スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

原子力災害への備え ステップ1

 2012-11-09
原子力災害へ備えるための15ステップ ~スッテップ1~
The 15 steps to Nuclear Preparedness ~Step 1~


The Personal Lessons I Learned from Fukushima that helped me come up with:
福島から学んだ教訓から分かったこと


It was March 2011 when the triple meltdowns and explosions occurred at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant in Japan. This catastrophe has not been brought under control. Incredible amounts of radioactivity continue to be released into the atmosphere and oceans from the reactors. This radiation gets into the jet stream and ocean currents and comes directly over to us in North America.
福島第一原発トリプルメルトダウンと爆発が起きたのは2011年3月でした。この大惨事はまだ制御されるに至っていません。信じがたい量の放射性物質が、原子炉から大気と海に放出され続けています。放射能はジェットストリームや海流に乗り、北米に向かっています。


Many articles have been written about the “Lessons Learned from Fukushima”. These are all about the lessons the nuclear industry, the nuclear power plants, the nuclear regulators etc. learned by studying what went wrong at Fukushima.
「福島から学んだ教訓」について多くの記事が書かれています。全ては、何が福島で間違ってしまったのかを研究することにより学んだ原子力業界、原子力発電所、原子炉などについての教訓です。


These reports and articles all provide valuable information. However, it has occurred to me that there are also many lessons that I, an ordinary citizen of Canada, have learned from following what has transpired as the disaster has continued to unfold and get worse.
これらの報告や記事は、全て重要な情報を提供しています。しかしながら、私のような、一般カナダ市民には、その災害が展開し、悪化するうちに明らかになってきたことを辿ることで学んだこともあります。


Initially I spent hours of time writing to all levels of government asking them the many questions that arose:
当初私はあらゆるレベルの政府機関に湧き上がってきた多くの疑問を問うために何時間も費やしました。

“have we been contaminated with radioactive fallout?”
「私たちは放射性降下物で汚染されていないのか?」

“are you checking our air, food and water for radioactivity?”
「政府は空気、食物、水の放射性物質をチェックしているのか?」

“what foods are safe to eat?”
「どの食物が食べても安全なのか?」

“could you please help to evacuate the children in Japan who are living in highly radioactive areas”?
「放射線の高い地域に住む日本の子どもたちを避難させる手助けをし てくれないか?」

“could you please work with the international community to help shutdown this ongoing disaster?”
「この進行中の災害を収めるために国際社会と共に働いてはくれないか?」

“could you launch an international effort to take the fuel rods out of the Fukushima reactor Unit #4 that poses the gravest threat to all of Japan and the 4 billion people who live in the Northern Hemisphere?”
「日本人全員と北半球に住む40億の人々にこの上もない由々しい脅威を呈している福島原発4号機から燃料棒を取り出す国際的取組みを始めてはくれないか?」


Picture2_20121110111824.jpg


Any answers I got back were simply attempts to reassure me that all was well and therefore they wouldn’t even try to monitor our food or water. They said it “wasn’t necessary” – but how could they know if they didn’t’ test?! Why aren’t they concerned that the greatest threat to the survival of humanity is not being adequately dealt with by the Japanese government?
私が受け取った回答はどれも、ただ安心させようとするもので、全ては大丈夫なので、食物や水をモニタリングはしない、というものでした。しかし、検査しないで、どうして分かるのでしょう?なぜ彼らは日本政府によって適切に取り扱われていない、生き残るという人権に対する最大の脅威を懸念しないのでしょう?


It bears repeating - the Fukushima nuclear power plant (NPP) has not been brought under control and the fallout continues to contaminate the oceans and atmosphere on a daily basis. At this writing (Sept 2012), the atmospheric releases are estimated at 10 million becquerrels per HOUR.
繰り返し言う必要があります。福島原発は収まってなどいず、降下物は、海を、大気を毎日汚染し続けています。これを書いている今(2012年9月)、大気への放出は1時間当たり1千万ベクレルと見積もられています。

After 500 days, Fukushima No. 1 plant still not out of the woods


Picture6_20121110111823.jpg


The situation is getting worse. Radioactivity at the Fukushima NPP is higher now than it was even two months ago. Radioactive fallout is bioaccumulating. Although TEPCO, the company that runs the nuclear plant, have removed “test’ fuel rods, they will not even attempt to remove all the 1532 fuel rods from Unit #4 until December 2013.
状況は悪くなるばかりです。福島原発の放射能レベルは2ヶ月前よりも高くさえなっているのです。放射性降下物は、体内に蓄積されます。その原発を運行している東電が試験的に燃料棒を取り出しましたが、4号機から1532本の燃料棒を取り出す試みは、2013年12月まで始まらないのです。


Picture1_20121110111823.jpg


As if that were not concern enough, we, in Vancouver, B.C., live just 260 miles downwind of the Columbia Generating Station Nuclear Power Plant (CGS) at Hanford Washington. That is the same type of aging boiling water reactor that failed three times at Fukushima. The CGS is also on an earthquake fault. If the 1836 fuel assemblies at Hanford were exposed to the air (as would happen in an earthquake that would cause the cooling water to drain from the pool), then the radioactive contamination that would fallout would exceed the amount released at Fukushima.
まるでそれだけではまだ心配し足りないかのように、ワシントン州ハンフォードのコロンビア原子力発電所から260マイル(418km)のBC州バンクーバーに、私たちは住んでいます。それは福島で3回も失敗したものと同じ、古い沸騰水型原子炉です。コロンビア原子力発電所はまた、地震断層の上にあります。ハンフォードの1836本の燃料集合体が空中で爆発したら、(地震が起きて冷却水がプールから流れ出せば起こるのです)降下する放射性物質の汚染は福島で放出された量を超えるでしょう。


Watch this 11 minute Youtube called “Dial M for Meltdown” and then ask yourself if CGS Hanford could be next.
この、11分の「メルトダウンのダイアルM」というYoutubeをみてください。そして、ハンフォードがその次のものかもしれないと自分に問うてみてください。


日本語訳は、こちら


There is absolutely no question that WE ARE IN THE NUCLEAR HOTSEAT. If Unit #4 loses it’s ability to cool the fuel pool, or if we get a big earthquake that could cause our local reactor at Hanford to meltdown, we will all need to be prepared. There will not be time to get everything you need in place once either of those events happen.
私たちが、核の瀬戸際にいることは、全く疑問の余地がありません。もし4号機の燃料プールが冷却機能を失ったり、あるいは、ハンフォードの原子炉をメルトダウンさせるような地震が起きれば、と考えれば、私たちは皆備える必要があります。一度これらのようなことが起これば、必要なものを全て用意する時間などないのです。


So I have put together the 15 STEPS YOU CAN TAKE NOW TO PROTECT YOURSELF AND YOUR LOVED ONES.
そこで自分自身と愛する者たちのために今できる15ステップをまとめました。

A Checklist Summary of the 15 steps


Step 1. STUDY the following information you need to know and accept. These facts will not change. Accepting the facts and moving to step 2 will save you a lot of time and could save your life.
ステップ1 あなたが知り、受止める必要のある、以下の情報を学んでください。この事実は変わりません。事実を受け入れ、ステップ2に進むことで、時間を無駄にすることなく、自分の生活を守ることができるのです。

a. Your government will not warn you. In fact the government will even downplay the situation. The Japanese government did not tell the Japanese people for three months that there had been a triple meltdown at Fukushima. Eventually news was leaked that the British government worked closely with the nuclear industry after Fukushima to devise a plan to “show the safety of nuclear”!
政府はあなたに警告しません。実際には、政府は状況を小さく見せようとさえするでしょう。日本政府は日本国民に3ヶ月もの間、福島のトリプルメルトダウンのことを告げませんでした。福島の事故の後、英国政府が原子力業界と密に協力し、「原子力の安全を示す」ための計画を考案しているというニュースがリークされることにもなりました。

Revealed: British government's plan to play down Fukushima

The official line of the Canadian Government was that there was nothing to be concerned about. And while we’re on it, have you ever heard of Rocketdyne or Chelyabinsk? – these were huge nuclear accidents and contaminations that are to this day affecting the health of many people – but the cover-ups are near perfection.
カナダ政府筋は、何も心配はない、という姿勢でした。ロケットダインやチェリャビンスクのことを聞いたことがありますか?これらは巨大な核の事故で、現在に至るまで、その汚染は多くの人々の健康に影響を与えています。しかし、そのことの隠蔽はほぼ完璧です。


I urge you to watch Chernobyl Heart
チェルノブイリ・ハートを、是非見てください。



and you will see the city where 700,000 people still live in a highly contaminated place and many of their children are sick. In all, 6 million people continue to live in contaminated environments due to the catastrophe at Chernobyl in 1986.
汚染の酷い場所に、未だに70万人の人々が住んでいる市で、多くの子どもたちが病気であることが分かります。全部で6百万人の人々が、1986年に起きた大惨事が故に、汚染された環境で暮らし続けています。


Over 32 million people still live in Tokyo where the official government line is that levels of radiation are low – but many studies show that Tokyo is now highly contaminated.
3200万名以上の人々が、政府が線量が低いとしている東京にまだ住んでいるのです。しかし、多くの研究が、東京が今では高度に汚染されていることを示しています。


The sad fact is that the people of Fukushima, Belarus, Chernobyl, Chelyabinsk and Rocky Flats, who relied on their governments to warn them, are being poisoned on a daily basis by the radioactivity in their areas.
政府が警告してくれることに頼っていた福島、ベラルーシ、チェルノブイリ、チェリャビンスク、そしてロッキーフラッツの人々の悲しい現実は、その地域で放射性物質により、毎日汚染されている、ということです。



b. Your government will not test your air, food, soil or water for signs of contamination. They will not be testing for contamination because they will not have in place any regular system for testing food and water. They will not inform you if their air monitoring (Test Ban Treaty Organization) systems shows anything. Just check their website and you will see for yourself that they are not reporting to the public.
政府は、汚染の兆しを知るために大気、食物、土壌、そして水を検査しません。食物や水を定期的に検査するシステムが構築されないので、汚染を検査することはありません。政府は、(包括的核実験禁止条約の)大気のモニタリングシステムが何かを示してもそれを伝えることはありません。ウェブサイトを自分で調べてください。国民に報告されていないことを自分の目で確かめることになるでしょう。


The fact is that it took 10 months after the Fukushima disaster before it was revealed that our government did not release data from a Calgary Health Canada monitoring station that showed levels of radioactive Iodine 131 in rainwater that was above the Canadian guideline for drinking water. This radioisotope also showed up in Winnipeg and Ottawa.(The American government was more transparent. When they found levels of Iodine 131contamination in Virginia that were lower than those found in Calgary, they issued a "don't-drink-rainwater" advisory.)
実際に、雨水に含まれる放射性ヨウ素131のレベルが、カナダの飲料水のガイドラインを越えたことを示していたカルガリー・ヘルスカナダのモニタリングステーションのデータを、カナダ政府が発表しなかったことが明らかになったのは、福島惨事の後、10ヶ月経ってからのことでした。この放射性核種はまた、ウィニペグとオタワでも見られました。(アメリカ政府はまだ透明性がありました。バージニアでヨウ素131の汚染レベルを発見したとき-カルガリーより低いレベルでしたが-「雨水を飲まない」よう勧告を発したのです。)


The fallout from Fukiushima had to travel past Vancouver Island, Vancouver and southern B.C. before it reached Calgary. In Vancouver the rain water falls directly into our three open drinking water reservoirs.
福島からの降下物は、カルガリーに到達するまでに、バンクーバー島、バンクーバー、BC州南部を通過しました。バンクーバーでは雨水が3つの野外貯水場に直接降り注ぎました。


In May of 2011 Iodine 131 had been found in the rainwater on Burnaby mountain. In Sydney B.C. the government air monitoring systems detected radioactive Iodine 131 in the air 300 times above background – but did the government warn us? NO.
2011年3月にヨウ素131は、バーナビー・マウンテンの雨水で発見されました。BC州、シドニーで、政府の大気モニタリングシステムは、バックグランドの300倍の放射性ヨウ素131を検出しました。政府は私たちに警告しましたか?いいえ、しませんでした。


This is why Rod Marining, co-founder of Greenpeace International, moved his family from the Sunshine Coast up to the Cariboo where they could be supplied by in -ground well water. He said he remembers the water in Vancouver’s three watersheds being contaminated during the Chernobyl disaster. (Did anyone warn us then? No and they didn’t warn us this time. Without a doubt, they will not warn us next time. This is an important lesson to learn and accept)
これが、グリーンピース・インターナショナルの共同創設者、ロッド・Marining氏が、彼の家族をサンシャインコーストからカリブーへ移動させた理由です。そこには地下水を汲める井戸があるのです。彼は、チェルノブイリ災害の間、バンクーバーの3つの分水嶺が汚染されたのを覚えている、と話しました。(その時、誰か私たちに警告しましたか?いいえ、このときも彼らは私たちに警告しませんでした。疑いもなく、次も警告はしないでしょう。このことが、学び、受け入れなければならない重要な教訓なのです。)


"In effect, Health Canada has not allowed Canadians to take any preventative steps to reduce our exposure to this radiation.”
「実際、ヘルスカナダは、カナダ人が放射能の被爆を軽減させるための防護的ステップを取れるようにしていません。」

Greens say Health Canada failed to reveal radioactivity in rainwater
日本語訳はこちら


And by the way, Iodine 131 was found in the milk in California in May 2011.
ところで、ヨウ素131は2011年の5月にカリフォルニアでも発見されました。

カリフォルニア牛乳 California Milk


It was probably also in the milk in B.C. at that time as well, but no one tested for it.
その時BC州のミルクにもおそらく含まれていたでしょうが、誰も検査しませんでした。


The fact is that in June 2012, Arnold Gunderson, a nuclear engineer with 40 years experience with the nuclear industry said that we, on the west coast of North America should have been taking Potassium Iodide pills after Fukushima! WHAT!!!! 1 ¼ YEARS after Fukushima – we hear this?? No public health department in our city, province or country gave us any warning that we should have taken Potassium iodide tablets to protect our thyroid glands from developing cancer.??!!!
実際に、2012年6月に原子力業界で40年の経験を持つ原子力技術者であるアーノルド・ガンダーセン氏は、私たち、北米の西海岸の人間が、福島の後、ヨウ化カリウム剤を飲むべきだったと言うのです。なんということでしょう!1年と1/4が経って、このことを耳にするのです??私たちの市、州、あるいは国の衛生機関は甲状腺癌を防ぐためにヨウ化カリウム剤を飲むべきだと警告など一切しませんでした。


“Gundersen: I bought the [iodine] pills, but here in Vermont I didn’t use them. I told my friends on the west coast, in the Casades, you should use them.“
「私はヨウ素剤を買いましたが、ここ、バーモントでは使いませんでした。西海岸、カスケード地域のの友人にはヨウ素剤を服用するようにいいましたが。」

Radio


Watch this video on how one town in Japan decided to take Potassium Iodide pills after Fukushima.
福島事故の後で、1つの町が、どのようにしてヨウ化カリウム剤の服用を決断したのか、このビデオを見てください。





c. All levels of government (federal/provinclal/ municipal levels) will only respond to queries of concern with platitudes.
連邦政府、州、市の政府機関はどこも、ただ、決まり文句で懸念に対する問い合わせに答えるだけです。


d. Your mainstream media sources will not report it. How many articles have you seen in the mainstream media, telling you about the ongoing Fukushima problem. How many articles have you read about the contamination of our food supply? To get a good idea about why this is, listen to this interview on Nuclear Hotseat with Karl Grossman in which he explains why is it so impossible to bet the mainstream media to cover what is the most serious problem in the world.
主要メディア源も、このことは報道しません。今も継続している福島の問題を伝える記事を、どれだけ主要メディアで見かけますか?食物供給の汚染について、どれだけの記事を読みましたか?なぜそうなのかについて知るには、Nuclear Hotseatのカール・グロスマンとのインタビューを聞いてみてください。世の中でもっとも深刻な問題を、主要なメディアがカバーすることが不可能な理由を説明しています。

Karl Grossman Demystifies Nuclear Media Manipulation


e. The nuclear industry will not report accurately (or at all). Many reports they have released have later been shown to be false.
原子力業界は正確な報告はしません。(あるいは何も報告しません)彼らが発表してきた多くの報告は、後に間違っていると示されます。


f. Once found out, your government may apologize . It took 15 months after the disaster started before the Japanese government even discussed the possibility of giving an apology to their people that they didn’t report the radiation maps given to them by the US when the accident began. But does that apology in any way protect the people whom they did not inform about which direction the plume was going in – so that some people evacuated directly into the path of the radioactive plume?
一度見つけられると、政府は謝罪します。事故が起こったとき、アメリカから渡された放射能マップを報告しなかったことを国民に謝罪するかどうかを日本政府が話し合うまでに、惨事が始まってから15ヶ月を要したのです。しかし、その謝罪が放射性プルームが流れていく報告について知らされなかった人々を、いくらかでも守ることが出来るでしょうか?知らされていたら、人々は放射性プルームのたどる道の方へ直接避難したでしょうか?


g.  Many people will not want to talk about it – the nuclear issue is more of a taboo than sex.
多くの人々はこのことについて話したくありません。核問題は、性についてよりもタブーなのです。


So if, there is another meltdown – at CGS at Hanford, at San Onofre in California, at any of the restarted nuclear reactors in Japan , at any of the 435 nuclear power plants in 30 countries of the world, or if Unit #4 at Fukushima collapses (resulting in a release of radiation 85 times worse than at Chernobyl) you need to be very clear that there will be no testing, no informed advice, no easily accessible news, no warnings and what information you do get may be false.
なので、ハンフォードのコロンビア発電所や、カリフォルニアのサンオノフレ原発、日本の再稼動されるどの原子炉で、あるいは、世界で30カ国にある435の原発のどれかで、または、福島4号機が崩壊し、もしまたメルトダウンがおきたら、(結果チェルノブイリより85倍も酷い放射能が放出されます)検査はなく、忠告がされることもなく、ニュースを簡単に入手することもできず、警告もなく、得た情報は間違っているかもしれない、ということをはっきりと知っておく必要があります。


But know this for a fact- no matter where the event occurs, you will be affected. The jet stream is powerful and it transports radioactive fallout around the world in about 7 days. That fallout will continue to circle the globe as long as the catastrophe has not been contained. Fukushima has not been contained and continues to release radioactivity into the atmosphere on an hourly basis, day after day.
これは事実として知ってください。どこで事故が起きようとも、あなたは影響を受けます。ジェットストリームは強力で、放射性物質を約7日間で世界中に運びます。その大惨事が収まらない限り、降下物は地球を回り続けます。福島はまだ収まっていず、絶え間なく、来る日も来る日も、大気中に放射性物質を放出しています。


Radioactive contamination of the ocean, even 5000 miles away, will bring radioactive ocean water to your shores and radioactive seafood to your table.
海の放射能汚染は、5000マイル離れたところでさえ、その放射性の海水をあなたの住む海岸まで運び、放射性海産物があなたの食卓にもたらされるでしょう。


Post-Fukushima, Japan’s irradiated fish worry B.C. experts
福島後、日本の放射能を帯びた魚を心配するBC州の専門家たち



h. And there is an excellent chance that on top of the contamination you receive via jet stream and ocean, your area will continue to import foods from the affected area. Very shortly after Fukushima, Hilary Clinton signed a secret pact with the Japanese agreeing to continue to import Japanese food. And sure enough, you can now find radioactive Japanese food at your local food store. The Canadian and American governments are doing very little testing for radioactivity in imported food. All that radioactive fish is also used in fertilizers so it will be spread on farms and gardens and find its way into your food.
そして、ジェットストリームを通して受ける放射能汚染のほかにも、あなたの地域が、被災した地域から食品を輸入しつづける可能性がかなりあります。福島災害の後の極最近、ヒラリークリントンは日本食品の輸入を続けることに同意する内密の協定に署名しました。そしてきっとあなたは、地元の食品店で放射性日本食を見つけることでしょう。カナダ政府もアメリカ政府も、輸入食品の放射能検査をほとんどしていません。放射能汚染された魚全て、肥料としても使われるので、それは農場、庭へ拡散し、あなたの食品へと移行するのです。



i. The radioactivity will spread everywhere. Even if you could convince human beings not to eat fish, David Suzuki’s book, The Legacy, details how everything on our planet is connected. Dr. Suzuki was not writing about radioactivity per se, but if you realize that the salmon he writes about is radioactive, then you can follow the spread of radioactivity as you read his amazing description:
放射性物質はどこへでも広がります。デイビッド・スズキの本、「The Legacy~遺産」には、たとえ人間が魚を食べるのをやめたとしても、地球上の全てのものがいかに繋がっているかを細かく描いています。スズキ博士は、放射性物質自体について書いているのではありませんが、もし、彼が書いているサーモンが放射能汚染されていると考えれば、彼のすばらしい描写を読むにつれ、放射性物質の広がりを辿ることができます。


31kVJNYGwtL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU15_


“Through his work tracing nitrogen from the ocean in the soil of the rainforest, University of Victoria biologist Tom Reimchen has shown that salmon are the largest source of nitrogen fertilizer delivered to the forest. After two to five years in the ocean, depending on the species, salmon return to their birthplace rich in marine nitrogen, which can be distinguished from the terrestrial nitrogen. Eagles, wolves, and bears consume the salmon and then spread the marine nitrogen when they urinate and defecate throughout the forest.”
「彼の研究はレインフォーレストの土壌内にある、海からの窒素を追跡するものですが、ビクトリア大学の生物学者、トム・Reimchenは、サーモンが森に運ばれてくる窒素肥料の最大の源であることを示しました。海で2年から5年過ごした後、種類にもよりますが、サーモンは、地上窒素と区別される海洋窒素が豊富な自分の生まれた場所に戻ってきます。ワシ、狼、そして熊はサーモンを食べ、森中での排尿や排便で、海洋窒素が広がっていきます。」


“Reimchen showed that a bear will take over six hundred salmon in a season, hiking up to 150 metres away from the river’s edge to eat in privacy. It eats about half the fish, leaving the rest of the carcass and going back to the river for another. The remains are eaten by ravens, salamanders, insects, and other creatures. Most of the salmon carcass is consumed by fly maggots, which grow to full larval size before dropping into the forest litter to overwinter. The following spring the marine-nitrogen-laden adult flies emerge from the pupal condition just in time to feed birds passing through from South America on their way to their Arctic nesting grounds.”
「Reimchenは、熊が1シーズンで600匹以上のサーモンを食べ、何にも邪魔されずに食べるために水際から150mはなれたところまで上る事を示しました。魚の約半分を食べ、残りの死骸を置き去りにし、また魚を取りに川へ戻ります。その残りの死骸はワタリガラス、サンショウウオ、昆虫や他の生き物に食べられます。ほとんどのサーモンの死骸は、冬を過ごすために森の落ち葉へと落ちる前に幼虫サイズに成長するうじ虫に食べつくされます。やがて来る春に、南アメリカから、北極の営巣地へ向かう途中に通過する鳥たちのえさとなるころに、海洋窒素を帯びた大人のハエがさなぎから現れるのです。」


“It turns out that bears are a major vector for spreading marine nitrogen through a host of other animals and plants. Many of the spawned-out salmon die and sink to the bottom of rivers, where they are soon covered in a thick coat of fungi and bacteria, which in turn are consumed by insects and other invertebrates. When baby salmon emerge from the spawning gravel, the waters are filled with marine-nitrogen-rich food; so in dying, the parents prepare a feast for their off-spring. Salmon, forest, birds and bears, ocean, air and land, northern and southern hemispheres are all inter-connected through a web of interdependence.”
「熊が、他の動物や植物の寄生を通して、海洋窒素の拡散の主な媒体動物であることが分かりました。 多くの散乱したサーモンは息途絶え、川の底に沈みます。そこは、菌類やバクテリアに厚く包まれ、昆虫や他の無脊椎動物に食されます。サーモンの稚魚が散乱した砂利から姿を現すと、その水は海洋窒素の豊かな食物で満たされます。命を失うことで、親のサーモンは彼らの子孫に食を饗する準備をするのです。サーモン、森、鳥、熊、海、空気、地、北半球、南半球は全て相互依存の連結網を通して、相互に繋がっているのです。」


Add to that everyone who continues to eat Pacific fish or seaweed will excrete whatever radioactive isotopes that do not lodge in their bodies and that will go into waste water and recontaminate the oceans or wherever else it goes.
それに加え、太平洋の魚、海藻を食べ続ける全ての者は、体内に留まらなかった放射性物質は何でも排泄します。それは排水への流れ、海や、たどり着く全てのところを再汚染します。


When it rains the fallout will come down into the open drinking water reservoirs and we will be drinking radioactive elements in our water. The radioactive water will go into our cooking, onto our gardens, into our crops and into our bodies.
雨が降るとき、放射性降下物は野外の飲料貯水場に落ち、私たちは、水に含まれる放射性ヨウ素を飲むことになります。放射能汚染された水は料理されたものの中へ、庭へ、収穫物へ、そして私たちの体内へと移動します。



j. These radioactive isotopes last for a long long time. You have to multiply the ½ lives of the radioisotopes by 10 to find out how long they will stay around. So Cesium lasts for 300 years. Plutonium 239 for over 243,000 years. Strontium 90 for 288 years. This radioactivity will not leave our planet in our lifetime.
これらの放射性核種は長い、長い時間存在します。身近にどのくらい長い間存在するのかを計算するには、その核種の半減期に10倍しなければありません。セシウムは300年となります。プルトニウム239は、24万3000年以上です。ストロンチウム90は288年。この放射性物質は私たちが生きている間、地球から消えることはありません。



k. Don’t expect to be told what you can eat and what you can’t. As the government is not testing, it is up to citizens and scientists to monitor food, air and water. Some especially good citizens (like Potrblog) and reporters , like Enviroreporter will publish their findings on the net. You can see their websites in “Keep Yourself Informed.”
何が食べられて、何が食べられないのか教えてもらえるとは期待しないでください。政府は検査しませんので、食べ物、空気、水をモニタリングするのは、市民と科学者次第です。善良な市民やレポーターはネット上に調査結果を公表するでしょう。これらのウェブサイトの例は情報収集リストを参照ください。



l. Scientific studies take time to come out with the results. It took 15 months before it was reported that 100% of all the tuna caught off the California coast and tested in August 2011 (just 4 months after the accident) had showed increased levels of Cesium 137 that were 10 times higher than normal. Scientists did the study. They had no mandate to warn the public and they decided to wait until their paper was published rather than warn the public. So people, unaware, were eating radioactive tuna and other seafood for months and months before the information was made public. And still, to this day, our government has not put any public warning in the newspapers to warn us to not eat Pacific seafood. This is completely irresponsible on the part of the government.
科学的研究は、結果が出てくるために時間をかけます。2011年8月(事故からわずか4ヵ月後)にカリフォルニア沖で獲り、検査されたマグロ100%から通常より10倍高いレベルのセシウム137が検出されたのが報告されるまでに15ヶ月かかりました。科学者たちは研究しました。しかし、彼らに人々に警告するという任務があったわけではなく、警告するというよりも、文書が発表されるまで待つことにしたのです。故に人々は情報が公開されるまで、放射能汚染されたマグロや他の海産物を気付かずに、何ヶ月も何ヶ月も食べていたのです。そして今に至るまで、政府は太平洋の海産物を食べないように、新聞などで警告していません。これは、政府として、完全に無責任です。

California almonds and prunes have been found to have Cesium 134 and 137 in them – who found that out? An independent Japanese scientist who bought them in Japan after they had been imported from California! But did you read that in the mainstream media? You have to study your alternative sources daily to find out what’s new.
カリフォルニアのアーモンドとプルーンからセシウム134と137が見つかりました。誰が見つけましたか?カリフォルニアから輸入されたものを調べた独立した日本の科学者です。主要のメディアでその記事を読みましたか?何が新たに起きているのかは、自らの情報源から学ばなければならないのです。


m. You also need to know that the U.S. National Academy of Sciences has determined that there is NO safe level of radiation . Rod Marining said, “Once you start dealing with radiation you’re going to see increases in cancer, birth defects and it will attack your immune system.”
米国科学アカデミーが、放射能に安全なレベルはないと結論したことを知る必要があります。ロッド・Marning氏は、「一度放射能に関わると、癌、先天性異常が増加し、免疫システムを攻撃されるのだ」と述べました。


When a body ingests or inhales a radioactive particle, that particle releases damaging radiation inside the body over a long period of time. New findings indicate that ongoing low levels of radiation may be even more harmful than one large insult.
放射性粒子を体に摂取したり吸い込んだりすると、その粒子は体内で長期に渡り有害な放射線を放ちます。新しい発見では、1回の大きな損傷よりも、引き続く低レベルの放射線の方がむしろより有害である可能性を示しています。


There are over 200 radioisotopes coming our way from Fukushima. A brief review of what just three of them can do shows that Strontium 90 lodges in the bone and causes bone cancer and leukemia. Cesium 137 goes to the brain, muscles and heart and wrecks havoc there. Iodine 131 accumulates in the thyroid gland and causes thyroid cancer.
福島からは私たちのところへ飛んでくるのは、200核種以上のです。そのうちの3つの核種を手みじかに復習してみましょう。ストロンチウム90は骨に留まり骨の癌や白血病を引き起こします。セシウム137は脳、筋肉、心臓へ行き、そこで破壊行為をします。ヨウ素131は甲状腺に蓄積し、甲状腺癌を引き起こします。


A significant fact I learned was that a fetus is 1000 times more susceptible to the effects of radiation and a young girl is 7 times more susceptible than a 30 year old man. Women are more susceptible than men and girls twice as susceptible as boys.
私が学んだ重要な事実は、胎児が30歳の男性の1000倍以上放射能の影響を受けやすく、幼児の女の子は7倍影響を受けやすいということでした。女性は男性より影響を受けやすく、女の子は男の子の2倍影響を受けやすいのです。


After the one meltdown in Chernobyl in 1986 in all the areas affected, hundreds of scientific studies have proven that there was a significant increase in heart attacks and cardiovascular diseases, thyroid cancer, lung cancer, breast cancer, diseases of the central nervous system, increase in stillbirth rates, increase in miscarriages, increase in infant deaths, increase in birth defects and a decrease in birth rates. That was from one meltdown brought under control after 18 days. Fukushima was three meltdowns and three hydrogen explosions and still not brought under control.
1986年のチェルノブイリのメルトダウンの後、全ての地域が影響を受け、何百もの科学研究が、心臓発作や心臓血管の疾病、甲状腺がん、肺がん、乳癌、中枢神経系疾患の増加、死産率の増加、流産の増加、乳児の死の増加、先天性異常の増加、出生率の減少を明らかにしました。それが、18日後に制御された1つのメルトダウンがもたらしたものです。福島は3つのメルトダウンと3つの水素爆発で、未だに制御されていません。



n. Fukushima is worse than Chernobyl. If the CGS Nuclear Power Plant at Hanford melts down, it will be worse than Chernobyl or Fukushima. You need to know what you are up against in order to be able to be properly prepared.
福島はチェルノブイリよりも深刻です。もし、ハンフォードのコロンビア原子力発電所がメルトダンしたら、それは、チェルノブイリよりも、福島よりも酷いことになります。適切に備えるためには、自分が何に立ち向かっているのかを知る必要があります。


Remember: The Fukushima disaster is still going on with no end in sight. If Unit #4 collapses, the releases could be 85 times more than Chernobyl. No wonder many experts are saying that this is an issue of human survival.
覚書:福島の災害はまだ続いていて、終わりが見えません。もし4号機が崩壊すれば、チェルノブイリの85倍の放出となります。人類生き残りの問題だと多くの専門家が言う所以です。


And Unit #4 at Fukushima could collapse in the next big earthquake that has been predicted to happen in the near future. This last year alone there have been over 9000 earthquakes in Japan. Did anyone tell you?
そして、福島4号機は、近い将来に起こると予測されている次の大きな地震で崩壊する可能性があります。去年だけで、日本では9000回以上の地震が起こっているのです。誰かそのことをあなたに告げてくれましたか?


Experts have stated that an earthquake of magnitude 7, an explosion or even a storm could cause the building to crumble and the cooling system to be lost.
専門家たちは、マグニチュード7の地震、1回の爆発、あるいは1回の嵐でさえもその建物を崩壊させ、冷却システムが失われる可能性を指摘してます。


This would set off a fire in the Spent Fuel Pool that contains 460 tons of fuel. The radioactivity released would be so high that workers would not be able to get close to the other reactor units at the site and so the ongoing work of keeping those units cooled would end. The water in all the units would evaporate and the hot fuel rods in these units would also ignite. The 6291 fuel rods in the common pool on the ground would also be set on fire.
このことが、460トンの燃料を収容する使用済み燃料プールに火事を起こすでしょう。放出される放射性物質はあまりにも高すぎて、作業員たちは、現場の他の原子炉施設にも近寄ることができず、これらの原子炉施設を冷し続けることもできなくなるでしょう。水は全ての施設で蒸発し、熱くなった燃料棒が発火します。地上の共同プールにある6291本の燃料棒にも火の手が回るでしょう。


The type of fires that would be created could not be put out by water. The fires would just have to burn until all the stored nuclear fuel was burned up.
その火の手は、水で消すことができません。その炎は保管されている核燃料が燃え尽きるまで、燃え続けるのです。


In all, the Fukushima Daiichi site holds 10,893 fuel assemblies. Those fuel assemblies hold a total of 3,488,000 lbs of radioactive nuclear fuel including highly toxic Uranium, Plutonium and Cesium 137.
福島第一原発には全部で1万893本の燃料集合体があります。これらの燃料集合体は猛毒であるウラン、プルトニウム、セシウム137を含み348万8000ポンド(1744トン)の放射性核燃料を含有しています。


The fires would cause an unprecedented amount of radiation to be released directly into the atmosphere – of the type never ever seen before in the history of mankind.
その火事は前例のない放射能量を直接大気に放出させることになるでしょう。人類歴史上、見たこともないようなことなのです。


The nuclear fallout released would be at a level higher than the amount of radioactive Cesium 137 that was released in all the 700 atomic bomb tests ever conducted in the world in the above ground testing that was carried out in the 1940’s, 50,’s 60’s and 70’s.
放出される核降下物は、1940,50,60,70年代に世界中の地上で行われた700発の原爆実験で放出された放射性セシウム137の全てあわせた量よりも高いレベルになるでしょう。


It would release 85 times more Cesium 137 than was released at Chernobyl in 1986. Chernobyl is still uninhabitable 26 years later. Over one million people died because of Chernobyl and hundreds of thousands more are ill and have a shortened life expectancy.
1986年のチェルノブイリで放出されたセシウム137の85倍なのです。チェルノブイリは26年経った今でもまだ人が住めません。チェルノブイリが原因で100万人以上の人々が死にました。更に何十万人もの人々が病気で、短命なのです。


The fallout would contaminate Japan, cause the evacuation of Tokyo, plus go directly into the jet stream and over to Canada, the United States and all around the Northern Hemisphere.
放射性降下物は日本を汚染し、東京を避難させ、直接ジェット気流に乗ってカナダ、アメリカ、そして北半球中に向かいます。


This catastrophic amount of radiation would affect people’s health for generations. It would cause irreversible contamination of crops, water and land. It would contaminate the Pacific Ocean - to a much greater extent than has been happening over the last year and a half. It would cause great harm to all marine life.
恐ろしいほどの量の放射能は、何世代にもわたり、人の健康を脅かします。農作物、水、土地を取り返しのつかないほど汚染します。太平洋を汚染します。この1年半で起こっているものより、もっと規模の大きい汚染です。全ての海洋生物に大変な害を与えます。


And it would do great harm to all who would remain in the northern hemisphere.
そして、北半球に残っている全ての人々にとっても大変な害となります。



o. We all have a responsibility to watch out for our family and friends and give them essential warnings. But every adult has the right to make his/her own decisions, so if they show disinterest you can respect their right to decide for themselves.
私たちは皆、自分の家族、友人のために注意し、彼らに本質的な警告を与える責任があります。しかし、大人は皆自分自身の決断をする権利があります。もし彼らが興味を示さなければ、彼らの決断の権利を尊重しましょう。



p. It is our responsibility to stand up for the rights of children who are many times more susceptible to the effects of radiation and who will have to rely on responsible adults to provide them with clean air, water, food ,playgrounds and, in the worst case scenario, to evacuate them to safer, cleaner environments.
放射能に何倍も影響を受けやすく、責任のある大人に頼っている子どもたちの権利のために、きれいな空気、水、食物、遊び場を提供し、そして最悪の場合、安全で綺麗な環境に避難することのために立ち上がることは、私たちの責任です。




Hopefully now you can now easily understand that – WE NEED TO PREPARE OURSELVES! We need to take responsibility for ourselves and our families.
今、このことが容易に理解できれば、と思います。私たちは、自分たちで備える必要があるのです。私たちは、自分たちのために、家族のために責任を持つ必要があるのです。


Pacific Nuclear Awareness Group
(Japanese translation is done by a Vancouver Food Raditaion Monitoring Volunteer)


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/954-529b1f4b

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。