スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Earth Day

 2010-04-22
042210-1.jpg
(Photo from Vancouver Sun)

以下、Burnaby News leaderより。



Alas, it’s not yet a day off, but we’ve been celebrating it since 1970.
今日は休日でこそありませんが、1970年以来、祝ってきた日です。

Forty years later, Earth Day is being observed in 175 countries by more than half a billion people. The “three Rs;reduce, reuse and recycle;has become a mantra. Clean energy is becoming more available. Tougher laws have reduced carbon emissions in many countries and driven the development of things like hybrid vehicles.
あれから40年後、175の国々で、5億人以上の人々が、「地球の日」を祝ってきました。3R「削減、再使用、リサイクル」は今ではマントラ(経典)となっています。地球を汚さないエネルギー源が増えています。多くの国で、より厳しい法律によって、炭素の放出が削減されています。そして、ハイブリット車のような物の開発が進んでいるのです。


But there’s still a long way to go before humans can boast we live in harmony with the environment around us.
しかし、まだまだ私たちが周りを取り巻く環境と調和して生活していると胸を張っていえるところまではきていません。

It’s ironic that this year’s Earth Day comes on the heels of a massive shutdown of air travel in Europe because of an ash cloud from an erupting volcano in Iceland. It’s almost as if the earth is reminding us “you can pollute me, you can abuse and exploit me, but you’re still not the boss of me.”
When it comes to our earth, it’s good to be humbled once in a while.
皮肉なことに、今年の「地球の日」のすぐ前に、アイスランドの火山噴火の灰雲のためにヨーロッパの飛行機がほとんど飛べなるという事態になりました。それはまるで、地球が私たちに「あなた方は、私を汚染し、その力を乱用できるでしょう。でも、あなたは私のボスにはなれないのです」と思い起こさせているようです。
地球のことについては、われわれは、しばしば謙虚にならなければならないのです。




今週はいろいろなことを思い起こす週ですねぇ。
そう、今日は「地球の日」Earth Dayです。

この日を迎えて、まず心に浮かぶのは、カナダに住んでいる日本人ならなおさらなのか、David Suzukiですよねぇ。

こちら、Earth Dayのメッセージです。

「人は、問題が大きすぎて、自分たちが変えることなどできない。政府や大きな企業しか、そんなことをできる力がない、と思いがちだけれど、それは、何もしない自分に対する単なる言い訳に過ぎません。もし大勢の個人が行動を起こすことを決意すれば、山を動かすこともできるのです。」

Take Action。何かに立ち向かうとき、いつもこの言葉がキーワードだと思います。
では、実際に個人にできる、とても簡単な、Take Actionとはどんなことなのか???

以下、Vancouver Sunより。




Here are 10 things you can do to help the planet, whether it's Earth Day or not.
「地球の日」にかかわらず私たちができる10のこと。

1. Leave your car at home for a day (or a week or a month) and try walking or biking. If work is too far away to walk, take public transit or carpool. One city bus eliminates the emissions of 40 cars.
車を家において、1日(あるいは1週間、1ヶ月)歩くか、自転車に乗ってみましょう。もし職場が歩くには遠いならば、公的交通手段を使うか、車の相乗りをしてみるのもよいでしょう。1台のバスが、40台分の車の放出を削減できるのです。

2. Turn off the lights, the computer and the television when they are not in use. Using only highly efficient and money-saving appliances can reduce the electricity consumption of an average household to one-10th of the national average.
電気、コンピューター、テレビを使っていないときに消しましょう。省エネ使用の電化製品のみを使用すると、電気消費を国平均の1/10まで削減できます。

3. Try eating meat-free at least one day a week. A meat-based diet requires seven times more land than a plant-based diet. Livestock production is responsible for more climate change gasses than all the motor vehicles in the world.
少なくとも1週間に1日は肉を食べないようにしてみましょう。肉食品は、植物食品の7倍の土地を要します。家畜生産は、世界中の自動車以上に気候の変化に影響しているのです。

4. Choose foods produced organically, locally and in season. Support your regional farmers and farming industry: buying locally and in season is better for the environment than buying foods that have been shipped hundreds of kilometres to your local market.
オーガニックで、地元産の旬の食物を選びましょう。地元の農家をサポートしましょう。地元生産の旬の物を買うことは、何百キロも離れたところから運ばれてくるものより、環境にやさしいのです。

5. Put a composter in your backyard or use your green bin to reduce household waste. Composting organics has two key benefits: it reduces the amount of waste going to landfills and when added to your garden, helps nourish soil and plants.
生ゴミを堆肥しましょう。ゴミ処理場の無駄をなくし、庭の土や植物の栄養にもなるのです。

6. Turn off your car's engine if stopped for more than 10 seconds. If every driver of a light-duty vehicle avoided idling by five minutes a day, collectively, we would save 1.8 million litres of fuel per day, almost 4500 tonnes of GHG emissions.
10分以上停車するときは車のエンジンをきりましょう。もし全ての自家用車のドライバーが1日5分のアイドルの状態をなくすと、180万リットルの燃料が1日に節約できるのです。

7. Set your thermostat above room temperature in the summer and below room temperature in the winter. For each degree you adjust, you can save 5% on your utility bill and 1% on your energy use.
室温計を夏には室温よりも高く、冬には室温よりも低く設定しましょう。1度につき、電気、ガスの請求料が5%減り、エネルギー使用を1%節約できます。(???何でだろう・・・知らなかった・・・)

8. Replace incandescent light bulbs with compact fluorescent bulbs (CFLs). A CFL uses only 25% as much energy as an incandescent bulb and lasts 10 times longer.
白熱電球を蛍光電球に取り替えましょう。蛍光灯は白熱灯の25%のエネルギーしか使わず、10倍長く持ちます。

9. The simple act of recycling has more impact on the environment than the average Canadian thinks. The amount of wood and paper North Americans throw away each year is enough to heat five million homes for 200 years.
ただ単にリサイクルするということが、わたしたちが考えているよりはるかに環境に影響を与えます。北米の住民が1年に捨てる木材と紙は、500万世帯が200年にわたって要する暖房のエネルギーに相当するのです。

10. This is a great opportunity to brag. Tell someone what you're doing to make the world a better place. Support the cause. Encourage them to get involved too.
自分が、世の中をよくするために何をしているのか話してみましょう。そして、一緒に行動を起こすよう呼びかけてみましょう。



確かにその気になれば誰でもできることですね。

IMG_0324_20100423133104.jpg
(2004年ーアシニボインにて)

私たちの星、地球からもらっている恵みを忘れないように。

さぁ、コンピューターを消そう!!

ell 022

あたしも、いつもきれいな水の中で、おいしい空気の中で遊びたいの
地球さん。ありがとう。

スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/82-c2c9ae53

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。