スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

The real “betrayer” and “unpatriotic” to Japan~本当の裏切り者・非国民

 2012-08-01
「原子力規制委員会人事案に異議あり!」記者会見
Press conference: Objection against the suggested candidate for the head of New Nuclear Regulatory Commission


日本語は、みんな楽しくHappy♡がいい♪
から、転載しました。(ちょっと訂正しました。)




私は昨年の8月、福島県郡山市から家族で静岡に自主避難をした長谷川と申します。
昨年の夏、私たち夫婦は、今までの全てを失っても子どもだけは守り抜く、との選択をしました。
My name is Hasegawa. I left Koriyama, Fukushima last August with my family and voluntarily moved to Shizuoka. We made decision to choose the way to protect my child no matter what, even if we lost everything else.


Picture1_20120802153314.jpg


それから4カ月経った昨年12月6日は、息子の6歳の誕生日でした。しかし私にはこの日、異郷の地で初めて誕生日を迎えた息子をおいても行かなければならない場所がありました。
4 months had passed since then, on December 6, it was my son’s 6th birthday. But I had to go somewhere leaving him behind, even though it was the first birthday of my son at the new place far from our hometown.


この日は政府の原子力賠償紛争審査会で、一つの決着がつく日でした。自主的避難者の権利。この問題は、福島が見舞われた数多くの問題の中で、私にとっては当事者中の当事者。譲れない問題でした。
That was the day when we were supposed to get the government's final decision about the dispute over the compensation from nuclear disaster. The right of voluntary evacuation. I am the very center of that issue among many other affects that the residents of Fukushima had to experience.


福島を離れるにあたって捨て去った多くのもの。味わった屈辱。そして、子どもたちの未来を背負って私はその場所に向かいました。
So many things that we had to abandon when we left Fukushima. Disgrace that we suffered. . And I headed to the place with our children’s future on my shoulder that day.



しかしそこには思いもよらない光景が待っていました。
But the scene there was totally unexpected.


賠償金は妊婦・子どもは50万、
"Compensation should be 500, 000 yen ($5,000) for pregnant woman and child.

いや、40万、高すぎる!30万か
No, it’s too much! 300,000 yen ($3,000).

大人は10万以下だろう
Smaller than 100,000 yen is good enough for an adult.

8万、いや、5万だ!
No, 80,000 yen ($800)! NO, 50,000 yen ($500)!"


私たちはセリにでもかけられているのだろうかと耳を疑いました。
It looked like we were sold by auction. I could not believe what I was hearing.


前に座って聴聞していたお母さん方の中には、嗚咽を漏らして泣き崩れる人もいました。
場内は怒涛に包まれました。
Some Moms who were listening to them sitting in front of me fell and were sobbing. The building got filled with turmoil.


そして、そんな光景の最後にさらに異様な光景が続きました。会合も終わろうとしている時、一人の男性が半ば強引にマイクを握りました。
Then even more bizarre thing followed. When the meeting was about to end, a man grabbed the microphone all of the sudden.


田中俊一氏でした。
It was Mr. Shunichi Tanaka. (Government suggested candidate for the head of New Nuclear Regulatory Commission)

news5095821_6.jpg



氏は我々の目の前で「放射線被ばくの恐怖と不安は個人差も大きく、賠償という形で対応することが克服する最も適切な方法であるとは考えていません」と言い放ちました。
He declared, “I believe that compensation should not be the best way to overcome this situation where each person has the very different level of fear and anxiety about radiation exposure.”


私はここで、田中俊一氏が改めて私たち家族の敵、福島の敵であることを確認しました。
I reconfirmed that he is an enemy of our families, an enemy of Fukushima.


震災から1年5カ月が経とうとしている今、福島は不安と分断の中にいます。
After one year and 5 months have almost passed since the disaster, Fukushima is in the middle of uncertainty and separation.


「ふるさとを守りたい」「子どもを守りたい」との狭間で、多くの親が心を痛めています。
Many parents are grieved between “wish to save their own home town” and “wish to save their children”.


そしてその原因となっている事柄は、非常時の名のもとに、放射線基準値を20倍もの年間20ミリシーベルトに
までも引き上げ、まずは経済を守ろうとの美辞麗句で福島の人々を被ばく地に押しとどめて、命を軽視し、命を値切る人々なのです。
What causes this pain are the people who raised the radiation exposure limit by 20 times, 20 mSv per year, and have forced Fukushima residents stay in the contaminated area to protect the economy, trying to convince public by using all sorts of flowery words, but in fact they neglect and bargain our lives.


そしてその集団の最たる人物が、長崎からやってきて安全神話をいち早く構築して、今も福島医大の副学長として居座り続ける山下俊一氏や、また、彼自身が自らの口で、「原子力の平和利用を先頭に立って進めてきた者として、国民に深く陳謝いたします」と、謝罪会見をしたことでも明らかである、日本の原子力問題の推進者中の推進者、田中俊一氏なのです。
And the worst persons in this flock are Shunichi Yamashita who was from Nagasaki, established Safety Myth and still stays at Fukushima Medical University as a vice-president and Shunichi Tanaka who stated “I apologize deeply (what happened in Fukushima) to all of you as a leader who has promoted peaceful use of nuclear power." It’s apparent that he is an aggressive pro-nuclear power.

d9e08b16.jpg



私はあえて申します。
I dare tell you,


私たち自主避難者は福島を離れる時「裏切り者」「非国民」との周囲の罵りを受けた人も少なくありません。しかし、今もなお20ミリシーベルトを撤回せず、人命を軽視する彼らこそ、福島県民、そして日本国民に対しての「裏切り者」「非国民」でありましょう!
that many of us who left Fukushima voluntarily were abused with the words like “betrayer” or “unpatriotic”. But the people who do not withdraw 20 mSv limit and neglect our lives are the real “betrayer” and “unpatriotic” to the residents of Fukushima and Japanese people as a whole.


私はこれからも叫び続けます。「子どもたちを守ろう」と。
I’ll keep speaking up. “We save our children!”


qs2_bor.jpg



それが、あの日ひっそりと福島を後にした朝の、家内と息子の寂しい笑顔に報いる自分自身の闘いである。福島の親として、未来の子孫への責務と心得るからであります。
This is my fight to reward the sad smiles of my wife and my son when we left Fukushima quietly that day. As a parent from Fukushima, I believe it is my responsibility for our descendants of our future.






日本人として、
As Japanese,

未来の子孫への責務を重く受止めている大勢の人たちは、
Many of us, who take our responsibility seriously for our descendants of our future,

本当の裏切り者を、
will NEVER allow the real betrayers

決して野放しにはしません。
to do whatever they want.



福島を後にしなければならなかった人たちと、
This is our fight

福島に今でも暮らし続ける人々の、
to reward the sad sad smiles of people who had to leave their home town behind


寂しい笑顔に報いるために。
and those who made a hard decision to stay and still live there.



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/885-c93cea8e

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。