スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

放射能被害者の想いは世界共通

 2012-08-12
International Meeting, 2000 World Conference against A & H Bombs
June Stark Casey
San Francisco / Oakland Bay Area Liaison for Peace Links; Hanford Downwinders U.S.A.

原水爆禁止2000年世界大会 国際会議
サンフランシスコ・オークランド地域平和リンク
アメリカ ハンフォード風下地区住民
ジューン・ケーシー



A Hanford Washington Radiation Victim Speaks Out
ワシントン州、ハンフォードの放射能犠牲者の直言


Picture1_20120813120732.jpg
A-ハンフォード原子力施設

As a victim adversely affected by the secret human radiation experiments conducted at the Hanford Nuclear Reservation in Washington State in 1949, I feel very honored to be invited to Japan to the 2000 World Conference Against Atomic and Hydrogen Bombs and to be afforded the opportunity to apologize personally for the unspeakable suffering and horrifying deaths caused by the plutonium bomb manufactured at Hanford and detonated over Nagasaki. Although 55 years have passed, I understand each year over 5,000 Japanese people die prematurely due to the latent adverse health effects of radiation.
1949年ワシントン州のハンフォード核施設でおこなわれた秘密放射線人体実験の犠牲者として、この世界大会に招待されました。ハンフォードで製造されたプルトニウム爆弾が、長崎の上空で炸裂した言語を絶する被害と恐るべきほど多くの犠牲者をうみました。私は個人として謝罪する機会をいただいたことに感謝を申し上げるものです。55年たった今でも、日本では、潜伏していた放射線の影響で、毎年5000もの人が通常の寿命をまっとうせずして亡くなると聞いています。


We American citizens learned belatedly from recently declassified documents that the Japanese Government was the object of eight actions taken by the United States used to provoke them to attack at Pearl Harbor, called "a day of infamy," but in reality, a Day Of Deceit - the title of a new book by Robert B. Stinnett revealing the truth about President Franklin Delano Roosevelt and Pearl Harbor, soon to be translated into Japanese. We also learned that the atomic bombs were not necessary to end World War II, as citizens were told at the time. On both sides of the Pacific Ocean, we conference participants must speak the truth, no matter how painful.
米国国民は、このほど解禁された文書から、遅ればせながら日本政府が米国によって8つの挑発行為の対象とされていたことを知りました。「醜行の日」と呼ばれていますが現実には「欺きの日」である真珠湾攻撃をおこなうよう仕向けられたのです。「欺きの日(Day of Deceit)」は、フランクリン・デラノ・ルーズベルト大統領と真珠湾についての真実を明らかにした、ロバート・B・スティネット氏による新著のタイトルで、もうすぐ日本語訳が発行されます。また、原爆投下は、当時私たち国民が知らされていたように、第二次世界大戦を終わらせるために必要だったのではない、ということも知りました。太平洋の両側で私たち世界大会参加者は、それがいかに苦痛であっても真実を語らなくてはなりません。


In the November, 1999, Ecologist (a special issue devoted entirely to the madness of nuclear energy) Canadian epidemiologist Dr. Rosalie Bertell estimates that 1 billion, 300 million people have been killed, maimed or diseased by the nuclear industry since its inception. The industry's figures massively underestimate the real cost in an attempt to hide its victims from the world.
1999年11月、『エコロジスト』誌(原子力の狂気の特集号)において、カナダの疫学者ロザリー・バーテル博士は、核産業ではその開始以来、13億人が死亡したか不具になったか病気になったとの推定を発表しました。核産業側による数値は、世界で自分達が生み出した被害者を覆い隠そうと、被害の規模を実際より大幅に低く見積もっています。


Physicist Dr. Ernest Sternglass, whom I was honored to meet recently, stated: "Secrecy is the one way an open society can be controlled." Sometimes the greatest crimes are perpetrated by governments and corporations against their own people by using secrecy. I am here to tell you from personal experience about one of those crimes.
最近お目にかかる機会を得た物理学者のアーネスト・スターングラス博士は、「秘密主義は、開かれた社会を統制しうる手段のひとつである」と述べています。時として、最大の犯罪は、秘密主義を行使することにより、政府と企業により自国の国民にたいし犯されます。そういった犯罪の一例について私の経験をお話ししましょう。


It was on Mother's Day of 1986 that I learned that I was among the 270,000 Washington State "Downwinder" residents who were exposed continually and secretly to 1.1 million curies of radioactive iodine 131 released from the General Electric operated Hanford Nuclear Reservation in the 1940s and 1950s. Iodine 131, a known carcinogen, when ingested by cows, forms heavy concentrations in milk.
1940年代と50年代、ハンフォード核施設で操業していたジェネラル・エレクトリック社は、1,100億キューリーの放射性ヨウ素131を継続的に、秘密裏に放出しました。1986年の母の日、私は、自分が、その際被ばくしたワシントン州「風下地区住民」27万人のひとりであることを知りました。ヨウ素131には発ガン性が認められており、牛により消化されると、牛乳に高濃度で蓄積されます。


hanford_bw.jpg


In 1945, 550,000 curies of radioactive iodine were released at Hanford, exposing 150 million Americans to more than 4 billion picocuries per capita of this lethal radionuclide, an amount comparable to releases from Chernobyl, the worst nuclear disaster in history - which resulted in a 200 fold increase in thyroid cancer in that area. This was followed by two decades of atmospheric bomb tests recently estimated by the Natural Resources Defense Council to be equivalent to exploding 40,000 Hiroshima bombs.
1945年には、ハンフォードから55万キューリーの放射性ヨウ素が放出され、1億5千万のアメリカ国民が、一人当り40億ピコキューリーを超えるこの致死的放射物質にさらされました。これは、その結果、地域の甲状腺がん発生率を200倍に押し上げたチェルノブイリ原発の事故で放出された放射線に匹敵する量です。その後、20年にわたり大気圏実験がおこなわれましたが、米国の天然資源保護協議会(the Natural Resources Defense Council)が最近おこなった推定によれば、これは、広島型原爆4万発分に相当するといいます。


Federal and state authorities have declared the Columbia River near Hanford the most radioactive river in the world. During the peak years of reactor activity, substantial radiation exposure was possible merely by standing on the Columbia river shoreline. Two thirds of U.S. high-level waste from nuclear weapons production is stored at Hanford. There is more radioactivity at Hanford than would be released in an entire nuclear war. Clean-up at Hanford is now expected to cost $100 billion and take 30 years; parts of Hanford will remain radioactive for thousands of years.
連邦政府と州政府当局は、ハンフォード近くのコロンビア川を世界で最も放射線に汚染された川と宣言しています。原子炉の操業がピークだったころは、コロンビア川の岸に立っているだけで相当量の放射線を浴びることが可能でした。米国の核兵器製造から生ずる高濃度放射性廃棄物の3分の2が、ハンフォードに貯蔵されています。ハンフォードには、核戦争が起こったとして、そこから生ずる放射線を超える量の放射性物質があるのです。現在、ハンフォードの汚染除去作業には、1千億ドルの費用と30年の月日が必要だとされています。それでも何千年にもわたり放射能が消えることのない地域が残ります。


The accidental fire burning 190,000 acres on and around the Hanford Site this past June caused great alarm. And this past May the Forest Service controlled burn which quickly got out of control in and around Los Alamos National Laboratory destroyed over 200 homes and 48,000 acres, 9,000 of which were Laboratory property, increasing beta radiation up to 4 times and alpha radiation up to 20 times.
今年(2000年)6月ハンフォード施設とその周辺で火災が起こり、19万エーカーが焼けましたが、これは、重大な警告となりました。今年5月には、農務省林野部による野焼きが暴走し、ロスアラモス国立研究所周辺の200家屋と4万8千エーカーが焼けました。そのうち9,000エーカーが研究所の土地で、ベータ線量は通常の4倍、アルファ線量は20倍に増加しました。


0.jpg


A recent health survey of residents living near Hanford examined a wide range of illnesses all verified by medical records. Results showed a tripling of breast and lung cancer and ten times the amount each of thyroid disease and leukemia. Along the Hanford Death Mile, 100% of the families have cancer, heart disease or birth defects. In a health survey I conducted among 450 Hanford Downwinders, of those who responded, 40% had genetically-affected children. Nationally, between 1945 and 1965, there was a 40% increase in underweight live births.
最近、ハンフォード付近の住民にたいし、そのすべてが医療記録により証明されている広範な疾病にかんする健康調査がおこなわれました。その結果、乳ガンと肺ガンの発生率が3倍、甲状腺と白血病が10倍に増加していることが判りました。「ハンフォード死の一マイル(the Hanford Death Mile)」と呼ばれる地域では、ここに暮らす世帯の100%で、ガン、心臓疾患、先天性異常のいずれかが見られました。私が450人のハンフォード風下地区住民におこなった健康調査では、回答したうちの40%の人に、遺伝上の障害をもつ子どもがいました。全国的には、1945年から1965年のあいだ、低体重児の出生率が40%増加しています。


I was most adversely affected by a deliberate secret experiment, known as the "Green Run," conducted on December 2, 1949, by G E's Nucleonics Department in which over 11,000 curies of radioactive iodine and 20 thousand curies of xenon were intentionally released into the atmosphere. This was 11,000 times the radiation tolerance threshold set for that period, which was 20 times higher than allowed today. At the time I was a student at Whitman College located 50 miles downwind from the Hanford Nuclear Reservation.
私の浴びた放射線の中でもっとも深刻な影響をおよぼしたのは、「グリーン・ラン」として知られる計画的な秘密実験によるものです。この実験は、1949年12月2日にジェネラル・エレクトリック社の原子核工学部がおこなったもので、放射性ヨウ素1万1千キューリーとキセノン2万キューリーが意図的に大気中に放出されました。これは、当時の放射線許容量の1万1千倍でした。しかも当時の許容量は今日の20倍という高さでした。当時私は、ハンフォード核施設から50マイル風下にある(Walla Wallaの)ホイットマン大学の学生でした。


Hanford Radiation Medical Consultants, Dr. Herbert Parker and Dr. Carl Gamertsfelder, the latter whom I have interviewed by telephone, warned that the experiment not be done. Dr. Parker stated that it would "cause deleterious health defects in 10 to 15 years." Yet their medical advice was totally ignored. Dr. Bertell states, "There is no justice issue which does not result in a violation of human health."
ハンフォード放射線医療顧問のハーバート・パーカー博士とカール・ガマーツフェルダー博士は(私は博士に電話インタビューをしたことがありますが)、この実験はおこなうべきではないと警告していました。パーカー博士は、実験は「10年、15年のうちに心身に有害な影響をもたらす」と述べていました。しかし、この医療上の助言は、完全に無視されました。バーテル博士は、「正義の問題で、人間の健康侵害に帰着しないものはない」と述べています。


HanfordSiteDiagramLarge.jpg


A study by the Centers for Disease Control now reveals that 30,000 Washington downwinder children received 20 times more radioactive iodine during the 1940s and 1950s than did Soviets living 3 miles from Chernobyl, because of the variance in wind dispersion and steps taken to protect the Soviet people.
疾病対策センターの調査では、1940年代から50年代のあいだ、ワシントン州風下地区に暮らす3万の子どもたちは、チェルノブイリから3マイルの地点に住んでいたソ連の人びとの20倍の放射性ヨウ素を浴びていたことが明らかになっています。これは、風が吹いた方向と、ソ連で地域住民にたいしてとられた保護措置の違いによるものです


保護措置の違い、という点で、今の日本は、同様の過ちを犯しています。しかも。。。現在進行中です。


According to Washington State Department of Health radiation specialist Allen W. Conklin, no other group of civilians in the world is known to have been exposed to as much radiation over a longer period of time than those of us who have lived in Washington, Oregon, and Idaho. Some children received 3,000 rads - the radiation equivalent of 36,000 x-rays. (St. Petersburg [Florida] Times 7/13/90)
ワシントン州保健局の放射線専門家であるアレン・W・コンクリン氏によると、世界でも知られている中で、ワシントン、オレゴン、アイダホに住んでいた私たちほど、長期にわたりそれほど大量の放射線に被ばくした民間人集団はいない、ということです。なかには、3万6千回のエックス線写真に相当する、3千ラドもの放射線を浴びた子どももいました(1990年7月13日付フロリダ州『セントピーターズバーグタイムズ』)。


According to government documents, radioactive isotopes were released at Hanford to assess the potential of radiological warfare and some believe to determine the destruction and effects on local populations. A secret radiological warfare experimentation program headed by General Curtis Le May in which radioactive fission products could be released in an attempt to poison the water and milk supply was conducted at Hanford up to 1954. Many Washington residents believe the 1949 experiment was part of that radiological warfare program. Shockingly, current environmental laws would allow that same secret experiment to be conducted today.
政府文書によれば、ハンフォードで放射性同位体が放出されたのは、放射線戦争の潜在的影響力を評定するためであり、なかには、地元住民にたいする破壊力と影響を見るためだったと考える人もいます。カーティス・ルメイ将軍が率いた放射線戦争実験秘密計画は、供給用の水と牛乳を汚染する目的で、放射性分裂物質を放出できるもので、ハンフォードにおいて1954年までおこなわれました。ワシントンの住民の多くは、1949年の実験が、この放射線戦争計画の一環であったと考えています。ぞっとするのは、現在の環境法のもとでは、おなじ秘密実験がいまでも可能なことです。


The mal-effects I attribute to my exposure to ionizing radiation are severe hypothyroidism, a miscarriage, stillbirth, breast lumpectomy, skin cancer, chronic degenerative spine, thyroid nodules which may become cancerous and permanent hair loss. Esophageal problems make it difficult to keep food down and have necessitated two endoscopies to remove a tumor. The unremitting pain in my spine feels as if someone is torturing me with an electric saw. My shoulders feel as if someone is holding them over hot coals in a barbecue pit.
被ばくした結果、私は、重度の甲状腺機能低下、流産、死産、乳腺腫瘤摘出、皮膚ガン、慢性変性脊椎、ガン性になりうる甲状腺結節、永久脱毛という影響を受けています。食道にも問題があります。食べ物が飲み込みづらく、腫瘍摘出のため内視鏡手術を2度受けました。脊椎は絶え間なく痛み、まるで、電気のこぎりで拷問にかけられているようにさえ感じます。肩は、バーベキューの熱い炭につかまれているように感じます。


In August, 1997, I developed in ductile carcinoma in situ, a form of breast cancer which can be very aggressive, necessitating two surgeries, the latter a partial mastectomy. Each year 175,000 women are diagnosed with invasive breast cancer. My recent mammograms revealed that the cancer may have returned, necessitating a stereotactic biopsy. In a most heart wrenching poem, the Mormon author and naturalist Terry Tempest Williams writes: "We have become a clan of one-breasted women."
1997年の8月、もとの場所に延性ガン腫ができました。これは、非常に攻撃的になりうる種類の乳がんで、2度手術が必要でした。2回目のとき一部乳房を切除しました。毎年、17万5千人の女性が、転移性質の乳がんの診断を受けています。最近受けた乳房レントゲン写真により、ガンが再発しているかもしれず、生体組織検査が必要なことが判りました。モルモン教徒の作家であり自然主義者のテリー・テンペスト・ウィリアムは、胸がつぶれるような詩のなかで、こう書きました。「私たちは、乳房をひとつしかもたない女性の一族を形成するまでになった」。


I was shocked to learn in an article from the San Francisco Examiner 8/13/97: "The best diagnostic screening method for breast cancer today - X-ray mammography - is four decades old and prone to misdiagnosis. The X-ray film images miss 15% to 20% of cancers, according to the Office on Women's Health. The technology necessary to perfect diagnostic breast screening exists - but not in the right hands. The defense and intelligence communities, with big budgets and national security as their mission, are estimated to be 10 years ahead of the medical field in their development and use of high-tech imaging."
『サンフランシスコ・エグザミナー』紙(1997年8月13日付)の記事はショックでした。「こんにち最良の乳がん診断方法(乳がんレントゲン撮影法)は、40年も昔の技術で、誤診をまねきやすい。女性健康診療所(the Office on Women’s Health)によると、この方法でとられた映像は、ガンの15%から20%を見逃してしまう。乳がん診断を改善するのに必要な技術はある。しかし、それは適切でない者の手にあるのだ。莫大な予算をもち、国家の安全保障を任務とする国防・諜報分野は、医療分野の発展とハイテク映像の使用において、10年先をいっていると推定されている。」


Finding targets to bomb and kill rather than detecting cancer is an unconscionable priority. Women are being brutalized by painful, mutilating, disfiguring, deforming breast surgeries which could be avoided. We condemn female genital mutilation in Third World countries. Are we in the so-called First World any more advanced?
爆弾の標的を探し出したり、殺すことが、ガンの検出より優先されているとは、なんたる不条理でしょう。女性は、防止できる乳がん手術により、痛みを伴い、体を切り落とし、傷つけ、ゆがめる残忍な仕打ちを受けているのです。アメリカ人は、第三世界でおこなわれる生殖器一部切除を非難します。ならば、いわゆる第一世界がこれより進んでいるとでも言うのでしょうか


An incident of shocking government deceit was revealed when Admiral Hyman G. Rickover made a notarized confession to his daughter-in-law, Jane Rickover, stating that if the Presidential Kemeny Commission reported the truth regarding the 1979 Three Mile Island accident, it would destroy the nuclear industry. Thus Rickover convinced President Jimmy Carter to lie regarding the severity of the partial core meltdown. Rickover said he later regretted this grave deception to the American people.
この驚くべき政府による欺まん行為は、ハイマン・G・リコーバー提督が、息子の妻であるジェーン・リコーバーにおこなった(公証人により認証された)告白により明らかになりました。リコーバー提督は、ケメニー大統領委員会が1979年のスリーマイル島事故について事実を報告すれば核産業は壊滅的打撃をうける、と述べました。よって、リコーバーは部分的炉心溶解の苛烈さについてウソをつくようジミー・カーター大統領を説得したというのです。リコーバーは後に、この重大なる国民にたいする欺きを後悔したと述べました。


Some government officials and defense contractors say nuclear weapons are a necessary evil. May we move beyond that mentality to the belief that evil is never necessary.
政府関係者や国防省と契約を結ぶ人間のなかには、核兵器は必要悪だという人がいます。いいかげんにこんな精神構造から脱して、悪などというものは決して必要でないとする考える時ではないでしょうか。


How many more children have to be born with no hands like my Whitman College sorority sister's baby? How many more girls must be born with slits for eyes like the 11 year old daughter of a mother I met from Spokane who grew up near Hanford? How many more babies must be born with no eyes, no skulls, no hips, and missing fingers like the babies born within the infamous Hanford Death Mile? How many more little ones will have to have a leg amputated due to leukemia like my father's secretary's 5 year old daughter?
ホイットマン大学時代の友人には、手のない子どもが生れました。いったいあと何人このような子どもが生れなくてはならないのでしょう。ハンフォード付近で育ったという、スポーカンからきた母親の11歳になる目が細長く切れていた娘のような子があと何人生れなくてはならないのでしょう。忌まわしいハンフォード死の一マイルで生れた目、頭、おしり、指のない子どもがあと何人生れなくてならないのでしょう。父の秘書を務めた女性の5歳の娘は、白血病により脚を切断しなくてはなりませんでした。あと何人の小さい子どもたちがこのような苦しみを受けなくてはならないのでしょう。


As we rededicate ourselves to this cause, may we remember these radiation victims - the baby born with an oversized head, the woman born with her knees attached to her feet, the Cyclops baby born with one eye in the center of his forehead, and the young artist born with no arms, whom I met as he was painting with a brush in his mouth.
核兵器廃絶の運動にたいする献身をあらたにするにあたり、こうした放射線犠牲者を想い起こそうではありませんか。大きすぎる頭をもって生れた赤ん坊、生まれつき脚の先にひざがくっついている女性、額のまん中に丸い目をひとつ持つ巨人キュクプロスのような赤ん坊、腕がない若い絵描き。彼に出会ったとき、彼は口を使って絵を描いていました。


Even after the end of the Cold War, the world is plagued by the existence of nearly 30,000 nuclear bombs. The U.S. submarine-based Trident nuclear weapon system - the most costly and deadly in history - carries missiles armed with warheads that collectively have the destructive equivalent of 85,240 Hiroshima bombs. Michael Sprong of the Trident Resistance Network states, "Nuclear weapons are portable 'death camps' waiting to be delivered to their victims."
冷戦が終わった後ですら、世界は3万近くの核兵器の存在に苦しんでいます。(潜水艦を基地とする米国のトライデント核兵器システム(史上もっとも金がかかり、破壊的である)は、あわせて広島型原爆の8万5240発相当の破壊力をもつ弾頭を装着したミサイルを積んでいます。「トライデント反対ネットワーク」のマイケル・スプロングは、「核兵器は、その犠牲者に打撃を食らわそうと待ち構えている移動式『死の収容所』である」と述べています。


Second generation nuclear weapons and the accompanying billions spent on their design and testing perpetuate a radioactive earth where sterility and thirty-two radiogenic cancers continue to maim and kill family and friends whom we hold dear. May this conference help us recognize the fragility of life and the necessity to protect Mother Earth. Her womb is the only home we have. We Hanford Hibakusha hope that compassion and wisdom will grow from our scars. Nuclear barbarism is as heinous as the Nazi death camps, creating a "Silent Holocaust."
第二世代の核兵器と、その設計と実験に費やされる何十億ドルもの費用が、生殖不能と32種類の放射性ガンが愛する家族と友人を不具にし殺しつづける地球を、永遠に放射線に汚染された地としているのです。この大会が、命のはかなさと母なる地球を守る必要性を認識する場所となることを願っています。私たちの住みかは地球のほかないのです。私たちハンフォードのヒバクシャは、私たちの傷跡から思いやりと英知が生れることを願います。核の蛮行は、ナチスによる死の収容所と同じ凶悪行為で、「音を立てないホロコースト」なのです。


The militarization of space, using nuclear reactors and nuclear powered satellites to test Star Wars sensors, is the latest example of nuclear madness. The July 7th failure of a U.S. missile interceptor, carrying a warhead-blasting "kill vehicle" to knock out a modified minuteman intercontinental ballistic missile with a dummy warhead atop its third stage rocket, should alert the U.S. Congress of the unworkability of a national anti-missile defense system. We, at this international conference, must strive to stop the nuclearization of space by our misguided scientists and engineers.
スター・ウォーズ(宇宙戦争)のセンサーを実験するため原子炉と原子力衛星を使った、宇宙の軍事化は、核の狂気のもっとも最近の例です。先の7月7日、米国は、弾頭を爆破する「殺人ロケット」を積んだミサイル迎撃機の実験に失敗しました。この三段階「殺人ロケット」は、その先端に装着した模擬弾頭により、改造されたミニットマン大陸弾道ミサイルを破壊することを目的とするものです。この実験失敗をもって、米国議会は、全米ミサイル防衛システムが機能しないという警告を受け取るべきです。私たちは、この国際会議において、米国の誤り導かれた科学者と技術者たちによる宇宙の核武装化を阻止するために奮闘せねばなりません。


May this world gathering inspire us in the nuclear-free movement to embrace the moral task facing us with unrestrained joy, unbounded enthusiasm and unflagging optimism. May this miracle called Earth awaken the divinity within each of us and empower us to protect our one big family - our mothers in Mozambique and Martinique, our fathers in the Falklands and Figi, our brothers in Bosnia and Bangladesh, our sisters in Soweto and Syria, our nieces in Nagasaki, the Nevada Nuclear Test Site and Hiroshima, our nephews in Nigeria and Nicaragua, our uncles in the Ukraine and Uganda, our aunts in Afghanistan and Angola, our grandparents in Guatemala and Grenada, and our cousins in Cuba, Kazahkstan and Chernobyl.
この国際的集まりが、あふれる喜びと、限りない情熱と、衰えることのない楽観主義をもって、私たちが直面する道徳的課題に取り組むため、反核運動にあたらしい力を吹きこんでくれることを願います。地球という名のこの奇跡が、私たちそれぞれがもつ神の力を呼び起こし、ひとつの大きな家族である私たち全員を守る力をあたえてくれることを祈ります。ボスニアの兄弟、ソウェトの姉妹、長崎のめい、ニカラグアと広島のおい、アフガニスタンとアンゴラのおば、ウクライナとウガンダのおじ、キューバとチェルノブイリのいとこが暮らす大家族を守る力を。

そして、日本、福島のわが子たちを守る力を。


May this assembly become a global family reunion where squabbles and quarrels are no longer answered by the vicious cycle of violence but are replaced with affectionate embraces and peaceful conflict resolution. With sisterly and brotherly support, prayerful hope, and a deeply grounded faith, may this conference aid us in achieving a paradigm breakthrough -- a peaceful nuclear-free planet where a new ethics and inclusive morality ensure political, economic and social equality for all.
この集会が、つまらぬ口論やけんかにたいする応えが、暴力の悪循環ではなく、愛のこもった抱擁と紛争の平和的解決である地球に暮らす家族の再会の場となることを願います。思いやりにあふれ親身ある支援、祈りに満ちた希望、深く根ざした信念によって、この会議が考え方の転換の突破口を開く一助となることを願います。あたらしい倫理的価値観とすべてを包む道徳が、政治的、経済的、社会的平等をすべての者にもたらす、平和で核のない世界にむかって。


As we enter this magnificent new millennium, let us relinquish our Faustian fascination with the technology of destruction. For the love of God, the love of humanity, and for the love of our planet, let the floating lanterns on the peaceful Motoyasu River near Aioi Bridge, illuminate our path toward a new way of thinking. May we rededicate ourselves, resolving with our whole hearts and souls to work on this monumental challenge together. THE DREAM CAN BE REALIZED.
あたらしい千年期をむかえるにあたり、破壊の技術を使って富や権力を得るために魂を売り渡すような信仰を捨て去ろうではありませんか。神の愛と、人間の愛と、地球の愛のために、相生橋の下をゆく静かな元安川を流れる灯ろうが、新しい考え方への道を照らしてくれることを願います。決意をあらたにし、全身全霊をかけ、ともにこの巨大な挑戦に取り組もうではありませんか。夢は実現できるのです。





今までの歴史の中で、

このような切実な声が、

どれだけ発せられていたことでしょう。


福島からの声が、

今度こそ、

世界を変えて欲しいと、



大勢の日本人の平和的抗議の声が

世界を揺さぶる力になることを、


祈り、願い、信じたいと思います。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/893-7b5f2dd4

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。