スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

世の終わりの苦悩と出発

 2012-08-26
abc_australia_logo.jpg


Visiting the end of the world
世の終わりを訪れる


24 August 2012

While visiting Tokyo and Fukushima, Greens Scott Ludlam witnessed both the devastation of nuclear energy and a mood for change among the Japanese people.
東京、福島への訪問中、グリーン党のLudlam上院議員(オーストラリア)は、原子力エネルギーの惨状と、日本の人々の変化を目撃しました。


The rice paddy on the edge of Iitate village is 30km back from the coast, framed by steep forested hills, and we stop here briefly because the scene is so strangely heraldic.
飯舘村の端にある田んぼは、海岸から30kmのところにあり、森林の険しい丘陵に縁取られています。あまりにも奇妙な紋章のような景色に少し立ち止まりました。


At first glance, this looks like any other rural Japanese town in late summer, but it isn't any more. The precise geometries of the fields are softened with neglect and waist-high weeds. Two empty police cars sit out front of the vacant community hall. A work team of several dozen men in white masks and overalls tends a slow assemblage of earthmoving equipment out in the field - but this isn't agriculture.
一目見たところ他の日本の田舎の町の晩夏のようですが、もはやそうではありません。その精密な幾何学模様の農場は、手入れがされず、腰まで伸びた雑草で柔らいでいました。2台の空っぽのパトカーが、誰もいないコニュニティーホールの前に横たわっていました。野原では、何十人かの作業員チームが白いマスクとオーバーオールを着て、土を運搬する機器のゆっくりとした収集作業に従事しています。しかし、それは農業ではありません。


Iitate village is dead, evacuated after the wind swung to the north-west in the days following the tsunami that smashed hundreds of kilometres of Tohoku coastline into oblivion.
飯舘村は死んでいます。何百キロもの東北海岸線を忘却へと紛糾した津波に続き、数日間に北西に吹いた風の後で立ち退かされたのです。


The workers today are harvesting caesium-137, which has a half-life of 30 years. They're carefully stripping the top 50cm of soil from the abandoned field, dumping it in neat windrows wrapped in blue plastic.
今日、作業員たちは、半減期が30年のセシウム137を収穫しています。注意深く田畑の表面から50cmの土を取り除き、青いビニールに包まれたきっちりした窓形に積まれます。


ludlam-425-in-the-field-data.jpg


Our counters silently log a gamma dose of about 3.7 μSv per hour, 13 times the normal background level. Radiocaesium is found only in the wake of bomb fallout or downwind of failed nuclear reactors. Broken uranium atoms from Kakadu and central South Australia, fissioned under a hail of exquisitely tuned neutron bombardment into uneven fragments of iodine, strontium, xenon. It is everywhere now, invisible, sucked into the pores of the soil itself.
測定器は、静かに約3.7マイクロSvのガンマ線を計測します。通常の空間線量の13倍です。放射性セシウムは、原爆投下か、原子炉の事故の風下にのみ発見されるものです。カカドゥと南中央オーストラリアからの壊れたウラン原子が、絶妙に調整された中性子衝撃の雨のもと、ヨウ素、ストロンチウム、キセノンというむらのある断片へと分裂したのです。それは今ではあたり中にあります。目に見えず、土壌そのものの気孔への吸い込まれたのです。


At a lonely intersection gone weedy and planted with warning signs, we record 9.2 μSv/hr in the undergrowth. In the days after the disaster, with three reactor cores exposed to the air, levels within the plant spiked 100,000 times higher. Workers in close proximity suffered lifetime radiation doses in a few hours.
雑草で覆われ、警告の看板が植えられた人気のない交差点の藪の中は、9.2マイクロSv/時です。惨事の後、3つの炉心が大気に曝され、発電所内のレベルは、10万倍に跳ね上がりました。近くにいた作業員は、数時間の間に、生涯の被曝量に被曝しました


In Minamisoma, a coastal city 20 km to the north of the wrecked Fukushima complex, they're getting their park back this morning. For seventeen months kids have been unable to play outside, and the locals are balancing the risks of radiation with the risks of physical inactivity, vitamin D deficiency and depression.
崩壊した福島総合施設の北20kmの海岸にある南相馬市では、今朝、公園が使えるようになりました。17ヶ月間、子どもたちは外で遊べず、地元の人々は、放射線のリスクと、運動不足、ビタミンD不足とうつ病のリスクの狭間にいます


The city has put the machinery we saw in the dead village to work here at Takami Koen, stripping the topsoil, sealing it into a plastic cocoon, and covering the mound with uncontaminated earth. The community has backed this effort with its own independent radiation monitoring, confident now that the park is their own again. The six-year-old child bounding up the slope of the mound doesn't know he's chasing his ball up the side of a small radioactive waste dump, and there is something compelling about the resumption of normality in a landscape so dramatically altered.
南相馬市は、死の村で見た機械をここ、たまき公園で使っています。表土を取り除き、ビニールの繭に密閉し、汚染されていない土を上から覆いかけます。地元社会はこの取り組みを、自らの独立した放射線モニタリングで実証し、今では、その公園がまた自分たちの手に戻ったと自信があります。6歳の子どもが、小さな放射性廃棄物のあるところとは知らずに、ボールを追いかけて盛り上がった坂を飛びあがり、そこには、平常の回復を強いるという、あまりにも劇的に異常な風景があります




---

The foul smelling water seeping out of the ground saves Mrs Murakami's life. At 14:46, the great Tohoku earthquake struck 70km to the north-east of their Ryokan at Tsurushi, the traditional Japanese inn that she runs with her husband. The whole island of Honshu has just been shunted 2.4m to the east.
土からしみ出てくる悪臭を放つ水が、ムラカミさんの生活を救いました。午後4時46分。彼女と夫が経営していた、ツルシの伝統的な旅館の北東70kmを、東北大震災が襲いました。本州の島全体が2.4km東にずれたのです。


As the ground heaves with bruising aftershocks, the black water bubbling up recalls a dim childhood memory and she grabs her husband, demanding they get in the car and get out. Following a brief, blazing argument, they make their way up the road.
打撃を与える余震に地面が持ち上がると、黒い水が泡を立て、それは子どものころの記憶を呼び起こしました。彼女は夫の手を握り、車に乗り、外に出るように頼みました。短い、激しい口論の後、2人は道路へ出たのです。


A short time later, a 17.5 metre wall of water obliterates their world, killing everyone who remains: 19,000 dead, without warning, for no reason whatsoever.
少し後、17.5mの水の壁が、世界を跡形もなく消し去りました。残っていた全ての命を奪ったのです。1万9000人の人が何の警告も、何の理由もなしに死にました。


This story is told to us with wry sidelong glances at the memory of the domestic dispute that saved their lives, in a neat cubefarm in Shinchimachi city not far from the coast. They have rebuilt a traditional Japanese community of reciprocity and care while they await a small allotment of land and some money to rebuild their homes.
この話は、海岸から遠くない新地町市にある綺麗に区画された農場で、彼らの命を救った皮肉な夫婦喧嘩の記憶を横目にわたしたちに語られました。小さな土地の区画と配分と家を再建するお金を待っている間、彼らは互恵主義の伝統的日本コミュニティ-を再建しました。


On the coastal plain 15km south of where the Ryokan once was, the afterimage of the tsunami still hangs in the air. Odaka was inside the 20km exclusion zone until this April, and the reconstruction effort a dozen kilometres to the north has not begun here.
以前旅館があったところから15km南の海岸沿いの平地に、津波の残像が漂っています。小高は4月まで20km立ち入り禁止地区で、12km北では復興の取り組みがまだ始まっていません。


Apart from the height of the weeds, it appears this incomprehensibly vast destruction occurred only yesterday. Cars lie crushed like tinfoil toys smashed at the hands of giant, vengeful children. The suburbs have been levelled as though with a laser, leaving only a concrete cuneiform of empty foundations. Here and there a stand of broken houses cluster on higher ground, or sit alone in ruins on the floodplain. The GPS unit on the dashboard is politely informing our driver to take turns into roads that no longer exist.
雑草の高さとは別に、不可解なほどにこの膨大な破壊がたった昨日起こったことのようです。車は、大きな、執念深い子どもに握りつぶされたアルミのおもちゃのように押し潰され横たわっています。郊外はレーザーで平らにされ、コンクリートのくさび形のコンクリートの基礎だけが残っています。あちこちに、崩壊した家が小高いところに群がり、あるいは、氾濫原の廃墟にポツンと立っています。ダッシュボードのGPSが親切にも、もはや存在しない道へと曲がるように運転手に伝えています。


ludlam---car-wreck-data.jpg



We come across a twisted hatchback by the side of the road, a padded baby seat in the back. A rag flutters at the end of a length of bamboo, and a candle sits in the cradle of the shattered windscreen.
わたしたちは、道路の脇のねじれたハッチバックのそばを通りがかりました。クッション付の赤ちゃんシートが後部座席にあります。ボロ布が竹の端ではためいています。ろうそくが、粉々になったフロントガラスの受け台に立っています。


4220962-16x9-340x191.jpg


The flag indicates someone was found in the vehicle, our guide tells us quietly. Standing here as the light fades from the landscape, 10,000m from the still-smouldering shell of a wrecked nuclear power plant, words from earlier in the day come to the surface: "Here is the end of the world."
旗が、その車の中で誰かが発見されたことを示しているのだと、ガイドが静かに教えてくれました。光があたりから薄れていくなか、破壊された原発のまだくすぶっている骨組みから1万mのところのここに立っていると、その日の初めのころの言葉が浮かび上がります。「ここが世の終わりだ。」


15:42, March 11, 2011. The wave height at Fukushima Daiichi is 14 metres. Tens of millions of tonnes of water topple over the 5.7m seawall and inundate a reactor complex already severely compromised by the immense force of the earthquake. Debris-laden seawater cascades through the site and the backup generators go down. Two of the operators are killed in the impact; the rest of them are on their own, and will have to manage the emergency without power for more than a week.
3月11日、午後3時42分。福島第一原発の波の高さは14mでした。何千万トンもの水が、5.7mの防波堤に流れ込み、既に強烈な力の地震で傷ついていた原子炉施設を浸水させました。瓦礫の浮かんだ海水が現場に滝のように流れ込み、バックアップ発電機がやられました。2人の操作員がその衝撃で死亡しました。他のものは自力で1週間以上、電力なしで緊急事態を切り抜けました。


As designed, the three operating units scrammed an hour scrammed earlier; shut down immediately on detection of the earthquake. Now heat is the enemy; with the reactor cooling systems powered down, the decay heat of the fission reactions begins to melt the fuel assemblies.
設計どおりに、3つの稼動原子炉は緊急停止1時間前に、停止していました。地震を検知してすぐに止まったのです。そうすると、熱が敵です。冷却システムの電力が失われ、核分裂反応の崩壊熱が燃料集合体を溶かし始めました。


Zirconium in the fuel-cladding reacts with the water cooking off inside the pressure vessels, forming a build-up of explosive hydrogen gas. Horrifying and iconic, the images will shortly beam around the planet: the outer containment buildings of four nuclear reactors blown apart in sequential hydrogen explosions. In the three units operating at the time of the earthquake, molten nuclear fuel slumps to the floor of the pressure vessels and a plume of carcinogenic fission products begins to boil into the Pacific Ocean.
燃料被覆管内のジルコニウムは水と反応し、圧力容器内で自然発射します。そして、蓄積された爆発的水素ガスを形成します。ぞっとするような、偶像的なイメージがまもなく世界中に光を放ちます。4つの原子炉の格納建屋の外側は、立て続けに起きた水素爆発で吹き飛びました。地震の際に稼動してた3つの原子炉では、核燃料が圧力容器の底に溶け落ち、発がん性分裂産物のプルームが太平洋に流れ込みはじめました。


Within days, TEPCO headquarters is demanding to have its workforce cut their losses and abandon the plant. They have a point: their staff on-site are suffering terrible radiation exposures as they improvise to keep the cores immersed in seawater that churns through the wrecked complex as fast as they can pump it in.
数日のうちに、東電本社は損害の前に労働を中止し、発電所を立ち退くことを要求をします。その論旨は、現場の従業員が原子炉を水に浸し続けるために、できるだけ早く何とか破壊された施設を通して海水を送り込もうとする際に、恐ろしいほどの放射線被曝することになるからということです。


Continued aftershocks threaten to ignite the huge bank of spent fuel perched in Unit 4. On March 15, prime minister Naoto Kan storms into TEPCO headquarters and demands they stay on site and get the place back under control. He too has a point: if the utility pulls its staff back and lets the accident run its course, the exposed cores will burn through what remains of the containment structures, releasing uncontrolled amounts of radiation.
続きざまに起こる余震で、4号機に置かれている使用済み燃料の巨大な貯蔵場所を発火させる恐れがあり、3月15日、菅直人首相は、東京電力本社にのり込み、現場に留まり、原発を制御可能な状態に戻すことを要求しました。彼にも論旨があります。もし、電力会社が従業員を撤退させ、事故を手放しに放置してしまえば、むき出しの炉心はまだ残っている格納構造を焼き尽くし、制御不可能な量の放射能を放出することになるのです。


It is later revealed that against this possibility, senior officials have briefed the prime minister on the logistics of abandoning the northern half of Honshu Island, including Greater Tokyo, population 30 million.
この可能性については、後で明らかにされ、高官たちが、首相に関東を含む、人口3000万人を、本州の北半分から移動させるという流れについての概要を述べていたのです。


''It was a crucial moment when I wasn't sure whether Japan could continue to function as a state,'' he told journalists in September 2011. It is arguable that his temper outburst at TEPCO headquarters saved the country.
「それは、致命的瞬間だった。日本が、国として機能し続けることができるのか、確信がなかった。」と2011年の9月に彼はジャーナリストに話しました。東電本社に対して爆発した彼のかんしゃくがこの国を救ったかについては議論の余地がありますが。


Flash forward to August 2012, with 150,000 people evacuated from places like Iitate. The mood in the region is dark. A young high school teacher downloads the unvarnished truth in a loungeroom in Fukushima City the night before our trip down to the coast.
時を2012年8月22日にすすめます。飯舘村のようなところから15万人の人々が避難させられました。この地域には、暗いムードが漂っています。海岸方面に向かう前の夜、ある若い高校教師が、福島市内のラウンジで、ありのままの真実を話してくれました。


"I'm lying to a room full of students," he tells me, daring me to break eye contact. Like many thousands of others, his wife and children now live in temporary accommodation well outside the contaminated area, but Japan has no social security net to speak of and people can't just walk away from jobs.
わたしは生徒たち全員にうそをついています。」彼は、わたしの目から視線をはずして言います。他の何千人もの人々のように、彼の妻と子どもたちは今は汚染地区の外の仮説住宅で暮らしています。しかし、日本には、話を持っていく社会保障ネットワークがなく、人々は単に仕事からはなれることもできません。


Now he is grappling with a hateful dilemma, addressing a room full of students in a city he believes is no longer safe for children. Fukushima City, population 290,000. Kōriyama City, population 336,000. Both of them hit by the plume that carried fission products from the broken reactors to the north-west before the wind swung briefly towards Tokyo. I hesitate, then ask, should this city be evacuated? He pauses a long time before answering, and finally drops his gaze. Yes.
今彼は、忌々しいジレンマと格闘しています。市内の教室にいる生徒たち皆について、もはや安全ではないと考えているのです。福島市の人口は29万人。郡山市の人口は33万6000人。東京方面ににわかに風向きが変わる前、両方とも崩壊した原子炉からの核分分裂生産物を北西に運んだプルームに襲われたのです。わたしは躊躇し、そしてたずねました。この市は避難するべきですか?彼は長い間ためらい、ついにわたしを見つめ、答えました。はい


Others disagree. The radiation has not travelled in some smooth, predictable path, but has fallen out in stochastic hotspots, burning some communities and sparing others. Wholesale evacuation is not the answer, many believe; the solution will be much finer grained. In any event, the government has no intention of assisting any further evacuations. The work of supporting those stranded in areas outside the forced evacuation zone has fallen entirely on civil society organisations and local authorities.
他の人は同意しません。放射能は、ある意味よどみない、予測できる道筋を辿りはせず、ランダムなホットスポットに降下し、いくつかの地域を焼付け、他の地域は免れたのです。大規模な避難が答えではない、と多くの人が考えます。解決法は、もっときめの細かいものでしょう。どのような出来事においても、政府はこれ以上の避難を援助する意向は全くありません。避難強制地区の外のとり残された人々を支援する取り組みは、完全に市民社会組織や地元行政の肩にかかっているのです。


Several hundred thousand people now live with the subliminal impacts of chronic low level radiation exposure, which the government has addressed by raising the allowable 'safe' dose 20-fold.
数十万人の人々が今、慢性の低放射線被曝の製剤的な影響と共に生きています。政府は、許容「安全」被曝量を20倍引き上げました。


More than a third of children tested already have abnormal growths on their thyroid glands, an immediate consequence of exposure to radioiodine. The effects of long-term exposure to caesium and other longer lived isotopes will take much longer to manifest: the subtle violation of a whole population's DNA; rising incidence of fatal and non-fatal cancers; slow outbreaks of diseases with no name.
検査を受けた子どものうちの1/3以上に、甲状腺の異常な発達がgりました。放射性ヨウ素被曝による即時の結果です。セシウムや、他の長い半減期を持つ同位体の長期被曝の影響は、証明するのにもっと長い時間がかかります。住民全体のDNAへの巧妙な妨害、致死性、非致死性の発癌増加、名のない疾病の緩慢な集団発生


It won't be immediate, it won't occur in neat categories, and most of the health impacts will never be documented or attributed. Ionising radiation is sub-microscopic cellular bombardment, forcing genetic repair mechanisms into overdrive. It shortens lives.
それは即時に起こるのではありません。きちんとしたカテゴリーで起こるのでもありません。ほとんどの健康障害は、記録されることも、被曝が原因とされることもないでしょう。放射線は、超顕微鏡的な細胞への爆撃で、遺伝子の修復メカニズムを猛烈に動かしてしまうのです。それは、命を縮めます。


The demand of the high school teacher and hundreds of thousands of others is a simple one. The right to informed, supported evacuation: "Tell us what we are being exposed to, and if we choose to leave, support us to rebuild our lives elsewhere."
あの高校教師と、他の何百何千の人々の要求は単純な1つのことです。情報を得る権利避難の支援。「わたしたちが何に曝されているのか教えて欲しい。そして、土地を離れることを選択したら、他の場所で自分たちの生活を再建することを支援して欲しい。」


Seventeen months on, it's not happening. Limbo is now recognised in these stricken communities as formalised government abandonment.
17ヶ月が経ち、それはまだ実現していません。忘却の人は今はこれらの崩壊した地元社会で、正式に政府が放棄したとして認識されています。


It required a spark to ignite the suppressed fury and resentment building across the country. On July 1, 2012, the Japanese government provided it.
国中に築きあげられている潜在していた激怒と無念を燃焼させるには種火が必要でした。2012年7月1日、日本政府は、それを与えたのです。

---

Just briefly, Japan was nuclear free. For 55 days, the country's entire fleet of 50 reactors lay silent in deference to the ruination of Fukushima. The industry's central lie is exposed: Japan does not need this technology, and it never did.
ほんの少しの間、日本は原子力フリーでした。55日間、日本の50基全ての原子炉が福島の破滅の手前、沈黙していました。業界のうそは暴かれました。日本にこのテクノロジーは必要ない決して必要などなかったのだと。


ludlam---child-protests-data.jpg


On 1 July, Unit 3 of Kansai's Ōi plant to the north of Kyoto simmers back to criticality despite weeks of furious demonstrations across the country. Five months earlier, the first of what would become weekly rallies outside the prime minister's residence drew around 300 people.
7月1日に、何週間も国中で起こっていた怒りのデモにもかかわらず、京都の北、関西の大飯原発が、再び臨海状態に達しました。


Tonight, we are more than 100,000. The massive demonstration is cordoned along the footpaths behind crash barriers and lines of police, swelling as the humid afternoon gives way to evening, and still they keep coming.
今夜わたしたちは、10万人以上です。膨大なデモは、歩道沿いにガードレールと警察で遮断され、蒸し暑い午後が夜になるにつれて膨らみます。そして、彼らは足を運び続けます。


The volume mounts, drums, whistles, chants, tens of thousands of voices raised in defiance. Above the trees at the end of the wide empty boulevard, the pyramidal rooftop of the Japanese parliament, the Diet, lies just out of reach.
人々が増し、太古、笛、歌、何万人もの抵抗の声があがりました。空っぽの大通りの果ての木々の上に、議事堂のピラミット型の屋根の先、国会が、ただ手の届かないところにあります。


An impossible number of people now pack the footpaths. Sometime around 7pm, a handful of people spill onto the road and are pushed back by young, nervy police officers. On the opposite side of the street, voices go up and the crowd surges from both sides, unplanned and unstoppable.
あり得ない数の人々が、今では歩道一杯に群らがっています。時には、午後7時頃に一握りの人たちが道に溢れて、若い、神経過敏な警察官に押し戻されます。道の反対側では、声が大きくなり、群衆が両側から波のように押し寄せ、計画したわけではなく、止めることはできません。


A huge cheer goes up; the police line vanishes as Tokyo residents take back their street.
大きな歓声が上がり、東京の住民たちが道を取り戻し、警察ラインは見えなくなります。


In the morning, it will be reported that this is the largest assembly yet. Newspaper editorials are as uncharacteristically fed-up as the demonstrations themselves: the nuclear industry is in disgrace, the political system is paralysed, and this weekend's emergence of the Japanese Greens is being heralded as a way to give a louder voice to those who now know that the official deafness is systematic and unyielding.
朝になれば、これが最も大きな集会だったと報告されるでしょう。新聞編集者たちは、デモそのものと同様に、常ならず愛想が尽きているのです。原子力業界は嫌われ、政治システムは麻痺しています。そして今週末の日本の緑の党の出現は、政府が(国民の声を)聞かないのが組織的で不屈であることを知る人々の高まる声に発するものとして公表されます。


ludlam---protest-at-parliament-data.jpg


A quiet fury has set into the national psyche. The Japanese are a patient people, but for the millions touched by this disaster, their patience has run out.
静かな怒りは国民的精神となりました。日本人は辛抱強い人々です。しかし、何百人の人々が、この災害により心を打たれたのです。彼らの忍耐は尽き果てました。


The industry is openly spoken of as the 'nuclear mafia'. At last it seen for what it is: a parasitic, well-connected syndicate with roots deeply entrenched in formal Japanese power structures.
業界は、おおっぴらに「原子力マフィア」と言われています。ついに、あるがままの姿が現れたのです。公式の日本の電力構造において、寄生的で、深く根ざして身を守られ、うまく連携したシンジケート。


This is going to take time: on the same day as the demonstration, a prominent anti-nuclear scientist turned candidate is emphatically defeated in a regional election by a well-resourced pro-nuclear incumbent. It will cost the Greens the equivalent of about $70,000 just to lodge the nomination form for each candidate we field in forthcoming national elections. The launch of the new party is cheerful, moving and timely, but this is truly a David and Goliath matchup.
これは時間の要することでしょう。デモと日と同じくして、(県知事)候補者となった有名な反核科学者が、資金の豊かな核推進現職者に選挙で敗北しました。緑の党が、次の総選挙に立てるそれぞれの候補者のための推薦を提出するのに、約7万ポンド(約871万円)かかります。緑の党の発足は嬉しいもので、前進し、タイムリーではありますが、これは、本当にDavidとGoliathの組み合わせのようなものです。


The reason David wins in this story is that under no circumstances can he afford to lose. With a slightly different fall of the dice, the Fukushima meltdowns would have cost the people of Japan their country. Another cruel accident of plate tectonics and it still could.
Davidがこのストーリーで勝利した理由は、彼が、どのような状況にあっても負けるわけにいかなかったからです。ほんの少し違ったさいの目で、福島のメルトダウンは、日本の国、人々の犠牲を払うことになりました。もう一度残酷なプレート地学現象は、まだ起こりうるのです。


There is no place on this archipelago for nuclear power, and tens of millions of Japanese now understand this. Everything has changed.
この群島のどこにも、原子力のための場所はありません。そして、何十万人もの日本人が今そのことを理解しているのです。全ては変わりました


In Australia, Fukushima has faded uneasily from the headlines into the subconscious. Japan is one of our most important uranium clients, but from here on, all the news is bad for the investors and promoters of this unhappy sector.
オーストラリアで福島は、不安のうちに大見出しから意識化の中へ消えていきました。日本は、わたしたちの重要ウラン顧客の一つです。しかし、ここからは、この不幸な部門の投資家たちや推進者たちにとっては、全てが悪い知らせです。


BHP has pulled back from development plans at Olympic Dam and Yeelirrie. Cameco and Mitsubishi have shelved the Kintyre project in the East Pilbara. Toro struggles towards inevitable defeat at the unworkable Wiluna Project in the North-East goldfields. Koongarra, Angela Pamela, Arkaroola, Jabiluka: the uranium mines that never were, and must never be.
BHP社(オーストラリア)は、オリンピックダムとYeelirrie(ウラン)の開発計画から手を引きました。Cameco社(カナダサスカチワン州)と三菱は、東ピルバラ地域(オーストラリア)でのKintyre(ウラン)プロジェクトを棚上げしました。Toro社(オーストラリア)は、北東の金鉱地にでの実行不可能なWilunaプロジェクト(ウラン)の必然的な敗北に苦しんでいます。Koongarra、Angela Pamela、Arkaroola、Jabilukaは、ウラン鉱山では決してありませんでしたし、これからもをうであってはなりません。


Picture1_20120827134448.jpg


The strange craze of investor optimism that washed through the market two years ago died at Fukushima, and it won't return. There is no room for ambiguity here. This industry must close, on the same premise we closed the asbestos industry. There are other ways of shunting electrons down wires, starting with the ridiculous abundance of energy falling free out of the sky.
2年前の市場を通して打ち寄せた投資家の奇妙な熱は、福島で死にました。そして、二度とよみがえりません。曖昧さの余裕は全くないのです。この業界は、アスベスト業界のように、閉鎖されなければならないのです。電線を入れ替えるほかの方法があります。空から自然に落ちてくるあられもない豊富なエネルギーと共に始めるのです。


By now, I imagine the workers in their white overalls have moved on to another small corner of the caesium fields of Tohoku. It is burned into my mind's eye now: this endeavour of vast futility, the hopes and fears of the atomic age sealed into blue plastic piles, destination unknown, out on the edge of the dead village.
しかし今、わたしは、白いオーバーオールをまとった作業員が、東北のもう一つのセシウム原野の片隅に移動しているのを想像します。それは今、わたしの心の目に焼きついています。膨大な無益のこの努力、青いビニールの山に閉じ込められた原子力時代の希望と恐怖、先の見えない行き先が、その死の村の端にあるのです。







絶望的な未来に気付いたものが向かう先は、


崩壊的未来ではなく、


誇り高き未来であって欲しいと思います。



全てが変わってしまった今、


今までの過ちの数々で、


全てを変えてしまった今、




自分が変わらなければ、


何も変えることはできないでしょう。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/903-24153df8

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。