スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

日本の除染は再汚染

 2013-01-12
ニューヨークタイムズより。

new_york_times_logo.jpg

In Japan, a Painfully Slow Sweep
苦痛なほど遅い除染


By HIROKO TABUCHI

Published: January 7, 2013


NARAHA, Japan — The decontamination crews at a deserted elementary school here are at the forefront of what Japan says is the most ambitious radiological cleanup the world has seen, one that promised to draw on cutting-edge technology from across the globe.
日本、楢葉 - ここ、生徒たちのいなくなった小学校の除染作業員は、日本が言う所の、世界がかつてみたこともない最も野心的な放射能洗浄の最前線にいます。世界中からの最先端の技術を利用すると約束したものでした。


But much of the work at the Naraha-Minami Elementary School, about 12 miles away from the ravaged Fukushima Daiichi nuclear power plant, tells another story. For eight hours a day, construction workers blast buildings with water, cut grass and shovel dirt and foliage into big black plastic bags — which, with nowhere to go, dot Naraha’s landscape like funeral mounds.
しかし破壊された福島第一原発か約12マイル(19km)の所にある楢葉南小学校での作業のほとんどは、違うことを物語っています。1日8時間、建築作業員たちは建物に水を噴きかけ、草を刈り、土と木の葉を黒い大きな袋にすくい入れます。その袋は行く場所がなく、楢葉の風景の中に、古墳のように点在しています。


08cleanup1-articleLarge-v2.jpg


More than a year and a half since the nuclear crisis, much of Japan’s post-Fukushima cleanup remains primitive, slapdash and bereft of the cleanup methods lauded by government scientists as effective in removing harmful radioactive cesium from the environment.
放射能惨事以来1年半以上経ち、日本の福島後の除染は未開でぞんざいなままで、有害な放射性セシウムを環境から除去するのに有効だとして政府や科学者たちが称賛していた方法が失われています。


Cleanupjp1-popup.jpg


Local businesses that responded to a government call to research and develop decontamination methods have found themselves largely left out. American and other foreign companies with proven expertise in environmental remediation, invited to Japan in June to show off their technologies, have similarly found little scope to participate.
除染方法を調査し開発する事を呼びかけていた政府に応答した地元のビジネスは、大幅に除外されていた事が分かりました。6月に、技術を披露するために日本に招待された、環境修復に専門的技術が証明されているアメリカや他国の会社も、同様にほとんど視野に入れられていなかったことが分かりました。


Recent reports in the local media of cleanup crews dumping contaminated soil and leaves into rivers have focused attention on the sloppiness of the cleanup.
除染作業員が汚染土と落ち葉を川に捨てていたという最近のメディアの報告は、除染のずさんさに注目を集める事になりました。


“What’s happening on the ground is a disgrace,” said Masafumi Shiga, president of Shiga Toso, a refurbishing company based in Iwaki, Fukushima. The company developed a more effective and safer way to remove cesium from concrete without using water, which could repollute the environment. “We’ve been ready to help for ages, but they say they’ve got their own way of cleaning up,” he said.
「現場で起こっている事は、恥辱です。」福島県いわき市が拠点のリフォーム会社、志賀塗装の社長、志賀昌文氏は述べました。環境を再汚染するような水を使わずに、コンクリートからセシウムを取り除くもっと効果的で安全な方法をその会社は開発したのです。「長年役に立てる準備が出来ていました。しかし、自分たちの独自の除染方法があったと言うのです。」と話しました。


Cleanupjp3-popup.jpg


Shiga Toso’s technology was tested and identified by government scientists as “fit to deploy immediately,” but it has been used only at two small locations, including a concrete drain at the Naraha-Minami school.
志賀塗装の技術は政府の科学者たちにより検査され、「直ちに採用するのに適切」と認められました。しかしそれは、楢葉南小学校のコンクリートの排水溝を含むたった2箇所の小さな場所だけに使われました。


Instead, both the central and local governments have handed over much of the 1 trillion yen decontamination effort to Japan’s largest construction companies. The politically connected companies have little radiological cleanup expertise and critics say they have cut corners to employ primitive — even potentially hazardous — techniques.
その代わりに日本政府と福島県は1兆円の除染作業のほとんどを日本の大手建築会社の手に渡しました。政治的に繋がりのある会社は除染の専門技術はほとんどなく、批評家たちは、危険である可能性さえある初歩的な技術を採用するよう手抜きしたのだと言います。


The construction companies have the great advantage of available manpower. Here in Naraha, about 1,500 cleanup workers are deployed every day to power-spray buildings, scrape soil off fields, and remove fallen leaves and undergrowth from forests and mountains, according to an official at the Maeda Corporation, which is in charge of the cleanup.
建築会社は可能な人手において大きく有利です。除染担当のマエダコーポレーションによると、ここ楢葉では、毎日建物を高圧洗浄し、土地の土を剥ぎ取り、落ち葉や藪を森や山から取り除くのに1500名の除染作業員が配置されているとのこと。


Cleanupjp2-popup.jpg


That number, the official said, will soon rise to 2,000, a large deployment rarely seen on even large-sale projects like dams and bridges.
職員が話したその数はもうすぐ2000名まで増え、ダムや橋のような大規模なプロジェクトでさえめったに見られない大掛かりな動員です。


The construction companies suggest new technologies may work, but are not necessarily cost-effective.
建築会社は、新しい技術は効果があるかもしれないけれど、経費の効率が良いとは限らないと主張します。


“In such a big undertaking, cost-effectiveness becomes very important,” said Takeshi Nishikawa, an executive based in Fukushima for the Kajima Corporation, Japan’s largest construction company. The company is in charge of the cleanup in the city of Tamura, a part of which lies within the 12-mile exclusion zone. “We bring skills and expertise to the project,” Mr. Nishikawa said.
このような大掛かりな事業では、経費の効率性がとても重要になるのです。」と日本最大の建築会社鹿島建設福島拠点の役員、ニシカワ・タカシ氏は話しました。この会社は、市の一部が20km立ち入り禁止圏内に位置する田村市の除染を担当しています。「このプロジェクトには、わたしたちの技量と専門技術が使えます。」とニシカワ氏は言いました。


Kajima also built the reactor buildings for all six reactors at the Fukushima Daiichi plant, leading some critics to question why control of the cleanup effort has been left to companies with deep ties to the nuclear industry.
鹿島建設はまた、福島第一原発の6つの原子炉全ての建屋を建てた会社で、なぜ、除染のコントロールが原子力業界と深い繋がりのある会社に託されたままなのかという批判を招いています。


Also worrying, industry experts say, are cleanup methods used by the construction companies that create loose contamination that can become airborne or enter the water.
また、専門家が言うには、建築会社の除染方法が汚染を空中や水の中に解き放しているのでないか、という懸念があるということです。


At many sites, contaminated runoff from cleanup projects is not fully recovered and is being released into the environment, multiple people involved in the decontamination work said.
多くの場所で、除染プロジェクトから出た汚染された排水が十分に再生されずに環境に排出されているのだと、複数の除染作業にかかわった人達が言っています。


In addition, there are no concrete plans about storing the vast amounts of contaminated soil and foliage the cleanup is generating, which the environment ministry estimates will amount to at least 29 million cubic meters, or more than a billion cubic feet.
それに加え、環境省が少なくとも2900万立方メートルに及ぶだろうと予測している除染から出る膨大な量の汚染土、群葉を貯蔵することについての確実な計画が全くありません


The contaminated dirt lies in bags on roadsides, in abandoned fields and on the coastline, where experts say they are at risk from high waves or another tsunami.
汚染土は袋に入れられ道端、空き地、そして専門家が高波や津波に襲われる危険があると言っている海岸線に置かれています。


“This isn’t decontamination — it’s sweeping up dirt and leaves and absolutely irresponsible,” said Tomoya Yamauchi, an expert in radiation measurement at Kobe University who has been helping Fukushima communities test the effectiveness of various decontamination methods. “Japan has started up its big public works machine, and the cleanup has become an end in itself. It’s a way for the government to appear to be doing something for Fukushima.”
「これは除染ではありません。-土と落ち葉を掃き出している事で、完全に無責任です。」と様々な除染方法の効果を検査している福島の地域を手助けしている神戸大学で放射能測定を専門とする山内知也氏は話しました。「日本は大きな公共事業マシーンを始動しました。そして除染はそれ自体終わりとなりました。それは、政府が、福島のために何かやっていると見せるための方法なのです。」


yamauchi_photo-150x150.jpg


In some of the more heavily contaminated parts of Fukushima, which cover about 100 square miles, the central government aims to reduce radiation exposure levels to below 20 millisieverts a year by 2014, a level the government says is safe for the general public. But experts doubt whether this is achievable, especially with current cleanup methods.
福島県で更に汚染のひどいいくつかの場所では、約100平方マイル(161平方km)ありますが、政府は2014年までに、政府が一般市民に対して安全だと言っているレベル、年間被曝レベル20マイクロシーベルトまで下げる事を目的としてます。しかし、専門家たちは、特に今の除染方法では、これが達成し得るものなのかどうかについて疑いを持っています。


After some recent bad press, the central government has promised to step up checks of the decontamination work. “We will not betray the trust of the local communities,” Shinji Inoue, the environment vice minister, said Monday.
最近のいくつかの悪業の報道の後、政府は除染作業の確認を向上することを約束しました。「地元の信頼を裏切りません。」と月曜日に環境副大臣、井上信治氏は述べました。

 こういうときには、環境大臣ご自信にでてきていただきたかったですが。。。


There had been high hopes about the government’s disaster reconstruction plan. It was announced four months after the March 2011 disaster, which declared Japan would draw on the most advanced decontamination know-how possible.
政府の災害復興計画については大きな希望がありました。それは2011年3月の災害から4ヵ月後に発表されました。日本が、最も進んだ可能なかぎりの除染ノウハウを駆使するのだと宣言したのです。


But confusion over who would conduct and pay for the cleanup slowed the government response. It took nine months for the central government to decide that it would take charge of decontamination work in 11 of the heaviest-contaminated towns and cities in Fukushima, leaving the rest for local governments to handle.
しかし、誰が除染を行い、費用を負担するのかについての混乱が、政府の対応を遅らせました。政府が最も汚染のひどい福島の11の町や市の除染は政府が担当し、他を地元が取り扱う、と決定するのに9ヶ月かかったのです。


In October 2011, the Japan Atomic Energy Agency, the state-backed research organization, announced that it was soliciting new decontamination technology from across the country.
2011年10月21日、国の機関である日本原子力研究開発機構は、日本中から新しい除染技術を求める事を発表しました。


By early November, the agency had identified 25 technologies that its own tests showed removed harmful cesium from the environment.
11月初旬までにこの機関は、有害なセシウムを環境から取り除く事を独自の検査で示した25の技術を認証しました。


A new system to trap, filter and recycle contaminated runoff, developed by the local machinery maker Fukushima Komatsu Forklift, was one of technologies. But since then, the company has not been called on to participate in the state-led cleanup.
地元の機械メーカー、福島小松フォークリフトにより開発された、汚染された排水を捕らえ、フィルターにかけ、リサイクルする新しいシステムは、そのうちの1つです。しかしそれ以来、その会社は国の除染事業への参加に呼ばれていません。


“For the big general contractors, it’s all about the bottom line,” said Masao Sakai, an executive at the company. “New technology is available to prevent harmful runoff, but they stick to the same old methods.”
大手のゼネコンにとって、純利益が全てなのです。」とその会社の役員のひとりであるサカイ・マサオ氏は言いました。「新しい技術は、有害な排水を防ぐ事が出来るでしょうが、同じ古い方法に固執するのです。」


The Japanese government also made an initial effort to contact foreign companies for decontamination support. It invited 32 companies from the United States that specialize in remediation technologies like strip-painting and waste minimization, to show off their expertise to Japanese government officials, experts and companies involved in the cleanup.
日本政府はまた、除染支援のために外国の会社に接触する最初の取り組みもしました。塗装、廃棄物処理のような修復技術を専門とするアメリカからの32社を招き、彼らは、日本政府、専門家と除染にかかわる会社に対しその専門技術を披露しました。


Opinions on the trip’s effectiveness vary among participants, but in the six months since, not a single foreign company has been employed in Japan’s cleanup, according to the trip’s participants and Japan’s Environment Ministry.
日本まで出向いたことの有効性についての意見は参加者の間で様々でしたが、日本に赴いた参加者と環境省によると、それから6ヶ月で、日本の除染に採用された外国の会社は1社もありません。


“Japan has a rich history in nuclear energy, but as you know, the U.S. has a much more diverse experience in dealing with the cleanup of very complicated nuclear processing facilities. We’ve been cleaning it up since World War II,” said Casey Bunker, a director at RJ Lee, a scientific consulting company based in Pennsylvania that took part in the visit.
「日本には、原子力エネルギーに豊富な歴史がありますが、ご存知のとおりアメリカには、とても複雑な核製造工場の除染の取り扱いにおいてはるかに多様な経験があるのです。わたしたちは第2次世界大戦後から除染をし続けているのです。」と、この訪問に参加したペンシルバニア拠点の科学コンサルティング会社、RJ Leeの重役であるCasey Bunker氏は話しました。


“There was a little of, ‘Hey, bring your tools over and show us how it works.’ But they ultimately wanted to do it themselves, to fix things themselves,” Mr. Bunker said. “There didn’t seem to be a lot of interest in a consultative relationship moving forward.”
「何か少し、『おい、道具を持ってきてどうやるか見せてみろ』のような感じで、最後には自分たちでやりたかったのでしょう。」とBunker氏は言います。「諮問的な関係を進めることに興味が深いようには見えませんでした。」


Japanese officials said adapting overseas technologies presented a particular challenge.
日本側は、外国が示した技術を採用する事に特定の難しさがあったと言います。


“Even if a method works overseas, the soil in Japan is different, for example,” said Hidehiko Nishiyama, deputy director at the environment ministry, who is in charge of the Fukushima cleanup. “And if we have foreigners roaming around Fukushima, they might scare the old grandmas and granddads there.”
「例えば、たとえその方法が海外で通用しても、日本の土は違うのです。」と福島の除染担当の環境庁補佐官、ニシヤマ・ヒデヒコ氏は話しました。「そして、もし外国人を福島の周りを歩き回らせてしまったら、お年寄りに怖がられるかもしれません。」

ニシヤマさん。。。そのコメント、世界中にながれちゃいましたよ・・・理屈を通してこれを機に、福島県への外国人観光誘致など止めていただきたいものです。


Some local residents are losing faith in the decontamination effort.
地元住民の中には除染の取り組みに信頼を失ってしまっている人もいます。


“I thought Japan was a technologically advanced country. I thought we’d be able to clean up better than this,” said Yoshiko Suganami, a legal worker who was forced to abandon her home and office over two miles from the Fukushima Daiichi plant. “It’s clear the decontamination drive isn’t really about us any more.”
「日本は技術先進国だと思いました。これよりもっとよく除染出来ると思ったのです。」福島第一原発から2マイルほどの所の家と仕事場を追われた法律関係の仕事を持つスガナミ・ヨシコさんは話しました。


Most of the clients at Ms. Suganami’s new practice in Fukushima city are also nuclear refugees who have lost their jobs and homes and are trying to avert bankruptcy. She said few expect to ever return.
新たに福島市で始めたスガナミさんの顧客のほとんども、職と家を失った放射能難民で、破産を回避しようとしている人達です。彼女は、ほとんどの人は戻れると思っていない、と言いました。



Makiko Inoue contributed reporting from Tokyo.




国のプロジェクトを動かすレベルの方々の、

これほどまでの精神的未熟度には、もう、びっくり、がっかりさせられっぱなしです。

もう少し言い様がないのでしょうか?


『住民が不安がるから検査はしません。』

『住民が怖がるから防護服は着ないで下さい。』

『住民が怖がるから外国人は作業しないで下さい。』



住民の事を馬鹿にするにもほどがないですか???


そして、


除染においてまでも、安全より経済。



日本は、

今持っている力を、

自ら握りつぶしています。



ただ一つ嬉しいことは、

あれからもうすぐ2年。

つまりセシウム134が半分になると言う事です。



除染のおかげではありません。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/995-9f825490

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。