スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

開かれた被曝治療に向けて

 2012-11-17
核戦争防止国際医師会(IPPNW)が世界保健機関に宛てた要請書

Picture11_20121117113427.jpg



Picture1_20121116160531.jpg




World Health Organization (WHO)
Dr. Margaret Chan, Director-General
Avenue Appia 20
1211 Genf 27
SCHWEIZ
Berlin, November 2, 2012
Dear Dr. Chan,

on August 28, 2012, a delegation of thirty members of International Physicians for the Prevention of Nuclear War (IPPNW) and experts from Germany, the USA, Canada, United Kingdom, Finland,Israel, India, New Zealand and Australia visited the Fukushima prefecture. Two of this letter’s signatories belonged to that delegation. We were able to glean a picture of what the authorities, as well as a section of the physicians’ community, estimate the risk posed by the consistently increased levels of radiation to be, through personal conversations with mothers’ groups and evacuees, on the one hand, and with independent Japanese experts on the other. Unfortunately, we found that neither the real extent of the reactor catastrophe has been sufficiently examined, nor has the population been adequately informed about it. Many Japanese people – all over the country and in all social classes – are feeling misled by the systematic downplaying of the situation by the nuclear industry and the government. They no longer believe the falsehoods in the media and think that the announcement of an abandonment of nuclear energy is an electoral tactic.
2012年8月28日に核戦争防止国際医師会からの30名の派遣団と、ドイツ、アメリカ、カナダ、イギリス、フィンランド、イスラエル、インド、ニュージーランド、オーストラリアからの専門家たちが、福島県を訪れました。この手紙に署名している2名は、その派遣団に属していました。私たちは、一方で母親グループと避難している人たち、そしてもう一方では、独立した日本の専門家との話しを通して、日本政府と、医師共同体が、常に増加している放射線レベルに被曝する危険性をどのように予測しているのかの全体像を描けました。残念ながら、原子炉の大惨事の規模が十分に検証されていず、住民も適切にそのことについて知らされていないということが分かりました。多くの日本人が-国のいたるところで、あらゆる社会的クラスの人たちが-原子力業界と政府によって、状況を組織的に小さく見せることによって惑わされていると感じています。彼らはもはやメディアの偽りを信じず、原子力エネルギーを放棄する宣言は、選挙のための戦略だと思っています。



In summer 2012, the Japanese central government began decontamination and rehabilitation of radioactively contaminated soil in 11 civic parishes within the Fukushima prefecture. These parishes are either within the 20km zone or in peripheral zones north-west of the exclusion zone. But even outside of this area there are a further 104 civic parishes in 8 prefectures where radiation levels of higher than 1 mSv p.a. can be found – the highest level that is recommended by the ICRP for the protection of the civilian population. The Japanese government and local authorities are soliciting a speedy return of the evacuated population, with their children, in spite of these increased radiation levels.
2012月の夏に、日本の中央政府は除染と放射能汚染土の入れ換えを、福島県内の11の地域で始めました。これらの地域は、20km圏内か、立ち入り禁止地区から北西にある地域です。しかし、この地域の外側で、ICRPが一般市民の防護のために薦めている最高のレベルである1年間に1mSvより高いレベルの放射線が見つかるところが、8都県で104の地域に上ります。このような高い放射線レベルにも関わらず、日本政府と地方行政は避難している住民に、子どもたちと一緒にすばやく戻ることを勧めています。


In the heavily contaminated civic parish of Itate we measured levels of between 1.9 mSv/h and 43.85 mSv/h. Iodine tablets were not distributed in Itate, nor in any of the radiated areas, which, as you know, is the only chance of reducing the rate of radiation-induced thyroid carcinomas if taken before inhaling air irradiated with J131. In the city of Fukushima, where many evacuees from the contaminated region fled, the current levels of radiation fluctuate from 0.25 mSv/h to 2 mSv/h. This amounts to a level of additional ionising radiation of between 2.25 and 18 mSv p.a.. Added to this is internal radiation caused by the ingestion of contaminated food.
飯舘のような酷く汚染された人の住む地域では、毎時1.9mSvから43.85mSv(多分マイクロシーベルト?)の間のレベルを計測しました。飯舘でも、他の放射能汚染されたどこの地域でもヨウ素剤は配られませんでした。ご存知と通り、ヨウ素剤を空気中の放射性ヨウ素を吸入する前に服用することが、放射線が原因の甲状腺の癌腫の率を下げる唯一の方法であるのです。汚染地域から多くの人が逃げてきている福島市では、現在の放射線レベルが、毎時0.25mSvから2mSv(多分マイクロシーベルト?)まで変動しています。これは、年間2.25mSvから18mSvの追加放射線のレベルに達します。このことに加え、汚染された食物の摂取による内部被曝があるのです。


We find it completely impossible to understand the remarks made by Prof. Shunichi Yamashita, the health consultant for the prefecture and Vice-President of the Medical University of Fukushima, when he states that radioactivity up to a level of 100 mSv is not dangerous. He states that the results presented by his own research group in April 2012, that found thyroid nodules and cysts in 35% of the 38,114 examined children from the Fukushima region through ultrasonic scanning, are normal. These children are supposed to return for routine examination in 2 ½ years. Several mothers from Fukushima prefecture who turned to other doctors for a second opinion were turned away. This attitude cannot be justified by fear of a panic reaction.
私たちは、県の健康相談役であり、福島医大の副学長である山下俊一教授による、全く理解しがたい意見を聞きました。100mSVのレベルまでの放射線は危険ではないと言うのです。彼は、2012年4月の調査グループにより提示された結果で、エコー検査した福島県の3万8,114名のうちの35%の甲状腺に小結節と嚢胞が見つかり、それが正常だと言います。この子どもたちは、2年半に1度の定期健診を受けることになっています。セカンドオピニオンを聞くために他の医師のところに行った何人かの福島の母親たちは、(診察を)断られました。このような態度は、パニック反応の怖れのためだと正当化され得るものではありません。


In September 2012, Prof. Yamashita published a second study in which he had carried out ultrasonic scans on a further 42,060 children, all of whom where from Fukushima city. Again 43.1 % of the children’s thyroid glands showed nodules and cysts.
2012年9月には、山下教授は更に4万2,060名の福島市の子どもたちのエコー検査を実施し、2度目の研究を発表しました。再び、43.1%の子どもたちの甲状腺に、小結節と嚢胞が見られました。


IPPNW Germany fears that there may be an increase in thyroid cancer in Fukushima prefecture. Our fears are confirmed by a study carried out by Dr. Michiyuki Matsuzaki, Director of the Department for Internal Medicine in the General City Clinic in Fukagawa. He compared the results of the health study conducted in Fukushima with earlier studies. A study from the year 2000 of 250 7-14 year old children from the Nagasaki prefecture showed that only 0.8% had thyroid cysts. Another study, by Mazzaferri et al. (1993) showed that US-American infants had practically no deformities in their thyroid glands. Nodules and cysts usually appeared late in life.
ドイツ核戦争防止国際医師会は、福島県で甲状腺癌が増加するかもしれないと恐れています。私たちの恐れは、北海道深川市立総合病院内科部長、松崎道幸氏が実施した研究により、確認されています。彼は、福島で行われた健康についての研究結果と、以前にされた研究とを比較しました。2000年に行われた、250名の長崎県の7-14歳の子どもたちの健康研究では、たったの0.8%の子どもたちにしか甲状腺嚢胞は見られませんでした。1993年のMazzarerri氏らによる他の研究では実際に、アメリカの幼児の甲状腺に異常は見られませんでした。小結節と嚢胞は、通常、もっと後になってから現れていたのです。


Picture22_20121117174432.jpg


Moreover Dr. Matsuzaki’s results contradict the assessment made by the authors of the WHO report entitled “Priminary Dose Estimation” of June 2012. In this it is claimed that the radioactive fallout from Fukushima would cause hardly any ill-effects at all. We have enclosed a critical analysis of this report by Dr. Alex Rosen, paediatrician and IPPNW member for your information.
更に、松崎医師の結果は、2012年6月のWHOの「第一次被曝推定」と題する報告書の著者による査定と矛盾します。この中では、福島からの放射性降下物が、病気を引きこすものでは全くないと主張しています。私たちは、IPPNWメンバーである小児科のAlex Rosen医師によるこの報告書に対しての批判的分析を同封しました。

IPPNW Germany therefore appeals to the World Health Organisation to substantially expand medical research on the health effects of the Fukushima nuclear disaster.Apparently, the planned study by UNSCEAR will only take rough estimates by Japanese and international experts into account in order to theoretically extrapolate expected health effects. Independent epidemiological studies are, however, urgently needed, as well as the speedy establishment of a comprehensive registry that includes everyone that is estimated to have received more that 1 mSv radiation from various sources due to the Fukushima disaster.
よって、ドイツIPPNWは、世界保健機関に対し、福島放射能惨事の健康に与える影響についての医療調査を実質上拡大することを要請します。明らかに、UNSCEARにより計画された研究は、健康に与える考えられる影響を理論的に推定するのに、日本と世界の専門家による大まかな推測しか考慮していません。しかしながら、独立した疫学的研究と、福島災害により、いろいろな原因で1mSv以上の放射能を被曝したと思われる人全てを含んだ包括的な登録制度を早急に確立する必要があります。


Such studies should not be restricted to the scanning of children’s thyroid glands but should include more extensive data from studies of other possible illnesses, as have been observed since the Chernobyl disaster. In particular, we believe that deformities, stillbirths, miscarriages and the phenomenon of “lost girls” should be studied, since these effects on the reproductive health were found in contaminated areas in many European countries (please refer to enclosed studies by Körblein, A. Scherb, H. et al, Wertelewski, W. and Lazjuk, G.I. et al).
このような研究は、子どもたちの甲状腺を調べることに制限されるべきではなく、チェルノブイリ災害以来見られているような他に可能性のある病気の研究データの拡大も含まれるべきです。特に、奇形、死産、流産と「女児の喪失」減少が研究されるべきだと考えています。これらの生殖系の影響が、多くのヨーロッパの汚染地で見出されたからです。(同封のKörblein, A. Scherb, H.ら, Wertelewski氏, W. and Lazjuk氏, G.I. らの研究を参照してください。)


Looking forward to your early reply, we remain
近いうちにお返事をお待ちしています。

Yours sincerely,
敬具

Picture2_20121116162654.jpg





8月28日の訪問時の記者会見については、こちら



Picture3_20121117175118.jpg


放射能被曝から人々をの健康障害から守る、

ということをほぼ放棄してしまったWHOに要請しても。。。



INDEPENDENT WHO
  WHOの独立のために

がんばるのも大事だけれど、



できれば、

IPPNWのような組織が,

独立した医療機関を福島と、関東各地に設置し、

調査と治療にあったっていただきたい。。。


と願っています。



松崎道幸講演




0:00 松崎道幸 医学博士 北海道深川市立病院内科医師 ファイル請求先 matsuzak@maple.ocn.ne.jp
3:15 甲状腺のしこり
6;08 チェルノブイリのデータ 山下俊一のデータ と出鱈目 鈴木眞一の検査報告
11:50 甲状腺のしこり
13:18 被曝は肺の老化を進める 肺活量の減少
14:43 造血機能の低下 血液検査が必要
15:53 乳ガンの増加
17:29 先天異常、死産率、ダウン症、出生性比、子供の体調不調率
22:27 IPPNWの報告
23:10 日本の原発労働者のデータ 10ミリシーベルト/年で、死亡率3%アップ 文科省の検査報告
30:37 労働者と一般国民との比較の落とし穴
32:40 肝臓ガン 文科省の悪辣な捏造
39:15 肺ガン 喫煙との関係
41:05 今後放射線被曝の健康被害はデータ収集と共に増加するであろう
42:25 医療被曝の被害のデータの解析結果 明確
45:10 10mSv/年 で死亡率 3% 増加
46:15 福島の原発労働者 福島の住民に当てはめると....
49:23 まとめ
50:09


こんな先生がいてくれるから、

希望が持てる気がします。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/958-8bd5a871

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。