スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

国を揺るがす奇形動物

 2012-12-11
japan_times_logo.jpg
 ジャパンタイムズからです。


Sunday, Dec. 9, 2012

COUNTERPOINT

Chernobyl factored in the fall of a corrupt regime — Fukushima may too
チェルノブイリは政権の腐敗が原因-福島も同じかもしれない・・


By ROGER PULVERS
Special to The Japan Times

Second of two parts

There are approximately 7,000 exhibits in Kiev's Ukrainian National Chornobyl Museum. (The location of the nuclear plant that exploded on April 26, 1986 is spelled this way in Ukrainian.) Among the documents, photographs, maps and objects at this museum that opened on the sixth anniversary of the accident is a little piglet.
キエフのウクライナ国立チェルノブイリ博物館(1986年4月26日に爆発した原発のある場所は、ウクライナ語ではこのように綴ります。)には、約7000点の展示物があります。事故の6周年目に開設されたこの博物間の文書、写真、地図、物の中に、小さな子ブタの展示物があります。


The piglet was born after the accident in the vicinity of the plant with a deformity known as dipygus. Its body, on display, is forked at the torso and possesses too many legs.
その子ブタは、事故後に原発近辺で生まれ、二殿体という奇形がありました。 胴の所で分岐し、足が多すぎたのです。


Kiev-UkrainianNationalChernobylMuseum.jpg


"The amount of mutations in people and animals grew sharply after the catastrophe," states the explanation accompanying the display. "Among these, in the first four years, were some 350 animals found with serious deformities."
「人間と動物に現れた突然変異の量は、その惨事の後激増した。」とその展示に添えられた説明に書かれています。「これらのうち、最初の4年間で、350くらいの動物たちに深刻な奇形が見られた。」


What is the true nature of the destruction caused by radioactive contamination in the Chernobyl Exclusion Zone, an area stretching out in a 31-km radius from the plant? And what can we expect to find in a similar zone in Fukushima Prefecture? After all, it has been estimated that the nuclear accident in Ukraine has made human habitation in the zone impossible for 20,000 years. Will the land in Fukushima be equally condemned?
原発から半径31kmにまで及ぶチェルノブイリの立ち入り禁止地区での放射能汚染が引き起こした破壊の本質は何でしょう?福島県の類似した地域で私たちは何を発見することが予測されるのでしょう?結局のところ、ウクライナの原子力事故は、その地域を2000年の間、人間の住めないところにしてしまったと考えられています。福島の土地も同じような運命をたどるのでしょうか?


To get answers, I turned to Timothy Mousseau, professor of biological sciences at the University of South Carolina. Mousseau has made 30 trips to Ukraine and Belarus since 1999, spending approximately 230 days in fieldwork there, studying organisms living in both clean and contaminated areas in and around the zone and comparing them to those in other parts of Europe.
その答えを得るために私は、南カロライナ大学、生物科学のティモシー・Mousseau教授を頼りました。Mousseau教授は、ウクライナとベラルーシへ1999年以来30回旅しました。現地調査に約230日を費やし、その地域周辺の汚染地と汚れていないところ両方に住む生物を研究し、他のヨーロッパ地区の生物と比較しました。


Writing in "Biology Letters" in March 2009, he and his colleague, biologist at the University of Paris Sud, Anders Moller, reported on their study of bumblebees, butterflies, grasshoppers, dragonflies and spider webs in forests around the plant.
2009年3月に「生物学の手紙」の中で、彼とパリ第11大学の生物学者である彼の仲間、アンダース・メラー氏は、原発付近の森の中のマルハナバチ、蝶、バッタ、トンボ、くもの巣の研究について報告しました。


They found that "abundance of invertebrates decreased with increasing radiation," concluding that "the ecological effects of radiation from Chernobyl on animals are greater than previously assumed."
彼らは「放射能が増えるごとに多くの無脊椎動物が減少した」事を見出し、「チェルノブイリからの動物に対する生態学的な影響は、以前考えられていたよりも大きい」と結論しました。


A more recent study undertaken in the exclusion zone and published in May 2012 by Prof. Mousseau and colleagues states that "there were considerably few pollinating insects in areas with high levels of radiation ... (with) dramatic reductions in species richness and abundance of breeding birds...."
2012年5月にMousseau教授と仲間により発表された、立ち入り禁止地区で最近更になされた研究は、「放射線の高い地域で授粉する昆虫が著しく少なく、種の豊富さと、繁殖する鳥の発生量において、劇的に減少していた。」と述べています。


They cross-validated their measurements against reliable data from earlier Russian studies.
彼らは、前ロシアの研究からの信頼できるデータに対し、彼らの測定値を交差検証しました。


The accident at Chernobyl spread highly radioactive substances to regions as far away as Sweden, Britain and southern Germany. In fact, it was the largest release of radioactive material into the environment on record, about 400 times the amount released by the atom bomb dropped on Hiroshima.
チェルノブイリでの事故は、高レベルの放射性物質を、スウェーデン、イギリス、ドイツ南部にまで拡散しました。実際に、記録上環境中に放出された放射性物質のもっとも大量なものでした。広島に落とされた原子爆弾の約400倍の量です。


These studies constitute pioneering work, seeing as, according to Mousseau, "Surprisingly, there are few data on the abundance of animals in relation to radiation."
これらの研究は、先駆的な研究で構成され、また、そのように見られていて、Mousseau氏によれば、「驚くほど、放射能との関係において、動物の存在量についてのデータがない」のです。


What we do know is that the popular press, both in the Soviet and post-Soviet eras, created a "propaganda curtain" around factual information. The absence of data implied that as many animals were roaming freely in the exclusion zone as before the accident.
私たちに分かっていることは、ソビエトと前ソビエト時代に人気のある出版物が、事実に関しての情報の周りに「プロパバンダのカーテン」を作っていたということです。データの欠如は、事故前と同じくらいの数の動物たちが、立ち入り禁止地区を自由に放浪していたことを暗示していました。


The Japanese media has been little better with Fukushima. They have tended to give this impression, too, to lighten the disastrous effects of the disaster at the Fukushima No. 1 nuclear power plant and dampen the cause of compensation to victims.
日本のメディアは、福島について、同じような取り扱いです。福島第一原発での災害の悲惨な影響を軽く見せ、被害者への賠償の原因をあいまいにするため、このような印象を与えようとする傾向にあります。


Even NHK gave this impression on a news item broadcasted last month. They reported that the number of feral wild boar has increased 4 or 5 times since March 2011. Well, if the wild boar are doing okay, then what's the fuss?
NHKでさえ、先月放送されたニュースでこのような印象を与えました。彼らは、野生のいのししの数が2011年3月以来4倍か5倍に増えていると報道したのです。ええ、野生いのししが健康でいれば、何を騒ぐことがあるでしょう?


At the same time, however, officials from Fukushima Prefecture revealed a reading of 33,000 bequerels of radioactive cesium in a kilogram of wild boar caught near Iwaki City, the highest level ever recorded in a wild animal in the prefecture.
しかしながら同時に、福島県は、いわき市近くで捕獲された野生いのししから、1kgあたり3万3千ベクレルの放射性セシウムを測定したと明らかにしました。福島県で記録された野生動物での最高値です。


野生動物系の汚染を抜粋してみます。。。。

宮城県県猟友会の会員が捕獲したイノシシの肉から、暫定規制値を超す1キログラムあたり2200ベクレルの放射性セシウムを検出。 
(宮城県2011年8月19日発表)


茨城県水戸市木葉下町で捕獲されたイノシシの肉から、国の暫定基準値を超える放射性セシウムを検出放射性セシウムを検出。 
(茨城県2011年9月15日発表)


栃木県那須町と矢板市で捕獲された野生のイノシシ計2頭の肉からも、暫定規制値を超える1185ベクレル、990ベクレルのセシウムを検出。 
(厚生労働省2011年9月27日発表)

栃木県の矢板市と塩谷町で捕獲された野生のシカ計2頭の肉から、食品衛生法に基づく暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える1069ベクレルと545ベクレルの放射性セシウムを検出。 
(厚生労働省2011年9月27日発表)

福島県相馬市で捕獲されたイノシシの肉から、5720ベクレルの放射性セシウムを検出。 
(厚生労働省2011年11月7日発表)

福島県大熊町にある建物の壁で採取したツバメの巣から、1キログラム当たり約140万ベクレルの放射性セシウム(セシウム134と137の合計)を検出。 
(環境省2012年3月23日発表)

群馬県のイノシシ25検体から同368~109ベクレル、ニホンジカ11検体から同308~106ベクレルを検出。 
(群馬県2012年3月23日発表)

宮城県の猪(いのしし)から1キロあたり470ベクレルの放射性セシウムを検出。
(厚生労働省2012年5月31日発表)

福島県産ツキノワグマ2検体からそれぞれ1キロ当たり660ベクレル、1100ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月2日発表)

福島県産イノシシ11検体から1キロ当たり1300、420、900、270、230、270、320、260、220、340、170ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月2日発表)

栃木県産イノシシ肉6検体から1キロ当たり110~1100ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月2日発表)

宮城県産野生イノシシ肉から1キロ当たり360ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月8日発表)

群馬県産ニホンジカ肉3検体よりそれぞれ、1キロ当たり210、110、130ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月9日発表)

群馬県産ツキノワグマ肉6検体より、1キロあたり130~260ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月9日発表)

福島県産マガモ肉から1キロ当たり860ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月21日発表)

群馬県産ツキノワグマ7検体から1キロ当たり130-420ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月22日発表)

群馬県産ニホンジカ5検体から1キロ当たり110~290ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月30日発表)

馬県産ツキノワグマ4検体から1キロ当たり110~230ベクレルのセシウムを検出。
(厚生労働省2012年11月30日発表)


栃木県那須塩原市で捕獲されたシカと宇都宮市や塩谷町など8市町で捕獲されたイノシシから、一般食品の基準値を超える放射性セシウムを検出。イノシシは、那須塩原市890ベクレル、塩谷町800ベクレル、那須町500ベクレル、宇都宮市350ベクレル、大田原市280ベクレル、市貝町210ベクレル、芳賀町180ベクレル、茂木町120ベクレル。那須塩原市のシカは110ベクレル。 
(栃木県自然環境課2012年12月5日発表)


食べなきゃいい、って話じゃないよ~




At a talk I attended at Tokyo's Sophia University on Nov. 20, Prof. Mousseau spoke of his work in Fukushima in a research team that has spent about 6 weeks in Fukushima since July 2011 conducting research on bird and insect abundances and biodiversity, plant productivity, studies to assess the dose received by some bird species and measurements of genetic damage to their DNA.
11月20日に上智大学での公演に出席したとき、Mousseau教授は、調査チームの福島での作業について話しました。彼らは2011年7月から約6週間を福島で過ごし、鳥、昆虫の量、生物多様性、植物の繁殖率についての調査と、いくつか種の鳥が受けた被爆量、それらのDNAに対する遺伝的損傷の測定値を査定する研究を行いないました。


chernobyl-wildlife-bird-deformities_34166_big.jpg
チェルノブイリの鳥


"A very large proportion of eastern Fukushima Prefecture is contaminated to some degree," says Mousseau. "By this I mean, more than five times natural background radiation levels. Essentially, most areas from Fukushima City and Koriyama towards the east have measurable levels of radioactive cesium. A large swath — 15-20 km wide, extending from the reactor site to 50 km to the northwest — is very highly contaminated, with levels that are certain to lead to long-term ecological consequences. In fact, we have already demonstrated impacts to birds, cicadas and butterflies.
「福島県東部の大部分がある程度まで汚染されています。」とMousseau氏は話します。「つまり、バックグランドの放射性レベルの5倍以上だと言うことです。本質的に、福島市と郡山市から東へのほとんどの地域で、放射性セシウムの測定が可能なレベルです。広い縦長の範囲が-幅15-20km、原子炉の現場から北西へ50kmまでに及び-かなり高いレベルで汚染されています。それは、長期にわたり生物になんらかの結果をもたらすことが確かなレベルです。実際に、鳥や、蝶にはその影響が既に現れています。


OB-UE021_butter_DV_20120814080729.jpg
福島の蝶


"The reading on our Geiger counter in front of our hotel in Koriyama in July 2011 was above 2 microsieverts per hour, and rising. This was a big shock for us as we had not expected such high levels in the downtown area of this large metropolitan city with more than 300,000 inhabitants."
「2011年7月の郡山市内の私たちが泊まったホテルの前で、ガイガーカウンターの測定値は、1時間当たり約2マイクロシーベルト、そして上昇していました。これは私たちにとっては大きな衝撃でした。30万人以上の人が住んでいるこの大都市の中心でそのような高いレベルが出るとは思ってもいなかったのです。


He concludes: "Based on our previous work in Chernobyl, chronic exposure to this level of contamination is associated with many deleterious consequences for wildlife including elevated mutations rates, developmental abnormalities, tumors, neurological impairment, reduced fertility, and reduced longevity.
彼は次のように結論しました。「チェルノブイリで以前行ってきた研究に基づき、このようなレベルの汚染を慢性的に被曝していると、野生動物にとっては、突然変異率の上昇、発育異常、腫瘍、神経障害、繁殖力減少、短命などを含む多くの有害な結果と関連がある。」


"The areas of high contamination are confined to Fukushima Prefecture, but contamination has been detected in Tochigi, Ibaraki, Chiba, Tokyo, Miyagi, Yamagata, Niigata, Gunma and Nagano prefectures, among others. ... In terms of deposition onto land, the Chernobyl event was considerably larger with an area exceeding 200,000 sq. km ... . However, very large amounts of contaminants were released into the ocean around Fukushima, and the size and impacts on marine systems are largely still unknown."
「高度の汚染地域は、福島県に限定されるけれど、栃木、茨城、千葉、東京、宮城、山形、新潟、群馬、長野県と他の県でも汚染が検出されている。土地への沈着という意味では、チェルノブイリの事故の方が20万平方kmを越すかなり広大な地域へ達したけれど、福島周辺の海には、かなり大量の汚染物質が放出され、海洋システムに与えた規模と影響については、まだ全く分かっていない。」


As someone who has been studying Russian affairs for 50 years, having made my first trip there in 1964, I strongly believe that the aftereffects — ecological, economic, political and psychological — of the Chernobyl accident constituted a prime factor in the fall of the Soviet regime.
ロシアへ最初に旅をしたのは1964年。ロシアの出来事を50年間研究してきたものとして、私は、チェルノブイリ事故の生態的、経済的、政治的、精神的後遺症が、ソビエト政権の崩壊の主要な要因を構成していると考えています。


The Liberal Democratic Party, ahead in the polls for the election on Dec. 16, is dedicated to the restoration of nuclear energy. Attempts to whitewash the potential harmful effects of radiation on the land and sea are a critical tool in the strategy to mollify antinuclear sentiment in this country.
12月16日の選挙の世論調査で優勢な自由民主党は、原子力エネルギーの回復に献身的です。土地や海への放射能の有害な影響の可能性について体裁よくごまかす試みは、この国の反核感情をなだめるための戦略に重要なツールです。


Prof. Mousseau said to me, "Our second year of sampling in Fukushima in July 2012 suggests an increase in negative effects on animals living in the areas of high contamination, so it is imperative that these studies continue."
Mousseau教授は私に言いました。「2012年7月の福島での2回目のサンプル採取は、高度に汚染された地域に住む動物にとっての悪影響が増していたことを示しています。なので、研究の継続が必須です。」


I would like the politicians touting the virtues of nuclear power to look at the congenitally deformed piglet in Kiev. That little pig brought down a corrupt regime.
わたしは、原子力エネルギーの美徳を押し売りする政治家たちに、キエフの先天的奇形の子ブタを見て欲しいと思います。あの小さなブタが、政権崩壊へと導いたのです。


Something similar might happen here. If I were a member of the nuclear lobby or a politician in its greedy sway, I would fear the wild boar roaming the lands of Fukushima more than anything.
ここでも同じようなことが起こるかもしれません。もし、私が原発圧力団体だったり、どん欲な統治においての政治家であったならば、福島の土地を徘徊する野生いのししを、何よりも恐れるでしょう。







福島がチェルノブイリの運命を辿り、

日本が旧ロシアの運命を辿るのか、



福島の人を救い、自分たち自身の被曝からの影響と正面から向き合い

新しい価値観に基づく国へと方向転換する覚悟を示すのか、




選挙に不正がない限り、

全ては、

一人一人の一票にかかっています。



今回の選挙の結果は、

どう転んでも、

それが日本人の意思を世界に示すことになります。


政治だけを批判することは、もうできません。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/974-bbbc8a87

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。