スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

IAEA vs GREEN PEACE

 2012-08-16
イギリス、ロイター通信より

UPDATE 1-UN atom agency sees "significant" nuclear safety progress
原子力安全の前進は「著しい」とする国連原子力機関


Wed Aug 15, 2012 3:28pm BST

By Fredrik Dahl

VIENNA, Aug 15 (Reuters) - Important progress has been made towards strengthening global nuclear safety after Japan's Fukushima accident last year, according to the United Nations atomic watchdog, but a leading environmental group disputed this.
ウィーン、8月15日、ロイター通信
国連の原子力監視機関(とは名ばかりで、推進機関)によると、去年の福島事故の後、世界的な原子力安全強化に対し、重要な進展があったとのことですが、環境保護団体のリーダーは、これに異論を唱えます。


The International Atomic Energy Agency made the assessment in a report prepared for next month's annual meeting of IAEA member states, which endorsed a safety action plan by consensus last September despite criticism that it did not go far enough.
国際原子力機関は、来月メンバーの国々の年度会合のために用意した報告の中で、査定を行いました。それは、去年の9月に、充分ではないと批判されたにも関わらず同意に至った安全実施計画を支持するものです。


"Since the adoption of the IAEA Action Plan on Nuclear Safety, significant progress has been made in several key areas," the Vienna-based U.N. agency said.
「IAEAの原子力安全についての実施計画を採用するため、いくつかの主要な部分で著しい前進を遂げました。」とウィーンが拠点の国連機関は述べました。

自画自賛・・・


These included "improvements in emergency preparedness and response capabilities," it added in the nine-page document posted on its website.
これらは、「緊急時対策と対応能力における進展」を含むものだとウェブサイトに掲載された9ページの文書で付け加えています。


But environmental campaign group Greenpeace, which opposes nuclear energy, said there had been "no real" progress.
しかし、環境保護団体で、原子力エネルギーに反対するグリーンピースは、「本当の」前進など全くないのだ、と言います。


GreenpeaceNukes_0_0.jpg


"The IAEA's action plan does not address any of the real lessons of Fukushima," Aslihan Tumer of Greenpeace International's nuclear campaign said in an e-mailed comment.
「IAEAの実施計画は、福島からの本当の教訓を何も言及していません。」とグリーンピース・インターナショナルの原子力キャンペーンを担当するAslihan Tumer氏はEメールでコメントしました。


The Fukushima Daiichi plant, 240 km (150 miles) north of Tokyo, was hit by an earthquake and tsunami that knocked out power supply and swamped its backup power and cooling systems, resulting in meltdowns of three of its six reactors.
東京の北240kmにある福島第一原発は、地震と津波に襲われ、電源を喪失し、バックアップ電源と冷却システムが水浸しになり、6つの原子炉のうちの3つがメルトダウンするという結果になりました。


About 150,000 people were forced to flee as radioactive materials spewed. Some residents never returned.
約15万人の人々が放射能物質放出のため土地を追われたのです。いくらかの住民は、2度と戻ることができません。


In Japan last month, a government-appointed inquiry raised doubt about whether other nuclear plants in the country were prepared for massive disasters.
先月日本では、他の原発が、巨大災害に対する備えができているのかどうかについて、政府が任命した調査で、疑問があがりました。


Last week in Europe, Belgium's regulator said it had halted production at one of the reactors of a nuclear plant until at least the end of August to carry out an investigation into suspected cracks found in a core tank.
先週ヨーロッパでは、ベルギーの監視機関が少なくとも8月の終わりまでは、中心のタンクに発見されたひびの疑念を調査するため原発にある1つの原子炉の発電を止めている、と述べました。


The IAEA plan approved six months after the Fukushima accident was criticised by some nations for not championing more mandatory measures. It outlined voluntary steps intended to help prevent a repeat of such a crisis event anywhere in the world.
福島事故の後5ヵ月後に認められたIAEAの計画は、いくつかの国々により、更なる必須の対策が守られていないということで批判されていました。その対策は世界のいかなるところでも、このような事故が繰り返されないように意図された自発的なステップを描いていたのです。


It also called on countries to promptly carry out assessments of their nuclear power plants on how they would be able to withstand extreme natural hazards as well as steps to strengthen emergency preparedness and information.
それはまた各国に対し、緊急時の備えと情報を強化するステップと共に、極度の自然障害にいかに耐えうるかについての原発の査定を即刻行うことを求めていました。



SAFETY DIVISIONS
安全に対する分裂



Picture1_20120817143331.jpg


The IAEA report on the plan's implementation so far - which will be presented to the Sept. 17-21 General Conference of the agency's more than 150 member states - said there had been progress in areas including assessments of "safety vulnerabilities" of atomic plants and strengthened peer reviews.
150以上のメンバーの国々が参加する9月17-21日の総会で公表されるIAEAの計画実施についての報告は、今のところ原発の「安全の脆弱性」についての査定を含む部分で進展があり、事後的調査も強化されたのだと述べています。


These and other measures had contributed to "the enhancement of the global nuclear safety framework", it said.
これらと他の対策は、「世界的な原子力安全の枠組みの強化」に貢献するものだと書かれています。


"Significant progress has also been made in reviewing the agency's safety standards which continue to be widely applied by regulators, operators and the nuclear industry in general."
「一般的に規制機関、電力会社、原子力業界に広く適応されるIAEAの安全基準の見直しにおいて、著しい進展もあるのです。」


But continued efforts need to be made to ensure more effective communication to the public if there is a radiological or nuclear emergency, the report said.
しかし、放射能、原子力緊急時に、人々に対する更に効果的なコミュニケーションを確実にするための絶え間ない努力が必要だ、と報告書は述べています。


The IAEA was criticised for its initial handling of the Fukushima disaster, with media and Vienna-based diplomats saying it was slow to give information in the early days of the crisis.
メディアとウィーンが拠点の外交家たちと共に、IAEAは、危機の当初に情報が遅かったと、福島惨事の当初の取り扱いについて批判されたのです。


The accident spurred a rethink about nuclear energy worldwide and calls for more concerted action, including beefed-up international safety checks of nuclear power plants.
その事故に刺激され、世界規模での原子力エネルギーについて再考されることになり、原発の国際的安全確認強化を含め、もっと協調した行動が求められたのです。


But preparatory work last year on the IAEA plan exposed differences between states seeking more international commitments and others wanting safety to remain an issue strictly for national authorities.
しかし、IAEAの計画についての去年の準備的取り組みは、更なる国際的公約を求める国々と、安全問題は、厳密に各国が行うことを求めるほかの国々との間の相違を露わにしました。


One group of nations - including Germany and France - voiced disappointment about the safety action plan for not including stricter measures, while the United States, India and China stressed the responsibility of national authorities.
ドイツとフランスを含むグループは、更に厳しい対策を含まなかった安全実施計画について失望を示し、アメリカ、インド、中国は、各国の政府の責任(にとどめること)を主張したのです。


Greenpeace said changes were needed in the entire system for regulating the nuclear industry and a few "touch-ups" here and there were not enough.
グリーンピースは、原子力業界を規制する総括的なシステムの変化が必要とされ、数箇所での修正では不十分なのだ、と話しました。

(Editing by Mark Heinrich)






アメリカ、インド、中国。。。

日本はどっち??

本当なら、安全厳重強化の国際的公約を、

率先して提言する国となるべきなのですが。。。




なにか。。。


これからのエネルギー政策をどうすすめていくかで、

その国としての倫理観と、将来像が

はっきりと見えてくるようです。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/897-429e0569

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。