スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

安全・安定の呪文を唱える日本

 2012-05-27
the-new-york-times1.jpg


Spent Fuel Rods Drive Growing Fear Over Plant in Japan
日本の発電所を巡って恐怖の高まりを招いている使用済み核燃料



27japan-articleLarge.jpg


TOKYO - What passes for normal at the Fukushima Daiichi plant today would have caused shudders among even the most sanguine of experts before an earthquake and tsunami set off the world’s second most serious nuclear crisis after Chernobyl.
東京-今日福島第一原発でノーマルだと通用することは、チェルノブイリの後、世界で2番目に深刻な放射能危機をもたらした地震と津波の前に最も楽観的だった専門家の間でも、ぞっとするものでしょう。


Fourteen months after the accident, a pool brimming with used fuel rods and filled with vast quantities of radioactive cesium still sits on the top floor of a heavily damaged reactor building, covered only with plastic.
事故から14ヶ月、莫大な量の放射性セシウムで満たされた使用済み燃料棒で溢れるプールは、ただのプラスチックで覆われているだけです。


The public’s fears about the pool have grown in recent months as some scientists have warned that it has the most potential for setting off a new catastrophe, now that the three nuclear reactors that suffered meltdowns are in a more stable state, and as frequent quakes continue to rattle the region.
そのプールについての人々の怖れはここ数ヶ月に広がりました。何人かの科学者たちが、新たな大惨事をひい起こす可能性が大きく、今は3つのメルトダウンした原子炉はより安定状態にあり、地震が頻繁にその地域を揺らせているのだと警告しているからです。

溶けた燃料がどこにあるかも分からない原子炉より不安定なものがあるかと思うと。。。感覚が麻痺してしまいます。


The worries picked up new traction in recent days after the operator of the plant, Tokyo Electric Power Company, or Tepco, said it had found a slight bulge in one of the walls of the reactor building, stoking fears over the building’s safety.
東電が、原子炉建屋の壁にわずかなふくらみを見つけてからは、その建物を巡る安全についての恐れに火がつきました。


To try to quell such worries, the government sent the environment and nuclear minister to the plant on Saturday, where he climbed a makeshift staircase in protective garb to look at the structure supporting the pool, which he said appeared sound. The minister, Goshi Hosono, added that although the government accepted Tepco’s assurances that reinforcement work had shored up the building, it ordered the company to conduct further studies because of the bulge.
そのような懸念を鎮めるため、政府は環境省・原子力担当大臣を土曜日発電所に送りました。プールを支えている構造を見るために、防護服を着、にわか造りの階段を上り、安全のように見えると言いました。細野豪志大臣は、政府が、東電の補強作業で建物を補助したという保障を認めましたが、そのふくらみのため、更なる研究を行うように命じた、と付け加えました。


800_fukushima_no4_ap_120524.jpg

安全じゃないように見えるのは、例えばどんな風だったら???


Some outside experts have also worked to allay fears, saying that the fuel in the pool is now so old that it cannot generate enough heat to start the kind of accident that would allow radioactive material to escape.
外部の専門家の何人かも、恐れを鎮めるために、プール内の燃料は今ではあまりにも古いので、放射性物質を外に出すような事故を起こすのに充分な熱を発することはない、と話しました。


But many Japanese scoff at those assurances and point out that even if the building is strong enough, which they question, the jury-rigged cooling system for the pool has already malfunctioned several times, including a 24-hour failure in April. Had the outages continued, they would have left the rods at risk of dangerous overheating. Government critics are especially concerned, since Tepco has said the soonest it could begin emptying the pool is late 2013, dashing hopes for earlier action.
しかし、多くの日本人がこのような保証をあざ笑い、たとえ建物が充分に強くても(それも疑わしいしいと思っていますが)、応急処置されたプールの冷却システムは、4月に24時間機能しなかったことも含め、既に何回も故障を起こしていることを指摘しています。停電が続き、燃料棒は危険なオーバーヒートの状態に置かれたのです。政府の批評家たちは、東電が、早くても2013年末にしかプールからの取り出しを開始できない、といったことで特に懸念を示しています。もっと早い行動を望んでいるのです。


“The No. 4 reactor is visibly damaged and in a fragile state, down to the floor that holds the spent fuel pool,” said Hiroaki Koide, an assistant professor at Kyoto University’s Research Reactor Institute and one of the experts raising concerns. “Any radioactive release could be huge and go directly into the environment.”
「4号機は見た目に損傷し、使用済み燃料プールのある下の階までもろい状態です。」と、この懸念を取り上げた専門家の一人、京大原子炉実験所助教の小出裕章氏は言いました。「そのような放射性物質の放出も、巨大なものになりかねず、環境に出てしまうのです。」


Senator Ron Wyden, Democrat of Oregon, expressed similar concerns during a trip to Japan last month.
オレゴン州民主党のロン・ワイデン議員も、先月訪日したときに同じような懸念を表しました。


The fears over the pool at Reactor No. 4 are helping to undermine assurances by Tepco and the Japanese government that the Fukushima plant has been stabilized, and are highlighting how complicated the cleanup of the site, expected to take decades, will be. The concerns are also raising questions about whether Japan’s all-out effort to convince its citizens that nuclear power is safe kept the authorities from exploring other - and some say safer - options for storing used fuel rods.
「4号機のプールについての怖れは、東電と日本政府による、福島原発が安定化しという請け合いを損ねさせています。そして、彼らは、現場の除染がいかに複雑で、何十年もかかるのだということを強調しているのです。日本の、原子力が安全だと国民を納得させるための総力をあげての努力が、政府を他のこと-何人かが言う所のもっと安全なこと-使用済み燃料を貯蔵する選択肢から遠ざけているのではないかという疑念もあがっています。


“It was taboo to raise questions about the spent fuel that was piling up,” said Hideo Kimura, who worked as a nuclear fuel engineer at the Fukushima Daiichi plant in the 1990s. “But it was clear that there was nowhere for the spent fuel to go.”
「使用済み燃料が山積みになっているということについての疑念をあげるのは、タブーでした。」と1990年代に福島第一原発の核燃料技術者として働いていたキムラ・ヒデオさんは言いました。「しかし、使用済み燃料の行き場はどこにもないことは明らかだったのです。」


The worst-case situations for Reactor No. 4 would be for the pool to run dry if there is another problem with the cooling system and the rods catch fire, releasing enormous amounts of radioactive material, or for fission to restart if the metal panels that separate the rods are knocked over in a quake. That would be especially bad because the pool, unlike reactors, lacks containment vessels to hold in radioactive materials. (Even the roof that used to exist would be no match if the rods caught fire, for instance.)
4号機の最悪の場合は、もし冷却システムに他の問題が生じ、プールが乾けば、燃料棒が火災を起こし、膨大な量の放射性物質を放出するか、燃料棒を分離しているパネルがゆれで壊れてしまえば、核分裂が再開することになるでしょう。原子炉と違い、プールには放射性物質を閉じ込める格納容器は欠乏しているので、特に悪い状態なのです。(例えば、燃料棒が火災を起こしたら、前に存在していた屋根さえも匹敵しないのです。)


There is considerable disagreement among scientists over whether such catastrophes are possible. But some argue that whether the chances are small or large, changes should be made quickly because of the magnitude of the potential calamity.
そのような大惨事が起こりうるのか否かをめぐり、科学者たちの間で相当な意見の不一致があります。しかし、あるものたちは、可能性が小さいのか大きいのかを議論し、可能な災禍の巨大さゆえに、変更が早急になされるべきだとしています。


Senator Wyden, whose state could lie in the path of any new radioactive plumes and who has studied nuclear waste issues, is among those pushing for faster action. After his recent visit to the ravaged plant, he said the pool at No. 4 poses “an extraordinary and continuing risk” and the retrieval of spent fuel “should be a priority, given the possibility of further earthquakes.”
自分の州が新たな放射性物質のプルームの通り道にあり、かつて核廃棄物問題について学んだことのあるワイデン議員は、 行動を速めることを即している者の一人です。破壊された原発へ最近訪問した後で、4号機が「異常な終りのない危険」を曝していると言い、更なる地震の可能性を考えると、使用済み燃料の取り出しが優先されるべきだと述べました。


Attention has focused on No. 4’s spent fuel pool because of the large number of assemblies filled with rods that are stored at that reactor building. Three other reactor buildings at the site are also badly damaged, but their pools hold fewer used assemblies.
原子炉建屋に貯蔵されている燃料棒集合体の数の大きさのため、4号機に注目が集まっています。他の3つの原子炉建屋もかなり損傷していますが、使用済み燃料集合体の数は少ないのです。


According to Tepco, the pool at the No. 4 reactor, which was not operating at the time of the accident, holds 1,331 spent fuel assemblies, which each contain dozens of rods. Several thousand rods were removed from the core just three months before so the vessel could be inspected. Those rods, which were not fully used up, could more easily support chain reactions than the fully spent fuel.
東電によると、事故当時稼動していなかった4号機には1331の使用済み燃料集合体があり、それぞれが12本の燃料棒を収めているということです。格納容器を調査する丁度3ヶ月前に、何千もの燃料棒が原子炉から取り出されました。これらの燃料棒は使い尽くされていず、完全に使用済みとなった燃料よりも、容易に連鎖反応を起こしやすいのです。


While Mr. Koide and others warn that Tepco must move more quickly to transfer the fuel rods to a safer location, such transfers have been greatly complicated by the nuclear accident. Ordinarily the rods are lifted by giant cranes, but at Fukushima those cranes collapsed during the series of disasters that started with the earthquake and included explosions that destroyed portions of several reactor buildings.
東電は、もっと安全な場所に燃料棒を移動させるために、もっと迅速に動かなければならない、と小出氏や他の人達が警告していますが、そのような移動は、原子力事故によりとても複雑なものになっています。普通なら、燃料棒は巨大クレーンで持ち上げますが、福島のそれらのクレーンは、地震で始まり、いくつかの建物の一部を破壊した爆発を含め、一連の災害で崩壊したのです。


Tepco has said it will need to build a separate structure next to Reactor No. 4 to support a new crane.
東電は、新しいクレーンを支えるために4号機の隣に別の構造物を立てる必要があるのだと言いました。


The presence of so many spent fuel rods at Fukushima Daiichi highlights a quandary facing the global nuclear industry: how to safely store - and eventually recycle or dispose of -spent nuclear fuel, which stays radioactive for tens of thousands of years.
福島第一にあるあまりにも多くの使用済み燃料の存在は、世界の原子力業界が直面する困惑を浮き彫りにしています。何万年もの間放射線を発する使用済み燃料を、どうやって安全に貯蔵するのか-最終的にリサイクルするのか、処分するのか。


In the 1960s and 1970s, recycling for reuse in plants seemed the most promising option to countries with civilian nuclear power programs. And as Japan expanded its collection of nuclear reactors, local communities were told not to worry about the spent fuel, which would be recycled.
1960年代70年代に、原発で再利用するためのリサイクルは、民間の原子力プログラムを有する国々では、将来有望な選択肢と思われていました。そして、日本が原子炉のコレクションを拡大しているとき、地元社会は、リサイクルされる使用済み燃料について心配しないように告げられていました。


The idea of recycling fell out of favor in some countries, including the United States, which dropped the idea because it is a potential path to nuclear weapons. Japan stuck to its nuclear fuel cycle goal, however, despite leaks and delays at a vast reprocessing plant in the north, leading utilities to store a growing stockpile of spent fuel.
リサイクルという考えは、アメリカを含むある国々では好まれなくなりました。核兵器へつながる可能性があるとしてその考えは捨てたのです。しかしながら、日本は、核燃料サイクルという目的にこだわりました。北日本にある巨大な再処理施設での漏洩や遅延にかかわらず、電力会社は、どんどん蓄積する使用済み燃料を貯蔵していったのです。


As early as the 1980s, researchers, including those at the United States Nuclear Regulatory Commission, started warning of the risks of storing growing amounts of nuclear fuel in pools. The United States has since concluded that densely packed pools are safe enough, but Tepco says that it never even specifically studied the risks posed by the pools.
早くも1980年台に、アメリカ原子力規制委員会を含む調査員たちは、増え続ける使用済み燃料をプールに貯蔵する危険性を警告し始めました。以来アメリカは高密度プールが十分に安全であると結論しましたが、東電は、プールにより危険がさらされるという事は、特に研究されていないのだと言いました。

 じゃぁ。。。アメリカは、研究もせずに、経費が莫大にかかるキャスクに踏み切った。。。ということでしょうか。。。


“Japan did not want to admit that the nuclear fuel cycle might be a failed policy, and did not think seriously about a safer, more permanent way to store spent fuel,” said Tadahiro Katsuta, an associate professor of nuclear science at Tokyo’s Meiji University.
「日本は、核燃料サイクルが失策かもしれないという事を認めたくなかったのです。そして、真剣により安全な、より永久的な使用済み燃料貯蔵法を考えなかったのです。」と明治大学、原子力科学の準教授のカツタ・トダヒロ氏は話しました。


The capacity problem was particularly pronounced at Fukushima Daiichi, which is among Japan’s oldest plants and where the oldest fuel assemblies have been stored in pools since 1973.
容量の問題は福島原発では特に言明されていました。日本で一番古い原発の一つで、1973年以来最も古い燃料集合体が貯蔵されてきたのです。


Eventually, the plant built an extra fuel rod pool, despite suspicions among residents that increasing capacity at the plant would mean the rods would be stored at the site far longer than promised. (They were right.)
結局、住民たちが、容量を増やすという事は、燃料棒がその現場に約束されているよりも長く貯蔵されることになるのではないか、という疑念にもかかわらず、発電所は余分の燃料棒プールを造りました。(住民たちは正しかったのです。)


Tepco also wanted to transfer some of the rods to sealed casks, but the community was convinced that it was a stalling tactic, and the company loaded only a limited number of casks there.
東電もまた、いくつかの燃料棒を密閉されたキャスクに移したかったのですが、地元住民はそれが時間稼ぎの策だと説きふさがれ、東電はそこに限られた数のキャスクしか備え付けなかったのです。


The casks, as it turns out, were the better choice. They survived the disaster unscathed.
キャスクは、よりよい選択だと分かりましまた。災害でも無傷ですんだのです。 



~*~*~*~*~*~*~*~

あれだけの事故を起こした東電の責任の感じ方は。。。


(Japan Timesより)


Akio Komori, one of the Tepco executives who escorted Hosono, said the utility will inspect the No. 4 building to ensure its integrity while continuing with fuel removal. Komori, however, rejected growing calls to let outside experts to inspect the plant.
細野大臣に付き添った東電の役員の一人、コモリ・アキオ氏は、燃料取り出しを続けるにあたり、その完全性を確かにするために4号機の調査をする、と述べました。しかし、コモリ氏は、外部の専門家に発電所の調査をさせるという高まる要請を拒否しました。


"As the party with direct responsibility, it's our job to carry out the necessary checks," he said.
「直接的責任がある側として、必要な確認を実行するのはわたしたちの仕事です。」と彼は言いました。

東電に、金輪際発して欲しくない言葉。
1.安全 Safety
2.完全性 Integrity
3.責任 Responsibility



~*~*~*~*~*~*~*~

一方、日本政府はというと。。。

(UKロイター通信より)

Japan says Fukushima spent-fuel risk contained
福島使用済み燃料の危険は収まったという日本
 

Picture1_20120528145200.jpg


"I don't think the situation is unstable," said Goshi Hosono
「不安定な状況だとは思わない」と細野大臣は述べました。

説得力がない。。。というか。。。安定と不安定の違いを説明していただきたいです。。。大丈夫ですか???


Hosono said the government accepted Tepco's estimate that the No.4 reactor could withstand an earthquake measuring a "strong 6" on the Japanese scale.
細野氏は、政府が、4号機が震度6の地震に耐えうるという推測を承諾した、と言いました。


The magnitude 9 quake last March that triggered a tsunami and overran Fukushima's back-up power systems was measured at 7 on the Japanese scale north of the plant in Miyagi prefecture.
去年の3月に起きたマグニチュード9の地震の地震は津波起こし、福島のバックアップ電源を荒らし、発電所の来たの宮城県では震度7でした。


福島並みの地震が来ても炉心溶融は起こらない、と繰り返し主相が言っていたのは、つまり、震度6の地震、ということだったんですね。。。去年3月11日に起こった規模の地震が起きても・・・と勘違いさせられていました。大体福島並みって。。。。???言葉遊びしている場合じゃないと思うのですが。。。。



~*~*~*~*~*~*~*~


そして。。。

Tepco may try to remove unused fuel assemblies from feared No. 4 pool
東電、怖れられる4号機プールから使用されていない燃料集合体を取り出すかも



Tokyo Electric Power Co. might try to remove two unused fuel assemblies sitting in the spent-fuel pool above the Fukushima No. 1 plant's No. 4 reactor in July, officials said Sunday.
東電は、福島第一原発の4号機の上にある使用済み燃料プールにある使用していない2つの燃料集合体を、7月に取り出すかもしれないと、日曜日に述べました。


The attempt would be a test run for securing the dangerous pool, which has become a priority because the building that housed the reactor and the pool — which sits on the fifth floor — was ripped apart by a hydrogen explosion in the early days of the nuclear crisis last year and could collapse in a strong earthquake.
この試みは、その原子炉と5階にあるプールのある建物が去年の放射能危機の早い時点での水素爆発により裂けていて、強い地震で崩壊する可能性があるとして、優先事項となりました。

危険性を認めて、優先したんですね!


中略。。。。。


While concerns remain that the pool is in a vulnerable state, Tepco said in its latest inspection that it has confirmed the pool is not tilting and can safely hold the fuel.
そのプールがもろい状態にあるという懸念が残っている中、東電は、最新の調査がプールが傾いず、燃料を安全に保つことができているのだと確証しました。

危険性は、認める気がないのですね。。。。




世界中の日本人が、どんなに恥ずかしい思いをしているか分かってくれているのでしょうか。。。?






スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/805-5e45c6f7

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。