スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

これからを生きるために~被曝による健康被害とその対策

 2012-07-11
ウェブサイト上で公表された、国会事故調査委員会の最終報告書。

気になる、被曝障害とその対策について、抜粋してみました。


国会事故調 要約版

The National Diet of Japan, Fukushima Nuclear Accident Independent Investigation Commission - Executive Summary

Picture4_20120712085306.jpg

Picture7_20120712112100.jpg 


AJ201207060058M.jpg

Picture10_20120712091528.jpg Picture5_20120712104808.jpg 

Picture30_20120712091527.jpg

Picture2_20120712110416.jpg 


まさに、低線量の被曝の危険性について正式に述べられている、とても重要な記述だと思います。英語では、「Long term radiation damage caused by low dose」、つまり、「長期低線量被曝」の危険性について述べられているのです。この、当たり前のことが、今までずっと、敢えて言及されずにきていました。


Picture6_20120712111210.jpg Picture100.jpg

内部被曝については、福島産物の奨励や広域瓦礫処理を進めてきているので、日本国民全員がこの取り組みの対象になるべきです。一刻も早く、この提言を国会で審議し、実施は、事故調査委員会のメンバーに主導していただきたいです。


Picture400.jpg 
Picture200.jpg


この当たり前のことが、16ヶ月間、全く無視されてきたのです。どうか、どうか。。。真剣に問題を直視し、できる限りの策を構築してください。



Picture500.jpg Picture600.jpg

「安全」の一点張りで人々の不安を煽っておいて、健康障害をストレスのせいにするような姿勢を見直し、皆が現実を受止め、それぞれの選択をできるような社会を、国と国民で作っていければと、切に、切に願います。


~*~*~*~*~*~*~*~*~

一方、現状はどうかと言えば。。。。

Study finds lifetime thyroid doses of radiation in Fukushima children
研究が明らかにする福島の子どもたちの障害甲状腺被曝量


July 11, 2012 By YURI OIWA/ Staff Writer

Children in Fukushima Prefecture likely received thyroid gland doses of internal radiation, despite earlier government assurances that the levels of such doses were zero, according to an independent study.
福島県の子どもたちは、政府が当初、甲状腺内部被曝はゼロだったと請合ったにもかからず、内部被曝しているだろうと、独立した研究が明らかにしました。


The estimated lifetime radiation doses among the children are still low, but they do exist, the National Institute of Radiological Sciences (NIRS) said at an international symposium in Chiba Prefecture on July 10.
子どもたちの障害被曝量の予測はまだ低いものですが、確かに被曝はしているのだ、と放射線医学総合研究所は7月10日開かれた国際シンポジウムで述べました。


The findings run counter to the government’s assertion that they effectively received zero thyroid gland doses.
その発見は、事実上甲状腺被曝量はゼロだったとする政府の主張に相反するものです。


However, the government has no plans to notify the children’s parents of the latest analysis results, citing their large error margins and the fear of causing anxiety.
しかしながら、政府は最近の分析結果について、子どもの両親に知らせる計画はありません。誤差が大きく、不安を煽る恐れがあるというのです。

聞き飽きました。。。人には、「知る権利」があるのです。。。


"Researchers derived them for scientific purposes," a government source said. "We have no plan, now or in the future, to notify individuals of their doses."
「研究者たちは、科学的目的のためにそれらを入手します。」と政府筋は話します。「今も、これからも、各個人に被曝量を知らせる計画はありません。」

データのためだけに測定している、と明言するのですね!!!


The government measured the hourly thyroid doses of 1,080 children under 16 years old in Fukushima Prefecture from March 24 to 30 last year, shortly after a disaster began to unfold at the Fukushima No. 1 nuclear power plant on March 11.
政府は、福島県の16歳以下の子どもたち1080人の毎時甲状腺被曝量を、去年の3月24日から30日まで測定しました。3月11日に福島第一原発で災害が始まってまもなくです。


Five months later, the government's Nuclear Emergency Response Headquarters told the parents of 55 percent of the children that they had zero internal thyroid doses, which included doses below the detection limit of the testing equipment.
5ヵ月後、政府の原子力緊急対策方部は、子どもたちの両親に対し、55%の子どもたちの甲状腺被曝量が、検査機の検出限界以下を含めゼロだった、と言いました。


A team of researchers led by Toshikazu Suzuki, a section head at the NIRS Research Center for Radiation Emergency Medicine, conducted an independent study of the same measurement data.
放射線医学総合研究所の所長、放射線緊急医療、スズキ・トシカズ氏の率いる研究員野チームは、同じ測定データの独立した研究を行いました。


The team estimated the lifetime thyroid doses of the 1,080 children at 12 millisieverts on average and 42 millisieverts at the maximum.
このチームは1080人の子供たちの、生涯甲状腺被曝量が平均12ミリシーベルト、最大42シーベルトであると予測しました。


The dose estimates were 30 millisieverts or more for four of the subjects. The children tested were from at least 10 municipalities, and the dose estimates tended to be higher for those from Iitate and Iwaki.
4つの対象で、被曝量は30ミリシーベルトかそれ以上でした。検査対象は、少なくとも10の市町村からの子どもたちで、被曝量は、飯舘といわきで高い傾向にあります。


Experts say the lifetime thyroid doses, which indicate impact on health, are low because none of the children exceeded the International Atomic Energy Agency's reference level for the intake of stable iodine tablets to block thyroid irradiation. The level is 50 millisieverts in the case of 1-year-old infants.
専門家は、その生涯甲状腺被曝量は、IAEAの甲状腺被曝を回避するための安定ヨウ素剤を摂取するレベルを上回っていないにために、健康に与える影響は低いのだ、と言います。そのレベルは、1歳児の場合、50ミリシーベルトです。


日本の放射能対応、対策全てを絶賛したIAEAのですよ。。。??


Last year, the government calculated lifetime doses for some of the children with high hourly doses, but notified the parents only about the hourly dose values.
去年、政府は何人かの高線量被曝した子どもたちの生涯被曝量を計算しましたが、両親には、毎時の被曝量しか知らせませんでした。


Officials at the time said the tests were low in accuracy because the objective was to find doses exceeding the reference level for taking stable iodine tablets.
政府筋はそのとき、その検査の目的が、安定ヨウ素剤のレベルを超えているかどうかを調べるものだったので、正確さに欠けているのだと言いました。

テクノロジーの先端を行くと思われている日本という国で、爆発した原発周辺の住民に行われる被曝検査において、そのような緊張感のない、間抜けな話がありえますか???


The latest study by the NIRS researchers evaluated the lifetime doses of all 1,080 subjects from their hourly dose measurements by using conditions that maximized them.
最新の放射線医学総合研究所研究者による研究は、1080人対象全ての毎時生涯被曝量から、その状況を最大化し、生涯被曝量を査定しました。


Lifetime thyroid doses can be estimated from the measurement of the hourly radiation level emitted by radioactive iodine in the thyroid gland. The calculation takes into account the age of the subject, the timing of irradiation and other factors.
生涯甲状腺被曝量は、甲状腺で発せられる放射性ヨウ素の毎時レベルを測ることから推測することができます。その計算値は、対象の人の年齢や被曝時期、他の要因が考慮されます。


AJ201207110059.jpg


Toward the end of March 2011, the Nuclear Safety Commission of Japan advised the Nuclear Emergency Response Headquarters to conduct additional research on children with high doses, but the headquarters rejected the proposal, citing the fear of causing anxiety.
2011年末に向けて、原子力安全委員会は、原子力緊急対策本部に高線量被曝した子どもたちの追加の調査を行うよう勧めました。しかし、対策本部は、不安を煽る心配があるとして、その申し出を断りました。








あがけばあがくほど、

原子力が人間の営みを破壊し、

放射能が、

人間の命を

この世で最も残酷に脅かすものだということを明らかにし、



その破壊力の影で

巨大な誘惑に腐敗されてしまった人間の欲望を


浮き彫りにしているだけなのに。。。。。



膨らむ日本人の目覚めは、

そんな中毒症状の一部の人たちをも、

救おうとしているのだと、


thumb5.jpg



そう、感じています。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/865-22211cae

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。