スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

果てしなく悲しいシーフード。。。

 2012-08-07
Radioactive cesium found in Japan’s fish, seawater
日本の魚、海水で発見された放射性セシウム


05 August, 2012, 13:37

Harmless traces of radioactive cesium have been discovered in fish and seawater in several areas of Japan, as the country continues to debate whether their fish is safe to consume and anti-nuke protests grow in the wake of the Fukushima disaster.
害のない少量の放射性セシウムが日本のいくつかの地域の魚と海水から発見されています。そして、それらの魚を消費するのが安全かどうかについての論争が続き、福島惨事の後に反原発抗議が高まっています。

japanese-nuclear-hirakata-fish_n.jpg
Japanese women sort through freshly caught fish at the Hirakata fish market in Kitaibaraki, Ibaraki prefecture, south of the stricken Fukushima daiichi nuclear power plant number 1 on April 6, 2011 (AFP Photo / Toru Yamanaka)


Japan’s Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) stated that radioactive cesium, presumably from the crippled Fukushima I nuclear plant, was found in seawater and fish in several regions of the country, Russian news agency Itar-Tass reported from Tokyo.
日本の文部省が、おそらく福島第一原発からと思われる放射性セシウムがいくつかの地域の海水と魚に発見されたとのべた、とロシアのItar-tassニュースが東京から伝えました。


The aquatic radiation was detected in central Japan (Shizuoka Prefecture), the western part of central Honshu (Niigata) and the country’s northeast (Iwate).
本州(静岡県、本州の西(新潟県)、そして東北(岩手県)ので水生放射能が検出されました。


The concentrations of radioactive particles are very small, and pose no health risks to humans, MEXT said. The ministry believes that cesium may have traveled to the area in rainfall.
放射性粒子の濃度はとても低いので、人間の健康へのリスクはない、と文部省は言います。文部省はそのセシウムが雨によってその地域に運ばれたのだろうと考えています。

4highres_00000402673287.jpg
From Voice of Russia, Photo: EPA


Radioactive cesium is a human-made radioactive isotope produced through the nuclear fission of the element cesium. It has a half-life of 30 years, making it extremely toxic.
放射性セシウムは、セシウム元素の核分裂を通して作られる人工放射性同位体です。半減期が30年で、極度に毒性が強くなります。


Earlier this year, low levels of radioactive cesium were found in fish just off Japan’s east coast, which was believed to have originated from the Fukushima plant.
今年の初めに、日本の東海岸沿いの魚から低レベルのセシウムが発見されました。福島原発からのものだと考えられています。


The Ministry continues to closely monitor and verify traces of radiation in seawater and fish following the 2011 nuclear disaster at the Fukushima-Daiichi complex.
文部省は引き続き綿密なモニタリングを続け、福島第一原発施設の2011年の放射能惨事に続き、海水と魚に見られるものを検証します。



How safe is Japan’s fish and seafood?
日本の魚や海産物はどのくらい安全?


Many countries restricted their food imports from Japan in the wake of the catastrophe. India suspended food imports from Japan for three months in April 2011, fearing radioactive contamination. The EU imposed tighter radiation controls on its imports of food and animal feed from Japan.
多くの国々が、その大惨事の後、日本からの食品の輸入を規制しました。インドは、2011年4月から3ヶ月間、日本食品の輸入を、放射能汚染の懸念から、中止しました。ヨーロッパ連合は、日本からの食品と動物のえさの輸入について放射能管理を厳しくしています。


ジェトロ:原発事故にともなう日本産農林水産物・食品への安全性検査等規制の動向
事故前の通常通りに戻っているのは、カナダ、ニュージーランド、メキシコのみです。。。


The full extent of the spread of radioactive contamination in Japan remains unclear. The discovery of radioactive Japanese fish and seawater could further damage Japan's flagging seafood industry.
日本での放射能汚染拡散の全体の規模は、まだ明らかではありません。日本の魚や海水が放射能汚染されていたという発見は、日本の落ち込んでいる水産業に更に打撃を与えるかもしれません。


Reports of contaminated seafood are worrisome for the country, since contaminated seawater and fish move in uncontrollable and untraceable paths.
汚染海産物の報告は日本にとって心配の種です。汚染された海水や魚の動く経路は、管理不能で追跡できるものではありません。


Low levels of nuclear radiation from the Fukushima disaster were detected in bluefin tuna off the California coast in May of this year, suggesting that fish are carrying the contaminants across the Pacific Ocean faster than wind or water. US researchers carried out a study showing the tuna were responsible for transporting radionuclides from the 2011 Fukushima disaster across the entire North Pacific Ocean.
福島惨事からの低レベルの放射能が、今年の5月に(サンプルは去年の8月のものです)カリフォルニア沿岸のクロマグロから検出されました。それは、風や海水より魚の方が早く太平洋を渡り、汚染を運んできたことを示しました。アメリカの調査員たちは、マグロが北太平洋を渡り、2011年の福島惨事から放射性核種を運んできたことを示す研究を行ったのです。


Many question whether fish from the Pacific Ocean and Japan’s coastal waters are safe to eat in the wake of the Fukushima disaster. Japanese officials and many scientists say they are, but the data on radiation levels in Japan’s fish stock tells a different story.
多くの人が、太平洋や日本沿岸で取れた魚を福島災害の後に食べても安全なのか、疑問に思っています。日本政府や多くの科学者たちは、安全だと言いますが、日本の魚の放射能レベルのデータは、違うことを物語っています。


Radiation levels are high in many species that Japan has exported to Canada in recent years, such as cod, sole, halibut, landlocked kokanee, carp, trout and eel. And radiation levels in certain species are higher this year than in 2011, Vancouver’s Straight.com reports.
タラ、ヒラメ、ヒメマス、コイ、マス、ウナギのような、最近日本がカナダに輸出した多くの種の放射能レベルは高く、種類によりそのレベルは、2011年より今年のほうが高くなっていると、バンクーバーのStraight.comがレポートしました。


The highest levels of cesium in fish were detected in March, a year after the accident, when a landlocked masu salmon caught in a Japanese river was found to have 18,700 Becquerel of cesium per kilogram, or 187 times Japan’s legal limit for radiation in seafood. (A Becquerel is a unit of radioactivity equal in which one nucleus decays per second).
事故から1年後の3月に最も高いレベルのセシウムが発見されたのは、日本の川で獲れたヤマメで、1kgあたり1万8700ベクレル、日本の海産物の基準値の187倍でした。(ベクレルとは、1つの原子核が1秒に崩壊する放射性単位です。)


Tim Takaro, an associate professor at Simon Fraser University, now avoids eating fish from Japan: “I would find another source for fish if I thought it was from that area,” he told Straight.com. “There are way too many questions and not enough answers to say everything is fine.” Takaro is a member of the Canadian anti-nuclear group Physicians for Global Survival.
サーモンフレーザー大学の助教授、ティム・Takaro氏は今では日本からの魚を食べないようにしています。「その地域からのものだと思った魚は、他のものを探します。あまりにも疑問が多く、全てが大丈夫だと言うのに十分な答えがないのです。」と、Straight.comに対して話しました。Takaro氏はカナダの反核団体、グローバルサバイバル医師団のメンバーです。


The Fukushima tragedy has shattered Japanese faith in the country’s decades-long reliance on nuclear energy, with several large anti-nuclear demonstrations taking place in the country in recent months.
福島の悲劇は、日本の長年の原子力エネルギーへの依存に対する信頼を打ち砕きました。最近何ヶ月かの間、脱原発の大きなデモが起こっています。





当事国の日本から、今頃になってこのような事が伝えられる事自体に、

果てしない不安を感じます。。。


現在バンクーバー島キャンベルリバーでバケーション中。

islandinsetmap.jpg

ここは、サーモンフィッシングのメッカ。

息子たちは、サーモンを釣りに、今朝5時起きして海に出ました。

ここの海峡は、太平洋の汚染シュミレーションでも、

バンクーバー島の東海岸に守られて、汚染が入って来ずらいところのようです。

回遊魚は、全く気休めになりませんが。。。


1年前の8月のこの地区の海からのサンプル検査は、セシウム不検出でした。

ちなみに、

ホテル内の線量 0.047マイクロSv/時

海辺の一番高い所で0.087マイクロSv/時

でした。


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/887-bd94291d

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。