スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

民意が反映されない民主主義後進国

 2012-06-17
本当に残念ですが、

今回の日本政府としての再稼動決定は、

「人の命より経済が大事」

という政府としての姿勢を国内外共に明らかに示し、

そのことは、

既にずたずたの福島の人々の心を、

許しがたいほどに傷つけることになったと思います。




福島からの心の叫び」は届かなかったのではなく、

はじめから、傾ける「耳」すらなかった、という事でしょう。

それが日本でも、世界的にも明らかにになったことだけでも、

一歩前進です。


Fukushima evacuees, citizens groups vexed by Oi restart decision
大飯原発再稼動の決断に苛立つ福島からの避難者たち


June 17, 2012

Among those shaking their heads at the June 16 decision by the central government to resume operations at the Oi nuclear power plant in Fukui Prefecture are evacuees in Fukushima Prefecture as well as citizens groups urging energy conservation.
6月16日の福井県大飯原発を再稼動するという日本政府による決断に首を横に振る人々の中に、省エネルギー市民団体同様、福島県の避難者たちもいます。


People-protest-in-Tokyo-a-008.jpg


In the wake of last year's accident at the Fukushima No. 1 nuclear power plant, residents of Okuma and Futaba in Fukushima Prefecture were forced to evacuate because of the radiation fallout. With no indication of when they can return to their homes, many evacuees have doubts about restarting two reactors at the Oi plant.
福島第一原発の去年の事故のため、福島県の大熊と双葉の住民たちは、放射能降下物のため、避難を余儀なくされました。いつ自宅に戻れるのかのあてもなく、多くの避難者たちは大飯原発の2機の再稼動を疑問視していました。


"While local communities may benefit if nuclear plants are operating, I do not think operations should be resumed," said Mariko Ito, 63, who evacuated from Okuma, which co-hosts the crippled plant along with Futaba.
「地元が原子力発電所の稼動で利益があるかもしれないけれど、再稼動されルべきではないと思う。」と、双葉と共に破壊された原発の所在地である大熊から避難しているイトウ・マリコさん(63)は言いました。


Aware that communities such as Okuma have been helped by the economic benefits of hosting nuclear plants, she said she could understand the feeling of local governments wanting operations to resume because they depend on the plants for their livelihoods.
(大飯が)大熊のような、原子力発電所の立地地としての経済的利益を受けてきた地元社会だと分かっている彼女は、彼らの生活を発電所に依存しているため、地元自治体が再稼動を望む気持ちは理解できると言います。


However, having been forced to evacuate, Ito said, "There are no safety guarantees for nuclear plants. If they are really concerned about their livelihoods, moves should be made toward eliminating all nuclear plants."
しかしながら、避難を強いられたイトウさんは言いました。「原子力発電所に絶対の安全はありません。本当に自分たちの生活を心配するのなら、原子力発電所を排除する方向に動くべきなのです。」


Ito's husband, who used to work for Tokyo Electric Power Co., the operator of the Fukushima No. 1 plant, said about the Oi resumption, "There is the possibility of a recurrence of what happened here. There should never be another case of an 'unexpected' accident."
福島第一原発を管理している東京電力でかつて働いていたイトウさんの夫は大飯再起動についてこう話しました。「ここで起こった事が再び起こる可能性があるのです。また『想定外の事故』はあってはなりません。」


Mie Shimura of Futaba now lives in temporary housing in Fukushima city after having moved several times after the nuclear accident. She said the hardest thing to deal with was not knowing how long she would have to evacuate.
双葉のシムラ・ミエさんは、原発事故の後何回か移動した後、今は、福島市の仮設住宅に住んでいます。どのくらい避難してなけれならないのか分からないのが、一番つらいと言います。


"I may not be able to return to Futaba while I am still living," she said. "I wonder if it is all right to resume operations. I don't want anyone else to go through what I have."
「生きているうちに双葉に帰れないかもしれません。再稼動する事が大丈夫なのでしょうか。私が経験した事を、誰にも経験して欲しくありません。」


Among those who have tried to conserve electricity as a means of moving away from nuclear energy, anger and disappointment were the prime emotions triggered by the decision to restart two reactors at the Oi plant.
原子力から脱する方法として省エネルギーを試みているひとたちの間で、大飯原発の2機の原子炉の再稼動という決断により引き起こされたのは、主に、怒りと失望という感情でした。


"The government wasted an excellent opportunity," said Teisuke Suzuki, who operates a "kamaboko" (fish paste) company in Odawara, Kanagawa Prefecture.
「政府は素晴らしいチャンスを無駄にしました。」と、神奈川県小田原のかまぼこ会社を営むスズキ・テイスケさんは言いました。


He said if the government had decided not to resume operations that would have led to greater investment in energy conservation and technological development, and a reduction in electricity usage. It might have even triggered new business opportunities, he said.
政府が再稼動をしないと決定すれば、省エネルギーと技術発展と電気量節減に大きな投資を導き、それは、新しいビジネスのチャンスを促しさえするのだ、と彼は話しました。


Suzuki's company reduced electricity usage last summer by 25 percent and is seeking a similar level this year.
スズキさんの会社は去年の夏、25%の節電をし、今年も同様の節電を目指しています。


"While there are risks from not operating the plants, I feel the risks of an accident are much greater," Suzuki said.
「原発を稼動させない事からのリスクがある一方で、事故のリスクのほうが、ずっと大きいと感じている。」とスズキさんは話しました。


Another group has been urging consumers to switch to more energy-efficient fluorescent lighting as well as asking businesses to review their lighting measures.
他のグループは、企業に照明を見直すことを求めると同時に、消費者にもっと省エネ用蛍光灯に切り替えるように促してきました。


"The government should have called for greater electricity conservation measures rather than resume operations so I am disappointed," said Akiko Yoshida, a member of the group. "But I do not think the trend toward energy conservation will change."
「政府は再稼動よりも、よりよい省エネを求めるべきなのです。とてもがっかりしました。」とその団体のヨシダ・アキオさんは言いました。「しかし、省エネの傾向は変わらないと思います。」


Other groups have been pushing petition drives for local referendums on nuclear energy.
また他の団体は、原子力エネルギーについて地域の国民投票をするための署名運動をしてきました。


Tomoko Matsumoto, 48, of Akishima in western Tokyo, joined such a group because she regretted not showing a greater interest in electricity usage and the communities that host nuclear plants before the Great East Japan Earthquake and Fukushima nuclear accident.
東京西部に住むマツモト・トモコさん(48)は、そのような団体に加わりました。東日本大地震と福島原発事故の前に、電力使用と原発立地の地域にもっと興味を示さなかったことを悔やんでいるのです。


"There is a huge gap between public opinion in which more people are opposed to resumption of operations and the decision made by the government," she said. "I did not want just a few people to make such an important decision."
「再稼動に反対する世論と政府が下した決断には、巨大なギャップがあります。そのような重大な決断を数人の人たちに下してほしくないのです。」と彼女は言いました。

THE ASAHI SHIMBUN

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


核問題では保守的な記事の多い

アメリカ、 Picture1_20120618143510.jpgより抜粋です。

Japan Noda Ends Japan Nuclear Freeze, Risking Backlash at Polls
核凍結を終わらせる野田、投票での反発の危険


By Jacob Adelman and Yuji Okada - Jun 16, 2012 12:35 AM PT

Prime Minister Yoshihiko Noda approved the first restart of Japan’s power reactors since last year’s Fukushima nuclear disaster, a decision that could undermine his political support and force early elections.
野田佳彦主相の、去年の福島原子力災害以来初めての原子炉再稼動の承認は、政治的支援を傷つけ、選挙を早めることになりうる決断だった。


Noda declared two reactors at Kansai Electric Power Co. (9503)’s Ohi nuclear plant in Fukui prefecture, western Japan, safe to begin operations, at a Cabinet-level meeting today. The move, which follows approvals from local authorities, ends a month- long spell without atomic power in Japan.
野田(主相)は、今日の内閣での会合で、西日本福井県の、関西電力大飯原発の2つの原子炉が、稼動に安全だと宣言した。その動きは、地元の自治体からの容認を受けたもので、原子力のない日本の1ヶ月間を終わらせた。


AJ2011102916086M.jpg


,,,Japan, which had relied on nuclear power for about 30 percent of its energy needs, is reopening plants after the nation’s biggest business lobby warned power outages would lead to factory shutdowns and slow an economic recovery. A Mainichi News poll shows more than 70 percent of the population opposes restarting the Ohi reactors, which were idled for inspection after the March 2011 meltdowns at Tokyo Electric Power Co. (9501)’s Fukushima plant forced more than 160,000 people to evacuate.
電力需要の約30%を原子力に依存してきた日本は、停電が工場の閉鎖を招き、経済復興を減速させると警告した大企業の要求の後、発電所を再稼動することになる。毎日新聞の世論調査では、16万人以上が避難を余儀なくされた、2011年3月の福島第一原発メルトダウン以来、点検のため休止していた大飯原発再稼動に、70%以上が反対していることを示している。


Noda “could end up like all his predecessors in the dustbin of history very quickly,” said Robert Dujarric, director of the Institute of Contemporary Asian Studies at Temple University’s Tokyo campus. “The dustbin is waiting for him.”
野田(主相)は、「先人のようにとても早く無用のものとして追いやられる、ということになるでしょう」とテンプル大学東京キャンパスのICAS学部長ロバートDujarric氏は話す。


National elections must be held by August 2013. None of Japan’s last five premiers served much more than a year.
総選挙は2013年8月までが必須で、過去5名の主相は誰一人1年以上続いていない。


Public Opposition
世論


Seventy-one percent of respondents to the Mainichi newspaper poll published on June 4 objected to a speedy restart of the reactors in Ohi. In a separate poll released June 5 by the Pew Research Center, 70 percent of Japanese said the country should reduce its reliance on nuclear energy and 52 percent said they were worried that they or someone in their family may have been exposed to radiation.
6月4日に公表された毎日新聞の世論調査では、71%が大飯原発再稼動に反対していた。(ワシントンDCの)Pewリサーチセンターが6月5日に発表した別の投票では、日本人の70%が原子力依存を減らすべき、と答え、52%が自分自身、あるいは家族が被曝しているのではないかと心配している、と答えた。


Companies including Komatsu Ltd. (6301) and NEC Corp. (6701) have said the nuclear restarts are needed to avert power shortages. Both Komatsu Chairman Masahiro Sakane and NEC Chairman Kaoru Yano have talked about moving their production overseas if there is insufficient power for their factories.
株式会社小松製作所やNECを含む企業は、停電を回避するために原発再稼動が必要だと言う。小松製作所の会長、サカネ・マサヒロ氏やNEC会長、ヤノ・カオル氏は、工場に充分な電量がないのなら、海外に生産を移動させる、と述べていた。


Noda’s “under intense political pressure from the banks and the utilities who want those restarted,” Andrew DeWit, a professor at Tokyo’s Rikkyo University who focuses on energy policy. “They want to get those income streams back in operation.”
野田(主相)は、「再稼動を望む金融や電力会社からの凄まじい政治的圧力の下にあった」と、エネルギー政策を研究する立教大学教授、Andrew DeWit氏は話す。「彼らは、その流れからの収入を元に戻したいのだ。」


~*~*~*~*~*~*~*~

古いものに安住して、

変化や新しいものを怖れていては

革新は望めません。



多くの日本の人々が、

3.11で目を覚まし、

いろいろな意味で、

過去に安住することから脱する覚悟と決意を持とうとしているのです。



AJ201206170023.jpg
Participants at this year's Candle Night event at Tokyo's Zojoji temple hold candles after lights were turned off on Tokyo Tower on June 16. The event urging a power-saving lifestyle coincided with the government's decision to restart reactors at Oi nuclear plant in Fukui Prefecture. (Yusaku Kanagawa)
6月15日、東京増上寺にて、東京タワーの光が消えた後ろうそくを持つキャンドルナイトイベントの参加者たち。節電のライフスタイルを促がすイベントは、偶然にも政府の福井県大飯原発再稼動の決断の日と重なった。



福島の事故の前に戻そうとする力に屈してしまった今回の宣言は残念ですが、

彼は結局そのことに政治生命をかけたのでしょう。



安住に屈服した方々には、言葉どおり「責任」を持って戻っていただき、


わたしたちは、前に進むだけです!!



責任のとりようもない、

許されるはずもない犠牲の上にしか成り立たない繁栄など、

もう、望んでいないのです。


権力で押し通すことなど、もう、認めませんから。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/836-7d67f983

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。