スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島の子どもの検査は、子どもたちのために!

 2012-07-27
Fukushima - Local Children Unwitting (and Unwilling) Radioactive Guinea Pigs
福島-無意識のうちに(不本意の)放射性モルモットになる地元の子どもたち


By. John C.K. Daly of Oilprice.com

5f01115cc9ded6664766584ad4c11144.png

July 26, 2012 7:06 PM GMT

Seventeen months after the earthquake and tsunami that destroyed the Tokyo Electric Power Company's six-reactor complex at its Fukushima Daiichi, discussions continue about the possible effects of the radiation "dusting" the prefecture's inhabitants received, and their consequences.
福島第一にある東京電力の6つの原子炉の施設を破壊した地震と津波後17ヶ月、福島県の住民に散粉した放射能の影響と、その結果についての議論は続いています。


Far outside most media coverage, 2012 is shaping up to be the media battleground between the massed proponents of the ongoing 'safety' of nuclear power, as opposed to a motley coalition of environmentalists, renegade nuclear scientists and anti-nuclear opponents, largely bereft of media contact.
ほとんどの報道のずっと外側で、2012年は、進行中の原子力の「安全性」について結集した提唱者たちと、それに反対する、主に環境保護主義者、変節した原子力科学者と反核の相手方との間で、メディアの戦場という形になっています。


The 11 March 2011 earthquake and tsunami double punch that effectively destroyed Tokyo Electric Power Company's power plant complex has effectively become the newest "ground zero" in the debate over nuclear power. Advocates pro and con debate the implications of everything from the amount of damage to the release of radionuclides to the long term health effects on the Japanese population.
東京電力の原子力複合施設を事実上破壊した2011年3月11日の地震と津波のダブルパンチは、原子力を巡る討論においては、最新の「グランドゼロ(爆心地)」となっています。賛否両様の代弁者たちは、損傷の額から、放射性核種の放出、日本人の与える長期の健康被害に至るまで討論します。


Picture1_20120728154408.jpg


The stakes are high - quite aside from Japan's multi-billion dollar investment in civilian nuclear energy, dating back to the 1960s, there remains the issues of Fukushima's radioactive debris polluting neighbours.
掛け金は高いです。1960年代にさかのぼり、民間の原子力エネルギーに日本の何十億ドルをも投資して来たことはさておき、近隣を汚染する、福島の放射性瓦礫の問題が残っているのです。


All sides in the debate are playing for massive stakes, with the Japanese government and the nuclear industry broadly indicating the issue is under control. Accordingly, every issue from the amount of radiation released to the long term health consequences of the Fukushima disaster are subject to acrimonious debate.
その討論の全ての立場は、巨大な賭けをしています。日本政府と原子力業界は幅広く問題が制御されていると示唆しています。それゆえに、放出された放射能の量から福島惨事の長期に渡る健康障害に至るまでの全ての問題は、辛らつな討論の対象となっています。


That said, there is an involuntary irradiated "test" Fukushima group monitored since March 2011 displaying disturbing health abnormalities that may ultimately decide the debate, should the global media report it, forcing governments to debate its consequences.
2011年3月以来モニタリングされている不本意な福島の被曝「試験」グループが示す健康異常は、究極的な討論を決定するもので、万が一世界的なメディアで報告されたら、政府が被曝の結果を討論せざるを得なくなるだろう、と言われています。


The children of Fukushima.
福島の子どもたち


The issue of nuclear radiation on human health cites besides Fukushima the August 1945 U.S nuclear bombings of Hiroshima and Nagasaki and the April 1986 explosion of the Chernobyl reactor complex in Ukraine, but in reality, there are no comparisons to evaluate Fukushima.
放射能が人類の健康危機をもたらす問題について、福島以外に引き合いに出すとすれば、1945年8月の、広島・長崎にアメリカが落とした原爆と、1986年4月のウクライナのチェルノブイリ原子炉複合施設の爆発ですが、現実的には、福島を査定するのに、比較できるものはありません。


The 1945 U.S. Hiroshima and Nagasaki bombings were weapon "air bursts," raising no nuclear debris from the ground. Furthermore, the Japanese medical establishment had no experience with the problem and when U.S. military forces arrived over a month later, information about the human cost of the bombings was censored for decades. Showing pictures of destroyed buildings, okay - showing victims with kimono patterns seared into their skin, no.
1945年、広島・長崎の爆弾は、空中破裂する武器でした。地上から、核の瓦礫を出すことはなかったのです。更に、日本の医療は、その問題を確定する経験は全くありませんでした。1ヶ月以上経ってアメリカ軍がやってきたとき、爆弾が人間に与えた被害についての情報は、何十年も検閲されていました。建物を破壊した写真を見せるのはOK-着物の模様が皮膚に焼き付いている犠牲者の姿を見せるのは、NO


As for Chernobyl, the 26 April 1986 catastrophe represented a major black eye for Soviet General Secretary Mikhail Gorbachev's "glasnost" policy. Thanks to the heroic efforts of Soviet emergency workers, the Chernobyl smoking nuclear roman candle burned for nine days before being extinguished.
チェルノブイリといえば、1986年4月26日の大惨事は、ソ連ミハイル・ゴルバチョフ書記長のグラスノスチ政策(社会問題をより自由に議論することを許すソビエト政府の政策)の主な悪評を表していました。ヒーロー的なソビエトの緊急作業員の努力のおかげで、チェルノブイリの煙たい核の花火は、9日間後に消火されました。


In contrast, Fukushima Daiichi has been like a suppurating wound, leaching radionuclides into the environment since March 2011, and since then furious arguments have swirled about not only how much radiation Fukushima released, but the potential long term health consequences.
それとは対照的に、福島第一は、膿んだ傷口のように、2011年3月以来、放射性核種を環境中に滲出し、それ以来、福島が放出した放射能の量だけでなく、長期に渡って健康に与える影響についての怒りに満ちた議論が渦を巻いているのです。


But both disputes ultimately devolve into pure speculation.
しかし、どちらの議論も、最終的には、純粋に憶測に委ねています。


Only two months ago TEPCO stated that the Fukushima debacle may have released twice as much radioactivity than Japan's government initially estimated.
たった2ヵ月前に、東電は福島の大出水が、当初日本政府が推測したよりも2倍の放射性物質を放出したかもしれないと述べました。


Accordingly, how can anyone estimate long term health effects when actual exposure rates are unknown?
実際の被曝量が分からずに、長期に与える健康の影響を誰が予測できるのでしょう?


That said, scientists do have a well defined test group - the population of Fukushima Prefecture surrounding the stricken NPP.
科学者たちには、明確に定義された試験グループがある、と言われています。破壊された原発周辺の福島県の住民です。


nn20111010a1a.jpg


And the sixth report of the Fukushima Prefecture Health Management Survey, which was released in April, revealed after the survey examined 38,114 local children that 36 percent of Fukushima children have abnormal thyroid growths.
4月に発表された、福島県健康管理調査の第6回目の報告では、3万8114人の地元の子供たちを検査した後で、36%の福島の子どもたちに、甲状腺の異常な腫瘍が見られたことが明らかになりました。


The Fukushima Prefecture Health Management Survey revealed that 13,460 children, or 35.3 percent, had thyroid cysts or s up to 0.197 inches long growing on their thyroids and 0.5 percent of the children had growths larger than 0.197 inches.
福島県健康管理調査は、1万3460人の子供たち、あるいは、35.3%の子どもたちに、甲状腺に発達している長さ0.197インチ (5mm)までの脳腫あるいは結節があり、0.5%の子どもたちには、5mm以上のものがありました。


So, why might this be significant? According to the American Thyroid Association (ATA), thyroid problems from nuclear events occur when radioactive iodine is leaked into the atmosphere and thyroid cells that absorb too much of this radioactive iodine may become cancerous, with children being particularly susceptible.
なぜこれが重要なのでしょう?米国甲状腺協会(ATA)によると、原子力事故からの甲状腺の問題というのは、放射性ヨウ素が大気中に漏洩し、甲状腺の細胞が、その放射性ヨウ素を吸収しすぎることで、発癌の可能性が出てくるといいます。子どもが特に影響を受けやすいということです。


Furthermore, the ATA reports noted that thyroid cancer "seems to be the only cancer whose incidence rises after a radioactive iodine release" and that that babies and children are at highest risk. The estimated lifetime radiation doses among the children are still low, but they do exist, the Japan's National Institute of Radiological Sciences stated at a 10 July international symposium in Chiba Prefecture.
さらに、ATAの報告は、甲状腺癌が、「放射性ヨウ素の放出の後に症例が上昇する唯一の癌であるようで」、乳児と子どもが一番危険性が高い、と述べています。予測される子どもの生涯被曝量は、まだ低いとされていますが、存在はするのだ、と放射線医学総合研究所は、7月10日に千葉県で開かれた国際シンポジウムで述べました。


AD20110316560790-Japanese20medica.jpg


Who cares about such an arcane issue? Well, the National Institute of Radiological Sciences conclusions refute the government's assertion that Japanese children in effect received zero thyroid radiation doses from Fukushima.
だれが、そのような、難解な問題を気にするのでしょう?放射線医学総合研究所の結論は、日本の子供たちが実際に甲状腺にうけた放射線がゼロだという政府の主張の誤りを明らかにするものです。


Re Fukushima children's health, the news just gets better. Two months ago Tokyo Shinbum reported that 60 percent of Fukushima children under 12 have tested positive for diabetes, according to Dr. Miura, the director of Iwase's general hospital.
福島の子どもたちの健康についのニュースは回復しています。2ヶ月前、岩手総合病院の理事、ムラタ医師によると、検査をした12歳以下の60%の福島の子どもたちが、糖尿病であることが分かったと、東京新聞がレポートしました。


Why, possibly?
なぜ、そのような可能性があるのでしょう?


Because the Strontium-90 radioactive isotope quickly decays to become Yttrium-90, which can concentrate in the pancreas, causing pancreatic cancer or diabetes. That said, while noting the abnormality, Dr. Miura declined to link it to Fukushima radiation exposure.
なぜなら、ストロンチウム90の放射性核種は、すばやく崩壊し、すい臓に濃縮するイットリウム90になり、すい臓癌や糖尿病の原因となるのです。故に、ムラタ医師には、その異常が福島の放射線被曝に関係していると思われるのです。


So, where does the Japanese government go from here?
それならば、日本政府はこの状況からどこに向かうのでしょう?


It might do worse than to follow the advice of Australian pediatrician Dr. Helen Caldicott, who after observing that "It is extremely rare to find cysts and thyroid nodules in children," added that "you would not expect abnormalities to appear so early - within the first year or so - therefore one can assume that they must have received a high dose of (radiation)" before concluding, "it is impossible to know, from what (Japanese officials) are saying, what these lesions are."
オーストラリアの小児科医、ヘレン・Caldicott医師の忠告に従うことはないのかもしれません。彼女は、「子どもに脳腫や甲状腺結節が見られるのはとても稀なことです。ふつうは、こんなにも早く、1年やそこらで、異常は予測しないでしょう。ということは、高線量(の放射線)を受けたに違いないと思われるのです。」と、この現象を見て彼女は言い、話を終える前に、「これらの障害が何なのか、(日本当局が)言うことからは、それを知ることは不可能です。」と言いました。


radiation_meter_AP110627132746_244x183.jpg


Calidcott also noted that Japanese officials are not sharing the ultrasound results with foremost experts of thyroid nodules in children before noting, "The data should be made available. And they should be consulting with international experts ASAP. And the lesions on the ultrasounds should all be biopsied and they're not being biopsied. And if they're not being biopsied then that's ultimate medical irresponsibility. Because if some of these children have cancer and they're not treated they're going to die."
Calidocott医師はまた、日本政府が超音波の結果を、子どもの甲状腺脳腫における最前線の専門家と共有しないことに言及しました。「一刻も早く、国際的な専門家たちに相談するべきなのです。そして、超音波で障害があったものは全て、組織検査されるべきですが、それはされていません。もし組織検査されなければ、それは、医療において、究極に無責任です。もし、これらの子どものうち何人かに癌が発症していて、それが治療されなければ、その子どもたちは死んでいくのです。」


Nothing to see here, move along - unless your child is part of that 35.3 percentile.
何も問題がないと感じるなら、前に進みましょう。―あなたの子どもが、その35.3%の一人でないのなら。


Still, something for Westerners to think about the next time their government promotes building a nuclear power plant nearby - or if you live close to an existing one.
それでも、西洋人にとって、自分たちの政府が近くの原発建設を促進しようとしていたら、あるいは、原発の近くに住んでいるのなら、これは、考えるべきことなのです。





でも。。。。


被曝障害のデータを、

何に使うのでしょう???



自らの国民を守ること、

自分の国の子どもたちを守ること以外に???



データを取り、放射能が人間に与える影響を明らかにするのは

大事なことだと思います。

そして、

その治療を進化させていくのは、

もっと大事なことだと思います。



そして何よりも、

被曝による様々な症状とともに、

人々が尊厳を持って生きていける社会を築くことが

これからの日本に究極に求められていると、


ただただ、

そればかりを願っているのです。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/880-41f3fe71

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。