スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

国際赤十字特派員、福島の記録2

 2012-08-29
事故から1年後の日誌です。


Japan anniversary – Diary 5 – Finding hope amid worry in Fukushima
日本一周年-福島の不安の中で希望を見つける


Published: 5 March 2012 10:00 CET
Francis Markus, in Yabuki Town


Teru Yamada is in a cheerful mood when I visit her in her temporary house for the first time since last August.
ヤマダ・テルさんは、わたしが去年の8月以来始めて仮設住宅に訪れたとき、明るい様子でした。


p-JPN0518.jpg



The 78-year-old grandmother has been keeping herself busy by making little elephants out of towelling, under a project set up by a local non-profit group. To the Japanese, the animals bear a connotation of ‘never giving up’, she explains.
78歳の老女は、地元のNPOが立ち上げたプロジェクトのために、タオルで小さな像を作るのに忙しくしていました。日本人にとって、動物は、「決してあきらめない」という意味を含んでいるのだ、と彼女は説明しました。


“Making these things keeps me busy and makes me feel much better.”
「こんなことをして忙しくしていると、気持が和らぐのです。」


Mrs Yamada has had her ups and downs, it seems. In October, she, along with her daughter and grandson, went on their second visit back to their home inside the 20km exclusion zone around the Fukushima Daiichi nuclear plant, from where they were evacuated to this temporary housing settlement.
ヤマダさんの気持は高まったり、沈んだりしているようです。8月に娘と孫と共に、福島第一原発付近20km以内の自宅へ2度目の帰宅をしました。そこから、この仮設住宅に避難しているのです。


“I felt disappointed,” she says. The grass had grown so long around the family home that it threatened to scratch her grandson’s car and the family were warned not to touch it because of radioactivity. “The herd of cows nearby was running wild and it was very sad to see them.”
「失望を感じました。」と彼女は言います。草はとても長く伸び、孫の車を傷つけていますが、放射能汚染のため、触らないように警告されています。「近くの牛の群れが野性的に走っていて、それを見ると、とても悲しくなりました。」


The visit had an emotional, and physical, impact on Mrs. Yamada. “I fell ill with a cold which lasted for a month, and I suffered from a skin rash,” she says.
その訪問は、ヤマダさんの気持と肉体に影響を与えました。「風邪をひいて、1ヶ月長引きました。発疹にも悩まされました。」と言います。


p-JPN0516.jpg


She says she will not go again, even if her grandson and daughter go in March.
彼女は、孫と娘が3月に行くとしても、自分はもう行かないと言います。


We continue talking about the effects the nuclear disaster has had, and how unprepared people were when it happened.
わたしたちは、放射能災害がもたらした影響について話し続けました。事故が起こったとき、どれだけ人々が準備していなかったのかについて。


“I was ten years old when the Fukushima Daiichi plant was built, back in the 70’s when nuclear power was not all that widespread,” says her daughter.
「福島第一原発が建てられたとき、わたしは10歳でした。70年代で、原子力がそれほど広まっていませんでした。」とヤナダさんの娘は話します。


At that time, children in the area we not given much information about living near a nuclear power plant. “The teacher said if anything happens, we should go and stand in the playground and we would be given pink pills.”
あの時、その地域の子どもたちは、原子力発電所の近くに暮らすことについての情報をあまり教えてもらっていませんでした。「先生は、何か起これば、公園に行き、立っていれば、ピンクの錠剤をもらえる、と言っていました。」


After a while, despite Mrs Yamada’s initial cheerfulness, the emotional strain begins to show and she breaks down in tears.
しばらくして、ヤマダさんの初めの嬉しそうな様子にも関わらず、気持が緊張し始め涙を流し始めました。


Although the family’s basic needs are being met in the temporary housing, with for example a package of household electrical appliances provided by the Japanese Red Cross Society, she misses the life she established in her home village, near the doomed nuclear plant. She also misses her husband, who passed away a few months before the disaster. “I was born there and married someone from only 4km away. I spent my whole life there,” she says.
日本赤十字から提供のあった家電セットなど、仮設住宅での基本的に必要なものには満たされていても、彼女は、不運の原発近くの故郷で積み上げてきた自分の生活が恋しいのです。災害の数ヶ月前になくなった夫のことも寂しく思っています。「わたしはあそこで生まれ、たった4kmだけ離れたところの人と結婚しました。全人生をそこで過ごしました。」と彼女は話しました。


Her sadness, however, comes and goes. Her daughter is philosophical. “Sometimes I tell myself that I must stop thinking of myself as a disaster survivor or victim.”
しかしながら、彼女の悲しみは、襲ってきたり、去ったりします。彼女の娘は哲学者のようです。「時々わたしは、自分のことを、災害の残存者だとか犠牲者だとか思うのをやめなければならないのだと、自分に言い聞かせています。」


This carries the conversation back once again into more positive territory. Mrs Yamada looks forward to an event gathering together all the makers of the towelling elephants.
それは、会話をもう一度前向きな領域へと引き戻します。ヤマダさんはタオルの像を作っているみんなと一緒に集まるイベントを楽しみにしています。


The local social worker is keen that we should tell the international community about life in Fukushima. As well as sadness, people here also feel anger. We plan to come back with a video cameraman to interview Mrs. Yamada and her daughter.
地元のソシアルワーカーは、福島の生活について、国際社会に放すべきだと痛烈に感じています。悲しさと共に、人々は怒りも感じているのです。わたしたちは、ビデオカメラを持って、ヤマダさんと娘さんをインタビューする予定です。


They are happy to agree to be filmed, and I feel glad that we’re going to see them again a third time. Although I’m sure it’s good for Mrs. Yamada to express her feelings of loss and grief, I still can’t help hoping that the elephants manage to keep her cheerful more of the time.
彼女たちは、ビデオに撮られるのを快く同意してくれました。そして、わたしは、彼女たちにまた、3回目の再開ができることを嬉しく感じます。ヤマダさんが自分の失ったものや悲しいという気持を伝えることは良いことだと思いますが、わたしは、その像が、もっと彼女を明るいきもちにさせていて欲しいと願わずにはいられません。


p-JPN0517.jpg






English



日本語



フクシマボイスより
ある医療従事者からの報告
ある医療従事者からの報告 2 (抜粋)

From Fukushima Voice

私の職場は、原発からの避難者で爆発前から11日夜から対応していました。私は医療関係者です。
I am a medical care provider. At my workplace we began taking care of patients from the evacuation zone from Fukushima Daiichi nuclear power plant in the evening of March 11, 2011.


双葉町からの避難者が、11日からどんどん増えました。
On March 11, 2011, we began to have more and more evacuees from Futaba-machi.


当事、避難者を「スクリーニング」検査をして 線量の高い人で 除染 した人はいなかったとマスコミでは言いましたが着ている物も持ち物全て廃棄し、除染(シャワー)し、新たにその時に購入した人達がいました。体制が間に合わずスクリーニングしないて避難してきた人もいました。防護服の自衛隊員が、老人を抱き抱えて病院に置いて行きますがスクリーニングは受けていません。
At the time, the media reported that nobody needed decontamination for high radiation levels after evacuees were “screened.” However, some evacuees had already discarded all the clothing and belongings, decontaminated (showered), and had brand-new clothes on. There were some who evacuated without screening examination because the system wasn’t available. There were some elderly evacuees who were carried to the hospital by Self-Defense Force soldiers in protective clothing. They did not go through screening.


私達は被曝医療のマニュアルもない、指導もない中 入院と外来を受け入れました。ですが、医大は重傷者のみしか受け入れず(実質避難者受け入れ拒否)、赤十字医療チームも「被曝者は診ないよう本部から指導されている」と言いました。
We accepted both inpatients and outpatients without any manual or instruction for medical care for radiation exposure. However, Fukushima University Medical School Hospital only accepted the seriously injured (essentially refusing to accept evacuees) and the Red Cross medical team said “we were told by the headquarters not to provide medical care for those exposed to radiation.”


以後 3日在中しましたが赤十字医療チームは何も診ず他県に行きました。
They stayed for three days, but the Red Cross medical team went to another prefecture without seeing any patients.


.........


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/906-d5e3c163

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。