スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

5年後、北太平洋放射能汚染が均一に。。

 2012-07-17
environmentalresearchから抜粋。

Jul 9, 2012

Fukushima radiation could reach US coast in five years
福島の放射脳は5年でアメリカに到達



Radioactive water from the Fukushima nuclear reactors in Japan could reach the US West Coast in the next 5–6 years, doubling the radioactivity of US coastal waters, according to simulations carried out by German oceanographers.
ドイツの海洋科学者により行われたシュミレーションによると、福島原発からの放射性海水は、あと5.6年でアメリカ西海岸に到達し、アメリカ沿岸の海水の放射能レベルが2倍になるようです。


...“We were of course not surprised that there is a mixing effect, but we were surprised at how quickly the tracer spread,” Claus Böning, co-author of the study, told environmentalresearchweb. “Within one year it will have spread over the entire western half of the North Pacific and in five years we predict it will reach the US West Coast.”
。。。「勿論、混合効果があることには驚きませんでしたが、トレーサー(染料)の拡散の速さに驚きました。」とその研究の著書の一人であるClaus Boning氏は当紙に対し述べました。「1年以内に、北太平洋の西半分全体に広がり、5年以内には、アメリカ西海岸に到達すると予測しています。」


image1.jpg


However, Böning points out that, due to considerable mixing and dilution, the level of radioactivity reaching the US will be much lower than that released by the Fukushima plant. “The levels of radiation that hit the US coast will be small relative to the levels released by Fukushima,” he said. “But we cannot estimate accurately what those levels will be because we do not know for certain what was released by Fukushima.”
しかしながら、Boning氏は、相当の混合と希薄のため、アメリカに到達する放射能のレベルは、福島原発による放出より、かなり低いものだろう、と指摘しました。「アメリカ海岸に到達する放射性レベルは、福島により放出されたレベルに比べると小さくなるでしょう。」と言います。「しかし、そのレベルがどのくらいなのかは、福島から放出されたものが確かに分からないので、正確には予測できません。」

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


以下、シュミレーションの動画です。




Our study deals with one of the consequences of the disastrous earthquake and subsequent tsunami that hit Japan in March 2011.
わたしたちの研究は、2011年3月に日本を襲った破滅的な地震とそれに続く津波が引き起こした結果の一つを取り扱うものです。


Caused by the explosions and meltdowns in the Fukushima Dai-ichi nuclear power plants, large amounts of radioactive material, including long-living isotopes such as caesium-137, were released into the environment. Contaminated waters entered the Pacific Ocean by atmospheric deposition and direct discharge of coolant in the weeks after the catastrophe.
福島第一原発の爆発とメルトダウンが原因となり、長い間存在し続けるセシウム137のようなものを含む大量の放射性物質が環境に放出されました。大気降下と冷却水の直接排出により、惨事の数週間後に汚染水が太平洋に入り込みました。


Picture1_20120718133200.jpg 



In this study we investigate the long-term fate of these waters in the Pacific Ocean, using numerical model experiments. The model simulates the ocean currents with very high resolution; it thus captures much of the intense eddying flows along the Kuroshio.
この研究で私たちは、数値モデル実験を用い、太平洋の海水の長期的な成り行きを調査しています。そのモデルは、非常に高い分析度で、海流をシュミレーションします。このように、黒潮に沿って流れる強烈な渦のほとんどを捉えるのです。


Picture2_20120718133159.jpg



To simulate the dispersal of the contaminated water by the ocean currents, we use an idealized tracer, behaving like a dye with a half live of 30 years, which we injected into the coastal waters off Fukushima. We want to emphasize that our approach is restricted to the physical spreading, and does not account for possible biological effects, for example, adhesion of isotopes to sinking organic matter. Neither does our model assimilate any ocean data, therefore we do not account for the actual state of the local currents at the time of the release. However the initial state turned out to be of minor importance for the tracer spreading after two to three years.
海流による汚染水の拡散をシュミレーションするために、半減期が30年の線量のような振る舞いをする理想的なトレーサーを福島沿岸の海に注入しました。強調したいのは、このアプローチが物質的な拡散に限られていて、可能性のある生物学的な影響、たとえば、底に沈む有機物への核種の付着については説明していません。他のいかなる海洋データとも同化するものではないので、放出された当時のその地域の海流の実際の状況は説明していません。しかしながら、トレーサーが2.3年後に拡散するのに、当初の状況と言うものはあまり重要ではなくなるのです。


Picture5_20120718134909.jpg 



The following animation shows the spreading of our dye at the Ocean's surface. The color represents the concentration of the tracer, relative to the initial concentration in the coastal area off Fukushima at the end of the injection period.
次のアニメーションは染料が海水の表面で広がる様子を示しています。色はトレーサーの濃度を表しています。注入期間の最後の福島沿岸地域での最初の濃縮に関連します。



The tracer invades the highly energetic Kuroshio regime within the first weeks after the release and starts spreading meridionaly due to the eddies dominating the flow field in this area.
トレーサーは、放出後第1週の内に、とても活発な黒潮の流れに進入します。その地域で優勢な渦のために南方に拡散し始めます。


Picture6_20120718135602.jpg 



After one year, maximum concentrations are diluted by two orders of magnitude and already crossed the dateline, further heading east.
1年後、最大の濃縮が二桁薄められ、日付変更線を超えて更に東へ向かいます。

Picture7_20120718135602.jpg 

海開き???正気ですか????ドイツより「 シュトゥットガルト新聞「福島の海で水遊び」


Nakoso-beach-Fukushima-re-008.jpg
Children play in the sea at Nakoso beach, open for the first time since the Fukushima disaster. Photograph: the Asahi Shimbun/Getty



The southern edge of the tracer cloud reaches the Hawaiian islands after about two years, while the northern edge has begun to enter the Bering Sea.
トレーサーの濁りの南の端は、約2年後にハワイに到着します。一方、北の端は、ベーリング海に入り始めます。

Picture8_20120718135601.jpg 




Meanwhile, concentrations near Japan have been dropping significantly due to replacement by less contaminated waters through the Kuroshio, separating the main cloud into a northern and a southern part.
その間、日本付近は、主流の濁りを北と南に分ける黒潮を通して、汚染度の薄い水と入れ替わるため、その濃縮が著しく落ちます。


After four years, the maximum concentration has dropped by three orders of magnitude, and the entire northern Pacific is filled with a certain amount of tracer.
4年後には、最大の濃縮が3桁下落し、北太平洋全体がある一定の量のトレーサーで埋め尽くされます。

Picture9_20120718135601.jpg 




When the peak concentration reaches the North American coast after about five to six years, it has been diluted by four orders of magnitude.
約5-6年後に濃縮の頂点が北アメリカ海岸に到達するときには、4桁薄まっています。


The concentration levels from now on tend to homogenize over the entire basin.
これからの濃縮レベルは、流域全体を通して均一になる傾向になります。

Picture4_20120718135600.jpg 




この汚染の広がりが、

太平洋の海洋生物に与える影響は。。。?



とんでもないことをしてしまいました。。。


本当に


ごめんなさい。




もう、


これで終わりにしましょう。


そうすれば、


もしかしたら、

人間も含めて、

自然の力で治癒していけるかもしれません。

多くの犠牲を払った後で。。



今まで、

人間が汚してきた以上の

時間をかけて。。。



「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する意見(パブリックコメント)の投稿。

こちらから。

締め切りは、8月12日アメリカ・カナダは8月11日!

沈黙、NO ACTIONは、「容認」を意味します!!



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/872-b41245f3

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。