スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

放射性の積荷、カナダで滞在

 2012-10-16
Radioactive kitchenware shipment ordered out of Canada
放射能汚染されたキッチン用品輸送品、カナダ国外に出すように命じられる


Contaminated utensils stuck at Port of Montreal since May
汚染された家庭用品、5月からモントリオールの港に留まる


CBC News Posted: Oct 13, 2012 11:47 AM ET Last Updated: Oct 13, 2012 4:38 PM ET




The Canadian Nuclear Safety Commission (CNSC) ordered that a small shipment of radioactive kitchenware, that found its way to the Port of Montreal, be taken out of the country.
カナダ原子力安全委員会は、モントリオールの港にたどり着いた放射能汚染されたキッチン用品の小さな積荷を国外に出すように命じました。

Picture2_20121017160835.jpg


The CNSC issued an order on Oct. 5, demanding that the contaminated container be sent back to India by Hanjin Shipping Canada — the company that delivered the cargo to Montreal's port last May.
カナダ原子力安全委員会は、10月5日、汚染されたコンテナをカナダHanjin輸送より、インドに送り返すように要求しました。


Picture1_20121017160836.jpg


André Régimbald, the director of nuclear substance regulations for the Canadian Nuclear Safety Commission, said "this was a relatively low-risk package or container and therefore, there was no need at that time to take immediate strong measures to get the container out of the port."
カナダ原子力安全委員会の核物質規制長のアンドレ・Regimbald氏は、「これは、比較的危険性の低い荷物、あるいはコンテナだったため、港からこのコンテナを出すための即時の強制手段をとる必要はありませんでした。」と言います。


According to the order issued to Hanjin Shipping Canada, the utensils inside the two-cubic-foot box are contaminated with Cobalt-60, a radioactive isotope often used for medical radiation.
カナダHanjin輸送に出された指示によると、その家庭用品の箱は、2立方フィート(61c㎡)で、コバルト60に汚染されていました。医療放射線にしばしば使われる放射性核種です。


The Canada Border Services Agency (CBSA) found the merchandise during routine scans performed on incoming cargo.
カナダ国境保安庁は、国内に運び込まれるカーゴを通常通り調べていた際に、その商品を見つけました。


Radiation could stem from medical device scraps
放射能は、医療器具の破片から生じるい事がある


Régimbald said the kitchenware's radioactivity could stem from a failure to properly recycle medical devices.
Regimbald氏は、そのキッチン用品の放射能が、医療器具を適切にリサイクルできなかったことから生じた可能性があると話しました。


Picture3_20121017160835.jpg


"There could have been a source that is used in medical devices," he said. "[Devices] to treat cancer, are very high-level sources and the replacement and disposal…is extremely regulated and it is possible that the source was inadvertently misplaced or misdisposed and found its way in the recycling industry, was melted with other metals and the metal was used to produce all sorts of manufactured goods."
「医療器具に使われたものからの可能性があります。癌治療に使われるもので、とても高レベルの放射能源で、交換や廃棄は、厳重に規制されています。その放射能源がうっかり間違った場所におかれたり、間違って廃棄され、リサイクル業者にたどり着いてしまい、他の金属と一緒に溶かされ、それが、あらゆる種類の商品の製造に使われた可能性があります。」


The safety commission said the material does not pose any risk to the health and safety of workers or the environment in its current location but would rather see the package sent away than seeing its contents accidentally travel to distributors.
安全委員会は、その物質が作業員の健康や安全、現在置いてある場所の環境に危険を及ぼすものではないけれど、その中身が流通に流れるよりも、その荷物を送り返す方が良いであろう、と述べました。


Increase in contaminated packages
汚染荷物の増加


Régimbald said Canada has seen an increase in contaminated packages coming from Asia since 2011.
Regimbald氏は、2011年以来、アジアからの汚染荷物が増加しているといいます。


According to the commission, the CBSA has intercepted about 15 shipments with radiation levels above the permitted threshold since the Fukushima Daiichi nuclear plant meltdown in Japan. Most of these cargos were sent to Vancouver.
委員会によると、カナダ国境保安庁は、福島第一原発のメルトダウン以来、約15の許容しきい値を超えた放射能レベルの輸送品を塞き止めたと言います。これらのうちのほとんどのカーゴは、バンクーバーに送られました





Régimbald said that in most cases, the radiation was on the outside of the shipping containers and not within.
Regimbald氏は、ほとんどの場合、放射能はコンテナの中ではなく外についている、と言います。


"We had a few cases like that but the Japanese authorities dealt with it and dealt with the problem," he said.
「数件そのようなケースがありましたが、日本政府筋がそれを取り扱い、問題を処理しました。」と彼は述べました。

初耳です。。。

Hanjin Shipping Canada has until 12 p.m. on Oct. 26 to remove the container from Canada.
カナダHanjin輸送は、10月26日の正午までにそのコンテナをカナダから除去しなければなりません。


Picture4_20121017160834.jpg


Gordon Edwards, spokesman for the Canadian Coalition for Nuclear Responsibility said "I think it shows that our regulator is really lax, that they don't act very quickly and also act with a lot of due deliberation because simply sending it back to where it came from, there's no guarantee that it won't be sent to some other consumer somewhere else in the world."
カナダ核責任連合のスポークスマン、ゴードン・エドワード氏は、「規制機関が本当に手ぬるいことを表していると思います。すばやく行動せず、十分熟考せずに行動しているのです。単にそれを送られてきた元の場所に送り返すということで、世界のほかの場所のほかの消費者の元へと送られない、という確証がないからです。」


Picture5_20121017160834.jpg


Gérimbald said the Indian authorities have been advised by the commission that there may be a problem with the control of radioactive sources and contamination in household products.
Gerimbald氏は、委員会が、インド政府筋に対し、放射能源の管理と家庭用品の汚染に問題があるかも知れないと忠告した、と言います。


Indian officials said they were looking into the matter and taking precautions to prevent the problem.
インド側は、そのことを良く調べ、問題を防ぐよう警戒する、と述べました。




For the purpose of the definition “release” in section 2 of the Transportation of Dangerous Goods Act, 1992, the following levels of ionizing radiation are established:
原子力安全・管理法で、放射能を放出する危険物として、危険物輸送法で定められているレベルは・・・

(a) 10 mSv/h on the external surface of a package that is being transported under exclusive use, 2 mSv/h on the surface of the conveyance, and 0.1 mSv/h at a distance of 2 m from the surface of the conveyance; and
専用として輸送される場合、荷物の外面が10mSv/h、運輸物の表面が2mSv/h、運輸物の表面から2m離れたところで0.1mSv/h。または、

(b) 2 mSv/h on the external surface of a package that is not being transported under exclusive use, 0.1 mSv/h at a distance of 1 m from the package, 2 mSv/h on the surface of the conveyance, and 0.1 mSv/h at a distance of 2 m from the surface of the conveyance.
専用のものとしてではなく輸送される場合、荷物の外面が2mSv/h、荷物から1mはなれたところで0.1mSv/h、運輸物の表面で2mSv/h、運輸物から2mはなれたところで0.1mSv/h。

~*~*~*~*~*~*~*~

ということです。。。


2ミリシーベルトとはつまり、2000マイクロシーベルト。。。

10ミリシーベルトとは、10,000マイクロシーベルト。。。。。


この基準を超えたものが運ばれてきた、ということですか。。。


日本政府は、どのように処理したのでしょうか???



何か、煙に巻かれたようなニュースでした。。。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/937-a50950e1

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。