スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

放射能問題とメディア

 2012-10-15
アメリカ、サンフランシスコより。

Fukushima controversies that the mainstream media ignores
主要メディアが無視した福島の論議


San Francisco Bay Guardian
10.10.12 - 3:03 pm | Yael Chanoff


This week, we wrote our annual analysis of the list of censored stories released by Project Censored. We wrote that “in one study that got little attention, scientists Joseph Mangano and Janette Sherman found that in the period following the Fukushima meltdowns, 14,000 more deaths than average were reported in the US, mostly among infants.”
今週、センサープロジェクトより発表された検閲された話題リストの年度分析について書きました。「ほとんど注目されなかったある研究で、科学者のジョセフ・Mangano氏とジャネット・Sherman氏は、福島のメルトダウンの後、アメリカで報告された平均の死亡数より1万4000人多く、ほとんどが幼児だった」と。


It’s true that the study got little attention in mainstream media, with a few exceptions including coverage in Al Jazeera. It was, however, the subject of scrutiny from multiple sources.
その研究が、主要メディアでほとんど取り上げられなかったのは事実で、例外は、アルジャジーラでの報道など数社に留まりました。しかしながらそのことは、複数の情報源からの精密な検査の主題でした。


Sherman is a physician and former advisory board member for the Environmental Protection Agency (EPA) Toxic Substances Control Act, and Mangano is an epidemiologist and public health administrator and researcher.
シャーマン氏は、医師であり、アメリカ合衆国環境保護庁、有害物質規制法の元理事会のメンバーで、Mangano氏は、疫学者であり、公衆衛生の行政官であり、調査員でもありました。


The debate that followed the release of their study got into important issues of the health effects of the Fukushima Daiichi nuclear disaster. Both those defending and attacking the study, and the general principle of the health impacts of nuclear energy, had their say. But all this happened outside mainstream media, and in the wake of Fukushima, mainstream media has largely ignored health implications. That's why the story was highlighted by Project Censored, which explores stories underreported by the mainstream media, in their book Censored 2013: Dispatched from the Media Revolution.
彼らの研究の発表の後に続く論議は、福島第一惨事の健康に与える影響についての重要な問題点へと向かいました。正しいと主張する側、その研究を攻撃する側、そして原子力エネルギーの健康に与える影響についての一般的な原理にも、それぞれの言い分があります。しかし、それは全て主要メディアの外で起こってきて、福島の事故の後、主要メディアは健康についての含みは大幅に無視しています。それ故に、この話題が、主要メディアにより過小報告されている話題を探求するセンサープロジェクトにより、センサー2013年の本「メディア革命からの発信」の中で、強調されたのです。

Censored2013coverfront-194x300.jpg


An article by Sherman and Mangano about their research was first published in June 2011 in Counterpunch, a left-leaning political newsletter. It was criticized then. Counterpunch came back with a response from their “statistical consultant” Pierre Sprey, who found that there was an increase in infant deaths, although not as stark as the increase Sherman and Mangano found. He found that the increase was amplified by including other cities in the Pacific Northwest in the set.
シャーマン氏とMangano氏のリサーチについての記事は、最初2011年6月に、政治的に左に偏っているニュースレター、カウンターパンチに発表されました。それは、そのとき非難されました。カウンターパンチは、シャーマン、Mangano氏が言うほどの際立った増加ではないながらも、幼児の死亡が増加していたことを発見した「統計コンサルタント」のピエール・Sprey氏からの返答をもって返り咲きました。Sprey氏は、太平洋北西一帯のほかの都市を含み、増大していることを見出したのです。


An updated version of the study was published in a peer-reviewed journal, the Journal of International Health Services, in December.
その研究の改訂版が、国際健康サービスジャーナル、同僚審査ジャーナルの中で、12月に発表されました。


Sherman and Mangano came to their conclusions by comparing deaths in a set of US cities during a 28-week period during which the meltdown occurred on March 11 to the same 28-week period in 2010. They found that in the 14 weeks before March 11, deaths were up 2.34 percent in 2011, but in the period after the Fukushima disaster, they were up by 4.46 percent. They extrapolated this data and determined a "a projected 13,983 excess U.S. deaths"
シャーマン、Magano氏は、2011年3月11日にメルトダウンが起こっている間の28週間の、アメリカ都市一帯の死と、2010年の、同じ28週間の死の数を比べることで結論を導きました。3月11日以前の14週間で、死亡は2011年に2.34%増加していましたが、福島災害の後の期間では、それが4.46%でした。彼らは、このデータを外挿(がいそう)法(ある既知の数値データを基にして、そのデータの範囲の外側で予想される数値を求めること)によって推定し、「アメリカで、1万3,983の死が過剰であると予測」したのです。


Again, the study was widely criticized. One source of critique was Michael Moyer, who wrote an article in Scientific American lambasting the study. He said that the authors cherry-picked the data they used. Moyer wrote that “No attempt is made at providing systematic error estimates, or error estimates of any kind. No attempt is made to catalog any biases that may have crept into the analysis, though a cursory look finds biases a-plenty (the authors are anti-nuclear activists unaffiliated with any research institution).”
繰り返しますが、その研究は、広く非難されています。マイケルMoyer氏はその批判をしている一人で、サイエンス・アメリカにその研究をこき下ろす記事を書きました。その研究の著者たちが、データのいいとこ取りをしていると言います。Moyer氏は、「組織だった誤差推定、あるいはそれらしきものを示そうという試みが一切ない。粗略な見解からは偏見が多く見られるが、その分析に入り込んでしまったかもしれない偏見についての目録を加える試みが全くなさていない。(その著者たちは、どの研究機関にも所属していない反核運動家たちである。)」と書きました。


But aside from the Scientific American article and a few other instances of mainstream coverage, the critical response to Sherman and Mangano’s story was also underreported. The people who took another look at their numbers were writing for alternative press. Websites like nuclearpoweryesplease.org, whose creators are “are convinced that nuclear power is vital to securing energy production in a sustainable way until science can provide us with a truly limitless source of power.” and atomicinsights.com, written by self-described “pro-nuclear advocate” Rod Adams.
しかし、サイエンス・アメリカの記事と、2,3、他の一瞬の主要メディアの報道を除いて、シャーマン、Mangano氏に対する批判的反応もまた過小報告されました。彼らの出した数字を他の視点から見た人たちは、サブプレスに書きました。「科学が無限の電力源をもたらすまでは、持続できる形で、エネルギーの産出を確保できるまで、原子力はきわめて重要であると確信している」とする創設者のnuclearpoweryesplease.orgのようなウェブサイトや、自らを「原発推進唱道者」と呼ぶロッド・アダムズ氏によって書かれているatomicinsights.comのようなウェブサイトです。


The whole incident raises interesting questions about what constitutes mainstream media and alternative media, the value of peer-review and fact-checking, and the way that corporate interests control news stories. Almost every person who weighed in on this story was likely biased in some way, from the researchers who set out to see if there was a correlation between US deaths and the Fukushima meltdown to the pro-nuclear activists who attacked their study.
その出来事全体が、主要メディアとサブメディアを構成しているもの、同僚審査や事実確認の価値、そしてニュースの話題について企業の利権によりコントロールされる様などについての興味深い疑問を投げかけます。この話題について重要視しているほとんど全ての人が、ある意味偏見を持っているようです。アメリカでの死と福島のメルトダウンの間に相互関係があるのではないかと乗り出した研究員たちから、その研究を攻撃する原発推進活動家たちまで。


The nuclear industry has plenty of mouthpieces. The Nuclear Energy Institute, a lobbying group for nuclear companies, releases its own press statements. A blog associated with the NEI, neinuclearnotes.blogspot.com, has been a part of the online debunking frenzy surrounding Sherman and Mangano’s work.
原子力業界には、多くの代弁者たちがいます。原子力企業のために圧力をかける原子力学会は、独自の文書を発表しました。そのブログ neinuclearnotes.blogspot.comは、シャーマン、Mangnoの研究を取り巻く狂気を暴く、オンラインの場所の一つとなっています。


Does being associated with the nuclear industry make critiques incorrect? In this situation, it seems clear that the refutations are credible.
原子力業界に賛同している者が非難するのは間違っているのでしょうか?このような状況の場合、論破することが説得力があるように思われます。


It does make them suspicious, as the nuclear industry’s profits rely on the belief that nuclear energy is perfectly safe.
原子力業界の利益が、原子力が完全に安全だという信条に頼っているために、彼らが疑わしく思われるのです。


Mainstream news is supposed to serve as a credible and reliable source of information. But coverage of the effects of the Fukushima Daiichi disaster have been mostly left up to bloggers and activists. And Sherman and Mangano’s flawed study is far from the only outcry. In Canada, concerns were raised about radiation levels in rainwater. A series of investigations into RadNet, the EPA’s radiological detection network, found that the system suffers from maintenance and reliability issues, and may have reported false low levels of radiation in the weeks following Fukushima.
主要メディアのニュースは、信用、信頼できる情報源と思われています。しかし、福島第一惨事の影響についての報道は、ほとんどがブロガーや活動家に委ねられたままです。そしてシャーマン、Mangano氏の欠陥のある研究は単なる抗議とはかけ離れています。カナダでは、雨水の放射能レベルについての懸念があげられました。EPAの放射能検出ネットワークであるRadNetへの様々な調査では、システムがメインテナンスと信頼性の問題を抱えていたことが分かりました。そして、福島事故後の数週間の間違った低い放射能レベルが報告されていたかもしれないのです。


In Japan, a strong protest movement insists that they and their children aren’t safe following the meltdown. The country announced plans to phase out nuclear power by 2040 following Fukushima. Strong anti-nuclear sentiment also exists in Germany, where the government has plans to phase out nuclear energy by 2022.
日本では、メルトダウンの後で自分も子どもたちも安全ではないと主張する大きな抗議活動があります。日本は、福島(事故)後の2040年までに原子力を廃止すると発表しました。強固な反核感情は、ドイツにも存在し、政府は2022年までに原子力を廃止する計画です。



fukushima-nuclear-planet-released-more-radiation-government-said_1.jpg


In the United States, the controversy over nuclear energy rages on. The nuclear industry is a powerful corporate interest, and likely has something to do with the suppression of mainstream coverage of nuclear hazards. At the same time, corporate flaks are just as capable of creating “alternative” media sources that twist stories to reflect a pro-nuclear agenda. Of course, so are anti-nuclear advocates, who may be equally willing to ignore facts to promote their agenda.
アメリカでは、原子力を巡っての論議に熱が入っています。原子力業界は力のある企業利権で、原子力の危険についての主要メディアの報道の抑制に関わっているようです。同時に、対空射撃はただ、原発推進の命題を反映するため、話を捻じ曲げるサブメディア源を創り出すことしかできていません。


As Censored 2013 points out, that debate is largely underreported by the mainstream media. Nuclear power may not have led to 14,000 excess deaths in the US following the Fukushima disaster. But it has certainly led to a confused circus of less than reliable sources, competing to be believed as truth, while traditional credible reporting falls away.
センサー2013が指摘しているように、この論議は広く主要メディアから過小報告されています。原子力は福島惨事の後、アメリカで1万4000人の死を導かなかったかもしれません。しかし、伝統的な信頼できる報告が欠落している中、真実として信じるために対抗できる信頼できる情報が少なく、確実に、混乱させる馬鹿騒ぎを招いているのです。





私もこのニュースはブログに載せられませんでした。

同じ手法による分析が、日本のデータでされていないこともあり、

説得性にかけている、と思いました。



日本の外で起こっている

あくまでも予測でしかない議論が、

何か、悲しく、むなしく感じられました。



原子力が与える影響は、

過去の悲劇を知れば、それだけで十分理解できます。



「数」ではなく、

「予測」ではなく、

今、目の前で起きている悲劇に、

皆が、まっすぐに向き合う必要があるような気がします。



自分の主張や想いを認めさせようとするあまり、

「偏見」という罠にはまってしまうと、

本当に苦悩している当事者の人たちを、

そして、自分さえをも

見失ってしまうことになるかもしれません。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/933-7822a15e

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。