スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島沖漁再開~期待<恐怖

 2012-06-26
久しぶりに!!

オーストラリアのABCニュースのマークからの報告です。


福島沖で獲れたタコと貝の地元のスーパーでの販売再開が伝えられた、その同日の報道です。

abc_australia_logo.jpg


Fukushima radiation kills fishing industry
福島の放射能、漁業を崩壊させる


動画はこちら

Posted June 25, 2012 15:16:00

Fishermen in the Fukushima area, the site of the greatest single radiation contamination of the ocean in history, fear their industry is ruined. While boats still go to sea, their catches are being withheld from sale and instead the fish is sent for analysis. And it's not just Japanese fishermen recording radioactive hauls. Contamination is turning up thousands of kilometres away in fish caught on the other side of the Pacific Ocean.
海の放射能汚染としては最大の現場である福島地方の猟師たちは、自分たちの漁業が崩壊してしまうのではないかと恐れています。漁獲物は販売される事なく、その代わりに分析に回されています。そして、放射能汚染の漁獲を記録したのは、日本の猟師たちだけではありません。何千キロも放れた、太平洋の反対側の魚から、汚染がみつかっています。

Mark Willacy

TONY EASTLEY: The fallout continues from the Fukushima disaster in Japan and it's threatening the nation's huge fishing industry and beyond.
トニー: 日本の福島からの降下物は続いています。そして日本の大規模な漁業、それ以上の産業を脅かしています。

The greatest single radioactive contamination of the ocean in history has some frightening consequences. A lot of Japan's catch is withheld from sale and instead examined by scientists.
歴史上最大の海の放射能汚染は、いくつかの恐ろしい結果をもたらしています。日本の漁獲物は販売されず、その代わりに、科学者の調査対象となっています。


And contamination is even turning up thousands of kilometres away.
汚染は、何千キロも離れたところでさえ見つかっています。


North Asia correspondent Mark Willacy:
北アジア特派員、マーク Willacyのレポートです。

Picture1_20120627160619.jpg



(Sound of fishing boat engine)~釣り船のエンジンの音


MARK WILLACY: It's 4am and Akira Kaya leaves the safety of port, steering his fishing boat east towards the blood red of the dawn horizon.
マーク: 朝4時です。カヤ・アキラさんは港を出て、真っ赤な朝焼けの地平線に向けて、東へと船の舵を切ります。

Picture2_20120627160620.jpg


For decades the Fukushima fisherman earned his living from the sea, but then came the tsunami and the nuclear meltdowns it triggered just up the coast.
何十年もの間、福島の猟師たちは海で生計を立ててきました。しかし、その海岸で津波とメルトダウンに見舞われたのです。


(Sound of Akira Kaya speaking)~カヤ・アキラさんの話す声


"Of course I am angry with the nuclear plant operator TEPCO," Akira Kaya tells me. "It's because I am a fisherman and I've lost all my income, everything," he says.
「もちろん、東電には腹がたちます。」とカヤ・アキラさんは私に話します。「私は猟師なので、全ての収入を失いました。全てです。」


Picture3_20120627160621.jpg


As Akira Kaya lowers his trawling nets he explains how he used to haul in magnificent catches of octopus, horse mackerel and flatfish.
カヤさんは、トロール網をなげながら、かつてタコ、真鰺 、カレイがどんなに大漁だったかを説明します。

(Sound of fish haul pulled onto boat deck)~ボートに引き揚げられる漁獲物の音


And today again a decent catch spills from his nets onto the deck. But none of these fish will ever make it to market.
そして今日も、相当網にかかっています。しかし、これらの魚は、一切市場に出されません。


Here, just 20 kilometres out to sea from the shattered remains of the Fukushima nuclear plant, nothing can be sold to the public.
ここ、福島原発の残骸から海へ20kmのところでは、何も売る事は出来ないのです。


(Sound of Akira Kaya speaking)~カヤ・アキラさんの話す声


"These fish are samples to be sent for testing to measure radiation contamination," Akira Kaya says.
「これらの魚は、放射能汚染を測定する調査のサンプルとして送られます。」とカヤさんは言います。


Radioactive contamination isn't just a problem for Fukushima. Last month 15 bluefin tuna were caught off the coast of San Diego in the western United States.
放射能汚染は、福島だけの問題ではありません。先月アメリカ西部のサンディエゴ沖で取れた、15匹のクロマグロが捕獲されました。


They were found to contain albeit low levels of radioactive caesium 134 and 137. The latter has a half life of 30 years.
それらからは、低いレベルであるにしろ、放射性セシウム134と137が含まれていることが発見されました。後者の半減期は30年です。


Picture4_20120627160917.jpg


But in the waters of Fukushima some of the fish have been found to be dangerously contaminated.
しかし、福島の海では、いくつかの魚に危険なレベルの汚染が見つかっています。


(Sound of Takashi Niitsuma speaking)~ニイツマ・タカシさんの話す声


"Last week the boats went 40 kilometres out from the nuclear plant for sample fishing," says fishing co-operative spokesman Takashi Niitsuma. "Just under a third of the fish were above the contamination safety level," he tells me.
「先週、サンプルをとるために、船で原発から40km沖に行きました。」漁連のスポークスマン、ニイツマ・タカシさんは話します。「1/3を少しかけるくらいの魚が、安全レベルを超しました。」


Picture6_20120627161217.jpg


Back from his foray to within 20 kilometres of the nuclear pant Akira Kaya unloads his catch. But he won't see a single yen from it.
出撃から原発20km内に戻り、カヤさんは、漁獲を水揚げします。しかし、それは1円にもなりません。


(Sound of Akira Kaya speaking)~カヤ・アイラさんの話す声


"I think it's impossible for Fukushima's fishing industry to recover in my lifetime," he tells me. "Even if we do get back on our feet, who's going to buy our fish?" he asks with a shrug.
「私が生きているうちに福島の漁業が回復するのは不可能だと思います。船に戻ったとしても、誰が私たちの釣った魚を買うでしょう?」肩をすくめてたずねました。


A few days after our expedition off Fukushima the results of our haul came in - about a quarter of the catch has radiation levels exceeding the safe limit, with one fish 16 times over the limit, more bad news for Akira Kaya and his fellow Fukushima fisherman.
福島沖への数日の遠征の後、私たちの漁獲の結果が届きました。- 約1/4が安全限界を超えていました。そのうちの1つは、限界値の16倍でした。カヤさんとその仲間にとって更に悪い知らせでした。

This is Mark Willacy in Fukushima for AM.




the-new-york-times1.jpg


Fears Accompany Fishermen in Japanese Disaster Region
日本被災地の猟師に伴う恐怖



By HIROKO TABUCHI

Published: June 25, 2012


SOMA, Japan — The catch from six small fishing boats, the first to resume commercial fishing in the waters off Fukushima since last year’s nuclear catastrophe, went on sale at local supermarkets on Monday, raising hopes and concerns in a region struggling to return to something like normal.
相馬-6隻の小型漁船からの漁獲物は、去年の放射能惨事以来の福島沖の海での商業用漁の初めての再開のためで、月曜日に地元のスーパーで販売され、通常のような状態に戻るためにもがいていた地域での希望と懸念を起こさせました。


For now, the catch is limited to octopus and whelk, a type of sea snail, because those species are thought to trap fewer radioactive particles in their bodies. Still, local residents said it was a milestone for a vital source of food and employment in the region.
今のところ、漁獲はタコ、まつぶ貝に限られています。これらの種は、体内に放射性粒子をあまり取り込まないと考えられるからです。地元の住民は、その地域の食と雇用の、生活に関わる源のマイルストーンとなったと話しました。


800_japan_octopus_ap_120625.jpg


“The past year has been long and hard, but the thing is, I never once gave up on being a fisherman,” Toru Takahashi, 57, said before sailing early Saturday from Matsukawa, about 30 miles north of the stricken Fukushima Daiichi nuclear plant. But the fishermen’s hope to resume working the waters they fished for decades is causing unease all around. Experts say the effects of the disaster on the ocean are still not fully understood.
「去年は、長く、厳しかったのです。しかしわたしは、決して漁師であることを諦めません。」とタカハシ・トオルさん(57)は、福島第一原発から約30マイル北の松川から、土曜日の朝早く船を出す前に言いました。しかし、何十年の漁をしてきた海でのしごとを再開するという漁師たちの希望は、あらゆるところで不安を招いています。専門家は、海への災害の影響は、まだ完全にわかっていないのだと言います

始まったばかりだと思います。。。


Hours before the boats set out, the central government hastily banned Fukushima’s fishermen from selling 36 types of fish other than octopus and whelk. Until then, there had been no explicit ban on fishing near Fukushima, because the region’s fishermen had voluntarily suspended work after the tsunami and nuclear disaster. In return, they have received about $125 million from the plant operator, Tokyo Electric Power.
船が出る数時間前に、中央政府はあわてて福島の漁師がタコとまつぶ貝以外の36種の魚を売ることを禁じました。それまでは、福島付近の漁についての明白な禁止規制はなかったのです。なぜなら、地域の漁師たちが、津波と放射能災害の後、自主的に漁を控えていたからです。その代わりに、彼らは東電から約1億2500万ドル(100億円)を受け取ったのです。


“We are not opposed to fishermen in Fukushima starting to fish again, if they can show that what they are catching does not contain high levels of radiation,” said Yasunobu Matsui, a government food safety official. “We just don’t want them to make a mistake and catch the wrong kind.”
「我々は、福島の漁師の漁の再開に反対しているのではありません。高いレベルの放射能を含んでいないことを示せるのであれば。」と政府食品安全担当のマツイ・ヤスノブ氏は言いました。「ただ、間違いを犯ししたり、間違った種類を獲って欲しくないのです。」


Japan is still grappling with the effects of the meltdowns and other problems at the plant, which led to the largest accidental release of radioactive material into the sea on record. Levels of radioactive cesium off the coast peaked at more than 100,000 becquerels per cubic meter in early April — about 100 times higher than the peak levels detected in the Black Sea after the Chernobyl disaster in 1986, according to a study led by the Woods Hole Oceanographic Institution in Massachusetts.
日本はまだ、メルトダウンと他の発電所での問題の影響に格闘しています。記録上海に放射性物質放出した最大の事故を導いたのです。沿岸の放射性セシウムのレベルは、4月上旬のピーク時に1立方メートルあたり、10万ベクレル以上でした。マサチューセッツ州にあるウッズホール海洋研究所によれば、1986年のチェルノブイリ災害の後、黒海で検出されたピーク時のレベルの100倍高い値です。


What that means for sea life is far from clear, Mr. Matsui said. Away from the immediate area of the plant, the radiation is too diffuse to pose an immediate risk to human health, but experts worry that radioactive material will accumulate in the marine food chain.
それが、海洋生物に何を意味するかは、全く明らかではないのだと、マツイ氏は言います。発電所のごく近海から離れると、放射能はかなり薄まるので、人の健康に直ちにリスクを与えません。しかし、専門家は放射性物質が海洋食物連鎖で蓄積されることを心配しているのです。


Radiation levels in some fish exceed the government’s safety limits of 100 becquerels a kilogram, including one bottom-dwelling poacher fish that registered 690 becquerels a kilogram in April. But other sea produce show negligible radiation readings, including octopus and sea snails caught by fishermen from Soma.
いくつかの魚の放射能レベルは、政府の安全基準、1kgあたり100ベクレルを超えています。中には、海底にすむ魚からは4月に1kgあたり690ベクレルを記録しました。しかし、他の海産物は、微々たる放射能値しか示していません。相馬の漁師が獲ったタコや貝を含みます。

ストロンチウムはどうですか?市場に出すのであれば、せめてサンプル検査をするべきだと思いますが。。。


“Given that Japan has the highest seafood consumption rate in the world, understanding concentrations and assimilation in marine biota is an important task,” Ken Buesseler, a marine chemist who led the Woods Hole study, wrote in the journal Environmental Science and Technology last fall.
世界で最もシーフードの消費が高い日本であることを考えると、海洋生物における濃縮や同化性を理解することは、とても重要な務めです。」と、ウッズホール研究を率いる海洋化学者のケン・Buesseler氏は、去年秋の環境科学・技術ジャーナルに書いています。

これ、科学者でなくても、普通にそう思いますよね???


Fishermen in Fukushima are desperate to get back to work. Mr. Takahashi, the fisherman, who lost his old trawler to the tsunami, said he worked all year to obtain another, the Myojinmaru.
福島の漁師たちは、仕事に戻りたくてたまりません。古いトロール船を津波に流された漁師のタカハシさんは、もう一つの船(みょうじん丸)を獲得するために1年中働いたのだと言います。


On Saturday, those sailing the Myojinmaru and five other boats chose a spot about 30 miles offshore where radioactivity was thought to be adequately diluted. They returned 15 hours later to deliver buckets of octopus and sea snails to a Soma fish market still largely in ruins, with much of its roof gone, carried away by the tsunami. Tests found no radioactivity in their catch.
土曜日、みょうじん丸と、ほかの5隻の船が、放射性物質が適度に薄まっていると考えられる海岸から約30マイル沖を選び、航海しました。15時間後に戻り、タコと貝の入ったいくつ物バケツを、まだ壊れたままの相馬の魚市場に運びました。屋根は流されました。検査から、これらの漁獲に放射性物質は発見されませんでした。

念には念をいれ、乾燥した状態でも測っていただきたいです。。。

japan1-articleLarge.jpg



Fusayuki Nambu, who heads the local Soma-Futaba fishing cooperative, said another run was planned for Wednesday, and after that, officials would draw up more detailed fishing plans.
地元相馬・双葉漁連の会長ナンブ・フサユキさんは水曜日にもう一度漁を計画していると話しました。そしてその後で、更に詳細にわたる漁の計画をたてることになっています。


“We’re still fearful, because we do not have any guarantee that anyone will ever buy fish from Fukushima again,” he said. “But we can’t stay idle forever.”
「まだ怖いです。福島の魚を、また買ってくれるという保障はないのです。しかし、ずっと漁をしないでいることはできません。」


It is unclear whether a public that is jittery about radiation generally will trust fish caught off Fukushima. Many Japanese are wary of the government’s assurances about test results, and Tokyo Electric has made people more suspicious by refusing to let independent experts survey waters inside the roughly 12-mile exclusion zone around the plant.
一般的に放射能について神経過敏の人々が福島で取れた魚を信用するかどうかは不明です。多くの日本人が、検査結果についての政府の保障には用心深いのです。そして、東電が、独立した専門家が発電所付近、約12マイルの立ち入り禁止地区内の海水を調査することを拒んでいることが、人々に更なる疑念を抱かせるのです。

とんでもない汚染の実態を正直に公表し、安全でない可能性を示唆し、全品徹底検査をし、線量の高いものほど危険性を伝えていく努力があれば、風評被害なるものは、最大限軽減できると思うのですが・・・これだけ悲惨な危機的状況にあって、あからさまに現実とかけ離れた安全宣言ばかりしているから、誰も信用できなくなるのです。


“I don’t think anyone now would lie about radiation levels, but in the end, it’s the consumer who will decide,” said Yoshiaki Saito, a wholesaler who handles tuna, crab and other seafood at the Tsukiji Fish Market in Tokyo. If nothing else, fish caught near Fukushima would probably fetch far lower prices, he said.
「今は誰も放射能レベルについてうそをついているとは思いません。しかし最後に決めるのは消費者です。」と東京築地のマグロ、カニ、他のシーフードの卸業者であるサイトウ・ヨシアキさんは言いました。他に何もなければ、福島付近で取れた魚は、おそらく相当低価格で売れるだろう、と彼は話しました。


Even in Soma, where shoppers are sympathetic to the plight of the city’s fishermen, many will not allow their children or grandchildren to eat local seafood.
地元の漁師たちの境遇に同情的な消費者のいる相馬市内でさえ、地元のシーフードを自分の子どもたちや孫たちに食べさせないでしょう。


“I’d eat anything they catch, but for Minami, it’s a different story,” said Yasuo Yoshizawa, 63, referring to his 8-year-old granddaughter. “I do want to see the fishing industry revive, but our children’s health is the most important.”
「わたしは、彼らが獲ったものなら何でも食べますが、ミナミには、また違う話です。」とヨシザワ・ヤスオさん(63)は、8歳の孫のことに触れて言いました。「漁業が復興するのを見たいですが、子どもの健康が最も重要なのです。」


Contaminated water still escapes from the nuclear plant — about 12 tons of water containing radioactive strontium leaked in April, Tokyo Electric said — and rain that falls on the area washes radioactive cesium into local rivers that empty into the sea. Traces of the cesium have been found in at least one wide-ranging ocean species, Pacific bluefin tuna, the study said.
汚染水は、まだ原発から漏れています。4月には約12トンの放射性ストロンチウムを含む水が漏洩したと東電が伝えました。そしてその地域に降る雨が、放射性セシウムを地元の川に流し、それが海に流れ出るのです。少なくとも遠泳の海洋種、パシフィッククロマグロから微量のセシウムが発見されたとの研究があります。


“The bottom line is that it’s too early to tell how much the sea, or sea life, has been contaminated,” said Yosuke Yamashiki, associate professor of environmental engineering at Kyoto University. “And the event is not over. Radioactive substances could enter the ocean for some time, perhaps even years.”
「基本的に、どのくらい海や海の生物が汚染されているのかを語るには早すぎるのです。」と京都大学の環境技術準教授のヤマシキ・ヨウスケ氏は述べました。「そして、まだ事故は終わっていません。放射性物質はまだ、おそらく何年も海に流れ込むのです。」


For Fukushima’s fishing industry, the nuclear disaster has hastened a long decline, and some fishermen say they dare not resume work until more species show low radiation levels closer to shore.
福島の漁業にとって、放射能災害は長期の減退を促進しました。そして、何人かの漁師たちは、近海でもっと多くの種類に低い放射能レベルが示されない限り、仕事は再開しないといいます。


“Of course, we are desperate to start fishing again,” said Kazunori Yoshida of the fishing cooperative in Iwaki, south of the plant. “But it’s not safe.”
「もちろん、漁を再開したくて仕方がありません。」と原発の南にある、いわき漁連のヨシダ・カズノリさんは言います。「しかし安全ではないのです。」



Hisako Ueno contributed reporting from Tokyo.





NHKなどで、復興の大きな第一歩として、

前向きに報道されているのが目立ちましたが。。。



オーストラリアのABC放送と、ニューヨークタイムズは、

とても現実的な、レポートをしていると思います。



とっても新鮮で、ものすごくおいしそうなタコ。


どうして、こんなに悲しいのでしょう。。。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/845-537380c0

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。