スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

原子力協力協定 in Dark Side

 2012-12-18
『福島を制すれば、原子力は安泰なのだぁ。ひひひひひ。。。』

という悪魔の高笑いが頭から離れません。

着実に、原子力の大黒幕が、福島をその手中に収めようとしています。


japan_times_logo.jpg
ジャパンタイムズからです。


IAEA, Fukushima Prefecture sign agreement to cooperate on decontamination, radiation monitoring
IAEAと福島県が、除染、放射能モニタリングついての同意書に署名


Sunday, Dec. 16, 2012


Kyodo

KORIYAMA, Fukushima Pref. — The International Atomic Energy Agency and the Fukushima Prefectural Government agreed Saturday to closely cooperate on decontamination and radiation monitoring in view of last year's nuclear crisis.
福島県郡山市-国際原子力機関と福島県は土曜日、去年の核危機に応じ、除染、放射能モニタリングを親密に協力していくことで同意しました。


Several projects are planned under the accord, including the dispatch of IAEA missions to provide technical advice on the process of cleaning land contaminated with radioactive fallout from the crippled Fukushima No. 1 power station, as well as on managing and processing waste generated during decontamination work, officials from the central government said.
協定の中では、機能を失った福島第一原発からの放射性降下物で汚染された土地の除染過程、除染作業で発生した廃棄物の処理管理についての技術的助言を提供するIAEA派遣団を送る事をを含め、いくつかのプロジェクトが計画されているのだと、中央政府は述べました。

自分たちが人々をたくみに欺いて推進してきたものが招いた果てしない汚染ですので、福島、その他汚染された全ての土地を元にもどすのは、まさにIAEAの使命です。何世紀に渡っても、日本の原子力村の方々と共にきっちりと自らの手で元どおりにしていただきたいと思います。


The IAEA will also assist Fukushima Medical University in conducting health management surveys and in organizing events to enhance public awareness of the effects of radiation on human health, as well as posttraumatic stress disorder, among the prefecture's residents.
IAEAはまた、健康管理調査を行っている福島医大を援助し、県民に対して、放射能が健康に与える影響について、事故後のトラウマによるストレス障害についての公的認識を高めるためのイベントを主催します。

結構です!使命感のある独立した医療専門の方々が、日本にも、国外にもたくさんいますので。その分の時間とお金を、除染に使ってください。もし、人材をIAEA外から一般募集するのであれば、その方々への健康管理と保険料に当ててください。財政的援助は歓迎しますが、いかなる助言も見解も必要ありません。被害者の健康分野は、完全なConflict of Interestです!!


"The IAEA can be of help to Fukushima because it has accumulated expertise on decontamination, environmental monitoring and health monitoring," IAEA Director General Yukiya Amano said at the signing ceremony, alongside Fukushima Gov. Yuhei Sato.
「蓄積された除染、環境モニタリング、健康モニタリングの専門的知識があるので、IAEAは福島にとって助けになります。」と、調印式の際、福島の佐藤雄平知事の傍らでIAEAの天野之弥事務局長が述べました。


12-15-iaea-amano.jpg


除染の技術の蓄積があるなら、なぜ、米国の汚染地の除染が核実験時代後半世紀以上たっているのに全く進んでいないのですか?なぜ、廃棄物がどこの国でも問題になっているのですか?解決策を見出した国がどこにあるのでしょう???環境モニタリング、健康モニタリングは、全てもみ消し、隠蔽の歴史ではないですか???いい加減にしてください!!!


The head of the U.N. nuclear watchdog also said the experience that the IAEA will gain through these projects will also benefit other countries around the world.
国連原子力監視役のトップはまた、これらのプロジェクトを通してのIAEAが得る経験は、世界の他の国にとっても有益なものとなるのだと言いました。

世界の原発を推進する国にとって、都合の良い宣伝が出来る、ということでしょうか?過去の数々の原子力事故や核実験で汚染された世界中のあらゆる海や土地を除染するプロジェクトを何故実施しなかったのでしょう?


Sato, for his part, said the IAEA's support is "very encouraging," adding he believes the agreement will accelerate the prefecture's efforts to recover from Japan's worst nuclear calamity.
佐藤知事の方からは、IAEAの支援を「とても励みになる」とし、その協定が日本で最悪の原子力惨事からの県の復興の取り組みを加速させるだろう、と付け加えました。



The IAEA also intends to conduct training in Fukushima Prefecture for national and international participants to boost emergency readiness and response capacity, while planning to store radiological monitoring equipment in the prefecture for use in the event of nuclear catastrophes in Japan and elsewhere in the Asia-Pacific region.
IAEAはまた、日本やアジア太平洋地域の他の国での原子力惨事の際に使用するため、県内に放射能モニタリング機器を保管する一方、日本と国外の参加者のために緊急事態の準備や対応能力を高めるための訓練を、福島県でおこなうつもりです。

事故が起きる可能性を肯定し、まだ続けようと。。。どんな準備があり、どんな対応ができれば、またこのような事故が起きてもよいというのでしょう?巨大な富のために隠し続けてきた犠牲になった人達の数や奪ったものの数が多すぎて、完全に思考が麻痺してるようです。


The ceremony was held on the sidelines of the Fukushima Ministerial Conference on Nuclear Safety, a high-level global gathering organized by the Japanese government and the IAEA in Koriyama, Fukushima Prefecture.
調印式は、日本政府とIAEAにより主催されたハイレベルの国際的会合である「原子力安全に関する福島閣僚会議」の副次的なものとして福島県の郡山市で行われました。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

Confab talks up safety in Fukushima
福島県で安全についての徹底トーク


Kyodo


KORIYAMA, Fukushima Pref. — A high-level international gathering on nuclear safety began Saturday in Fukushima Prefecture, with participants reiterating their determination to make atomic energy safe and touching on the need to assist countries newly seeking to build nuclear power plants.
福島県郡山市-ハイレベルの原子力安全についての国際会合が土曜日に福島県で始まりました。参加者は新しく原子力発電所の建設を求めている国を援助する必要性に触れ、原子力エネルギーを安全なものとする決意を繰り返し述べました。

原子力を世界から廃絶することを今、誰よりも望んでいる人々のいる福島県で、そのような主旨の会議をすることの残酷さも分からないとは、なんという無神経。。。


At the outset of the Fukushima Ministerial Conference on Nuclear Safety, hosted by Japan and the International Atomic Energy Agency, Foreign Minister Koichiro Genba said the government is eager to share the lessons of the Fukushima No. 1 crisis. He also sought cooperation from countries around the world for the decades-long process of scrapping the three reactors that suffered core meltdowns.
日本と国際原子力機関が主催した原子力安全に関する福島閣僚会議の初めに、玄葉光一郎外務大臣は、政府が福島第一原発の危機からの教訓を共有することに熱望しているのだ、と述べました。彼はまた、炉心溶融を起こした3つの原子炉を処分する何十年も続く過程に世界中の国々からの協力を求めました。

是非、世界で原発を推進しようとしている国の方々に協力していただき、自国で事故が起こったときの対応に、その経験を生かしていただきたいと思います。その過程で、原発を持つことの意味を、現場でじっくり考えていただきましょう。


"No country in the world has ever experienced such an operation. . . . It is necessary to bring together and utilize domestic and overseas knowhow," Genba said, adding Japan intends to accept an IAEA expert mission next year to tap its knowledge about the decommissioning work.
「世界でこのような活動をした経験のある国はないのです。。。国内外のノウハウを共に持ち寄り活用していく必要があります。」と玄葉大臣は述べました。日本が来年、除染作業についての知識を請うために、IAEAの専門家派遣団を受け入れるつもりだとも、付け加えました。

チェルノブイリクビダートルの記録はたくさんありますよ?それとも、チェルノブイリの事故とは比べ物にならないほど、ひどいのですか?まさに、彼らの経験と知識が、作業員の防御を考える意味でも重要なのではないですか?


IAEA Director General Yukiya Amano, who delivered a speech after Genba, noted that important steps have been taken to make atomic power stations safer since the crisis began in March last year, but added it will take many years before the world fully understands exactly what went wrong at Tokyo Electric Power Co.'s Fukushima No. 1 plant.
玄葉大臣のスピーチの後、IAEAの天野之弥事務局長は、去年3月に危機が始まって以来、原発をより安全な状態するための重要なステップがなされたことを認めましたが、東京電力の福島第一原発で、何が誤ってしまったのかを世界が完全に理解するには、何年もかかるだろう、とも付け加えました。

そんな状態では、原子力発電所など動かせませんよね?ふつう。。。


iaea.jpg


"In the meantime, we must maintain the momentum and implement all possible improvements to nuclear safety to help ensure that such accidents do not occur again," Amano said.
「その間、勢いを維持し、あのような事故が二度と起こらなくなるよう、可能な限りの原子力安全の改善を実施しなければなりません。」と、天野氏は述べました。


原子力・放射能の安全神話復活の事しか頭にないのです。。。


The three-day event, organized in the city of Koriyama, brings together representatives of around 120 countries and international organizations, including some 30 ministerial-level officials, the Foreign Ministry said.
郡山で行われた3日間のイベントには、120カ国からの代表、30名の大臣レベルの参加者を含む国際機関が集まったのだと、外務大臣は話しました。


The day's plenary session ended with the release of a statement summarizing the participants' conviction that there should be "no complacency in safety matters."
全員が出席したその日のセッションは、「安全についての自己満足はありえない」とする参加者の確信を要約した声明の発表とともに閉会されました。


The statement meanwhile welcomed the progress seen in implementing the IAEA Action Plan on Nuclear Safety, which calls on all signatory nations to undertake safety assessments of their nuclear plants and to reinforce the effectiveness of regulatory bodies.
一方その声明文は、原子力発電所の安全評価を請負い、規制機関の効率性を強化するため、調印国全てに対し求めている原子力安全についてのIAEAの行動計画の実施に見られる進展を歓迎しています。

これ、まさか、自己満足じゃないですよね??


With atomic energy remaining a crucial source of electricity for many countries, including developing economies, the statement also emphasized the importance of assisting member states embarking on civil nuclear power programs in their development of infrastructure and human resources.
経済発展を含め、多くの国の電源にとって、原子力エネルギーが今でも重要な電源である中、その声明文はまた、国家の原発プログラムに乗り出すメンバー国を、インフラと人材の開発において支援する重要性を強調しました。

「経済発展・景気回復」という言葉はまるで、物質文化に受身・盲目的に浸ってしまった現代社会の人々への呪文・殺し文句のようです。経済が行き詰まり、「経済。。経済。。。経済。。。。。」とまるで禁断症状を起こしているような脆さを痛感します。。。


To enhance emergency preparedness and response, participation was encouraged in an IAEA network that aims to facilitate the provision of requests for international assistance, so that radioactive contamination from a major nuclear accident can be minimized.
緊急時への備えと対応を高めるために、大きな原子力事故からの放射能汚染を最小限にとどめるために、国際的援助の要請を円滑に行うためのIAEAのネットワークへの参加が奨励されました。

大事故が起こったときに、どうやって汚染を最小限にするのか今すぐ述べてみてください!最小限って。。。村いくつ分のことですか?????


The Fukushima disaster, triggered by the 9.0-magnitude quake and 15-meter tsunami that annihilated much of the northeast coast on March 11, 2011, revealed how Japan, which had long boasted of possessing the world's safest nuclear power stations, was in fact extremely ill-prepared for a crisis of such severity. Three reactors at the No. 1 power plant experienced meltdowns after losing key cooling functions amid a power outage.
2011年3月11日に東北海岸のほとんどを全滅させたマグニチュード9.0の地震と15mの津波が引き起こした福島の災害は、世界一安全な原子力発電所を長い間所持していると誇っていた日本が、実はこのような重大な危機に対して、備えが不十分であったことを明らかにしたのです。


Around 160,000 residents of Fukushima Prefecture are still living as evacuees in temporary accommodations due to the levels of radioactive fallout spewed by the three crippled reactors, and the continuing safety risks. It took nine months for the government to declare that the wrecked plant had been brought under control, though some contest this claim.
福島県の16万人あまりの住民は、3つの原子炉から噴出された放射性降下物のレベルが高く危険がつづいているため、まだ仮設住宅に避難民として暮らしています。崩壊した発電所が制御できるまでになったと政府が宣言するのに9ヶ月かかりました。しかしこの宣言については議論が戦わされています。


Regretting that safety was neglected under a regulatory setup that allowed the promoters and previous regulators of nuclear energy to develop cozy ties, the government in September launched a new independent industry watchdog, the Nuclear Regulation Authority, following months of bickering in the Diet.
推進者と原子力エネルギーの前規制者が、心地よい関係を築くことを許してしまった規制機関の成り立ちで無視された安全性を後悔し、何ヶ月もの議会での口論の後、政府は9月に新しい独立した業界監視役、原子力規制庁を発足しました。


In his speech, Genba said Japan will also promptly host an IAEA regulatory review mission as soon as the NRA crafts new safety standards for the country's commercial nuclear reactors, all but two of which remain offline due to safety concerns among the public.
スピーチの中で、玄葉大臣は、国民の安全に対する懸念のため、2基以外止まったままの日本の原子炉のための新しい安全基準の草案をNRAが出し次第、日本は、IAEA規制機関の調査派遣団を招くつもりだと話しました。

何かと、「国民の懸念のため」というけれど、国としての責任ある決断を下す人間は、懸念がないのでしょうか???





IAEAと福島医大が結んだ協定はこちら


ちなみに、IAEAとWHOが結んだ協定こちら


Picture1_20121219171351.jpg


福島県がなぜIAEAと手を組みたいのか。。。


福島被ばく調査:乳歯保存「拒否」 「脱原発」方針と矛盾
毎日新聞 2012年12月19日 02時30分(最終更新 12月19日 08時37分)

原発事故後の福島県の子供たちの内部被ばくを調べるため乳歯の保存を呼びかけた県議会での提案に対し、福島県が「反原発命(いのち)の主張」とレッテルを貼り、拒否のための情報収集をしていた実態が明らかになった。復興に向け「脱原発」を掲げる中での県の言動とあって、提案した県議は「事故で被害を受けた県としてあってはならない」と憤った。【日野行介】

同県郡山市選出で自民党の柳沼(やぎぬま)純子県議(66)は昨年夏、広島市立大広島平和研究所の高橋博子講師が内部被ばくの証拠を残すため乳歯の保存を呼びかけているのを新聞記事などで知った。高橋講師に連絡を取り、その意義に賛同して昨年秋の県議会で取り上げるのを決めたという。

柳沼議員は「内部被ばくがあったか(の証拠を)残せる方法。どんなささいなことでも原発事故後の全てのデータは残しておくべきで、県がやるべきことだと思った」と振り返る。しかし、期待に反して、県から前向きな答弁はなかった。

県は昨年8月、「『脱原発』という考え方の下、原子力に依存しない社会を目指す」とする「復興ビジョン」を決定。柳沼議員は「原発はいらないと言っている県が『反原発だから』という理由で(乳歯保存を)嫌がるのはおかしい。前向きな答弁が当然のはずなのに」と怒りをあらわにした。

乳歯による内部被ばく検査を巡っては、千葉県松戸市の歯科医院「きょうどう歯科新八柱(しんやはしら)」が保護者らに提出を呼びかけ米国の分析機関に乳歯を送って検査する活動をしている。約200人の乳歯が集まったという。藤野健正(たけまさ)院長は「福島県が、呼びかけることすら嫌がるなんて信じられない。子供を守る責任を放棄している」とあきれたように話す。

県が提案を退けるための「理論武装」に頼ったのは、全県民を対象に実施している県民健康管理調査について話し合う検討委員会のメンバー。検討委を巡っては、約1年半にわたって秘密裏に準備会(秘密会)を開いて事前に意見を調整したり、議事録から内部被ばくに関する記述を削除して情報公開したりするなど、不透明な運営が次々と発覚。県は10月に内部調査を実施したが、報告書はこのメールについては一切触れていない。


福島被ばく調査:乳歯保存拒絶の材料探し 検討委に依頼

毎日新聞 2012年12月19日 02時30分(最終更新 12月19日 03時14分)

東京電力福島第1原発事故による子供の内部被ばくを調べるための乳歯保存を巡り、福島県議が昨年秋の県議会で質問通告した際、保存を拒否できる見解の提供を、県が県民健康管理調査の検討委員会委員にメールで求めていたことが分かった。県はメールに乳歯保存を「反原発命(いのち)の方の主張」と記述。同委員会を巡っては、事前に秘密会を開いて意見調整していた問題などが発覚したが、県が特定意見を排除するため委員らを利用しようとした実態も浮かんだ。

原発事故で放出される放射性物質「ストロンチウム90」はカルシウムに似た性質を持つため骨や歯に蓄積しやすいとされる。このため柳沼(やぎぬま)純子県議(自民)は昨年9月、「将来的にストロンチウム90の内部被ばくを分析するため、事故後に抜けた子供の乳歯の保存を県民に呼びかけてはどうか」との質問を県側に事前通告した。

関係者によると、通告を受け、検討委の事務局を務める県保健福祉部の担当者が、乳歯保存について「あまり意味はないといった知見・情報はないでしょうか?」と呼びかけるメールを検討委の委員らに一斉送信。「質問議員(がそう)ではないですが、反原発命の方の主張でもあるようで、あまり乗る気になれない質問です」などと記していた。

県の要請に委員側が応じたかどうかは不明だが、柳沼議員は昨年10月4日の県議会本会議で一般質問。当時の保健福祉部長は「(乳歯保存の)有用性について専門家の間でもさまざまな意見があるものと承知している。放射性物質の飛散の状況や専門家による研究、議論も参考にしながら研究していきたい」と答弁した。しかしその後、県は乳歯保存を呼びかけず、検討委でも議論されていない

当時の部長は取材に「何と答弁したかすら覚えていない。専門家に意見を聞いてくれと(担当者に)言ったかもしれないが、誰にどんなメールを流したかは聞いていない」と説明。担当者はメールについて「記憶にないし、確認もできない」と述べた。柳沼議員は「後ろ向きな答弁とは思っていたが、裏でこんなことをしていたとは県民をばかにしている」と話している。【日野行介】


 ◇担当者が送ったメール全文

「県民健康管理調査」

   検討委員会 各委員様

   健康管理調査室 ○○○○(※原文は実名)

明日から開会の9月議会の質問で、自民党柳沼純子議員から「将来的な、ストロンチウム90の内部被ばく分析のため、乳歯の保存を県民に呼びかけてはどうか?」という内容があがってきています。

このままだと、「専門家の意見も聞きながら検討してまいりたい。」といった答弁になりそうですが、現在の状況を踏まえると、あまり意味はないといった知見・情報はないでしょうか

質問議員ではないですが、反原発命の方の主張でもあるようで、あまり乗る気になれない質問です。

情報があれば、至急お願いいたします。





これは、健康障害隠しのほんの一例。

福島県、福島医大、IAEAの利害は見事に一致しています。

IAEAという大きな国際機関をバックにつけて、

こういうでたらめを正当化しようということなのでしょう。





OurPlanet TVのレポートは【特集】NO! IAEA閣僚会議~抗議行動&脱原発世界会議


日本人はそんなに愚かではない!!


と私はまだ信じています。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/976-871b1105

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。