スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

世界に広がる放射能の脅威と予防(前)

 2012-09-05
アメリカの主要メディアが報じない食に関するオンラインニュースを提供している

imagesCAR4UG19.jpg より。


Radiation from Fukushima
福島からの放射能


Editor's note: The most effective supplements to prevent damage induced by radiation may be vitamin C, according to a Japanese study. Fukushima nuclear disaster is not the only thing Americans need to be worried about. As many as 14 states have been polluted by the nuclear tests conducted in the U.S. in 50's, according to some reports. The clean states are only those in the West like Oregon, California, and maybe Washington as well.
編集者メモ:
日本の研究によると、放射能により引き起こされる損傷を防ぐ最も効果的なサプルメントは、おそらくビタミンCだろうとのこと。福島の惨事は、アメリカ人が懸念すべきたった一つのことではありません。いくつかの報告によると、14の州が50年代に行われた核実験で汚染されています。きれいな州は、オレゴン、カリフォルニア、おそらくワシントン州だけかもしれません。




By Dr. Mercola

On March 11, 2011, a powerful earthquake and tsunami rocked Japan, and fatally crippled TEPCO's Fukushima nuclear power plant.
2011年3月11日に、強力な地震と津波が日本を揺さぶり、東電の福島原子力発電所を致命的に麻痺させました。


Exactly how much radiation has poured out, contaminating not only cleanup crews but also residents in surrounding areas, remains unclear, as does the risk posed to the rest of the world from nuclear fallout.
正確に放射能がどのくらい噴出したのか、除染作業員たちだけでなく、周辺地域の住民をどれだけ汚染したのかは、未だに不明です。放射能の降下物で、日本以外の世界がどれだけ危険に曝されているのかも不明です。


One thing is clear: this disaster is far from over… and emerging evidence suggests the impacts may be far worse than we are being led to believe.
1つだけ明らかのことがあります。この惨事が収束からは程遠いということです。そして、浮かび上がってくる証拠は、その影響が、わたしたちが信じ込まされてきたことよりはるかに悪いかもしれないことを示唆しています。


[Radiation Levels at Fukushima Now at Record Highs]
福島の放射能レベルは今最高記録


It's been over 1 year since the damage occurred, but it's just now being reported that samples from the basement of reactor number 1 revealed radiation levels that reached up to 10,300 millisievert (mSv) an hour, which is enough to make a person sick within minutes, and kill them shortly thereafter. To put this in perspective, the workers at this site reach their annual allowed radiation dose in 20 seconds.1
損傷が起こってから1年以上が立っていますが、1号機の地下のサンプルの放射能レベルが、毎時10,300ミリシーベルトまで達していたことが明らかになりました。それは、人間が数分で病気になり、その後すぐに死んでしまうというレベルです。それを考えると、現場の作業員は、20秒で年間許容被曝量に達してしまうことになります。


Needless to say, workers cannot go anywhere near the site, so robots must be used, and it's estimated that complete demolition of the plant will take four decades and require new cleanup technologies to be completed.
言うまでもなく、作業員は、現場近くのどこへも行けません。ロボットを使わなければならず、原発の取り壊しを終えるのに40年かかると推測され、新しい除染技術が必要となるでしょう。


Adding to the already precarious situation, another of the reactor buildings – which houses 1,331 spent and 204 unused nuclear fuel assemblies, each of which contains approximately 50-70 nuclear rods – is now tilting and the walls are bulging outward. If another earthquake occurs or the building collapses, large amounts of radiation could be released into the environment.
既に当てにならない状況に加え、もう一つの原子炉建屋は-1331本の使用済み燃料、204本のまだ使用していない核燃料集合体が収められいて、それぞれに約50-70の放射能燃料棒が収容されています。それが傾き、壁が外に膨らんでいます。もし地震が起こったり、建物が崩壊すれば、大量の放射能が環境に放出されるのです。


Obviously, the situation is still incredibly volatile, so it is a mystery why the U.S. Environmental Protection Agency (EPA) only conducted accelerated sampling from March to June 2011. When their tests reportedly showed that the radiation levels remained "well below any level of public health concern and were consistently declining," they switched back to their routine radiation monitoring.
明らかに、状況は信じがたいほどに不安定です。なので、なぜアメリカの環境保護庁がサンプリングを加速させたのが、2011年の3月から6月だけだったのかが謎です。報告によれば、彼らの検査は、その放射能レベルが「公衆の健康に心配なレベルより十分低く、常に減少している」と示しました。そして、通常の放射能モニタリングに切り替えたのです。


Picture1_20120906114845.jpg


But according to a report from the Congressional Research Service, radiation-contaminated debris from Japan may take up to three years before it reaches the U.S. West Coast:4
しかし、議会のリサーチサービスからの報告によると、放射能で汚染された日本からの瓦礫がアメリカの西海岸に到着するのに3年ほどだろうとのことです。



"Based on computer modeling of ocean currents, debris from the tsunami produced by the Tohoku earthquake was projected to spread eastward from Japan in the North Pacific Subtropical Gyre. Approximately two to three years after the event, the debris plume likely will reach the U.S. West Coast, dumping debris on California beaches and the beaches of British Columbia, Alaska, and Baja California.
「コンピューターの海流モデルによると、東北地震が生み出した津波からの瓦礫は、日本から東へ、北太平洋亜熱帯旋廻へ広がると予測されています。災害から約2~3年で、瓦礫の島は、アメリカ西海岸に到達し、カリフォルニアとBC、アラスカ、バハ・カリフォルニアの海岸に打ち寄せるでしょう。


Although much of the radioactive release from Fukushima Dai-ichi is believed to have occurred after the tsunami, there is the possibility that some of the tsunami debris might also be contaminated with radiation."
福島第一からの放出された多くの放射性物質は津波の後に発生したと考えられていますが、津波瓦礫のいくらかが放射能で汚染されている可能性もあります。」



They point out that although the ocean currents have a slow flow, there is still a threat posed because radioactive contaminants are incredibly persistent in the environment:
彼らは、海流の流れがゆっくりしているけれど、放射能汚染は環境中において信じがたいほどに執拗であるため、その危険がまだあるのだと指摘します。



"Although these currents have the potential for bringing radiation from Japan's Fukushima Dai- ichi nuclear accident to U.S. waters, their flow is slow, and no radiation above background levels has yet been detected in marine waters under U.S. jurisdiction. Regardless of the slow flow, radioactive contaminants with long half-lives (e.g., cesium-137, with a half-life of about 30 years) could still pose concerns if transported over long distances by ocean currents."
「これらの海流は、日本の福島第一原発事故から、放射能をアメリカの海水へ運んでくる可能性があるけれど、その流れはゆっくりであり、米国管轄地域の海水から、バックグランドよりも高い放射能はまだ検出されていません。流れがゆっくりであるにしろ、半減期の長いもの(例えば、セシウム137は半減期が約30年)は、海流により長距離を移動してくるという懸念が残っているのです。」



Strangely, in the report they make mention of managing arriving debris in order to return items of potential personal, symbolic and cultural value, but do not discuss the radiation implications…
奇妙なことに、その報告で、私物である可能性のあるもの、象徴的、文化的価値のあるものを返却するために、流れ着いた瓦礫を管理することに言及していますが、放射能については触れていません。


Case in point, 15 bluefin tuna caught near San Diego, California in August 2011 were found to contain Fukushima-derived radiation, including caesium-137 and caesium-134, at levels 10 times higher than those detected in previous years. The researchers noted:5
その適例は、カリフォルニア州サンディエゴ近くで2011年8月に獲れたクロマグロ15匹に、福島由来の放射能を含んでいることが発見されたことです。セシウム137と134を含み、前年の10倍の放射能レベルを検出しました。研究員は次のように述べています。


pnas_1204859109fig01.jpg



"These findings indicate that Pacific bluefin tuna can rapidly transport radionuclides from a point source in Japan to distant ecoregions and demonstrate the importance of migratory animals as transport vectors of radionuclides. Other large, highly migratory marine animals make extensive use of waters around Japan, and these animals may also be transport vectors of Fukushima-derived radionuclides to distant regions of the North and South Pacific Oceans."
「これらの発見は、太平洋のクロマグロが日本の発生源地点から遠く離れた生態海域へ、放射性核種を迅速に運んだことを示唆し、放射性核種の媒体としての回遊動物の重要性を論証しました。他の、大きく、回遊する海洋動物は、日本周辺の水を広範囲に渡り利用し、福島由来の放射性核種を北太平洋、南太平洋の遠くの地域まで運ぶ媒体のもなるかもしれないのです。


Is Fukushima Worse Than Chernobyl?
福島はチェルノブイリよりも深刻?


When the Chernobyl reactor melted down in 1986, approximately 134 plant workers and firefighters were exposed to high doses of radiation – 800 to 16,000 mSv – and developed acute radiation sickness. Of those 134 workers, 28 died within 3 months of exposure.
1986年にチェルノブイリの原子炉がメルトダウンしたとき、約134名の原発作業員と消防士たちが高線量の放射線に被曝しました。-800-16,000ミリシーベルトです-そして、急性被曝症を発病したのです。これらの134名の作業員たちのうち28名が被曝から3ヶ月以内に死亡しました。


In total, more than 160,000 children and 146,000 cleanup workers became victims of radiation poisoning as a result of living and working in that radiotoxic environment, raising the incidence of birth defects, leukemia, anemia, cancers, thyroid disease, liver and bone marrow degeneration, and overall severely compromised immune systems.
合計、16万人の子供たちと、14万6000人の除染作業員が、放射能の毒の環境下に暮らし、働いた結果としてその犠牲となり、先天性異常、白血病、貧血症、癌、甲状腺疾病、肝臓・骨髄変質のケースが増え、全体的に免疫システムを深刻に傷つけました。


These, however, are only estimates, and according to some data, Chernobyl deaths may actually top 1 million. Fukushima is the largest nuclear disaster since, but there are many similarities popping up. For one, as the Institute of Science in Society (ISIS) points out:7
しかしながら、これらは推測に過ぎず、いくつかのデータによると、チェルノブイリからの死は、実際には百万人を上回るかもしれないとしています。福島はそれ以来の最大のものですが、多くの類似点が浮かび上がっています。その1つを、科学研究協会(ISIS)が指摘しています。

Death-camp-promote.jpg


"From the beginning, the official nuclear safety experts were at pains to minimize the projected health impacts, as they are doing now for the Fukushima accident."
「最初から、原子力安全専門家たちは、予測される健康被害を必死に過小評価していました。今は、福島事故で同じことをしています。」



According to ISIS, with Chernobyl, they underestimated related deaths by:
ISISによると、チェルノブイリでは、被曝に関連のある死亡ケースを以下のように過小評価しました。


•Underestimating the level of radiation by averaging exposure over a large region, such as an entire country, so high exposure doses and health statistics of the most contaminated areas are lumped together with the less and least exposed
国全体のような広範囲の地域を通しての平均被曝により、放射線レベルを過小評価した。故に高線量と最も汚染されている地域と健康状態の統計が、より低いところと、最も低い被曝量と所と一緒にされた。


•Ignoring internal sources of radiation due to inhalation and ingestion of radioactive material from fallout
放射性物質の吸入、摂取による内部被曝を無視した。


•Using an obsolete and erroneous model of linear energy transfer due to external sources of ionizing radiation
放射線の外部被曝について、エネルギー伝達直線の、時代遅れで誤ったモデルを使用した。


•Not counting diseases and conditions other than cancers
癌以外の疾病や症状を数に入れなかった。


•Overestimating the natural background radiation; today's "background" has been greatly increased by discharges from nuclear activities including tests of nuclear weapons, use of depleted uranium, and uranium mining
自然放射線を過大評価した。今日のバックグンド線量は、核兵器実験、原子力活動、不完全なウラン使用、ウラン発掘を含む原子力活動からの放出により、大幅に上昇している。


•Suppressing and withholding information from the public
情報の抑圧と自制。



Writing in Forbes, Jeff McMahon also pointed out what appear to be strategies to minimize public perceptions of the real risks of the Fukushima radiation:
ジェフ・McMahonが、Forbes紙の中で、福島の放射能の本来の危険についての人々の視点を最小限にするための戦略で何が明らかなのかを指摘しました。


"Covering the story, I watched the government pursue what appeared to be two strategies to minimize public alarm:
「隠蔽。わたしは、人々の警戒心を最小限にするために政府が突き進んでいる2つの戦略が露わになったのを見た。


•It framed the data with reassurances like this oft-repeated sentence from the EPA: 'The level detected is far below a level of public health concern.' The question, of course, is whose concern.
頻繁に繰り返されるEPAの言葉のように、人々を安心させるデータを工夫する。「検出されたレベルは、健康に対して懸念されるレベルよりはるかに低いものです。」もちろん、問題は、誰の懸念か、ということである。


•The EPA seemed to be timing its data releases to avoid media coverage. It released its most alarming data set late on a Friday – data that showed radioactive fallout in the drinking water of more than a dozen U.S. cities."
EPAはメディアで流すデータのタイミングをはかっていた。最も警戒を要するデータは、金曜日の夜遅くに流した。アメリカの12以上の都市での飲料水への放射性降下物を示すようなデータのこと。」


Picture2_20120906144235.jpg


And again, while downplaying the risks of contaminated U.S. seafood, the Congressional Research Service goes into great detail on the magnitude of radiation that entered the ocean water following the disaster:
そしてまた、アメリカの海産物の危険性について、問題を小さく見せようとする中、議会のリサーチサービスは、災害に続いて海に入り込んだ放射能の規模について、かなり詳細に渡り追求しました。



"Seawater was monitored by the Tokyo Electric Power Company (TEPCO) near the discharge points of the Fukushima Dai-ichi plant following the March 2011 events. Water with a dose rate of greater than 1,000 millisievert per hour was confirmed by TEPCO on April 2, 2011, in a pit located next to Fukushima Dai-ichi's Unit 2 seawater inlet point.
「2011年の事故の後、福島第一原発の放射能放出地点近くの海水は、東電によりモニタリングされていました。その量は、入り江地点の2号機の隣に位置するクボミ内の海水で、毎時1000ミリシーベルト以上だと、2011年4月2日に東電により確認されました。


A cracked sidewall of this pit was leaking water from the pit directly into the ocean. Analyses of seawater taken from near the discharge from Fukushima Dai-ichi Units 1-4 yielded readings of 130,000 Becquerels/liter (Bq/l) of iodine-131 (half-life of about 8 days), 32,000 Bq/l of cesium-137 (half-life of about 30 years), and 31,000 Bq/l of cesium-134 (half-life of about 2 years).
このクボミの割れた側壁から、漏洩した水が直接海に流れ込んでいます。福島第一1号機-4号機からの放出されている付近で採った海水の分析から、1リットル(1kg)あたり13万ベクレルのヨウ素(半減期約8日)、3万2000ベクレルのセシウム137(半減期約30年)、そして3万1000ベクレルのセシウム134(半減期約2年)が測定されました。


…Experts cite this incident as the largest recorded accidental release of radiation to the ocean.
 専門家は、この事象が、海に放出された放射能の最大の記録としています。


…It is unknown whether marine organisms that migrate through or near Japanese waters to locations where they might subsequently be harvested by U.S. fishermen (possibly some albacore tuna or salmon in the North Pacific) might have been exposed to radiation in or near Japanese waters, or might have consumed prey that had accumulated radioactive contaminants."
 日本の海の近くを回遊する海洋生物が、後にアメリカの海域で、漁師により収穫され(可能性のあるのは、北太平洋のビンショウマグロや鮭)、日本の海やその近くで被曝したかもしれない、あるいは、放射能汚染が蓄積された餌食を食べたかもしれないかどうかについては、知られていません。



つづく。。。


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/911-6e98c77d

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/09/06 10:29】 | # | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。