スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

世界に広がる放射能の脅威と予防(後)

 2012-09-06
昨日の世界に広がる放射能の脅威と予防(前)の続きです。


imagesCAR4UG19.jpg より。


Radiation from Fukushima
福島からの放射能



Did 14,000 Americans Already Die from Fukushima Radiation?
1万4000人のアメリカ人が既に福島の放射能が原因で死亡した?


Meanwhile, a report published in the International Journal of Health Services suggests that up to 14,000 deaths related to Fukushima may have already occurred in the United States:
一方、ヘルスサービスインターナショナル誌に掲載された報告では、米国での1万4000人の死が、福島に関係している可能性があると発表しました。


"Deaths rose 4.46 percent from 2010 to 2011 in the 14 weeks after the arrival of Japanese fallout, compared with a 2.34 percent increase in the prior 14 weeks. The number of infant deaths after Fukushima rose 1.80 percent, compared with a previous 8.37 percent decrease. Projecting these figures for the entire United States yields 13,983 total deaths and 822 infant deaths in excess of the expected.
「2010年から2011年の死亡が、日本の降下物が到着した後の14週前で2.34%だったのに比べ、降下物到着後の14週間ではで4.46%増えました。福島の事故の後の幼児の死亡は、事故前に8.37%減少していたのに比べ、1.8%上昇しました。これらの数字から算出すると、米国では、1万3,987名の死と822人の幼児の死が推定より多かったことになります。


…Recent assessments have suggested that the amount of radioactivity released from Fukushima equals or exceeds that released from Chernobyl. Given the continuing emission of radioisotopes from the melted reactors, the high density of population around the plant, and the close proximity to food sources, we can expect that morbidity and mortality will be high in Japan.
最近の査定では、福島からの放射性核種の放出量は、チェルノブイリからのものと同じか、それ以上であるとされています。溶けた原子炉からの放射性同位体の絶え間ない排出、発電所周辺の人口密度の高さと、近辺からの食物のことを考えれば、発病率や死亡率が日本で高くなることは予想されうることです。


…Adverse health effects may also be expected in the United States, even though exposures have been far below those in Japan. Low-dose radiation exposure, previously assumed to be harmless, has been linked with elevated disease rates in children born to women who underwent pelvic X-rays while pregnant, Americans exposed to atomic bomb fallout, nuclear plant workers, and, for leukemia, children exposed to very low doses after Chernobyl. In addition to physical diseases is loss of cognitive ability in adolescents following low-dose ionizing radiation in utero."
日本に比べれば被曝量ははるかに低いですが、米国でも健康被害の影響が予測されています。以前は無害だと思われていた低線量被曝と、妊娠中に骨盤にレントゲンを受けた女性に生まれてきた子どもたち、原爆降下物に被曝したアメリカ人、原発作業員たちの高い疾病率とが関連付けられ、チェルノブイリの事故後に低線量被曝した子どもたちと高い白血病疾病率が関連付けられました。


Picture10_20120907163247.jpg


The Potential Dangers of Low-Dose Radiation
低レベル放射能に考えられる危険性


If the levels of radiation that reach the U.S. are, in fact, low, this may still pose a formidable threat to human health and the environment. In 2010, the United National Scientific Committee released a report on the effects of low-dose radiation, noting the following (the report uses the term 'low dose' to mean doses of radiation below 200 mGy – a computed tomography (CT) scan delivers about 10 mGy):
アメリカに到達した放射能のレベルが、実際に低いとしても、人間の健康と環境に恐るべき脅威を曝しているかもしれないのです。2010年に国連科学委員会が低線量の放射線の効果についての報告を発表しました。以下に記します。(文中の「低線量」とは200mGy以下を意味します。CTスキャンは約10mGyです。)

Measured Dose (Temporary Measurements) – gamma radiation or X-rays
1 R (roentgen) = 0.01 Gy = 0.01 Sv
のようです。全ての場合に当てはまる換算ではないようですが。。。だとすると。。。200ミリシーベルトが低線量???


•There is strong evidence of "statistically significant" elevations of risk of solid tumors and leukemia above doses of 100 – 200 milligray (mGy)
100-200mGy以上の線量で、固形腫瘍、白血病の高い危険性を示す統計学的に有意である強力な証拠がある。

•Findings of elevated incidence of circulatory disease in populations irradiated at high doses are raising some concern
高線量に放射能汚染されている住民における循環系疾患の高い発生率が見出されたことは、懸念を起こすものである。


•There is "increasing evidence" of radiation exposure leading to increased incidence of cataracts
放射線被曝から、白内障の事例が増えている証拠がある。


•Radiation exposure of the developing embryo or fetus during pregnancy can also contribute to the appearance of non-cancer diseases in children. In addition to the induction of congenital mal-formations, the central nervous system is particularly affected … Mainly on the basis of animal studies and some observations following high-dose exposures of pregnant women, the Committee considers that there is a threshold for these effects at about 100 mGy.
妊娠中に発育中の胚胎や胎児が被曝した場合も、子どもに癌性ではない疾病が現れる。先天的危険の誘発に加え、中枢神経系が特に影響を受ける。主に、動物の研究と、高線量を被曝した妊婦を観察したことに基づいて、委員会は100mGyにおいてこれらの影響のしきい値があるのだと考える。


•There is emerging evidence from recent epidemiological studies indicating elevated risks of non- cancer diseases below doses of 1 to 2 Gy, and in some cases much lower.
最近の疫学的研究から浮かび上がってきた証拠は、1から2Gy以下の癌以外の疾病の危険が高まったことを示した。いくつかのケースでは、ずっと低かった。

1000-2000mGyつまり1000-2000mSv。。。こんな証拠が何の役に立つというのでしょう。。。。つまり100以上の超高線量の場合は、癌にならず、他の病気になる症例が多い。。。と???言いたいのかなぁ。。。。


Although this report was released in 2010, scientists are just now going to review it to help assess the true effects of Fukushima. There is also a phenomenon known as the "bystander effect," which multiplies the dose and harm from radiation exposures. According to Dr. Mae-Wan Ho, cells that have not been exposed to radiation can be harmed by nearby cells that have. Writing for ISIS, Dr. Ho explains:14
この報告は2010年に発表されたのですが、科学者たちは今、それを福島の影響を査定するのに役立てるため、見直そうとしています。また、被曝量が何倍にもなり、有害である「バイスタンダー効果」として知られている現象があります。Mae-Wan Ho医師によると、放射線に曝されなかった細胞が、被曝した近くの細胞によって傷つけられるのだ、ということです。


120523170536.jpg


"…low dose radiation is all the more dangerous because it does not kill the targeted cell, but allows its influence to spread widely to adjacent cells, thus multiplying the radiation effect (about 100 fold) …a wide range of bystander effects in cells not directly exposed to ionizing radiation have been found, which are the same as or similar to those in the cells that were exposed, including cell death and chromosomal instability."
低線量被曝は、かえって危険なのです。ねらわれた細胞を破壊するのではなく、周りの細胞に幅広く広がり影響を与えることになるからです。このように何倍もの影響(約100倍)となり、直接放射線被曝していない細胞の広い範囲でバイスタンダード効果が見つかると、細胞が死んだり、染色体切断を含み、放射線被曝した細胞と同じか類似しているということになります。」



Currently, there is a considerable push to understand bystander effects, genomic instability, and adaptive response after radiation exposure in low doses… but it is now clear that bystander effects do occur and are a general phenomenon induced by all types of radiation.
現在、バイスタンダート効果、ゲノム不安定性、低被曝後の適応反応について理解する強い動きがありますが、今明らかなのは、バイスタンダード効果が起こり、それが、全てのタイプの放射線に誘発される一般的現象だということです。


What Can You do to Minimize Your Risks of Radiation Exposure?
放射能被曝の危険性を最小限にするために何ができるのか?


First and foremost, if you live in an area with elevated levels in drinking water, be sure you either find an alternative source of water – such as your nearest natural spring16 – or filter it with a high-quality filter. When it comes to radiation, reverse osmosis is effective at removing most particles from your water.
最初に、真っ先にできることは、高レベルに汚染されている飲料水のある地域に住んでいるのであれば、他の水を確保する、一番近いところにある自然の泉、あるいは高性能のフィルターを通した水のようなものです。放射能ということになると、逆浸透圧法が、水からほとんどの粒子を除去するのに有効です。

体に必要なミネラルも除去してしまうという欠点もあるので、サプルメントが必要になるようです。


If you're looking for strategies to help prevent damage caused by radiation exposure, researchers noted in the International Journal of Low Radiation that the most active molecular form of vitamin D – D3 (also known as calcitriol) – may offer protection against a variety of radiation-induced damages, including even those caused by background radiation or a low-level nuclear incident.
被曝からの被害を防ぐ戦力を探しているのであれば、低線量インターナショナルジャーナルで研究者が示しているように、ビタミンDの最も活発な分子であるD3(カルシトリオール としても知られてる)が放射線が誘発する様々な健康被害に対して防護してくれるであろう、ということです。バックグランドの放射線や、低レベルの原子力事故によるものも含まれます。


The protective mechanisms are so strong that researchers suggested vitamin D3 should be considered among the prime (if not the primary) non-pharmacological agents to protect against sub-lethal low radiation damage and, particularly, radiation-induced cancer.
防護メカニズムがとても強いので、研究者たちは、低線量の放射線の致死以下の健康被害、特に放射線が誘発する癌から防護するために、のビタミンD3が主要な、(そうでないにしても)非薬理的医薬品として考えられるべきだ、と主張しています。


Spirulina
スピルリナ


220px-Spirulina_tablets.jpg

Spirulina – a blue-green algae – might be another useful alternative to protect against the effects of radiation. Spirulina was actually used to treat children exposed to chronic low levels of radiation after the Chernobyl nuclear disaster.
青緑の藻類で、放射能の影響に対して防護するのに有効なもう一つの選択肢でしょう。スピルリナは、チェルノブイリ事故の後、低線量の放射線に慢性的に被曝している子どもたちの治療に使われました。


According to a scientific review of spirulina's benefits:18
科学者のスピルリナ効果の見直しによると、

"Up to very recently, the interest in Spirulina was mainly in its nutritive value. Currently, however, numerous people are looking into the possible therapeutic effects of Spirulina. Many pre-clinical studies and a few clinical studies suggest several therapeutic effects ranging from reduction of cholesterol and cancer to enhancing the immune system, increasing intestinal lactobacilli, reducing nephrotoxicity by heavy metals and drugs and radiation protection."
「ごく最近まで、スピルリナへの関心は主にその栄養価値にありました。しかし、最近になって、多くの人たちがスピルリナの治療的効果の可能性について調べています。多くの前臨床研究やいくつかの臨床研究は、コルステロールと癌を減少させ、免疫システムを高め、腸の乳酸菌を増やし、重金属やドラッグ、放射線防護による腎毒性を減少させる効果を提言しています。」


But what is it about this blue-green algae that gives it this radiation-protective capacity? Spirulina has a 16 percent phycocyanin content – a blue pigment that is attached to its photosynthetic membranes. Phycocyanin is also a nitrogen storage molecule. The nitrogen atoms can form a complex with heavy metals such as radioactive cesium and stronium, hence "cleansing" these radioactive metals from your body.
しかし、この青緑の藻が放射能防護の力を与えるというのは、どういうことなのでしょう?スピルリナは、16%の藍藻素(フィコシアニン )を含んでいます。それに付着している青い色素が光合成膜に付着しているのです。藍藻素はまた、窒素保管分子でもあります。窒素原子は、放射性セシウムやストロンチウムのような重金属と複合体を形作り、要するに、これらの放射性重金属をあなたの体から「洗浄」のです。



Turmeric
ウコン


Picture20_20120907163702.jpg

Turmeric contains a broad spectrum of water, fat and alcohol-soluble components, all of which may contribute to reducing damage associated with both external radiation and internalized radioisotope exposures. It accomplishes this primarily through reducing oxidative stress to cellular structures, particularly DNA.
ウコンは水の幅広いスペクトラムを含んでいる、太い、アルコールに溶ける構成要素です。それら全てが、外部被曝、内部被曝両方に付随する被害を減少させることに役立つでしょう。主に細胞構造、特にDNAに対する酸化ストレスを減少させることで効果を産みます。


Research demonstrates that it has significant radioprotective properties, and of particular importance in selecting a turmeric product is that it be certified organic to ensure it has not been gamma irradiated (ironic?) with radioactive cobalt-60 in the USDA-approved process known as "cold pasteurization." Conventional spices are commonly exposed to as high as 30 Kilograys of gamma radiation, or the equivalent of 990 million chest x-rays worth of radiation. The irradiation of herbs produces formic acid, formaldehyde and unique radiolytic byproducts with carcinogenic properties.
調査から、ウコンが著しい放射線防護の特性を持ち、特に重要なのは、「低温殺菌」として知られる、USDAが認可しているプロセスで、ウコンの産物が放射性コバルト60と共に、ガンマ放射線を含んでいないことを確認するため、証明された有機体であると選ばれたことです。因習的なスパイスは、一般的に30キログレイ、あるいは、9億9900万の胸部レントゲンに値するのガンマ放射線を発しています。ハーブの照射は、蟻酸、ホルムアルデヒド、発癌の特性を持つ放射性副産物を生み出します。




Whey
乳清


180px-Whey.jpg

I interviewed Ori Hofmekler for an alternative viewpoint with regard to how you can decrease the risk to your health from radiation. Ori makes some compelling arguments for the use of a high-quality whey protein concentrate to help protect against absorbing radioactive minerals.
放射能から健康への危険を減らすのにどうすればよいのか、ということについての他の見解を聞くため、Ori Hofmeklerにインタビューしました。 Oriは、高品質の乳清の濃縮液を使用が、放射性ミネラル吸収することから防護するのに役立つのだと、説得力のある議論をします。


One of the reasons for using sweet whey is because whey protein contains all the precursors that help your body produce glutathione, which is one of the best ways to detoxify these toxins. The other reason is it's the highest source of all minerals and trace minerals that exist in nature. It has every possible mineral and trace elements – including organic sodium – that your body needs in the most bioactive form.
甘い乳清を使用する1つの理由は、乳清淡白が、体内でグルタチオンを生成するのを助けるすべての前駆物質を含んでいるからです。グルタチオンは、これらの毒素を解毒する、最良の方法の一つです。 もう一つの理由は、全てのミネラルと自然界に存在する微量金属-オーガニックナトリウムを含む- を最も多く摂れるからです。


Other Herbs and Supplements
その他のハーブとサプルメント


In general, the following foods, herbs and supplements may also help support your overall health in the event of radiation exposure:
一般的に、以下の食物、ハーブ、サプルメントは、放射線被曝時の健康全般にもよいとされています。


Picture6_20120907163247.jpg






ペクチンと同様、

リラックスできる音楽などを聴きながら、

自分がこれだ!と直感したサプルメントをゆったりと飲んで、

体内が浄化されるイメージを描いてみましょう!!


きっと、効果倍増です




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/912-0139fe23

コメント
Akiちゃんも、Spiritual 入って来たね。 でも、リラックスと、『大丈夫』 という、芯、真、からの、思い込みは、実は、効きますです。
【2012/09/09 09:27】 | Meiko #- | [edit]
最近良く言われるSpiritualかどうかは分かりませんが、科学的にも統計的にも証明されているし、些細なレベルで実際に経験しているので。笑
希望を託したい必死の願いでもあるかも。。。
【2012/09/10 17:27】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。