スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

責任の存在しない、日本の民主主義

 2012-07-24
japan_times_logo.jpg
 ジャパンタイムズからです。


ちなみにジャパンタイムズは。。。

日本の英字新聞。現存では日本最古の英字新聞社。本社は東京都港区芝浦にあり、モットーは「ALL THE NEWS WITHOUT FEAR OR FAVOR(厳正公正な報道)」であり、毎号、題字の上に印刷されています。日本国外からではなく、日本から発信されているものです。念のため。。。

topbanner_20120725101100.jpg


Wednesday, July 25, 2012

Japan's accountability crisis
日本、責任の危機


By CHRISTOPHER HOBSON
Special to The Japan Times

christopher_hobson.jpg

A defining feature of democracy is that it has been the best form of government for ensuring accountable rule. One important element that distinguishes it from authoritarian regimes is that there are certain institutions, checks, procedures and laws that allow the general public to hold their leaders to account. The system is far from perfect, but in theory (and generally in practice) no one is above the law. And the ballot box has proven to be a relatively successful mechanism for making sure politicians do not overstay their welcome.
民主主義の特徴を定義すると、責任の法則を確かにする政府の最善の形、です。独裁政権から区別する1つの重要な要素は、一般市民が、主導者に責任を取らせることのできる機関、監視、手順と法があるということです。(日本の)仕組みは完全なものからあまりにもかけ離れています。しかし、論理的に(一般的に実践において)誰も法の上にいるわけではありません。そして、長居をしてきらわれる政治家が出ないための仕組みは、比較的成功していることを、投票箱がして示しています。


One of the great virtues of democracy is that it avoids the kind of scenarios which appear when authoritarian regimes fall, as was witnessed when former Libyan strongman Moammar Gadhafi was finally held to account at the point of a bayonet.
民主主義の美徳の1つは、前リビア独裁者のガタフィ大佐が、結局は刀剣を突きつけられて責任を取らされたような、独裁政治が崩れたときに現れるシナリオを避けるところにあります。


A very troubling and negative trend, however, is the increasing breakdown of accountability mechanisms in our democracies today. This is an important issue everywhere, but it is a particularly relevant and pressing concern here in Japan. Democracy in this country has always had its faults, but the way much of the ruling class has responded to 3/11 and the Fukushima disaster has highlighted how broken this system has become.
しかしながら、とても厄介な負の傾向は、今日のわたしたちの民主主義における責任メカニズムの崩壊が進行していることです。これは、いたるところで重要なことです。しかし、それは、特に日本で当てはまり、懸念を促がすものです。この国での民主主義は、常に欠陥がありました。しかし、3月11日と福島事故の対応をしてきた政権の多くのやり方は、このシステムがどれだけ崩壊していたのかを強調することになりました。


Despite Fukushima being one of the most serious nuclear accidents in human history, and the independent investigation commission to the Diet clearly determining that it was "a man-made disaster," few have been held accountable for what happened.
人類の歴史において最も深刻な放射能事故の1つとなり、独立した調査委員会が議会に対し明らかに「人災である」と結論したにも関わらず、起こったことについての責任はほとんど取られていません


Naoto Kan is no longer prime minister, but the way he was forced from office by his own party was hardly a sterling example of democracy at work. Regardless of Kan's responsibility in contributing to the way the Fukushima crisis developed, singling him out did little to address the real source of the disaster, which stemmed from complacency and collusion between the government, the bureaucracy and the nuclear industry.
菅直人氏は、もはや主相ではありませんが、彼が自分自信の党により官邸を追われたやり方は、とても作用している民主主義の真の姿とはいえません。福島の危機が進行したことに加担した菅氏の責任にかかわらず、彼だけを取りざたすることは、政府、官僚、原子力業界の自己満足と馴れ合いから生じた惨事の本当の原因に取り組んだことには、ほとんどならなかったのです。


This was a major conclusion reached by the independent commission: "the root causes were the organizational and regulatory systems that supported faulty rationales for decisions and actions, rather than issues relating to the competency of any specific individual." Accountability is not just about individuals: it is about their collective behavior, and is necessary at this institutional level for democracy to function properly.
これが、独立した委員会が至った主な結論でした。「原因の根本は、特定の個人の能力というよりも、判断と実行のために間違った理論的解釈に支えられた組織的、規制的システムにあります。」それは、集団的な態度についてであり、民主主義が適切に機能するための制度レベル(についての追求)が必要なのです。


It has now become apparent that the shock of 3/11 and Fukushima has not been enough to engineer the real changes Japanese democracy needs. If anything, it seems like there is a gradual attempt to return to "business as usual." The ease with which petty-minded party politics reappeared in the months after the disaster is illustrative of how poorly Japanese politicians appreciate their roles as representatives of the greater good.
3月11日と福島の衝撃が、日本の民主主義に必要な真の変化を工作するには充分ではなかったことが明らかになりました。。何かがあるとすれば、それは、「日常」に戻るための、緩やかな試みがあるように思われます。心の狭い政党政治が、災害の数ヶ月後に再び現れた緩みは、日本の政治家たちが、もっとはるかに偉大なものの代表としての、自分たちの役割の認識がいかに乏しいかを例証しています。

Likewise, the mindset of Tokyo Electric Power Co. and the other power utilities indicates that their own narrow interests continue to override other concerns, such as the welfare of the residents of Fukushima. Tepco has failed to take sufficient responsibility for what happened, and the government has not done enough to hold it to account.
同様に、東電や他の電力会社の考え方は、福島の住民のような他の人たちの懸念より、彼ら自信の狭量な利益の方が、未だに優先していることを示しています。東電は、起こってしまったことに対する充分な責任を果さずにいます。そして、政府はそれを果たさせるために充分なことをしていません。


Given that the serious institutional problems that led to Fukushima have yet to be earnestly addressed, how confident can we be about the decision to move ahead with restarting nuclear plants elsewhere in Japan? The haste with which the government and Kansai Electric Power Co. have pushed to restart the Oi nuclear power plant suggests a deeply troubling situation, namely, that those in power are actively trying to ignore the lessons of Fukushima. Yet Fukushima cannot be another inconvenient truth. Japan must face up to what happened, properly care for those affected, and make sure that such a catastrophe is not repeated.
福島を招いた制度上の深刻な問題が真剣に取り組まれていないことを考えれば、日本の他のどこかで、原発を再稼動させるという判断について、どうしたらわたし達は確信できるというのでしょう?政府と関西電力が大飯原発の再稼動を押し通した性急さは、深遠な苦悩を暗示しています。すなわち、権力のある者たちが、福島の教訓を積極的に無視しようとしているということです。しかし福島は、もう一つの不都合な真実にはなり得ません。日本は何が起こったのかを直視し、被災者たちを適切にケアーし、このような大惨事が繰り返されないことを確実にしなければなりません


Picture1_20120725150040.jpg


The Fukushima disaster forces us to think about what democracy without accountability might mean. What is left in democracy if this crucial element disappears? Accountability works to promote good government and the proper use of power, and it is an important aspect that separates democracy from more authoritarian forms of rule. It acts as a powerful standard against which to criticise and challenge politicians and other actors in a democratic system. Such practices are not about punishment or blame, but about ensuring a culture of rule that prioritizes the interests of the general public, and not private or particular concerns.
福島事故は、責任の存在しない民主主義が何を意味するのかを、わたしたちに考えさせます。この致命的な要素が消滅してしまったら、民主主義に何が残るのでしょう?責任は、善良な政府を促進し、適切な権力の行使を働きかけます。そして、独裁主義の規定の形から民主主義をもっと切り離す重要な局面としての役目を務めるのです。それは、政治家たちを批判し、政治家たちに挑むことに対する強力な規準として、そして民主主義のシステムの中で他の役の役目も努めるのです。そのような慣例は、処罰でも非難ということでもありません。そうではなくて、一般市民の利益を優先する規定の文化を確実にする、ということなのです。


What Fukushima made painfully clear is that such a culture is largely absent from Japanese democracy today. Until greater accountability and transparency become a more prominent part of the way this country is run, restarting nuclear reactors seems foolhardy in the extreme. This is not to argue against nuclear power, but against nuclear power that lacks proper oversight and regulation, as has been the case in Japan to date.
福島が悲痛に明らかにしたことは、今日の日本の民主主義から、このような文化が大幅に欠落していた、ということです。より大きな責任と透明性が、この国を動かす傑出したやり方となるまでは、原子炉の再稼動は、究極におろかなことと思われます。原子力に対する議論ではありません。今に至るまで日本がそうであるように、適切な監視と規定の欠落した原子力に対する議論なのです。


The mobilization of Japanese civil society following the Fukushima accident is an important step in trying to make the political and economic elite more accountable and aware of their responsibilities. Rather than trying to ignore or bypass these movements in the rush back to nuclear power, the discussion and debate that emerges should be encouraged, as it may also be a way of helping to re-energize this country's democracy.
福島事故の後の日本人市民社会の結集は、政治的、経済的エリートにもっと責任を持たせ、自分たちの責任について認識させるための重要な一歩です。再稼動に急ぐことで、これらの動きを無視したり回避しようするよりもむしろ、表面化する話し合いや討論が奨励されるべきなのです。それが、この国の民主主義を再度活性化させるための助けになるかもしれないからです。


8dcd3370.jpg



As Japan recovers from the tragic triple disasters 2011, it is essential to re-assert accountability as a vital and necessary part of its democracy. The people of Fukushima and Japan deserve nothing less.
日本が悲劇的な2011年のトリプル災害から回復するにつれ、民主主義においてきわめて重要で必要な責任を再度主張することが必須です。福島の人々と日本には、最低限そのような価値があるのです。


Dr. Christopher Hobson is a research associate at the United Nations University, Tokyo.
クリストファー・ホブソン博士:東京の国際連合大学のリサーチ・アソシエート






間違っていたことを正式に謝り、

希望する人を皆、

コミュニティー単位で綺麗な土地に移動し、

綺麗な作物を確保できるような環境を死守し、



核という麻薬から解放された国を、

皆が同じ想いで、同じ未来を描き、

立ち向かっていく道筋を立てるのが、



今まで国民を裏切ってきた権力の集合体が果すべき

責任ではないですか?



と、思います。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/878-02844bfa

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。