科学的思考の突然異変

 2012-12-13
AP Exclusive: Japan scientists took utility money
AP通信独占記事:日本の科学者、電力会社のお金を受け取っていた


By YURI KAGEYAMA, AP Business Writer

Updated 5:25 p.m., Thursday, December 6, 2012

TOKYO (AP) — Influential scientists who help set Japan's radiation exposure limits have for years had trips paid for by the country's nuclear plant operators to attend overseas meetings of the world's top academic group on radiation safety.
東京-日本の放射能被曝限界を定める手助けをした有力な科学者たちは、放射線の安全についての世界でトップの学識グループの海外での会合に出席するために、何年もの間、自国の原発経営者に旅費を支払ってもらっていました。


The potential conflict of interest is revealed in one sentence buried in a 600-page parliamentary investigation into last year's Fukushima Dai-Ichi nuclear power plant disaster and pointed out to The Associated Press by a medical doctor on the 10-person investigation panel.
利益相反の可能性が、去年の福島第一原発災害についての国会事故調がまとめた600ページの1文に埋もれていたことが明らかになり、10名で構成される調査パネルの1人の医師によりAP通信に指摘されました。


Some of these same scientists have consistently given optimistic assessments about the health risks of radiation, interviews with the scientists and government documents show. Their pivotal role in setting policy after the March 2011 tsunami and ensuing nuclear meltdowns meant the difference between schoolchildren playing outside or indoors and families staying or evacuating their homes.
その科学者たちの何人かは常に放射能が健康に与える危険性について楽観的な評価を与えていたことを、インタビューや政府の文書が示しています。2011年3月の津波とそれに続くメルトダウンの後の政策を設定するのに重要な彼らの役割は、学童が屋外で遊ぶのか、それとも屋内で遊ぶのか、家族が家に留まるのか避難するのか、という選択肢の違いを意味していたのです。


Picture10_20121214163348.jpg


One leading scientist, Ohtsura Niwa, acknowledged that the electricity industry pays for flights and hotels to go to meetings of the International Commission on Radiological Protection, and for overseas members visiting Japan. He denied that the funding influences his science and stressed that he stands behind his view that continuing radiation worries about Fukushima are overblown.
一人の中心指導的科学者である丹羽太貫氏は、国際放射線防護委員会の会合へ行くための飛行機代やホテル代や、海外のメンバーが日本に訪れる際の経費を、電力業界が支払ったことを認めました。彼は、その資金提供が彼の科学に影響を与えたことを否定し、福島について、継続する被曝の懸念が吹き荒れている、と強調しました。


"Those who evacuated just want to believe in the dangers of radiation to justify the action they took," Niwa told the AP in an interview.
「避難した人たちは、自分がとった行動を正当化するために、放射能の危険を信じたいのです。」と丹羽氏はAP通信のインタビューに答えて言いました。


Picture30_20121214163348.jpg


The official stance of the International Commission on Radiological Protection is that the health risks from radiation become zero only with zero exposure. But some of the eight Japanese ICRP members do not subscribe to that view, asserting that low-dose radiation is harmless or the risks are negligible.
国際放射線防護委員会(ICRP)の公式見解は、放射能からの健康に与える危険性は、被曝が0のときにのみゼロである、ということです。しかし8名の日本人のICRPのメンバーのうちの何人かは、その見解に同意していません。低線量の被曝は害がないか、危険は取るに足らないものだと力説するのです。


The doctor on the parliamentary panel, Hisako Sakiyama, is outraged about utility funding for Japan's ICRP members. She fears that radiation standards are being set leniently to limit costly evacuations.
国会のパネルの医師、崎山比佐子さんは、日本のICRPメンバーのために電力会社が資金提供していたことについて憤慨しています。彼女は、放射線の基準が、経費のかかる避難を限定するために寛大に設定されているのではないかと怖れているのです。


Picture1_20121214162029.jpg


"The assertion of the utilities became the rule. That's ethically unacceptable. People's health is at stake," she said. "The view was twisted so it came out as though there is no clear evidence of the risks, or that we simply don't know."
「電力会社の主張が規定になったのです。それは、倫理的に受け入れられるものではありません。人々の健康が危うくされているのです。」と彼女は話しました。「その見解は、まるで危険だという明らかな証拠がないとか、単に分からないということでゆがめられていました。」


The ICRP, based in Ottawa, Canada, does not take a stand on any nation's policy. It is a charity that relies heavily on donations, and members' funding varies by nation. The group brings scientists together to study radiation effects on health and the environment, as well as the impact of disasters such as Chernobyl and Fukushima. In Japan, ICRP members sit on key panels at the prime minister's office and the education ministry that set radiation safety policy.
カナダのオタワが拠点のICRPは、いかなる国の政策の立場にも立ちません。多くを寄付金に頼っているチャリティーなのです。そしてメンバーの資金は国によって異なります。その団体は、放射能が健康や環境に与える影響や、チェルノブイリと福島の災害の影響を、科学者たちが共に研究できるようにします。日本では、ICRPのメンバーは放射能の安全政策を設定する首相官邸のと文部省で、主要パネルとなります。


The Fukushima meltdowns, the worst nuclear disaster since Chernobyl, brought a higher level of scrutiny to Japan's nuclear industry, revealing close ties between the regulators and the regulated. Last month, some members of a panel that sets nuclear plant safety standards acknowledged they received research and other grant money from utility companies and plant manufacturers. The funding is not illegal in Japan.
チェルノブイリ以来最悪の原子力事故である福島のメルトダウンは、日本の原子力業界に高いレベルの精査をもたらしました。そして、規制する側とされる側の間が密に結ばれていたことが明らかにされたのです。先月、原発の安全基準を設定している何人かのパネルメンバーが、調査や他の資金を電力会社と発電所製造者から受け取っていたことを認めました。その資金は、日本では違法ではないのです。


Niwa, the only Japanese member to sit on the main ICRP committee, defended utility support for travel expenses, which comes from the Federation of Electric Power Companies of Japan through another radiation organization. Costs add up, he said, and he has spent tens of thousands of yen (thousands of dollars) of his personal money on ICRP projects and efforts to decontaminate Fukushima. All ICRP members fly economy, except for long flights such as between Argentina and Japan, he said.
ICRPの中心委員会に席を置くたった一人の日本人のメンバー、丹羽氏は、旅費を電力会社から支援してもらったことについて弁護しました。それは、他の放射線組織を通して、電気事業連合から来たものです。経費は積み重なり、ICRPのプロジェクトや福島の除染の取り組みなどに何十万円も自費を使ったのだと、彼は話しました。ICRP全てのメンバーがアルゼンチンと日本間のような長距離を除いてはエコノミークラスを使っていると言いました。


The Federation declined comment.
連合会はコメントを断りました。


Clouding the debate about radiation risks are the multiple causes of cancer, including diet, smoking and other habits. That's why it is extremely difficult to prove any direct link between an individual's cancer and radiation, or pinpoint where one cause begins and another ends.
放射能の危険についての議論が、ダイエット、喫煙、他の習慣を含みいくつもの発癌率の原因で曇らされています。それが、ここの癌と放射能を直接関連付ける、あるいは原因の始まりと、終わりの結果を正確に指摘することを極端に難しくしている理由です。


The ICRP recommends keeping radiation exposure down to 1 millisievert per year and up to 20 millisieverts in a short-term emergency, a standard that takes into account the lessons of Chernobyl.
ICRPは、年間の被曝量を1ミリシーベルトまで下げ、緊急時の短期間は20ミリシーベルトまでとすることを薦めています。その基準はチェルノブイリからの教訓が考慮されたものです。


"Health risks from annual radiation exposure of 20 millisieverts, the current level for issuance of orders to evacuate an affected area, are quite small particularly when compared against the risks from other carcinogenic factors," the ICRP says.
「20ミリシーベルトの年間被曝からの健康リスクは、被災地の避難命令発行の現在のレベルですが、特に他の発癌要因からのリスクと比べると、とても小さいものである。」とICRP述べています。


The risk of getting cancer at 20 millisieverts raises the already existing 25 percent chance by an estimated 0.1 percent, according to French ICRP member Jacques Lochard, who visits Japan often to consult on Fukushima.
福島についてしばしば専門的アドバイスをしているICRPのフランスのメンバー、Jacques・Lochard氏によると、20ミリシーベルトの発癌リスクは、既に現在存在する25%の確率を0.1%あげることになるのだ、ということです。

既に25%というのがすごい確率です。。。核実験、数々の原発事故の蓄積により、どんどん発症率は上がっていくのでしょう。。。



While that's low, he says it's not zero, so his view is that you should do all you can to reduce exposure.
低いですが、ゼロではない、と言います。故に彼の見解は、被曝を少なくするためにできる限りのことをするべきだ、ということです。


Kazuo Sakai, a Japanese ICRP member, said he was interested in debunking that generally accepted view. Known as the "linear no threshold" model of radiation risk, the ICRP-backed position considers radiation harmful even at low doses with no threshold below which exposure is safe.
日本のICRPのメンバー、酒井一夫氏その一般的に受け入れられている見解の正体を暴くことに興味があったといいます。ICRPが支持している「直線しきい値無し」モデルとして知られている放射線リスクは、たとえ低線量の被曝でもそれ以下だと安全だというしきい値がなく、有害であると考える立場です。


Sakai called that model a mere "tool," and possibly not scientifically sound.
酒井氏はそのモデルを単なる「ツール」と呼び、科学的に根拠があるものではない、と言います。


He said his studies on salamanders and other animal life since the Fukushima disaster have shown no ill effects, including genetic damage, and so humans, exposed to far lower levels of radiation, are safe.
彼は福島災害以来、サンショウウオとほかの動物を研究し、遺伝子の損傷を含め、病気になるような影響が全く見られなかったのだと話しました。なので、人間も、低線量の放射能を被曝しても安全である、と言います。

なぜ、サンショウウオ・・・なのでしょう。。。他の動物とは???

11735261741552756.jpg


そういえば。。

どことなく。。。。似てるから???



Picture2_20121214162029.jpg


"No serious health effects are expected for regular people," he said.
「普通の人に、深刻な健康障害は全く予測されません。」


この論法でいくと。。。蝶や昆虫、鳥などに見られた影響を考えると、普通の人間にも深刻な健康障害が確実に予測されます。。。よね???


The parliamentary investigation found that utilities have repeatedly tried to push Japanese ICRP members toward a lenient standard on radiation from as far back as 2007.
国会事故調では、2007年までさかのぼり、電力会社が繰り返し日本のICRPメンバーに放射能の甘い基準にするよう押していたことが分かりました。


Internal records at the Federation of Electric Power Companies obtained by the investigative committee showed officials rejoicing over how their views were getting reflected in ICRP Japan statements.
調査委員会によって入手された電気事業連合での内部記録は、彼らの見解がICRP日本の文書にどのように反映されたかについて役員たちがどんなに大喜びしていたのかを示しました。


Even earlier, Sakai received utility money for his research into low-dose radiation during a 1999-2006 tenure at the Central Research Institute of Electric Power Industry, an organization funded by the utilities.
それ以前でさえ、酒井氏は、1999-2006年、電力会社によって設立された電力中央研究所に在任している間、低線量の放射能についての調査に電力会社のお金を受け取っていたのです。


But he said that before his hiring he anticipated pressures to come up with research favorable to the nuclear industry and he made it clear his science would not be improperly influenced.
しかし彼は、雇われる前に、原子力業界に都合の良い調査をするようにという圧力があるだろうことを予想し、自分の科学が不適切に影響を受けないようにしたのだと話しました。


Niwa, a professor at Fukushima Medical University, said that residents need to stay in Fukushima if at all possible, partly because they would face discrimination in marriage elsewhere in Japan from what he said were unfounded fears about radiation and genetic defects.
福島医大の教授である丹羽氏は、住民が福島に、できるなら留まる必要があるのだ、と言います。理由の一つは、日本の他の場所では、彼が言うところの、放射能と遺伝子の欠陥という根拠のない恐怖から、結婚に対して差別に直面することになるからだというのです。


Setting off such fears are medical checks on the thyroids of Fukushima children that found some nodules or growths that are not cancerous but not normal.
このような恐怖を引き起こすのが、福島の子どもたちに行われ、発癌性でないけれど、正常でもない小結節や増加が発見された医療検査です。


A2hEBffCEAA8gGU-450x337.jpg


No one knows for sure what this means, but Yoshiharu Yonekura, president of the National Institute of Radiological Sciences and an ICRP member, brushes off the worries and says such abnormalities are common.
これが何を意味するのかは誰も確信がありません。しかし放射線医学総合研究所の理事長であり、ICRPのメンバーである米倉義晴氏は、このような異常は一般的である、と言い捨てました。


Picture3_20121214162028.jpg


The risk is such a non-concern in his mind that he says with a smile: "Low-dose radiation may be even good for you."
彼の気持の中では、危険は何の心配もないもので、笑みを浮かべてこう言います。「低線量の放射能は、あなたの体にとって良いものでさえあるかもしれませんよ。」   

___

Associated Press researcher Julie Reed contributed to this report. Follow Yuri Kageyama on Twitter at www.twitter.com/yurikageyama






お金に魂を奪われ、

思考に突然変異が現れた場合、

修復するのは、


かなり難しそうです。。。


長期汚染に浸っていたため、

相当重症のようにうかがえます。。。



お気の毒ではありますが、

このような方々に、

日本の舵取りを任せては大変です。



一票に、

自分の決意と、意志と、願い、心の中の全ての想いを

託してみましょう。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/972-0c23aeaa

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック