeared to permeate every level of Japanese society. The Fukushima 50 waited 18 months before the then prime minister, Yoshihiko Noda, publicly thanked them for "saving Japan", a gesture repeated this month by his successor, Shinzo Abe.
作業員たちが事故を起こし、その対応をし損なったという見方が、日本社会のあらゆるレベルで浸透しているようです。当時の野田首相が「日本を救った」事で彼らに感謝の意を公に伝えるまで、福島50は18ヶ月待つことになりました。その行為は、後を引き継いだ阿部首相によって、今月繰り返されました。

explosion.jpg
Another explosion rocks the Fukushima nuclear plant in Japan Photograph: ABC TV/EPA


Gratitude
感謝


If official expressions of gratitude were a long time coming, the men were buoyed from messages of support from all over the world, some of which decorate a huge Japanese flag that hangs in the Fukushima Daiichi central control room. Yoshizawa said Noda's visit to the plant last October was an honour, but added: "I don't consider myself a hero, but when I hear people thanking us for what we did, I'm grateful."
もし公式の感謝の意が当分ありそうもなかったら、男たちは世界中からのメッセージに支えられていたでしょう。そのいくつかは中央制御室に巨大な日本の国旗を掲げました。ヨシザワさんは、去年10月の野田元首相の訪問は、名誉なことだったと話します。が、こう付け加えました。「私は自分が英雄だと思いません。しかし、人々が私たちがやったことを感謝していると聞くと、嬉しく思います。」


His account of a temporary return to "civilian" life one month after the disaster is perhaps the most telling commentary on the Fukushima 50's unheralded heroism.
災害後1ヶ月たち、「一般市民」の生活に一時的に戻ったという彼の話は、おそらく福島50の公にされていない英雄についての実況を最も物語っているかもしれません。


As Yoshizawa left the plant, along with several other workers, to spend a few days with his family, he stripped to his underpants, completed a compulsory radiation check and changed into a tracksuit that was at least a size too big. He had grown an impressive beard, and his hair had become greasy and matted after four weeks without a bath or shower.
ヨシザワさんが数日を家族と過ごすために他の何人かの作業員と発電所を出た時、パンツ一枚になり、強制的な放射能チェックを終え、最低サイズ1つは大きいトラックスーツに着替えました。ひげが印象的なほど伸び、お風呂やシャワーに4週間入らなかった後で、髪は油っぽくなり、つやをなくしていました。


A few hours later, their bus arrived at Tokyo Station, where they were left to catch trains to their respective homes. "We must have looked strange, stepping off that bus in ill-fitting tracksuits, with long beards and dishevelled hair, and each carrying a plastic bag containing a few possessions," he says.
数時間後、彼らをのせたバスが東京駅に到着し、それぞれの家へと電車に乗るために降ろされました。「私たちは奇妙に見えたに違いありません。ちぐはぐなトラックスーツを着て、長いひげとぼさぼさの髪でバスを降り、各々がいくつかの所持品の入ったビニール袋を持っていたのです。」とヨシザワさんは話しました。


"But as we walked into the station no one gave us a second glance. Life in Tokyo appeared to be carrying on as normal, as if the Fukushima disaster had never happened. I sat down on the train and immediately noticed that people were avoiding sitting next to me."
「しかし、私たちが駅に歩いて入ったとき、誰も私たちのことをちらりとも見ませんでした。東京での生活は明らかに普通でした。まるで福島の災害が全く起こらなかったのように。私は電車のいすに腰を下ろし、すぐに人々が私の横に座るのを避けているのに気付きました。」


radiation test
A child undergoes a radiation test in Nihommatsu, Fukushima prefecture. Photograph: Newscom/Kyodo/Wenn.com


Choice
選択


Yoshizawa declined to divulge his internal radiation levels. They are abnormal, he admits, but not so high that he can never work at a nuclear power plant again. "I am not worried about my health." He has, by choice, had just one counselling session since he left Fukushima Daiichi. "Others have done it more regularly, it's important to have someone to talk to freely. But I don't kid myself that life will ever be the same. As a Tepco employee, returning to a normal life is impossible."
ヨシザワさんは、自分の内部被曝のレベルを明かすことを断りました。それは非常だと彼は認めます。しかし原発で再び働くことができないほど高くはない、と言います。「私の健康は心配していません。」福島第一を出て以来自分の意思でカウンセリングを1度だけ受けました。「他の人は定期的にもっと受けています。自由に話すことのできる誰かがいるということは重要です。しかし生活が前と同じになるなどと自分をからかうようなことはしません。東電の社員として、普通の生活に戻ることは不可能です。」


While they slowly withdraw from Japan's public consciousness, the ranks of the Fukushima 50 say they will never forget their time at the centre of a nuclear disaster that, without them, could have been far worse.
彼らが日本の人々の意識からゆっくり遠ざかっている間に、福島50の仲間たちは、彼らがいなければ、更に事態は悪くなっていた原子力災害の最中にいた時間を決して忘れることはないだろう、と言います。


"There is a special bond between us," Yoshizawa says. "I can't put it into words – it's just a feeling we have towards one another. I guess it's the same as the camaraderie soldiers experience in wartime. In our case, the enemy was a nuclear power plant. And we fought it together."
「特別な絆が私たちの間にあるのです。」ヨシザワさんは話します。「戦争時の兵士たちの友情と同じようなものだと思います。私たちの場合、敵は原子力発電所でした。そして、わたしたちは共に戦ったのです。」


tumblr_m0bs2c9Eta1r0fpb5o1_1280.jpg





彼らは、東電の社員である前に、一個人です。

どこの学校に属している、どこの会社に属している、

自分の目の前にいる人を、そんなフィルターを通して見てしまっている文化がないでしょうか?



現場で収束作業をしている東電の従業員は皆、

東電で、日本で唯一

事故の責任を取ろうとしている人たちです。




すぐ目の前の日々の忙しい生活に追われ、

見たくない現実を誰かの責任として押し付け、

忘れようとすることでごまかしてしまっては、



うそだらけの今の日本の社会の中で、

魂を失ってしまうことになるでしょう。



今の日本の社会現象を、こんな風に表した人がいます。

”They put themselves under one kind of self anesthesia. As if there were no nuclear power plant accident, no radio activities. ”
人々は、自分をある種の自己麻酔にかけてしまっています。まるで原発事故など全くなかったかのように。全く放射能などないかのように。」

(動画はこちら。)



原子力ムラの仕組みが今回の事故を起こしたかもしれない。

でも、

人々が無関心でいようとする、その逃げ腰の姿勢が、

何よりも罪深いのだと、

そう感じてなりません。



一人でも多くの人の意識の覚醒が、

日本を救えるかもしれないのです。



その波が大きくなることを、

信じています。




福島の事故は、

どんなに忘れようとしても、

まだ続いています。




どんなに忘れようとしても・・・


放射能は消えません。





スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/997-90fe49ec

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/01/21 03:17】 | # | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。