スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

被曝被害を最小限にするために

 2012-09-17
japan_times_logo.jpg



Sunday, Sep. 16, 2012


'The government could still save lives'
政府はまだ命を救う事が出来る


Nuclear expert witness Arnie Gundersen discusses Fukushima's radioactive fallout
原子力専門家、アーニー・ガンダーセンの福島の放射性降下物についての論議に立ち会う


By DAVID MCNEILL

Special to The Japan Times

In the immediate aftermath of last year's Fukushima triple meltdown, Japan's government and pronuclear experts scrambled to dampen public concern. Experts waved away fears about radiation, cabinet ministers scoffed at comparisons to Chernobyl, and the word "meltdown" itself was effectively scoured from the media.
去年の福島のトリプルメルトダウンの直後、日本政府と原子力推進専門家たちは、人々の懸念を争って削ごうとしました。専門家たちは、放射能についての不安を払拭し、閣僚たちはチェルノブイリとの比較をあざ笑い、「メルトダウン」と言う言葉そのものは効果的にメディアから洗い流されました。


Some observers, however, were quick to hit the panic button. One of the best known was nuclear expert witness, who predicted that the disaster would lead to 1 million extra deaths from cancer.
しかしながら何人かの観察者たちは、パニックボタンをすばやく押しました。その中でよく知られている人の一人は、原子力専門家証人で、この惨事からの癌による死亡数が100万人増えるだろうと予測したのです。


Eighteen months later, there is still no consensus on the eventual impact of the No. 1 plant's payload, or even on the amount of radiation released, although the most bloodcurdling initial assessments seem to have largely evaporated. The final official tally for escaped radiation is 900,000 terabecquerels, about one-fifth the amount released by Chernobyl.
血も凍るような最初の査定は、大幅に消えていったようですが、18ヵ月後、第一原発の総重量、あるいは放出された放射能の量についてさえも、最終的な影響についての見解の一致はなされていません。最終的に公に発表された放出されたとされる放射能は、90万テラベクレル、チェルノブイリで放出された量の約5分の1です。


Gundersen, a nuclear engineer, says that's an underestimate. He puts the release of cesium at about half that of Chernobyl, and says little attention has been paid to radioactive gases, Xenon and Krypton, which poured out of the No. 1 plant in quantities "two to three times" greater than the 1986 Ukraine meltdown. He is sticking to his original alarming estimate of cancer fatalities.
原子力技術者のガンダーセン氏は、それが過小評価であると言います。彼は、セシウムの放出がチェルノブイリの半分とし、1986年のウクライナのメルトダウンより2から3倍多いキセノン、クリプトンなど、第一原発から噴出した放射性ガスについてほとんど注目されていない、とも言います。彼は、もともと警告を鳴らした癌死亡者の推測をまげません。


fd20120916a1a.jpg


"The problem is there are 130 million people (sic) in Japan," he said on a recent visit to Tokyo. "A third of them will die from cancer in the next 30 years. One million more is less than 2 percent — are you going to find it?"
「問題は、日本に1億30万人(原文のまま)がいるということです。」と最近の東京への訪問の際に話しました。「そのうちの1/3が、これから30年のうちに癌にかかって死ぬでしょう。百万人というのは、その2%以下です。それをあなたは見つけると思いますか?」


Gundersen bases much of his assessment of Fukushima on what he learned from America's worst nuclear accident, the 1979 partial meltdown at the Three Mile Island plant in Pennsylvania. As an expert witness during the probe that followed, Gundersen said the official estimate of radioactive releases there was also much too low. "You have to remember, we don't know how much radiation was released. It's guys like me who have to calculate it." His assessment upped the official radiation figure for the accident by five times. "I'm dead sure that's too low," he says, adding that he believes the true figure could be 15 times higher than the industry estimate.
ガンダーセン氏の福島の査定は、彼がアメリカの最悪の原子力事故、1979年のスリーマイル島の部分的なメルトダウンから学んだことに基づいています。続いて行われた綿密な調査の間、専門家の証人として、ガンダーセン氏はそこでの公式な放射能放出の推測もまた、あまりにも低すぎたのだと述べました。「私たちには、どれだけの放射能が放出されたのか分からないのだ、と言う事を覚えておかなければなりません。私のような男が計算しなければならないのです。」彼の査定は、その事故の公式な放射能の数値の5倍です。「それがあまりにも少ない事だけは、まったく持って確信があります。」本当の数値が、業界の予測より15倍にもなりうると考えている、とも付け加えました。


So where are all the cancers that might be expected from such a release? A 20-year statistical survey (1979-1998) by the Pennsylvania Department of Health found no evidence of elevated cancer deaths among residents within a five-mile radius of the plant, though it noted that the long-term impact still needed monitoring. A landmark 1990 Columbia University study found elevated lung cancer and leukemia rates downwind of the plant, but concluded that the results did not "provide convincing evidence that radiation releases ... influenced cancer risk." The research is disputed by Gundersen and others: He cites the work of Steve Wing, an epidemiologist who says he has tracked 10,000 extra deaths from lung cancer in the first six to seven years after the accident.
それでは、そのような放出からどこで、全ての発癌が予測されるのでしょう?ペンシルバニア州の厚生局による20年にわたる統計的調査では、(1979-1998年)原発から5マイル(8km)以内の住人に癌による死が増えた証拠を見出しませんでした。しかし、その調査は、長期に渡る影響はまだモニタリングされる必要がある、と述べています。1990年のコロンビア大学の研究では、肺がんと白血病の発癌率が、原発の風下で増えたことを発見しましたが、その結果が「発癌の危険に放射能の放出が影響しているという確証がない。」と結論づけました。その調査は、ガンダーセン氏と他の人々により論議されています。彼は、疫学者であるスティーブ・ウィング氏の研究について言及します。事故の後6-7年で肺がんによる死亡者が1万人増えたのを追跡した、と言っているのです。


"The same gases (Xenon and Krypton) that caused those cancers leaked out of the containment vessel at the Daiichi (No. 1) plant," he says. "Nobody is talking about it." He says the gases quickly disperse and are notoriously hard to measure. Other emissions are more straightforward. Plutonium is heavy and does not widely disperse. Cesium is relatively easy to track. He also cites a recent reported study claiming that nearly 36 percent of children in Fukushima Prefecture have cysts or nodules on their thyroids as evidence of iodine contamination from the plant.
「これらの癌を促がすその同じガス(キセノンとクリプトン)が、第一原発の格納容器から放出したのです。誰もそのことを話しません。」ガンダーセン氏は、そのガスが、すばやく拡散し、その悪名で知られるほどに測定が困難なのだ、と話しました。他の排出は、もっと簡単です。プロとニウムは重く、広くは拡散しません。セシウムは比較的追跡が容易です。彼はまた、最近報告された研究が、福島県の36%に近い子どもたちが甲状腺に嚢胞または小結節があるというのは、発電所からのヨウ素の汚染の証拠であると言及しました。

私は、とにかく、ストロンチウムが気になります。。。


The insidious uncertainties of the impact of radiation are a feature of all three major nuclear accidents. About 2 million people are still under permanent medical monitoring, quarter of a century after the Chernobyl disaster. Among children, monitoring is recommended for about 400,000 who are believed to have received substantial levels of radiation to their thyroids. Debate on Chernobyl is framed by two startlingly different studies: a 2005 probe by the International Atomic Energy Agency, the WHO and the UN Development Program, which concluded that Chernobyl-related cancers were likely to result in fewer than 4,000 deaths; and a report published by the New York Academy of Sciences, which attributes 985,000 fatalities to the fallout.
放射能の影響についての油断ならない不確かさは、3つの全ての原子力事故の特徴です。チェルノブイリの事故から4半世紀たってもまだ約200万人の人々が恒久的な医療モニタリングの対象です。子どもたちのなかで、甲状腺に相当量の被曝をしたと考えられている約40万人がモニタリングを薦められています。チェルノブイリについての議論は、2つのあまりにも違う研究で構成されています。2005年のIAEA、WHO、国際連合開発計画による徹底調査は、チェルノブイリ関係の癌死は4000人以下であっただろうと結論し、ニューヨーク科学アカデミーが公表した報告は、降下物からの死者が98万5000人だとしているのです。


Fairewinds Energy Education, the nonprofit organization that Gundersen runs with his wife Maggie and a team of volunteers, has become the go-to place for skeptics of the official nuclear line. He says Fairwinds' website (www.fairewinds.org) has had 8 million hits in the last year. Some of the content has been translated into Japanese.
ガンダーセン氏が、彼の妻、マギーさんとボランティアのチームで運営するNPOのフェアウィングス・エネルギー・エジュケーションは、公式な原子力の発表に懐疑的である人が尋ねるところとなりました。ウェブサイトは、去年800万件のアクセスがありました。その中のいくつかは、日本語に翻訳されています。


The site airs often little-publicized information, such as Gundersen's claim that the Hamaoka plant in Shizuoka Prefecture suffered a serious (though not dangerous) accident before it was closed last year. He says salt water flooded back into reactor 5, effectively making it useless. "Hamaoka 5 will never restart. That piece of equipment is just so severely damaged. The chlorine (in the salt water) attacks the stainless steel."
そのサイトは、ほとんど公表されない情報がしばしば流れています。例えば、ガンダーセン氏は、静岡県の浜岡原発が、去年閉鎖される前に深刻な(危険ではないけれど)事故を起こしていたというのです。海水が5号機に流れ込み、使い物にならなくしたのだと。「浜岡の5号機は決して再稼動しないでしょう。その設備の部分はあまりにも深刻に損傷したのです。塩素(塩水の)がステンレススチールを襲ったのです。」


Gundersen and his team use the site to reach people in Japan, who send samples for what he calls independent research into the Fukushima aftermath. "People started sending us air filters from cars in Tokyo and Fukushima Prefecture," he says. "We now have five or six dozen. A car normally uses the same amount of air as a person, so this is what is inside people's lungs." He says the filters from Fukushima had so much cesium radiation they "turned X-ray film completely white in five days."
ガンダーセン氏と彼のチームはそのサイトを通じて、福島後の独自の調査と呼ばれるもののためのサンプルを送ってくれる日本の人々と繋がっています。「人々は、東京や福島県の車のフィルターを私たちに送り始めたのです。いまでは、5-6ダース分あります。車は通常、人と同じ量の空気を吸います。なので、これは、人の肺の中なのです。」彼は、福島からのフィルターは、「レントゲンのフィルムを5日間で真っ白にしてしまう」ほどの大量のセシウムを含んでいると話しました。


"We used a spinning microscope to look at the size (of the cesium particles), and they're in the order of two microns, which means that they float. Once they get into lungs they settle."
「私たちはその大きさ(セシウムの粒子)を見るのにスピニング顕微鏡を使いました。それはおよそ2ミクロンで、つまりそれらは浮かぶということです。一度肺に入り込んだら、そこに落ち着きます。」


An embassy in Tokyo — he declines to say which — sent his team filters from a rooftop system built to withstand a chemical, biological or nuclear attack. "The filters too were loaded with cesium, not as bad as Fukushima but still very serious." He says Fairewinds is now asking ordinary Japanese householders to send vacuum-cleaner bags, to sample house dust. "We've found one that's 120 km from the site and it's 100,000 becquerels per kilogram. That's the highest, but we've found many samples in the 20,000 to 30,000 becquerel range. In Japan, people sleep on the floor, so the internal exposure is significant. But the Japanese government and the IAEA (International Atomic Energy Agency) are not looking at this at all."
ある東京の大使館は、(どの大使館かを言うのは断りましたが)化学、生物、核攻撃に絶え入るように作られたルーフトップのシステムからのフィルターを、彼のチームに送ってきました。「そのフィルターにもセシウムは付着していましたが、福島ほど酷くはありませんでした。しかしとても深刻ではあります。」フェアウィングスは今、家のホコリのサンプルを獲るため、一般家庭の掃除機の袋を送るように求めています。「現場から120kmのところのものから、10万ベクレル/kgを発見しました。それが一番高い値です。2万から3万ベクレルの範囲のサンプルはたくさんありました。日本では、人々は床に寝ます。なので、内部被曝が著しいのです。しかし、日本の政府とIAEAはこのことに全く目を向けていません。」


Gundersen says the Fukushima crisis has triggered a huge amount of independent monitoring, citing Safecast, a nonprofit group that checks and publicizes radiation (blog.safecast.org), as the most striking example. "There is a lot of data out there. The government should take that data and back-calculate what came out of the plant. Nobody is doing that yet. They're making assumptions about what happened.
ガンダーセン氏は、福島の危機が、膨大な量の独立したモニタリングを促したのだと、最も印象的な例としてNPOのSafecastに言及し、言いました。このグループは放射能を確認し、公表しています。「多くのデータが発信されています。政府はそのデータを考慮し、発電所から出てきたものを逆算するべきです。誰もそれをやっていません。彼らは何が起きたのかについて、仮説を立てているのです。


"Whatever the number is, I think it can be reduced by 30 percent. There are simple public health things than can be done but because everyone wants to avoid public fear nobody is talking about it. If you talked about indoor care and high-efficiency filters on vacuum cleaners, wet dusting, not dry dusting, to keep down particles, that would help. If I were the Japanese government, I'd be telling people to do that."
「数字がどうであろうと、私はそれを30%下げる事が出来ると考えています。公共衛生について簡単に出来る事があるのに、皆が人々の不安を避けたいと思うため、誰もそのことを話さないのです。粒子を沈めるための、室内で注意する事、掃除機の効率の高いフィルター、ホコリの加湿は助けになるでしょう。もし私が日本の政府だったら、そうするように人々に言います。」




それだけでは、30%被害を減らせるとは思えませんが。。。

でも、もし出来るとしたら、すごい事です!!

国から各家庭に配給してください!!!!!




会見の全ての様子はこちらです。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/918-3a6687ee

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。