スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

脱原発から低線量・内部被曝対策へ!!

 2012-08-21
毎日新聞より

そこが聞きたい:低線量被ばくの影響 
インゲ・シュミッツ・フォイエルハーケ氏



Do not underestimate the severity of the Fukushima nuclear crisis: interview
August 19, 2012(Mainichi Japan)
健康リスク無視するな−−インゲ・シュミッツ・フォイエルハーケ氏(76) 
2012年08月09日


東京電力福島第1原発事故後、低線量被ばくや内部被ばくへの関心が高まっている。健康影響をどう考えるべきか。約30年前に原爆被爆者のデータを分析し、リスクを指摘したインゲ・シュミッツ・フォイエルハーケ博士に聞いた。【聞き手・須田桃子、写真・木葉健二】


Before her retirement in 2000 from the University of Bremen in Germany, Inge Schmitz-Feuerhake had been an experimental physicist who some 30 years ago had analyzed data on nuclear bomb survivors and warned of the dangers of low-level and internal exposure to radiation. Since 2004, she has been the chair of the European Committee on Radiation Risk (ECRR), a Belgium-based civic organization founded in 1997 independent of the International Commission on Radiological Protection (ICRP), the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation (UNSCEAR), and various governments. In 2003 and 2010, the ECRR released recommendations on radiation risk assessment methods.
2000年にドイツのBremen大学を退職する前、インゲ・シュミッツ・フォイエルハーケ博士は、30年ほど前に原爆生存者のデータを分析し、低線量と内部被曝の危険を警告した、実験的自然科学者でした。ICRP、国連の原子力放射線の影響についての科学委員会であるUNSCEAR、そしてあらゆる政府機関から独立した市民団体、1997年に創設されたベルギーが拠点のECRRの委員長を2004年以来努めています。2003年と2010年にECRRは放射線リスクの査定方法の提言を発表しています。(BlueDolphine訳)

001_20120822114640.jpg
1935年、ドイツ・ニーダーザクセン州生まれ。ブレーメン大で実験物理の教授として放射線の健康影響を研究。市民団体「ドイツ放射線防護協会」創設メンバー。04年からECRR委員長。


Mainichi: In 1983, you published an essay criticizing a survey on the health of nuclear bomb victims that was conducted by the Radiation Effects Research Foundation (RERF). What was your paper about?
−−放射線影響研究所(放影研)が実施した原爆被爆者の健康リスク調査に対し、83年に批判する論文を出しました。どんな研究だったのですか。


Schmitz-Feuerhake: The RERF survey compared the health risks of those who directly experienced the bombings with those who'd entered hypocentral areas after the bombs exploded and those who were farther away at the times of the bombings.
◆放影研の調査は、直接被爆者の健康リスクを入市被爆者(原爆投下後に爆心地に入った人)や遠距離被爆者と比べていた。

Using the average incidence and death rate from cancer and other illnesses among all Japanese, I went to figure out the relative risks of those who entered the cities after the bombings and those who experienced the bomb at least 2.5 kilometers away from the hypocenter. What I found was that the death rate from leukemia and respiratory and gastrointestinal cancers was above the national average, and that the incidence of thyroid cancer, leukemia, and breast cancer among women were 1.5 times to 4.1 times higher.
そこで私は日本人のがんなどの平均的な発症率や死亡率と比較し、入市被爆者や爆心地から2・5キロ以上離れた所にいた遠距離被爆者の相対的なリスクを求めた。その結果、白血病や呼吸器系・消化器系のがんによる死亡率は全国平均を上回り、発症率は甲状腺がん、白血病、女性の乳がんで1・5〜4・1倍だった。

These results showed that internal exposure to radiation from radioactive fallout (including "black rain" and "ashes of death") had a great impact on health. But because my findings went against common academic knowledge at the time, my paper was initially rejected when I submitted it for publication in an international medical journal. On the suggestion of the journal, I subsequently had it published in the journal in the form of a "letter to the editor" instead of a scientific paper.
放射性降下物(黒い雨、死の灰など)による内部被ばくの影響が大きいことを示す結果だが、当時の学界の常識とは異なっていたため、国際的な医学雑誌に論文を投稿したところ、いったん掲載を拒否された。その後、編集部から提案を受け、論文ではなく編集者への手紙という形で掲載された。



Mainichi: What would you say about the fact that the RERF's research on nuclear bomb victims is used as foundational data for the ICRP's radiation health risk assessment?
−−放影研による原爆被爆者の研究は、国際放射線防護委員会(ICRP)による放射線の健康リスク評価の基礎データになっています。


Schmitz-Feuerhake: The RERF data is indeed very important. However, it's limited information in that it lacks data from the first five years after the bombs were dropped. That is, the data was taken from a "chosen people" who survived despite having been unable to receive appropriate medical treatment for their physical and emotional injuries, and it also ignores residual radiation after the bombings.
◆確かに、放影研の調査は重要な情報だ。しかし、原爆投下から最初の5年間のデータが欠けている
▽心身が傷つき適切な医療を受けられなくても生き残った「選ばれた人々」のデータである
▽原爆投下後の残留放射線を無視している
−−などの理由で、限定的な情報でもある。


Meanwhile, in the past several decades, various studies on nuclear accidents, nuclear facility workers, medical x-rays, and natural radiation have shown the effects of low-level radiation exposure on health. However, the research has been largely ignored, primarily because they contradict data from Hiroshima and Nagasaki. The ICRP's risk assessment, in particular, underestimates the effects of long-term low-level radiation exposure, and also lacks awareness of its effects on illnesses other than cancer.
一方でこの数十年間、原子力施設の事故や原発労働者、医療用X線照射、自然放射線などに関して、さまざまな研究で低線量被ばくの健康影響が裏付けられてきた。だが、そうした研究の多くは広島・長崎のデータと矛盾することを理由に無視されてきた。ICRPのリスク評価は特に、長期間受け続ける低線量被ばくの影響を過小評価しており、がん以外の病気への意識も欠けている。


Mainichi: There have been class action suits in Japan on atomic-bomb sickness certification in which plaintiffs arguing they have suffered health consequences from internal radiation exposure caused by residual radiation have won. And yet, the central government has not changed its original stance that "the effects of internal exposure are negligible."
−−日本の原爆症認定を巡る集団訴訟では残留放射線による内部被ばくで健康被害を受けたと訴えた原告側が勝訴してきました。しかし、国は「内部被ばくの影響は無視できる」という従来の主張を変えていません。


Schmitz-Feuerhake: Similar things are happening in many other countries. It's because once a public organization acknowledges internal radiation exposure, they would be forced to acknowledge their responsibility for the risks to the health of nuclear plant workers. Nuclear plant workers are burdened with the same problems as the people of Fukushima who have been exposed to radiation.
◆多くの国で同様のことが起きている。公の機関が内部被ばくを認めれば、原発労働者の健康リスクに対して責任を認めざるを得ないからだ。原発労働者は、福島で被ばくした人々と同じ問題を抱えている。


Mainichi: What do you think of the claim made after the outbreak of the Fukushima nuclear crisis by Japanese politicians and some experts that "radiation exposure of 100 millisieverts or less has little effect on health?"
−−東京電力福島第1原発事故後、日本では政治家や一部の専門家が「100ミリシーベルト以下の被ばくはほとんど影響がない」などと説明してきました。


Schmitz-Feuerhake: It's a statement that completely ignores the medical knowledge that we have accumulated thus far. Cancer among people who have been exposed to less than 100 millisieverts of radiation has been reported in medical journals and elsewhere. Radiation promotes cell mutation, and no amount of exposure is safe. It's necessary to take precautions and institute measures to reduce radiation exposure.
◆これまでの医学的知見を全く無視した説明だ。100ミリシーベルトを下回る線量でのがんの発症は既に医学誌などで報告されている。放射線は細胞の突然変異を促進させ、これ以下なら安全という線量の「しきい値」は存在しない。予防原則に立って被ばくを低減させる対策が必要だ。

◇「線量」市民が把握を
Mainichi: Some people claim that the stress from worrying about radiation is a much bigger health hazard than radiation itself, while others express concern over the effect that extreme reactions can have on economic activity. What are your thoughts on that?
−−放射能への不安から来るストレスのほうが放射線そのものによる健康リスクを上回るという意見や、過剰な反応による経済活動への影響を心配する声もあります。


Schmitz-Feuerhake: The argument that panic is a bigger health hazard than radiation is one that's used all the time. The same argument was used in Germany after the Chernobyl accident, but it's one that lacks a scientific basis.
◆騒ぐことのリスクが放射線による健康リスクを上回るという説明は、常になされている。ドイツでもチェルノブイリ原発事故後、同じ主張が展開されたが、科学的根拠のない主張だ。

Isn't people's health, including that of unborn children, more important than economic activity? Of course, it's not good to panic without any information. We must measure radiation levels in our environment and food, and get a grasp on our individual levels of exposure. Based on that, we must try to learn what the information means.
経済活動よりも、これから生まれる子どもを含めた市民の健康こそ、最も大事なことではないだろうか。もちろん、何も分からずに騒ぐのはよくない。環境中や食品の放射線量、個々の被ばく線量をきちんと測定し、それが何を意味するかを市民自らが知ろうとすることが大事だ。


Mainichi: How would you evaluate the way the Japanese government has handled the crisis?
−−福島事故後の日本政府の対応をどう評価しますか。


Schmitz-Feuerhake: I praise the government for designating the area within a 20-kilometer radius from the Fukushima No. 1 nuclear plant as a no-entry zone. That it set annual radiation levels of 20 millisieverts as a standard for evacuation is understandable for a government that was unprepared for a large-scale nuclear disaster. But it's being grossly irresponsible by reactivating nuclear reactors and trying to shift the public's attention towards "recovery."
◆福島第1原発の半径20キロ圏内を警戒区域に指定したことは評価している。避難区域の設定で年間20ミリシーベルトを目安としたことも、大規模な原発事故に準備のなかった政府の選択として理解できなくはない。だが現在、他の原発を再稼働させ、意識を「復興」に切り替えようとしていることは、国民に対して非常に無責任ではないか。


With the bombs dropped on Hiroshima and Nagasaki and past atmospheric nuclear tests, the total volume of radioactive material released was clear. In the case of the Fukushima crisis, however, we still don't know how much radioactive material has been released. Nuclear fuel that far exceeds the nuclear bombs in both quality and quantity remain in very vulnerable conditions, and it's unclear whether it will be possible to retrieve them safely in the future. While the amount of radioactive material being released may be far less than immediately after the disaster began, the reactors still continue to release these materials. The government needs to recognize the gravity of this situation.
広島・長崎の原爆、あるいは過去の大気圏核実験では、まき散らされた放射性物質の総量が明確だ。しかし福島の場合、正確な放出量が今もって分からない。質・量ともに原爆をはるかに上回る核燃料が無防備な状態で存在し、今後安全に回収できるかも不明だ。事故直後より大幅に少ないとはいえ、放射性物質の放出も続いている事実の深刻さを認識すべきだ




The Wall Street Journalの本日のレポートによると。。

Japan Weighs End to Nuclear Power
脱原発に重点をおく日本


TOKYO—The Japanese government is likely to decide to eliminate all nuclear power over the next two decades in a new long-term energy plan that comes amid strong public opposition to atomic energy and ahead of national elections expected in the next few months, said government officials familiar with policy discussions.
日本政府は、国民の原子力エネルギーに対する強い反対の中、また数ヵ月後に予測されている選挙に向けて、長期エネルギー計画の中で、20年間のうちに全ての原子力を撤廃する決断を下すであろうと、政策議論に詳しい政府筋の話です。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


日本のこれからのエネルギー政策についてのパブリックコメントが、国家戦略室のウェブサイトに公開されています。全て公開する予定だとか。

国民的議論の中でいただいたご意見等

有権者が声をあげるようになり、政治を監視するようになり、

もはや、無関心を良いことにやりたい放題、というわけにはいかなくなり、

民主主義が芽吹き始めた現れでしょう。



次は、

低線量長期被曝、内部被曝の取り組みです。

もう、これはごまかしきれない状況にあるでしょうし、

欺く必要性も薄くなるでしょう。



DSCN1217.jpg
2004年 マウントアシニボイン


一人でも多くの人々の健康を守り、

新しい、自然と共存できるエネルギーと、

生活スタイルの意識変革そのものに挑む

人々の知恵と力が


何よりも必要なのですから。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/901-79f5aa5f

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。