スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島事故~国境を越えるそれぞれの責任

 2012-09-09
オーストラリアより。

abc_australia_logo.jpg

Uranium's long and shameful journey
ウランの長く苦々しい旅


By Dave Sweeney ABC Environment
7 Sep 2012


THE SIGNS THAT ALL IS not as it should be start gently enough: weeds appear in fields, the roadside vegetation covers signs and structures, and there are few people about. The country looks peaceful, green and sleepy. Then the radiation monitor two seats away wakes up and starts clicking.
あってはならない徴候は全て、十分穏やかに始まります。雑草が田畑に現れ、道端の草木が標識や構造物を覆い、ほとんど人というものがいません。その田舎は平和に見えます。緑豊かで眠気を誘います。すると、2席向こうの放射線モニターが目を覚まし、音を立てはじめました。


I am on a bus heading along a narrow and winding road towards the Fukushima exclusion zone. The trip has been organised by a Japanese medical group and my fellow travellers are doctors, academics and radiation health specialists from around the world. They have come to see and hear the story behind the headlines and to bring their considerable expertise to support the continuing relief and response efforts.
わたしはバスに乗り、狭いくねくねした道を福島の立ち入り禁止地区に向かっています。その旅は、日本の医療グループが主催しているもので、わたしの旅仲間は世界中からの医師、学者、放射線医療専門家たちです。彼らは見出しの後ろに隠されている話を見聞きし、長期に渡る救済と対応の取り組みを支援するために来たのです。


Fukushima is a name known around the world since the Tokyo Electric Power Company (TEPCO) Fukushima Daiichi reactor complex was shattered and radiation scattered following the 11 March 2011 earthquake and tsunami. The world held its breath as images of emergency workers in radiation suits, bewildered and fearful locals sleeping at schools and grainy aerial footage of an increasingly vulnerable reactor filled our screens and press.
福島は、2011年3月11日の地震と津波に続き、東京電力の福島第一原発が粉砕し、放射能を撒き散らして以来、その名が世界中に知られています。防護服を着た緊急作業員たちの姿、当惑し学校に寝泊りするおびえた現地住民たち、次第に脆弱になる原子炉のぐちゃぐちゃの空中場面が画面や新聞に埋めつくされると、世界は息を飲みました。


While the headlines might have faded, the radiation, dislocation and complexity has not and 18 months after the meltdown this trip is part of a widespread effort in Japan to ensure that the impacts and implications of the Fukushima nuclear disaster are neither forgotten nor repeated.
見出しから姿を消していく間、放射能、混乱、複雑さは消えませんでした。メルトダウンから18ヶ月後、この旅は、福島の衝撃と含蓄が、決して忘れられず、繰り返されないようにするための、日本で広がっている取り組みの1つなのです。


Fukushima means 'fortunate island' but the region's luck melted down alongside the reactor. Over 150,000 people cannot return to their homes and last September a United Nations special report detailed some of the massive impacts: "hundreds of billions of dollars of property damage", "serious radioactive contamination of water, agriculture, fisheries" and "grave stress and mental trauma" to a swathe of people. Lives have been utterly disrupted and altered and the Fukushima nuclear accident was and remains a profound environmental and social tragedy.
福島は、「幸運な島」を意味しますが、その地域の幸運は原子炉と共にメルトダウンしました。15万人以上の人々が自宅に戻れず、去年の9月に国連の特別報告書が、その膨大な影響を詳細に表しました。一連の人々に与えた「何兆ドルにも値する財産の損失」「水、農業、漁業への深刻な放射能汚染」「容易ならぬストレスと精神的トラウマ」。生活は完全に崩壊し、変わってしまいました。そして福島原子力事故は深刻な環境と社会の悲劇であり、今も続いています。


The Japanese fixers organise to put human faces to the raw data.
日本の仲介者が人々に生データに直面させます。


A grandmother hosts us in her new home. The cluster of caravan park style cabins on tarmac are in every way a long way from her former life in a village. Her eyes light up and her years drop when she speaks of her three grandchildren and the three great-grandchildren due later this year. But then she is asked how often she sees them and the light fades. The interpreter stumbles, the room falls silent and we all look down and feel sad and strangely ashamed.
おばあさんが、彼女の新しい家でもてなしてくれました。トレーラーの群れのような舗装された駐車場にあるキャビンは、村での彼女の前の暮らしからはいろいろな意味で遠く離れています。3人の孫たちと、今年の終わりに生まれる予定の3人のひ孫たちのことを話すとき、彼女の目は輝き、歳を忘れさせます。しかし、どのくらい孫たちに会うのかと尋ねられると、その輝きは消え去ります。通訳はどもり、部屋は静寂に包まれ、わたしたちは皆下を向き、悲しく、奇病に罪の意識を感じました。


A doctor at a nearby medical centre tells how more than 6,000 doctors, nurses and patients were re-located there from the adjacent exclusion zone. People were sleeping everywhere he says before proudly showing the centre's new post-evacuee carpet. As he talks a group of elderly people sit listlessly in chairs or lie in beds before a happy daytime TV game-show while the hill behind is criss-crossed with red tape that marks the areas of active decontamination work.
近くの医療センターの医師が、6000人の医師、看護婦、患者がどのように立ち入り禁止地区の近隣から移動させられたのか話してくれました。彼は、誇らしげに前の避難者の新しい絨毯を見せる前に、人々はどこにでも寝ていたのだと話しました。彼が話しをしている時、お年寄りの一団は、楽しい日中のゲーム番組を流すテレビの前で物憂げにいすに座るかベットに横になっています。一方裏手の丘は、十字の赤いテープが張られ、除染作業中であることを示しています。


A farmer accepts that his current rice crop will be destroyed after harvest because it will be too contaminated. But he hopes next year's might be better. I sit by a pond in his rice paddy as he explains his hope that if the ducks eat enough worms and grubs they might remove the radiation. No one has the heart to contradict him. Beside his house is a cedar tree that is 1,200 years old and his ancestors had the honour of supplying rice to the Shogun feudal lords. The rice from those same fields is now radioactive.
一人の農家の人は、収穫の後、収穫物があまりにも汚染されいたので、現在とれているお米は捨てることになることを認めています。しかし彼は、来年よくなっていることを望んでいます。彼が、アヒルが虫や昆虫を食べてくれて放射能をとりのぞいてくれるかもしれないという自分の希望を話しているとき、私は彼の田んぼのそばに座っていました。誰も、彼を否定する気持はありません。彼の家の横には、ヒマラヤスギがあり、1200年ものです。彼の祖先は、将軍諸侯へ謙譲する誉れを持っていました。同じ田んぼからのお米が、今は放射能汚染されています。


r999947_11117661.jpg


As we drive from site to site we pass skeletal abandoned greenhouses, the fields are increasingly wild, houses are empty, sheds are rotting, vehicles have grass in the wheel arches and the landscape is dotted with contaminated soil wrapped like round bale hay in blue plastic. The smaller side roads are blocked by traffic cones and stern signage both to deter looting and because many are damaged. Police and relocated residents share patrols to keep thieves away but the biggest thief is invisible: radiation has robbed this region of much of its past, present and future.
あちこち移動するときには、骨格だけの取り残されたビニールハウスを通り過ぎます。田畑は次第に荒れてきて、家は空っぽ、小屋は腐り、車のタイヤには草が入り込み、景色には、青いビニールに包まれた丸い俵のようなもの汚染土が点在しています。小さな小道は、回り道をするように、三角コーンと確固たる標識に遮断されています。多くのものが損傷しているのです。警察と移動させられた住民たちは一緒に泥棒を追い出すためにパトロールをしていますが、最大の泥棒は、目に見えません。放射能はこの地域の多くの過去、現在、そして未来を略奪したのです。


An earnest teacher is happy that the local school has re-opened but sad that while once around 250 kids used to attend, now there are 16. The local mayor picks up the theme stating, "we have very few young people or children". Radiation hits hardest at growing cells and many concerned parents have understandably moved. The old remain and the in the absence of the young the old look older.
熱心な教員は地元の学校の再開を喜びますが、一時は250人の子供たちが通っていたのが、今では16名だけだと悲し気です。地元の村長が、「若い人や子どもたちがほとんどいません。」とその問題を取り上げました。放射能は、成長期の細胞に最も衝撃を与え、多くの不安を抱く両親が当然のことながら移っていったのです。年寄りが残り、若者がいないところでは、年寄りは更に歳をとって見えます。


"We have a very serious issue with the exodus of young people," says the mayor who is running an active campaign urging locals to return home while admitting "the accident isn't completed".
「若い人たちがいなくなるという、大変深刻な問題があります。」と「事故は完結しいない」と認めながらも、地元民に戻ってくるのを促がすキャンペーンを行っている村長がはなしました。


The manager of the local store shows us sophisticated point of sale radiation monitoring equipment and warns us against eating wild mushrooms. A doctor speaks of the lack of community confidence in the official radiation data and declares that another nuclear accident would be "the ruin of Japan". Meanwhile, the monitor on the bus keeps clicking.
地元の店のマネージャーは、放射能モニタリング器具の販売についての、精巧性を示しました。そして、野生きのこを食べないように忠告しました。医師は公式の放射能データについて地元社会の信頼の欠如について話し、また原子力事故が起これば、「日本の崩壊」となるだろうと宣言しました。一方でバスにある測定器は音を出し続けます。


Each click counts the decay of a piece of rock dug up in Australia. In October 2011, Dr Robert Floyd, director-general of the Australian Safeguards and Non-Proliferation Office of the Department of Foreign Affairs and Trade admitted "that Australian obligated nuclear material was at the Fukushima Daiichi site and in each of the reactors". Australian uranium fuelled Fukushima. Australian uranium is now radioactive fallout that is contaminating Japan and beyond and the response of the Australian government and the Australian uranium producers and their industry association has been profoundly and shamefully deficient. Prime Minister Gillard speaks of business as usual, Resources Minister Martin Ferguson talks of the "unfortunate incident" and the more bullish of the uranium miners have called the crisis a "sideshow".
一つ一つの音が、オーストラリアで掘り上げられた岩のひとかけらが崩壊する数を数えます。2011年10月、オーストラリアの外交・貿易安全保障と拡散防止事務所のロバート・Floyd博士は、「オーストラリアで義務付けられた核物質は福島第一現場のそれぞれの原子炉の中にあった。」と認めました。オーストラリアのウランは福島の燃料になっていたのです。オーストラリアのウランは、今では日本と日本を越えたところを汚染する降下物であり、オーストラリア政府とオーストラリアのウラン精製者たちとその業界の協会は、非常に不名誉にも不完全です。ギラード首相は、いつものようにビジネスの話をし、資源大臣のマーティン・Fergusonは、「不幸な出来事」だと話し、更にがんこなウラン発掘者たちは、その危機を「小事件」と呼びました。


200px-Julia_Gillard_2010.jpg 220px-Martin_Ferguson_-_World_Economic_Forum_on_East_Asia_2012_crop.jpg



This denial and failure to respond to changed circumstances is in stark contrast to the views of Aboriginal landowners from where the uranium has been sourced. Yvonne Margarula, the Mirarr senior Traditional Owner of that part of Kakadu where Energy Resources of Australia's Ranger mine is located wrote to UN Secretary General to convey her communities concerns and stated that the accident, "makes us very sad. We are all diminished by the awful events now unfolding at Fukushima".
この変わってしまった状況に対する否定と対応の失敗は、ウランの源となってきたところの原住民土地所有者の考えと完全に対照的です。オーストラリア鉱山警備のエネルギー源がある所の、カカドゥ一部の伝統的な所有者であるMirrarr家のイボン・Margarulaは国連の事務総長に、彼女の地元の懸念を伝え、その事故で、「わたしたちはとても悲しく思っています。福島で今展開している恐ろしい出来事により、わたしたちは皆縮み上がっています」と書きました。


kakadu_map.jpg


Arabunna man Peter Watts, whose water continues to be plundered to service BHP Billiton's Olympic Dam mine in South Australia, told a Japanese audience in Yokohama earlier this year how the company "use up the water that gives life to dig up the uranium that brings death".
南オーストラリアオのBHP ブリトンのオリンピックダム鉱山に使うため、水を奪われ続けているArabunnaのピーター・ワットは、今年の初め横浜で日本人聴衆に、その会社がどのように「死をもたらすウランを掘るために、水を使いつくしているのか」について話しました。


There can be no atomic business as usual in the shadow of Fukushima. The novelist Haruki Murakami has called Fukushima a massive nuclear disaster and stated "but this time no one dropped a bomb on us. We set the stage, we committed the crime with our own hands, we are destroying our own lands, and we are destroying our own lives. While we are the victims, we are also the perpetrators. We must fix our eyes on this fact. If we fail to do so, we will inevitably repeat the same mistake again, somewhere else."
小説家の村上春樹氏は、福島を膨大な核災害だと呼び、「しかし、今回は爆弾が落とされたわけではありません。わたしたちがお膳立てをし、自分たちの手で犯罪を犯したのです。わたしたちは自らの土地を破壊し、自らの生活を破壊しています。わたしたちは犠牲者であると共に、加害者でもあるのです。この事実に目を覚まさなければなりません。それができなければ、必然的に同じ過ちを繰り返すでしょう。他の場所で。」


There is intense political debate around all things nuclear in contemporary Japan and the potential restart of the countries suspended nuclear fleet has seen unprecedented political mobilisation and action in Japan. Another growing concern relates to the human, environmental and financial cost of the massive decontamination and clean-up program and the persistent stories of cut corners, substandard subcontracting and Yakuza or organised crime connections.
現代の日本には、原子力の全てについて激しい政治的議論と、国が差し止めた原発の再稼動の可能性については、前代未聞の日本において政治的な結集と行動が見られています。また、膨大な除染の労働力、環境、財政的代価と、除染料プログラム、そして、絶えることのない手抜きの話、標準以下の下請け、そしてやくざや犯罪との結合に関する懸念が膨らんでいます。


One of the doctors who organised our trip put the issue sharply and starkly: "The restart debate is about nuclear power plants but it is also about democracy and the future of the nation." The debate is live in Japan and a similar debate now needs to come alive in Australia - our shared and fragile planet's energy future is renewable not radioactive.
この旅行を主催した医師の一人は、この問題を鋭く、厳粛に述べます。「再稼動議論は原子力発電所についてですが、それはまた、この国の民主主義と将来についてでもあるのです。」その議論は日本で活発で、同じような議論が今、オーストラリアでも活発になる必要があります。わたしたちが共有する脆い惑星の未来のエネルギーは、放射性のものではなく、再生可能なものなのです。


We need a genuine assessment of the costs and consequences of our uranium trade. To fail to change or to learn from this tragedy is deeply disrespectful and increases the chance of Australian uranium fuelling future nuclear accidents.
私達は、ウラン貿易のコストと結果についての本当の意味での査定をする必要があります。変わること、この悲劇から学ぶことに失敗するということは、非常に不敬であり、オーストラリアのウランが、将来の原子力事故に燃料を注ぐ可能性を増やすことになるのです。






福島原子炉の燃料ウランを輸出していたのは、カナダも同じことです。


その一部は、姿を変えて戻ってきました。


"I have learned through bitter experience the one supreme lesson is to conserve my anger, and as heat conserved is transmitted into energy, so our anger controlled can be tranmitted into a power that can move the world." ~Ghandi

「苦い経験から怒りを保存するために学んだ最高の教訓は、保存された熱がエネルギーに変わるように、制御されたわたしたちの怒りは、世界を変えうる力に変えることができる、ということです。」~ガンジー


既にこの教訓は、多くの日本人により生かされており、

その力が、世界に向けて派生しようとしています。



"Action may not always bring Happiness,
行動がいつも幸福をもたらすわけではないかもしれないが、

But there can be No Happiness without Action." ~Ghandi
行動なくして、どんな幸福もあり得ないのです。」~ガンジー



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/913-4baf9998

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。