スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

絶望の中の希望

 2012-08-11
INTERVIEW/ Yuko Fujita: Lone wolf physicist calls for Nagasaki's awakening
インタビュー藤田祐幸:一匹狼物理学者長崎の目覚めを呼びかける



August 10, 2012

By HIROSHI MATSUBARA/ AJW Staff Writer

Long before the disastrous nuclear accidents at the Fukushima No. 1 nuclear power plant, physicist Yuko Fujita warned that doomsday was coming.
福島第一原発の悲惨な原子力事故のずっと前に、藤田祐幸氏は、地球最後の日が来ることを警告していました。


AJ201208100010.jpg


In fact, the former Keio University associate professor was so fearful of a nuclear disaster that in 2007 he moved to the western tip of Japan, in Nagasaki Prefecture, on the upwind side from all the nation's 54 nuclear reactors. Ironically, Nagasaki is the site of the second atomic bombing in 1945.
実際に、前慶応大学助教授は原子力災害についてとても怖れ、2007年に日本の西の果て、日本の54基の原子炉の風上にある長崎県に引越したのです。皮肉にも、長崎県は1945年に、2度目の原爆が投下された場所です。


While Japan has turned a deaf ear on his doomsday warning for 30 years, Fujita, 69, suddenly became a much sought-after lecturer after last year's Fukushima accident following the Great East Japan Earthquake.
日本が地球最後の日の警告について30年間耳を貸さなかった一方で、去年の東日本大震災につづく福島事故の後で、藤田氏(69)は突然講演に引っ張りだこになりました。


Fujita has been asked to speak on the dangers of radiation exposure at citizens’ gatherings across Japan on a weekly basis. But he said in a recent interview in Tokyo, “visits to eastern Japan have become a painful trip, as I have no words to console the audience.”
藤田氏は、毎週日本中での市民の集会で、被曝の危険性についての話を頼まれています。しかし、東京での最近のインタビューで彼は言いました。「東日本へ行くのは、辛くなってきました。聴衆を慰める言葉がないからです。」


Unlike the evacuees from Fukushima, Fujita had the choice and the preparation time to move from his former home in Kanagawa Prefecture to rural farmland in Saikai, Nagasaki Prefecture, in 2007.
福島からの避難者たちとは違い、藤田氏には、自分の家を神奈川県から長崎県の西海の田舎の農場に2007年に移るという選択肢と、準備期間があったのです。


But tens of thousands of people, including mothers with young children, have no choice but to live on contaminated land in Fukushima Prefecture and elsewhere, and it will eventually take a heavy toll on their health, Fujita said.
しかし、若い母親や子どもたちを含め、何万人もの人々は、福島や他の県の汚染された地に住むこと以外に選択肢がありません。そしてそれは最終的に彼らの健康に大きな代価を払うことになるのだ、と藤田氏は話しました。


“My effort to prevent a Chernobyl-level disaster in Japan ended in failure, but Japan’s handling of the accident is far worse than the Soviet Union’s reaction to Chernobyl,” he said. “I realized I have no time to give in to despair in Nagasaki.”
「日本で、チェルノブイリレベルの災難を防ごうとしたわたしの試みは失敗に終わりました。日本の事故の取り扱いはソ連のチェルノブイリの態度よりもかなり悪いものです。わたしは、長崎で絶望に屈している時間はないと気がついたのです。」


The 1979 Three Mile Island nuclear accident convinced Fujita that the alleged safety of nuclear power plants is nearly a myth.
1979年のスリーマイル島の原子力事故が、藤田氏に、断言されていた原子力発電所の安全が神話にすぎないのだと確信させたのです。


The 1995 Great Hanshin Earthquake and several major quakes that followed convinced him that Japan had entered an era of increasing seismic activity, making a quake-induced nuclear disaster imminent in his mind.
1995年の阪神大震災とその後に続いたいくつかの大きな地震で、彼は日本が地震活動の増してくる時代に入ったと確信しました。それは、彼の心の中で、地震が原子力惨事を引き起こすことになると思わせたのです。


After the 1986 Chernobyl accident, he conducted field research in Russia in the early 1990s, and saw miles and miles of barren land, dotted with ghost towns and abandoned farmland.
1986年のチェルノブイリ事故の後で、1990年代の初めに、藤田氏はロシアでの現地調査を行いました。何マイルも、何マイルもの不毛の地と、ところどころにゴーストタウン、見捨てられた農場を目にしたのです。


The Soviet Union evicted all residents from highly contaminated areas within a 300-kilometer radius, while providing them with housing, employment and welfare measures, Fujita said.
ソ連は、半径300km以内の高度に汚染された地域から住民を立ち退かせました。そして、住居、雇用、福祉方策を施したのだ、と藤田氏は言います。


“At the time, I thought it was outrageous,” Fujita said. “But it is far more conscionable than what this country is doing--deceiving people into staying, taking advantage of their attachment to their homeland.”
「そのとき、わたしは、酷すぎると思いました。しかしそれは、いまこの国がやっていること--彼らの故郷への執着を利用し、人々をだまして留めさせることよりも、はるかに良心的なことなのです。」


If Japan takes evacuation measures equivalent in scale to that following the Chernobyl disaster, it will need to relocate several millions of people in this densely populated country, Fujita said.
もし日本が、チェルノブイリの後に行われた規模と同様の避難対策をとるとすると、人口密度の高いこの国の数百万人を移転させる必要があるのだ、と藤田氏は言いました。


“It probably means that this country will go bankrupt,” Fujita said. So, the government must at least provide financial and other support to families who wish to raise their children on safe land, he added.
「それはおそらく、この国が破綻することを意味するでしょう。」故に政府は少なくとも子どもを安全な土地で育てたいと望む家族の金銭的、その他の支援を提供しなければならないのだ、と彼は付け加えました。


In the former Soviet Union, “perestroika” reformist scholars, doctors, politicians and activists broke down the barriers of information control by old-guard cronies that tried to play down the damage caused by Chernobyl, Fujita said.
前ソ連では、ペレストロイカ革新派の学生、医師、政治家、活動家たちが、チェルノブイリが引き起こした損害を小さく見せようとしていた保守派の取り巻きの障壁を打ち砕いたのだ、と藤田氏は話しました。


In Japan, the only hope lies in protest movements by citizens, who, demanding a nuclear-free Japan, gather in the tens of thousands in front of the Prime Minister’s Office every Friday night, he said.
日本での唯一の希望は、毎週金曜日の夜に首相官邸前で集う、脱原発を求める市民の抗議運動にあるのだと言います。


kni_bor_20120812150004.jpg
レイバーネット日本より


“The fact that tens of thousands of nonpartisan people are demanding a say means a turning point in Japanese democracy,” he said. “I hope it will continue on so that it will prevent the government’s attempt to cover up nuclear damage.”
「何万人もの党派に属さない人たちが発言を要求しているのは、日本の民主主義の転機を意味するのです。これが継続し、原子力が与える損傷について隠蔽しようとする政府の試みを防ぐことになることを望んでいます。」


In his home in Nagasaki Prefecture, Fujita is calling for the people to make a renewed commitment to movements to prevent further nuclear disasters from occurring.
長崎の自宅で、藤田氏は更なる原子力惨事が起こることを防ぐための運動に新たに献身することを人々に呼びかけています。


The amount of radiation spewed from the Fukushima accident was far greater and reached far more extensive areas, compared to the atomic bombing of Nagasaki, Fujita said. Work to decommission the plant has no end in sight, posing the threat of further unchecked radiation releases for years to come, he said.
福島事故から放出された放射能の量は、長崎に落とされた原爆に比べてはるかに多く、はるかに広大な地域にまで達したのだ、と藤田氏は述べました。発電所での除染作業は終わりが見えません。確認されない放射能の放出が、この先何年も続く恐れがあるのだ、と言います。


“Also there is a fundamental, structural difference--unlike the atomic bombing, we are not only the victims but also the victimizers this time,” he said.
「また、原子爆弾と違い、根本的な構造的な違いがあるのです。わたしたちは犠牲者であるだけでなく、今度は、誰かを犠牲にしている立場でもあるのです。」





陸に放出された放射性物質がチェルノブイリの何分の1であろうが、何倍であろうが、

おきてしてしまった後の対応により、

被害は、何十分の1にも、何百倍にもなるでしょう。



今のままでは、

何もかもが、事態を悪化させているとしか感じられません。



本当に、

絶望している場合ではなく、



日本の民主主義の転機が、

国の行方を変えてくれることを、


願って止みません。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/891-b391017a

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。