スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

海洋放射能汚染を語る西海岸のマグロ

 2012-10-27
アメリカ、オレゴン州より。

Green Oregon: Tuna shows only trace radiation from Japanese nuclear disaster; offers clues to migration
グリーン・オレゴン:日本原子力惨事からのほんの微量の放射能を示すツナ(まぐろ)、移動経路の手がかりを示す



By The Oregonian

October 25, 2012 at 7:39 AM, updated October 25, 2012 at 5:17 PM


Albacore tuna caught off the West Coast show only traces of radiation from the Fukushima nuclear disaster, according to scientists from Oregon State University and the National Oceanic and Atmospheric Administration.
オレゴン州立大学とアメリカ海洋大気庁の科学者によると、西海岸沖で獲れたビンナガマグロ(缶詰によく使われる)が、ほんの微量の福島原子力災害由来の放射能を示しました。


And what radiation is detected is far below anything that would pose a risk to humans who consume the fish, the research team said in a press release Wednesday. The findings are preliminary with additional fish to be tested.
検出された放射能が、その魚を食べて人に与える危険性は、あまりにも低いものだ、と調査チームは水曜日の報道発表で述べました。その発見は、更なる魚の検査の予備検査です。


People are constantly exposed to radiation from the natural environment, said Delvan Neville, a graduate researcher with OSU's Radiation Health Physics program and a co-investigator on the project. "To increase their normal annual dosage of radiation by just 1 percent, a person would have to eat more than 4,000 pounds of the highest (radiation) level albacore we've seen."
人々は常に自然環境から被曝しているのだ、とオレゴン大学の放射線保健物理学の新卒調査員であり、このプロジェクトの共同調査員Delvan Neville氏は言いました。「通常の年間放射線被曝量を1%上げるためには、私たちが調べたビンナガマグロで最も高かった放射能レベルのものを4000ポンド(1014kg)以上食べなければなりません。」

最も高い数値はどのくらいだったのでしょう?


Neville will present the team's preliminary findings Monday at the Heceta Head Coastal Conference in Florence.
Neville氏は、この予備検査の結果を、月曜日にフローレンスで行われるHeceta Head Coastal会議で発表します。


The OSU team's findings are consistent with those of California researchers who announced in May traces of Fukushima-linked radionuclides in bluefin tuna.
このオレゴン州立大学のチームの結果は、5月にクロマグロから微量の福島由来の放射性物質を発見したカリフォルニアの調査員が得た結果と一貫性のあるものです。


クロマグロは乾燥状態で10bq/kgでした。ということは、アメリカの安全基準が1200bq/kgなので、乾燥していない(Wet)状態で、1.2bq/kgくらいだった、ということでしょうか???


But finding the trace radiation in albacore is giving clues to the fish and its elusive migration patterns.
しかしビンナガマグロのわずかに見つかった放射能は、その魚のつかまえどころのない移動パターンを知る手がかりとなります。


11753795-large.jpg


The researchers first identified two Fukushima-linked isotopes - Cesium-137 (Cs-137) and Cesium-134 (Cs-134) - this July, in samples of fish caught and frozen in 2011. Cs-134, in particular, is considered key to the Fukushima nuclear "fingerprint."
As more fish were tested, the results were consistent with the initial findings: No Cs-134 in fish caught before the disaster, but traces of the isotope in a significant number of fish caught since, according to the announcement.
調査員たちはこの7月にまず、2011年に捕獲され冷凍されていたサンプルに、福島由来の核種、セシウム137と134を特定しました。セシウム134は特に福島を特定するものとして考えられてる鍵です。多くの魚が検査されるにつれ、それらの結果は最初に見られたものと一貫性を示しました。発表によると、災害前に獲られた魚からはセシウム134が含まれず、災害後に獲られた魚からはかなり多くの魚に、微量のその核種が含まれていた、ということです。


"What we can say is that we have detected Cs-134 in fish thousands of miles from where that Cs-134 came from, and over a year since it was released," Neville added. "It's very interesting scientifically, and it can tell us more about tuna migration and what happens to radioactive releases, but it's nowhere near enough to be concerned about food safety."
「言えることは、セシウム134が放出されて以来1年以上たって、何千マイルも離れたところの魚から検出された、ということです。」とVeville氏は言い足しました。「科学的にとても興味深いことです。そして、このことは私たちに、マグロの移動経路と放射性物質の放出に何が起こっているのかを告げてくれるのです。しかし、食の安全については、心配するほどでは全くありません。」


-- The Oregonian


The Associated Pressの関係記事より抜粋

...Albacore tuna is a $41 million business in the Pacific Northwest, and fishermen from the region caught about 10,000 tons last year, according to the U.S. Department of Commerce.
ビンナガマグロは、北西パシフィックでは4100万ドルのビジネスです。アメリカの商務省によると、この地域からの漁師たちは、去年約1万トンを捕獲しました。


Washington fishermen accounted for about 53 percent of the haul, and the remainder came through Oregon docks.
ワシントン州の漁師たちの捕獲は、そのうちの53%を占め、残りは、オレゴンの埠頭からのものです。


Story.jpg


The U.S. Environmental Protection Agency, Food and Drug Administration and NOAA have jointly stated they have "high confidence" in the safety of U.S. seafood products because the radiation levels are so low.
アメリカ合衆国環境保護庁、食品医薬品局、アメリカ海洋大気庁は共に、放射能のレベルがとても低いので、アメリカの海産物の安全にはかなり自信がある、と述べました。


The News Line onlineより抜粋


...Anglers at the Port of Ilwaco said they don't expect the news will cut into business because the amount is so small.
イリワコ港のAnglersさんは、放射能の量がとても小さいので、そのニュースでビジネスが減るとは思っていない、と話しました。


"Everything in the ocean has some type of contaminant in it. It's such a miniscule amount that you get more radiation walking by an X-ray machine," said Milt Gudgell, owner of Pacific Salmon charters, which operates four charter tuna boats during the tourist season.
「海のものは全て何かしら汚染されています。そのようにあまりにも少ない量で、レントゲンをかける方がよっぽど多くの放射線を浴びるのです。」とパシフィックサーモンチャーターズのオーナー、Milt Gudgell氏は言いました。観光シーズンには、4隻のマグロ釣りボートを運航しています。






呪文が繰り返されます。


あまりにも微量だから、健康に影響はない。

あまりにも微量だから、ビジネスに影響はない。

あまりにも微量だから、安全性に自信がある。

あまりにも微量だから。。。

あまりにも。。

微量だから.....



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/947-f6de7b8e

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。