スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島、二度と再び

 2012-10-21
サンフランシスコ、Labor Videoのドキュメンタリーです。
英語の箇所のみを私訳しました。



予告編


全編はこちらのりんくから 
FUKUSHIMA NEVER AGAIN


Picture1_20121021034432.jpg 
2011年3月11日
(マグニチュード)9.0の地震と、それに引き継ぐ津波が
本州の北部
東北地方を襲いました。

Picture3_20121021034432.jpg
3月14日
プルトニウムが収容されている
福島第一原発3号機が
爆発しました。

これは、2日前の
1号機の爆発の後の
2度目のもので、
この後、後2回
爆発が起こりました。



Picture2_20121022050724.jpg



Picture4_20121021034431.jpg

2011年10月28日
福島市渡利地区の市民たちは、
政府からの代表たちに
放射能の調査、除染、避難の問題について交渉する機会を持ちました。

人々は政府に市全体の調査と、
少なくとも子供たちを安全な場所に避難させることを要求しました。


05.25
今日の聴聞会で、政府はまだ調査をすることを拒みました。というか、住民は放射能汚染の調査をして欲しかったのに、何が起こっているのでしょう?

Picture5_20121021034431.jpg


05.34
そうですね。日本政府はまず、調査をしたくないのです。そうすれば、情報がない、ということですから。なぜなら、もし情報があれば、彼らは人々を避難させる必要があるからです。現在の問題は、原発から60km離れている福島県の首都、福島市が、かなり酷く汚染されて、実際には避難させるべきだというものすごく大きな動揺があるのです。そして、政府は、そうならないようにしています。県も国もです。福島県の首都なのです。

Picture6_20121021034430.jpg


もし60km離れたところを避難させなければならないのなら、それは、この状況が、とても規模が大きく、とても深刻な状況だということを認めることになるのです。そのようなことのないようにするためなら、彼らは何でもするのです。

Picture7_20121021034430.jpg



6.23
政府は半径20km以内の人は全て避難させました。全てではありませんが(?)そうするように導いたのです。そして、30kmの住民には、屋内に留まるように言うことにしました。30km以上離れている場合は、何の措置もとりませんでした。私たちは、50km以上離れている住民も避難させるように主張しました。

Picture8_20121021073355.jpg


6.49
なぜ彼らは、50kmの人々が避難するのを許さなかったのでしょう?

6.54
費用を支払いたくなかったのだと思います。避難にかかる費用です。なぜなら、半径50km以内というと、50万人の人が住んでいます。政府は節約したかったのです。

Picture9_20121021073355.jpg



Picture10_20121021073354.jpg

7.21
核廃棄物、使用済み燃料は時に何十万年も放射能を放ったままです。核種によっては何十億年です。どうやったら、このような放射性物質を空気や水やあらゆる種の生命体から隔離できるのか、どうやったら、基本的に、常時保持できるのか。今までそれに対する答えが出されたことがなく、核廃棄物をその地域に捨てると計画されたコミュニティーは、常に結集して反対するのです。福島で彼らがやったことは、カリフォルニアの発電所でなされたように、廃棄物を現場に保管することでした。福島原発での異なったタイプの並列に並んだ濃縮物の原子力過程について読んでみると、原子炉燃料棒の燃焼、原子炉の上にある使用済み燃料棒。廃棄物の巨大なプール。時に核廃棄物のキャスク。いくつかは、津波の後で海に流されたかも知れず、異なった過程が集結しているのです。なので、1つの過程で問題が生じると、それが他にも広がるでしょう。この活発な核反応は、チェーンリアクションで、それを福島で見ることになるのです。東芝でさえ、それが30年だといい、最低100年とさえ言う人もいます。しかし私たちは、1つの災害が他の災害の始まりだということを見ることになります。1つの危機が他の危機に広がるのです。

Picture11_20121021073354.jpg


9.14
政府と東電はどのようにこのことを隠蔽しようと探ってきたのでしょう?


Picture12_20121021073353.jpg


9.15
もちろん、彼らはいつも危険を小さく見せようとしてきました。最初彼らは、健康に即時の危険はないと言い続けました。それは、ある意味うんざりするような冗談で、ほとんどの被曝からの健康被害は、何年も先に現れるので、即時、というのは、(危険は)即時ではない、といっているようなものです。もちろん長期に渡る影響については小さく見せ、文部省は特にこの事実を教科書の中で隠したことで罪が在ります。何年もの間、教科書には原子力が安全だとされてきました。

Picture13_20121021073353.jpg


最近になってやっとそれを取り除きました。それでもまだ、たとえその部分を取り除いても、危険については小さく見せています。彼らは何とかして原子力を維持し、おそらく新しい原発さえ作るためならできることは何でもするのです。更に悪いのは、安全化、つまり安全にするといいます。それは今最も危険なフレーズです。なぜなら、原子力を安全にする、という人は皆、原子力を続けたいと思っている人だからです。

Picture14_20121021073434.jpg



18.51
その地域にいる人々は、放射能で汚染されていますか?

18.56
もちろんです。汚染されています。

18.57
60-80km離れた福島市でさえです。福島市の住民の被曝量は私の推測では、約10ミリシーベルトです。

Picture15_20121021073434.jpg


19.16
何が起こるでしょう?

19.17
おそらく。。。私は健康に将来与える影響が心配です。あらゆる種類の癌のような。2百万人ほどの人が福島の地域に住んでいます。おそらく私の推測で100万人は年間許容量の1ミリシーベルト以上被曝しているでしょう。

19.47
何名の子どもたちが福島に住んでいますか?

19.50
約30万人です。15歳以下の子どもで、です。

20.02
彼らは、身動きが取れないのですね?

20.03
はい。



Picture10_20121022062135.jpg
渡辺さん、その土舐めてください。
舐めてください!
子どもはね、土をたべるんですよ。
その土を手にとって、臭いをかいで、舐めてください。



21.16
郡山の地域行政は、東電にこの土を受け入れて欲しいと要請しました。彼らの...

21.26
この砂礫ですよね。原発から来たものですよね。放射能は。

Picture16_20121021073433.jpg


21.29
そうです。なので、原発に戻すように、と。しかし東電はそれを拒否しました。なので、学校の隅に置き去りにしました。

21.38
学校の隅に置き去りにした。彼らがそれを戻さないから。

Picture100_20121021074000.jpg



21.39
私は、私たちが話している放射能汚染が、何百件もの癌、奇形、を引き起こすと思います。これは永久のもので、常に遺伝子に残るのです。2世代過ごせば、治るというようなものではないのです。それが悲惨な事の一つなのです。アメリカでの射撃ギャラリーのように、使い尽くされたウランが、開放された中で発射され、環境を放射性物質で汚染するというような。。。でも、心理的環境、あるいは精神的環境の汚染を考えてみてください。捻じ曲げられた情報、あるいは、裏に隠されている情報、そして間違った情報にすり変えられる。何が本当なのかということについてのごまかしを公開し、国民の基本的な神話を提示するというのは、心理的、精神的環境にとっての毒であり汚染なのです。



22.55
福島メルトダウンで、どんな影響を受けましたか?

22.56
***日本語が続きます***

Picture103.jpg
 


24.11
放射能の危険性についての警告の問題ですが、福島メルトダウンの後で政府と東電はどのように取り扱ったのですか?

24.19
***日本語が続きます***
Picture104.jpg



29.38
日本人は原子力エネルギー、原子力に反対ですか?

29.40 
えぇ、日本人はかなり早い時期から反対の抗議運動のようなことをしてきました。でも、私は、アメリカが占領期のことを読んでびっくりしました。

Picture105.jpg

アメリカ政府が日本政府であり、日本を統治し、天皇や、東京の巣鴨拘置所に留置されることになった多くの最高指揮官たちより、全てのリーダーシップを奪ったのです。そのうちの一人は、正力松太郎で、最初の原子力推進家となりました。

Picture107.jpg


彼は猛烈な反共主義者で、マッカーサー時代の共産主義の空気の中で、アメリカが赤を恐れていた時期に、反共主義者だと明らかに証明できるものは誰でも、昇進し、権威の地位をもらえたのです。なので、この正力氏は、日本帝国や、警察署長などの中で作られたプロパガンダを象徴する人物となったのです。彼はその役を演じ続け、反共主義者であると証明することで、日本で初めての商業テレビライセンスを獲得しました。


Picture108.jpg

これは全て、反共主義者の心理的戦闘行為イニシアチブの一部なのです。ネットワークとなった彼の新しいテレビ局で行った最初のキャンペーンは、原子力の平和利用でした。

Picture109.jpg


ドワイト・D・アイゼンハワーは原子力エネルギーと業界の様相に人間味を加えようとし、その根源は勿論、軍で、GEは、広島と長崎に落とされた爆弾、ファットマンとリトルボーイを作り出す事業に乗り出ました。

Picture110.jpg


1950年代の人々は、大気中で核実験をしているソ連に恐れおののきました。アメリカも実験していました。それはまるで、世界が破壊される準備をしているようです。人々を落ち着かせようとする試みの中で、アイゼンハワーが平和のための原子力という考えを生み出しました。

Picture111.jpg


32.08
それはGEから来ましたよね。


Picture113.jpg


32.11
もちろんその時代には、GEのスポークスマンやその役を演じるものが出てきて、ある種組合の根源を裏切る事になったのです。GEの重役側は、ロナルド・レーガンですが、彼らは軍との契約者で、この原子力業界や全ての種類の軍の生産物の局面を、市民が使用するものに引き延ばしているのです。それが、その時代のそして今にまで至っているアメリカの経済のパターンなのです。経済の心と魂は、一般人経済の中のまさに軍事業界から派生しているの複合体です。そこに私たちは原子力業界の伝統を見、それが伝統なのです。



Picture115.jpg

Picture116.jpg


38.06
日本での隠蔽の仕事の一つは、奇妙だけれど、隠蔽されたと聞いたものの中には、巨大なひび割れがあったんだ。

38.16
東電と政府が一緒になって、そのことに目を向けることに興味がなかったようですね。


Picture117.jpg

38.20
もちろん、ぐるですから。アメリカとNRCと何も変わらないですよ。みんなある仕事について、最後にはNRCの仕事に就くわけですから。




Picture118.jpg

42.56
災害は、克服しなければなりません。そして、私たちは、日本人として、勝利を獲得します。

43.04
災害と、福島事故は、ここの経済にどのくらい影響しましたか?

43.08
とても酷い。酷かった。しかし、私たち日本人は負けません。

43.17
原子力についての見解はどうですか?閉鎖されるべきですか?それとも更に建設されるべきですか?

43.22
難しい問題はあります。しかし私たち日本人は、この状況を克服できると思います。なので、私はそんなに怖れていません。

Picture2_20121022020641.jpg
被災者たちは、ただ、他の人のために犠牲になった。。。

43.40
原発は稼動させたままで大丈夫ですか?

43.41
はい。そんなに怖れていません。




46.32
人々の汚染状況はどうですか?作業員が放射能のために病気になったとか、何か報告はありますか?


Picture10_20121022035008.jpg

46.60
たくさんの隠蔽と、調査の欠乏、報告の欠乏が在ります。不運なことに、私たち市民は子供たち、妊婦を福島から避難させようと試みています。それに集中しています。日本で作業員をサポートする大きな運動がないのは、本当に酷いことです。彼らは放射能の矢面に立っているのですから。

47.03
それらの作業員に何が起きているのですか?


Picture3_20121022035009.jpg


47.06
それは、たくさんの下請けと..主婦からの心配の電話ももらうのですが...日本のほかの場所で働いていても、次の週には、夫が除染に行かなくてはならないということがわかっているのです。

47.24
それが仕事で必要とされていることなのですか?

47.25
ええ、必要とされていることのようです。首になったり、格下げされたりしたくない限り、そうなのだと思います。



Picture12_20121022035007.jpg

47.30
私たちは、作業員たちとコンタクトを取れないのです。作業員たちは、打ち明けたりしてはいけないと契約を結んでいるのです。

47.45
彼らは黙っていると、契約書にサインしなければならないのですね。。。政府や東電が、原発で働いている作業員の全ての健康管理をすることを求めるキャンペーンなどはありますか?

47.58
いいえ、今のところ。

48.02
では、もし作業員が放射能被曝から病気になり、癌などを発症したら、どうなりますか?

48.14 
(日本語)あの、その、Cancerについては放射線の影響ということで、要求したときに審査がされる、と。で、いくつかは、まぁ、あの、認められて、まぁ、労働災害のような感じでお金が出ることにはなっています。で、あとの病気については、(首を振る)

47.33 
では、もし作業員として働いて、除染作業をして病気になったとき健康保険を得る事ができますか?

48.44
癌の場合だけです。

48.45
では、核廃棄物の仕事をしていて、もし他の病気が出てきたらどうなりますか?癌のほかの場合?

48.54
今のところ、何の補償も出ません。




48.57
原発作業員を代表する日本とアメリカの組合は、アメリカでさえも、安全な原子力業界となりうるので、私たちはこの業界を支援するべきだと言い続けていますが、日本ではこのことについてはどうなっていますか?


Picture13_20121022035007.jpg

49.08
東電には組合があり、原子力に協力する中で、本当に間違った方向に行っています。その中である種の原発推進と原発反対の分裂があり、ある種それについては大きな議論ですが、しかし組合の主体は、闘うためにほとんど何もしていません。もし何か積極的に協力的に動いているとすれば、原子力のためです。

49.32
原発での臨時作業員に与えている影響とはどんなものですか?

49.33
私が知っている事を言えば、多くの人が、下請け、またその下請け、あるいは、更にその下請けとして働き、その条件はそれは酷いものです。特に下に行けば行くほど条件は悪くなり、安全維持や安全規制への追従がほとんどなされていないのです。更に、この酷い登録システムでは、追跡することがとても困難でもあるのです。例えば、これから5年先にその作業員に何が起こるのかを追跡するとしても、その人が誰だったのかさえも分からないのです。それがもう一つの問題でもあります。透明性の完全な欠如。作業員はメディアに話すことも許されていないのです。これは完全に非道なことです。それでも何人かはときに極秘で話していますけれども。これは、本当に、本当に不穏なことです。もし安全だというならば、それは完全に透明性があるべきで、そして完全に、一人一人全員の作業員の健康状態を追跡するべきだと思います。



50.34 
まだ原子力をサポートするために働いている作業員を代表している日本の組合状態をどう思いますか?


Picture14_20121022035006.jpg

50.40 
(日本語)・・・あれは、組合なのかなぁ。。。経済市場主義の中の、結果的に我々から見れば、本当の意味での労働組合とは、私はいえない。




Picture15_20121022035046.jpg

51.11
飯館村では、計画的避難地区があります。もし住み続けたら20ミリシーベルトを超えるからです。なので避難させなければならないのです。計画地区の、飯館村の村長は、将来にまた皆に帰ってきてほしかったのです。なので、除染計画を立てました。山林地域では、20年かかります。毎年、洗い流し、枯葉を集めるのです。

51.54
それらの物質はいつ劣化するのでしょう?福島でどのくらい放射性物質であり続けるのでしょう?

52.00
主要な放射性物質は、セシウム137です。半減期は30年です。100年後に、汚染レベルが1/10になります。たったの1/10です。1%になります。なので、とても長い時間がかかります。今のところ、セシウムは、土地の表面に留まると知られています。





Picture16_20121022035046.jpg
(チェルノブイリでは)176の村が消滅しました。これから25年で、後どのくらいが消滅するか、という懸念があります。。。。


Picture7_20121022035008.jpg


海を返せ~。ふるさとを返せ~。全ての原発を止めろ~。


Picture18_20121022035045.jpg





Picture19_20121022035045.jpg





あれから、

1年7ヶ月。。。


大自然が、小さな人間の営みをあざ笑うかのように、


汚染の広がりは留まることを知らず、

人々の苦しみは、深まるばかり。


その一方。。。

世界中での意識が、

高まっていって欲しいと、


その意識の高まりが、

いつかきっと苦しみを和らげ、

2度と同じ犠牲者を出すことがなくなると。。。


それが今の唯一の希望です。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/940-d9831e4a

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。