スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

緊急時の中の日常

 2012-09-29
new_york_times_logo.jpg



Fragments of Fukushima
福島の断片


September 25, 2012, 5:00 am

By SHREEYA SINHA



The first time the Tokyo-based photographer Kosuke Okahara visited a town near the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant in Japan, he grabbed his dosimeter, a device used to measure radiation levels, and looked at his watch to see how much time he could spend at the location.
東京ベースの写真家、オオハラ・コウスケ氏が福島第一原発近くのある町に初めて訪れました。放射能レベルを測る線量計を持ち、その場所でどのくらいの時間を費やすことができるのかを知るために時計を見ています。


“I was very scared because of radiation,” he said. “After four to five months, I became calm, and I went back to the beginning of why I was taking pictures.”
「放射能のため、とても怖いのです。」と彼は言いました。「4,5ヵ月後、私の気持は静まりました。そして、なぜ自分が写真を撮っているのかの原点に戻ったのです。」


That was August 2011, five months after an earthquake and tsunami ravaged Japan and set off the world’s worst nuclear crisis since Chernobyl.
それは2011年の8月で、地震と津波が日本を破壊し、チェルノブイリ以来最悪の放射能惨事を起こしてから5ヵ月後のことでした。


Since then, Mr. Okahara has traveled to Fukushima Prefecture almost every month. On Sept. 6, at the Visa pour l’Image photojournalism festival in France, Getty Images awarded him $20,000 to support his investigation of the fallout from the nuclear accident, and of those who suffered most.
それからというもの、オカハラ氏はほぼ毎月福島県を旅しました。9月6日、フランスで行われた国際写真祭で、ゲッティ イメージズは、原子力事故からの降下物の調査を指示し、最も苦しんでいる人のためにと2万ドル(200万円)の賞金を彼に与えました。


“I’m collecting fragments,” Mr. Okahara said of his work, which includes both photos and audio.
「私は断片を集めているのです。」とオカハラ氏は自分の写真と音声の作品について言いました。


Eighteen months have passed since more than 80,000 residents near the Daiichi plant were forced to flee, and Mr. Okahara’s photos reveal the incredible loss of life, and livelihood, in the surrounding area. Around Fukushima, homes have been abandoned and left vulnerable to thieves, railway stations and stores once crowded with tourists are now deserted, and animal carcasses still remain in various states of decay.
あれから18ヶ月経ち、第一原発近くの8万人の人々は土地を追われ、オカハラ氏の写真は周辺の地域での信じがたいほどの生活と暮らしの喪失を露わにしました。福島周辺では、家は見捨てられ、泥棒のなすがままで、かつて旅行者で賑わっていた電車の駅や商店は今では人気がなく、動物の残骸は、未だにいろいろな状態の腐敗の中に取り残されています。


Picture1_20120930151159.jpg 
田村市の人気のない家の中。住民・訪問者たちは、原発から20km圏内に位置しているため、市の立ち入りを禁止した。政府は今では立ち入り禁止地区の境界線を変更し、人々は中に自由に入れる。


Picture4_20120930151157.jpg
人気のない、南相馬のいわきおおた駅


Picture2_20120930151156.jpg 
浪江の人のいなくなった農場。農場の人たちは避難し、死骸はいろいろな腐敗の状態


“There was a life before, right before the accident,” he said. “I was surprised by the sudden death of the town.”
「ここには前に生活があったのです。事故の前には。」と彼は話します。「わたしは、町の突然死に驚きました。」


Picture6_20120930151155.jpg
原発から約27kmの浪江のチェックポイントにつめる警官。高放射能レベルのため、立ち入り禁止地区は20kmの基準を超えて拡張された。


According to Mr. Okahara, the young police officers on rotation have sealed off a 16-mile exclusion zone around the nuclear plant and impose $1,000 fines on trespassers. But Mr. Okahara has been able to photograph the area in the zone from as close as four miles, mostly entering with an animal rescue agency.
オカハラ氏によると、若い警察官が原発付近20kmを封鎖し、侵入者には1000ドル(10万円)を課しています。しかし、オカハラ氏は立ち入り禁止地区内、4マイル(6.5km)まで近づき写真を撮ることができました。大抵は、動物救助エージェントと一緒に立ち入りました。


“If you go into the no-go zone, the first surprising thing is there’s no sound — it’s quiet,” he said.
「立ち入り禁止地区に入ると、最初に驚くのは、音が全くないことです。静かなのです。」と彼は話しました。


Picture5_20120930151155.jpg
20km立ち入り禁止内を示すサイン

But just outside the exclusion zone, emerging from the eerie fog of silence, Mr. Okahara encountered resilient people who stayed behind, bound to their land by deep emotional ties, who hope normalcy will return one day. Of the two million people who lived in the region, only about 22 percent have returned as of July.
しかし、立ち入り禁止内の一歩外では、不気味な静寂の霧から姿を現し、オカハラ氏は、留まっている快活な人々と会いました。彼らは、心深く、自分の土地と結び付けられていて、いつか日常が戻るよう、望んでいる人たちです。その地域に住む200万人のうち、の22%の人々が7月に戻りました。


Families who spoke to Mr. Okahara in Fukushima were concerned about radiation levels and fear another disaster there, but they are also grateful to still have jobs at the mangled and volatile Daiichi plant, which still employs some 2,500 workers.
福島でオカハラ氏に話しかける家族たちは、放射能レベルを心配し、次の災害を恐れていましたが、彼らはまた、崩壊し、不安定な第一原発で、まだ仕事があることをありがたいとも思っています。そこではまだ2500名の作業員が雇用されているのです。


One family of farmers, Mr. Okahara recalled, was afraid that their dairy products were contaminated. He told a story about a teacher he met, who had sent his daughter and wife to live in Tokyo because he feared for their well-being. Mr. Okahara encountered a recurring dilemma, as residents vacillated between a fear of radiation and carrying on with their lives.
ある農家の家族が乳製品が汚染されているのを怖れていたのを、オカハラ氏は思い出しました。彼はある学校の先生に会いましたが、彼は自分の娘と妻を健康のため東京に避難させたのです。オカハラ氏は繰り返すジレンマに悩まされました。住民たちは、放射能の恐怖と自分たちの生活を続けることの狭間で揺れていました


Picture8_20120930151310.jpg 
除染の合間に休憩する南相馬の農家の人々。


“They live under stress all the time,” he said.
「彼らは、常にストレスを持って生きています。」


In Fukushima, however, Mr. Okahara said people seemed to be getting tired of living cautiously, despite concerns of radiation in the air and in the nation’s food. Over time, he’s seen fewer people wear face masks, some generally demonstrating an attitude of complacency toward radiation detection — acts Mr. Okahara likened to suicide.
しかしながら福島で人々は、空気や食物の放射能の懸念にもかかわらず、用心深く暮らすことに疲れてきたようだ、とオカハラ氏は言います。時を経て、マスクをしている人も減り、いくらかの人々は、放射能検出に対して自己満足のような態度を概して取っています。その行為を、オカハラ氏は、自殺にたとえました。

Picture7_20120930151311.jpg 
放課後に練習する相馬農業高校の野球選手。校庭は除染されが、線量は通常よりまだ高い。


“Desperation for normalcy has made people more careless,” he said. “They are living in a state of emergency.”
「日常のために自暴自棄になることが、人々を更に不注意にしています。」と彼は話しました。「彼らは緊急状態の中に暮らしているのです。」


------------------------------------------------------


シリーズ チェルノブイリ原発事故... 投稿者 gataro-clone


まだ、同じ過ちを繰り返すことを避ける術は残っているはずです。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/925-426b53af

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。