スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

英語圏避難している方~受診時に持参するレター

 2012-08-19
海外で受診する際に医師に渡す手紙

レターをプリントしたい方、をクリックしてください。オリジナル文書にリンクしています。


_______________________________________letter-envelope-clip-art.jpg


Dear Medical Care Provider,
診察を担当されます医療提供者の方へ


This letter is intended to provide background information and suggestions for medical management of those who might have been exposed to radiation as a result of the nuclearaccident in Japan. Some Japanese have moved overseas to protect themselves where they might seek medical care, and your patient is one of them.
この書面は、日本での原子力事故の結果、放射能被曝している可能性のある患者に対しての、医療管理のための背景情報を提供し提言をさせていただくものです。自分を守るために海外へ移住した日本人が、医療を求めるかもしれません。そして、あなたの患者がその一人であるかもしれないのです。


On March 11, 2011, there was an earthquake and tsunami in Japan, followed by a triplemeltdown nuclear accident at Fukushima Daiichi nuclear power plant. Due to oversight of the Japanese government, many people were and continue to be exposed to radiation contamination, even outside Fukushima prefecture.
2011年3月11日に、日本で地震と津波があり、その後で、福島第一原発の3つのメルトダウンという放射能事故が続きました。日本政府の手落ちのため、多くの人々が、福島県外でさえも、放射能汚染に被曝し、今も被曝し続けています。


March 14, 15, 20 and 21 were the days when the radioactive plume came over Tokyo and thesurrounding Kanto region. However, due to the assurance of the government that the radiation level was negligible in Tokyo, many people were out and about, living ordinary lives, with children going to school on a daily basis.
3月14,15,20,21日は、東京と関東周辺に放射能プリュームが流れ来てた時です。しかしながら、放射線レベルが、東京では取るに足らないものだという政府の保証のため、多くの人々が外に出たりして、普通の生活を送り、子どもたちはいつものように学校に通っていました。


The nature of socialized medicine in Japan dictates what Japanese physicians are able todiagnose and bill for, according to the diagnostic guidelines established by the government. Acute radiation sickness, as it might be seen in nuclear plant workers who are exposed to high doses of radiation, is the only diagnosis approved. Thus many people are not even able to seek medical care for possible radiation-related symptoms, as hospitals and physicians have signs refusing any “tests or treatments for radiation exposure.”
日本の医療社会制度の性質から、政府により作られた診断ガイドラインに従い日本の医師たちは、何を診断、請求できるのかが命じられています。高放射線を被曝する原発労働者に見られるかもしれない急性の被曝症は、たった一つ許されている診断です。このように、多くの人々は、可能性のある放射線関連の症状について医療を求めることさえできないのです。病院や医師たちは、いかなる「被曝のための検査や治療」も拒否することに署名しているのです。


Despite the denial of the government and by other international organizations such as WHO, there is a significant degree of radiation contamination spread all over Japan through contaminated food and Japan’s extensive and thorough transport system for people and goods. Contaminated rice and milk are blended with uncontaminated products and circulated throughoutthe country. In addition, radioactive disaster debris has been incinerated in various parts of Japan, including Tokyo, essentially and effectively recycling radioactive materials through the atmosphere.
政府や他のWHOのような国際的組織による否定にも関わらず、汚染食品と、広範囲で包括的な人や物の輸送システムを通して日本中に広がった放射能汚染は、大規模です。汚染米や牛乳は汚染されていないものと混ぜ合わされ、国中を循環しています。更に、放射性の災害瓦礫は東京を含め日本のいろいろな場所で焼却され、本質的に、効率的に放射性物質を大気中を通してリサイクルしています


Radioactive iodine is well known to cause thyroid cancer. However, that is not the onlyradionuclide that was released from Fukushima Daiichi. The only ones officially and routinely tested are iodine 131 and cesium 134 and 137. Strontium is not routinely measured, but there was a significant amount which fell in some areas. Plutonium also was detected in some areas. Other potential radioactive contaminants, such as uranium, americium and cobalt have been unofficially detected.
放射性ヨウ素は甲状腺がんを引き起こすことでよく知られています。しかしながら、福島第一から放出された放射性核種はそれだけではありません。公式に、そして定期的に検査されているのは、ヨウ素131とセシウム134、137だけです。ストロンチウムは定期的に測定されておらず、ある地域では、著しい量のストロンチウムが降下したところがあります。プルトニウムもまたある地域で検出されました。ウラン、アメリシウムやコバルトなどのような他の可能性のある放射能汚染物質は、非公式に検出されています。


What is not widely known not only to the general public but also to the medical field is the fact that radioactive cesium, known to mainly affect muscles due to its structural similarities to potassium, actually accumulates in more than just muscles. It especially affects cardiac muscles, causing arrhythmia and sudden deaths. Cesium gets excreted in urine, and it’s known to cause bladder and kidney dysfunction. It goes through placenta and is excreted into breastmilk. Chernobyl children showed signs of premature aging, such as cataracts, hypertension,and diabetes. Currently, only 20% of children are born healthy in Belarus due to people continuously residing in contaminated areas. In Japan, merely one year after the accident, 36% of Fukushima children tested so far were found to have cysts in thyroid ultrasound examinations.
一般人だけでなく、医療関係者にも広く知られていないことは、カリウムと構造的類似のため、主に筋肉に影響を与えると知られる放射性セシウムは、実際には、筋肉以外にも蓄積するのです。特に心筋に影響を与え、不整脈突然死を引き起こします。セシウムは尿の中に排出され、膀胱、腎臓機能障害を引き起こすことが知られています。胎盤を通り、母乳からも出てきます。チェルノブイリの子どもたちには、白内障、高血圧症、糖尿病のような早期老化現象が見られます。現在ベラルーシでは、汚染地区に住み続けたために、たった20%の子どもしか健康体で生まれてきません。日本では、事故から約1年後に、今のところ検査を受けた福島の子どもの36%の甲状腺内に、エコー検査で嚢胞が見られました。


People who were aware of dangers of radiation may have used protective measures such as wearing masks, temporarily moving away from contaminated places, using bottled water,avoiding known and possibly contaminated food such as leafy vegetables, milk, berries and mushrooms.
放射能の危険に気付いている人は、マスクをするとか、汚染された場所から一時的に移動するとか、ボトルの水を使うとか、葉野菜、牛乳、ベリー類やきのこ類のような汚染されていると思われている食物をさける、というような防護手段とっているでしょう。


Here’s what you need to know in taking care of your Japanese patients who moved overseas to get away from radiation contamination or foreigners who might have been in Japan at the time.
放射能汚染から海外へ避難した日本人や外国人でそのとき日本にいたような患者を診察するときに、知っている必要があることをここに述べます。


They might have experienced a variety of symptoms. Immediately after and within days of the exposure, there might have been such symptoms as metallic tastes, sunburn sensation, headaches, eye irritation, diarrhea, and nausea. Some also had bloody noses. Within days to weeks, more people complained of bloody noses, cough, sore throat, swollen lymph nodes, cold-like symptoms, eye pain, conjunctivitis, conjunctival hemorrhages, decreased visual acuity, fatigue, muscle cramps, bruises, rashes, weight loss, fever, chronic diarrhea, and decreased response to their regular medications. Some children and adults reported urinary frequency and nocturia and even urinary incontinence, possibly from bladder irritation. Some children were experiencing non-traumatic fractures more easily. In addition, people with chronic illnesses experienced their illnesses going out of control.
彼らは、様々な症状を経験しているはずです。被曝直後の日々には、金属のような味がするとか、日焼けのような感覚や、頭痛目の不快感下痢吐き気などのような症状です。鼻血が出た人もいます。それから数週間は、更に多くの人が鼻血、咳、喉の痛み、リンパ腺の腫れ、風邪のような症状、目の痛み、結膜炎、結膜出血、視力低下、倦怠感、筋痙攣、あざ、発疹、体重減退、熱、慢性下痢や、通常の薬が効かなくなるという症状を訴えました。子ども、大人で、頻尿、夜間多尿や 失禁さえも報告されました。おそらく膀胱の炎症からだと思われます。子どもたちには、前よりも簡単に非外傷性の骨折をするものもいます。更に、慢性病があった人々は、その病気がコントロール不能になることを経験しました。


Children who were affected by Chernobyl are known to have leukopenia, thrombocytopenia,anemia, and respiratory dysfunction. They also exhibited repeated infections including cystitis, growth retardation, arrhythmia, diabetes. It is important to keep a close eye on their growthcharts and blood pressure. You might want to order blood work such as CBC with differentials and peripheral smear, chemistry panel, liver and kidney function tests, thyroid function test (TSH,FT3, FT4, thyroglobulin, anti-TPO Ab), CRP, and urinalysis. Baseline ophthalmologic evaluation including visual acuity and funduscopic examination will be essential in detection and follow-up of any immature cataracts that may be present. Baseline check of spirometry measurements,EKG, and thyroid ultrasound might also be warranted.
チェルノブイリで被害を受けた子どもたちは、白血病、血小板減少症、貧血症、呼吸機能低下が見られていることが知られています。彼らはまた、膀胱炎、発育不全、不整脈、糖尿を含み、炎症を繰り返す症状を見せています。子どもたちの成長グラフと血圧を綿密に監視することが重要です。鑑別を伴うCBC血液像、末梢血液塗抹標本、血液化学パネル、肝臓と腎臓機能検査、甲状腺機能検査、CRP(肝臓の検査)、のような血液検査尿分析をしようと思うかもしれません。 また、子どもがもっているかもしれない未熟白内障を検出し、追跡するには、視力、眼底検査を含む基本線の眼科査定が必須です。肺活量測定、心電図、甲状腺エコーの基本線検査もまた、正当性があるでしょう。


Please provide the patient with a copy of their lab results, chart notes and any imaging study results so that they have their own records to keep.
患者には、検査結果、グラフ記録、検査結果造影を記録として保管できるよう、コピーを渡してください。

Yuri Hiranuma, D.O.
平沼百合(整骨療法博士)

Fukushima Radiation Contamination Symptoms Research (FRCSR)
rcsrus@gmail.com
Fukushima Voice (English)
Fukushima Voice (日本語)






カナダに避難されている方。

目の検査も、健康診断も職場、学校などではしてもらえません。


定期的に目医者に行きましょう。

BC州では、1年に1度の18歳以下の子どもの検診は無料です。
(MSP保持者)


日本で、上記のような「ちょっといつもと違うな」というような症状を事故後に経験している場合は特に、

風邪を引いたときにでも、このレターを持っていき、

事故後の症状を大げさに伝え、


医師に検査をお願いしましょう。




どのように伝えたらよいのか。。。言葉が不安。。


などなど不安な方。


できるかぎりお手伝いします。


コメント(非公開可)かメールフォームよりご連絡ください。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/900-21ea1d98

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。