スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

4号機の危険否定宣言?~外国人記者会見

 2012-05-22
世界の懸念に日本はどのように応えたのでしょう?

5月21日に開かれた外国特派員協会の記者会見からです。


Officials try to calm fears about spent nuclear fuel rods
使用済み燃料棒についての恐怖を収める日本の役人たち



AJ201205210130.jpg
Ikko Nakatsuka, senior vice minister of the Cabinet Office, left, and Hiroshi Asahi, director-general for Energy and Environmental Policy of the ministry of trade and industry, speak at the Foreign Correspondents' Club of Japan in Tokyo on May 21. (Hiroshi Matsubara)


By HIROSHI MATSUBARA/ Staff Writer


Despite growing international concerns over the state of spent fuel rods at the crippled Fukushima No. 1 nuclear power plant, two government experts said on May 21 that there are no plans to speed up their scheduled removal by 2015.
紛糾した福島第一原発の使用済み燃料の状態をめぐって国際的懸念が深まっているにも関わらず、2人の政府筋の専門家は、5月21日、2015年までに移動させるというスケジュールを早める計画はない、と述べました。


Speaking at a news conference at the Foreign Correspondents' Club of Japan in Tokyo, the government apparently wanted to get the message out to the world that the No. 4 reactor at the plant, which houses more than 1,500 nuclear fuel rods, could withstand a similar strike to last year's Great East Japan Earthquake.
東京で開かれた外国特派員協会の記者会見で話をし、1500本以上の使用済み燃料棒を収容している原発の4号機が、去年の大震災と同じようことが起きても持ちこたえることができる、と政府は明らかに世界向けてメッセージを発信したかったのです。


Ikko Nakatsuka, senior vice minister of the Cabinet Office, reiterated that the No. 4 reactor has sufficient seismic resistance against an earthquake equivalent to the force of the March 11, 2011, tremor. He spoke at FCCJ along with Hiroshi Asahi, director-general for Energy and Environmental Policy of the ministry of trade and industry.
内閣の副大臣である中塚一宏氏は、4号機が2011年3月11日の地震と同じくらいの威力の振動に対しての耐震性は充分だと繰り返しました。彼は、経済産業、資源エネルギー庁審議官の朝日弘氏と共に、外国特派員協会にて話をしました。

これ、決まり文句です。


“Although I am not an expert on this issue, Tokyo Electric Power Co. (the plant operator) and the trade ministry have explained that the No. 4 reactor can withstand a quake of a Japanese intensity scale of 6-plus,” said Nakatsuka, a Lower House member of the ruling Democratic Party of Japan.
「この問題についての専門家ではありませんが、東京電力と産業省は、4号機が震度6+の揺れに耐えうると説明しています。」と与党民主党の衆議院議員である中塚氏は述べました。

世界に対して、事故を起こした東電と、技術的な知識のない産業省の説明を述べたところで、何の意味があるのでしょう?すでに設立されていなければならない安全規制庁のような、技術的な知識が豊富で、安全確保を目的とした独立機関から発表されるべき内容ではないでしょうか??


“What we can only promise right now is that the plant workers are still working to reinforce the reactor’s anti-quake capacity and will continue to do so.”
「今お約束できるのは、原発作業員が今も尚、原子炉の耐震許容量を強化するために作業していて、これからも続けていく、ということだけです。」

つまり、現時点での耐震性では、不十分だということは、当然理解しているということですね?


The badly damaged No. 4 reactor building houses storage pools containing 1,331 spent and 204 new fuel rods, which are not protected by containment vessels and are open to the air. The number is the largest of any of the six reactors at the plant.
深刻に損傷した4号機の建物には、1331本の使用済み燃料と、204本の新しい燃料を収容する貯蔵プールがあるのです。それは、原子炉格納容器で守られているわけではなく、大気に曝されています。発電所にある6つの原子炉のうちのどれよりも多くの燃料があるのです。


The government plans to start relocating the fuel rods from the No. 4 reactor in the latter part of of 2013 and complete the mission by 2015.
政府は、4号機の燃料棒の移動を2013年末に始め、その任務を2015年までに完了する計画です。


“We have no evidence to support that the No. 4 reactor building is neither as sound or more dangerous structurally, compared to the other buildings,” said Nakatsuka, who entered the reactor in April for an on-site inspection.
「4号機の建物が、他の建物と同じくらい構造的にしっかりしているとか、より危険だということを示す証拠がないのです。」と、4月に現場視察のため原子炉に入った中塚氏は言いました。

というか。。。補強していない-できない3号機の建物とかと比べても仕方がない。。。ですよね?


“But we understand that there are various concerns about the reactor, including those that have been proven to be false. All we believe is that the situation of the facilities at the Fukushima plant is very different from other nuclear plants and thus stricter safety measures must be applied.”
「しかし、その原子炉について、誤りだったと分かったものを含め、様々な懸念があることは理解しています。私たちが信じているのは、福島原発の施設の状況が、他の原発とは異なるので、より厳しい安全方策が採られなければならない、ということです。」

誤っていた懸念、というのが何を指しているのかは分かりませんが。。。他の原発と爆発した原発が違うことは。。。小学生でもわかることです。。。


Experts from around the world are becoming increasingly concerned about the state of the No. 4 reactor building. In a letter on April 16 to Ichiro Fujisaki, Japan’s ambassador to the United States, U.S. Senator Ron Wyden, who visited the Fukushima plant on April 6, warned that the storage pool at the No. 4 reactor could collapse if the building was hit by another major earthquake or tsunami.
世界中の専門家たちが4号機の建物の状況についての懸念をますます高めています。4月6日に福島を訪れたアメリカのロン・ワイデン議員が4月16日に米国日本大使のフジサキ・イチロウ氏に宛てた手紙の中で、また大きな地震や津波に襲われたら、4号機の原子炉は崩壊する可能性があると警告しました。


It would spew a much greater amount of radioactive materials in such a disaster than after last year’s accident, wrote Wyden, the senior member of the U.S. Senate Committee on Energy and Natural Resources.
去年の事故語に起こったよりはるかに大量の放射性物質が放出されるだろう、と米上院エネルギー委員会の有力メンバーであるワイデン氏は書いています。


“The precarious status of the Fukushima Daiichi (No. 1) nuclear units and the risk presented by the enormous inventory of radioactive materials and spent fuel in the event of further earthquake threats should be of concern to all and a focus of greater international support and assistance,” Wyden wrote.
「福島第一原発の危うい状況と、更に地震が起こるという恐れの中にある放射性物質と使用済み燃料に示される危険性は、全ての者にとっての懸念であり、より大きな国際支援と援助の焦点となるべきものである。」とワイデン議員は述べています。


Mitsuhei Murata, former ambassador to Switzerland, also told an Upper House hearing in March that another accident at the reactor building could cause the “final catastrophe of the world."
元スイス大使の村田光平氏も、3月の参院の公聴会で、その原子炉建屋でもう一度事故が起これば、「世界最後の破局」の原因となりうる、と述べました。


Citing that they will also impact the common spent fuel pool containing 6,375 fuel rods, located some 50 meters from the No. 4 reactor, Murata urged that it is the government’s responsibility to immediately remove the No. 4 fuel rods.
そしてそれは4号機から50mほどのところにある6375本の燃料棒を収容している共有使用済み燃料プールにも打撃を与えることを引き合いに、ムラタ氏は4号機の燃料棒をただちに移動させることが政府の責任なのだと即しました。


During the news conference on May 21, the government spokesmen were repeatedly asked why they do not consider a worst-case scenario and start working to prevent a catastrophe in cooperation with foreign experts.
5月21日の記者会見の間中、政府のスポークスマンは、なぜ最悪のシナリオを考えないのか、なぜ国外の専門家と協力して大惨事を防ぐべき取り組みを始めないのか、繰り返し尋ねられました

この会見は、正にこのことに対する回答を知るために開かれたのだと思います。


Nakatsuka refused to comment on these questions by using a twist of logic. After the Fukushima accident, we must no longer use the term "safe" without evaluating actual risk, he said. “So, government officials should not talk about ‘safety’ without presenting concrete risks.”
中塚氏は、論理を捻じ曲げることで、これらの質問に対するコメントを拒みました。福島の事故の後、私たちはもう「安全」という言葉を実際の危険を査定することなしに使うべきではないのだ、と述べました。「なので、政府は『安全』について具体的な危険を示すことなしに話すべきでなはないのです。」

 
私には。。。。「安全について考えるのをやめました。」という風に聞こえます。。。大飯原発の安全確保宣言は何なんでしょう??? 


Unlike the No. 1 and No. 3 reactors, which suffered from hydrogen explosions after the quake and tsunami, the No. 4 reactor was undergoing a periodic inspection at the time.
地震と津波の後、水素爆発に苦しんだ1号機や3号機とは違い、4号機は当時定期点検を行っていました。


But a mysterious explosion blew away the walls and roof of the steel-reinforced concrete building. TEPCO said that the explosion was caused by hydrogen gas seeping into the building from the No. 3 reactor through the ventilating system.
しかし、謎の爆発は、スチールで強化されたコンクリートの建物の壁と屋根を吹き飛ばしたのです。東電は爆発は水素ガスが3号機から換気システムを通り建物の中に広がり、爆発の原因になったのだと話しました。


The lawmaker added that the only possible way for the government to reduce overall risk for another catastrophic event is to speed up the plant's 30-year decommissioning road map. It would reduce the risk even by a small margin if another major quake strikes the area, he said.
中塚議員は、政府が次の大惨事の危険全般を減少させる唯一可能なことは、30年間の閉鎖に向けてのロードマップのスピードアップを図ることだ、と付け加えました。もしまたその地域を大きな地震が襲ったとすると、そのことがたとえ少しでも危険を少なくすることになるだろう、と話しました。


あれ?大きな地震が来ても大丈夫だって、言いましたよね?問題の燃料の取り出しを早める計画はないのであれば、何をどのように早めればよい、と思っているのでしょう???




~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

Wall Street Journalからのレポートは以下の通り。

May 21, 2012, 7:48 PM JST.

Fukushima Daiichi’s Unit 4 Spent-Fuel Pool: Safe or Not?
福島第一の4号機使用済み燃料は安全?危険?


By Phred Dvorak

OB-TA580_0521jr_D_20120521063459.jpg
Associated Press, The Unit 4 reactor building at Fukushima Daiichi in February


Questions have been bubbling recently over how safe Japan’s stricken Fukushima Daiichi nuclear plant-in particular the pool atop Unit 4, where some 1,535 fuel rods are stored-would be if another big earthquake hit.
打撃を受けた福島第一原発、特に1535本の燃料棒が収容されている4号機のプールが、もう一度大地震に襲われたときどれだけ安全なのかをめぐり、疑問が煮えたぎっています。


Plant operator Tokyo Electric Power Co. has been taking steps recently to address that issue, and last month it invited legislator Ikko Nakatsuka, Japan’s senior vice-minister for reconstruction, to check its work.
発電所を動かす東電はこの問題に言及するために踏み出しました。先月復興副大臣の中塚一宏議員を作業を確認するために招きました。


The bottom line: The steps Tepco has taken look fine, Mr. Nakatsuka said-as far as they go. Speaking to reporters Monday at the Foreign Correspondents’ Club of Japan, Mr. Nakatsuka stayed determinedly away from making big-picture conclusions. And in the wake of last year’s accident, he said, the government has learned there’s no such thing as absolutely safe.
基本線:中塚氏は、東電の取っているステップは今のところ問題ないように見える、と月曜日に外国特派員委員会にて述べました。中塚氏は、頑として大きな視点での結論は避けました。去年の事故の後、政府は絶対的な安全のようなものはないのだと学んだのだと言います。

専門家でない政治家が視察して、問題ないように見える、といわれても。。。。もちろん、政治家が安全と言う言葉を使えないことは、誰もが分かり、敢えて言わなくとも当然のことです。


“When we say ‘safe,’ we have to say at what (risk) level,” Mr. Nakatsuka said.
「私たちが『安全』というときは、どのくらいの危険のレベルなのか、と言わなければならないのです。」と、中塚氏は述べました。




中略~Omission~


On April 23, Tepco took Mr. Nakatsuka inside the reactor 4 building to look at the concrete-and-steel supports it had built under the spent-fuel pool. Then Mr. Nakatsuka went to the fifth floor to witness a test that showed the building - which suffered an explosion last year that blew off the roof and some of the upper walls - wasn’t listing to one side.
4月23日に東電は中塚氏を4号機建屋に案内し、使用済み燃料プールの下に作られたコンクリートとスチールの支えを見学しました。そして中塚氏は5階へ行き、去年屋根と上部の壁のいくつかを吹き飛ばした爆発に苦しんだ建物が、片側に傾いていないことを示すテストを確認しました。

これって政治家が確認することですか?なぜ、専門家が確認しないのですか?


Tepco analysis shows the building could survive forces equivalent to those that shook the site during the March 11 quake, Mr. Nakatsuka said.
東電の分析は、3月11日に現場を揺るがしたのと同じ威力には耐えられることを示していると中塚氏は言います。

今まで散々問題をないことにし、報告書を改ざんしてきた東電の分析ですよ??


But just how big an earthquake could Unit 4 withstand before it collapses? That’s one of many questions from reporters that Mr. Nakatsuka and the head of the Nuclear and Industrial Safety Agency’s seismic safety unit evaded or wouldn’t answer. Some others: What plans does the government have in case the pool does come down? What’s the biggest risk at the plant now?
しかし、どれだけ大きな地震まで4号機が崩壊せずに持ちこたえられるのか?という記者からの多くの質問されたものうちの1つには、中塚氏と原子力安全保安院の地震安全部は、答えるのを避ける、あるいは答えませんでした。プールが崩壊した場合の政府のプランは?今発電所で一番の危険は?


Asked whether he’s satisfied with the safety checks Tepco has done so far, Mr. Nakatsuka answered, “I trust each one they’ve done.” But he added that more steps might be in order - like picking up the pace of plant cleanup.
東電が行っている確認について今のところ満足しているのか?という問いに対し中塚氏は、「彼らが行ったそれぞれの事を信頼している」と答えました。しかし、更なる前進が-発電所の除染をスピードアップするようなことが必要なのだと付け加えました。


~*~*~*~*~*~*~*~*~


曖昧な文化。。。の日本だから??

肝心な疑問に対しては全て肩透かし。



情報の透明性というのは、白黒はっきりした物言いでもあるはずです。

踏み入られては困るものがある、と言っているようなものです。



これでまた、

信頼が更に失われ、疑念が深まりました。

世界中に。。。


波及しています。。。。



BELLONA-モスクワからの5月6日の記事の抜粋です。


Concerns mount over the growing threat from Fukushima’s spent fuel - will the experts’ warning call be heard?
福島の使用済み燃料からの広がる脅威について深まる懸念。専門家の警告は届いたか?
 



Faced with yet another impending doom, the Japanese government seems to be doing exactly what it was at the height of the disaster in 2011 - namely, denying the problem and downplaying the risks. Or else why would the Japanese public and experts and politicians alike fear that summoning international intervention was the only recourse left to avert the brewing disaster?
もう一つの差し迫る運命に直面し、日本政府は2011年の災害の只中にあった時と全く同じことをしているように見えます。つまり、問題を否定し、危険を小さく見せる。そうでなければ、なぜ国民、専門家、政治家たちは、正に起ころうとしている災害を回避するためにたった一つ残された頼みの国際的介入を召喚することを怖れるのでしょう?

“We Japanese civil organizations express our deepest concern that our government does not inform its citizens about the extent of risk of the Fukushima Daiichi Unit 4 spent nuclear fuel pool,” the petitioners write. “Given the fact that collapse of this pool could potentially lead to catastrophic consequences with worldwide implications, what the Japanese government should be doing as a responsible member of the international community is to avoid any further disaster by mobilizing all the wisdom and the means available in order to stabilize this spent nuclear fuel.”
「日本の市民組織は、日本政府が福島第一4号機の核燃料プールの危険の規模について市民に知らせていないことに深い懸念を表します。」と(国連事務総長に宛てた)嘆願書に書かれています。「プールの崩壊が世界中を巻き添いにした破局的結果を導く可能性の事実を考えると、日本政府がなすべきことは、国際社会の責任ある一員として、使用済み燃料を安定化させるために、可能な限りの叡智と手段を結集し、更なる災害を避けるべきだということです。」


It is evident, the petition continues, that the spent fuel at Unit 4 “is no longer a Japanese issue but an international issue with potentially serious consequences. Therefore, it is imperative for the Japanese government and the international community to work together on this crisis before it becomes too late.”
その嘆願書はこう続いています。4号機の使用済み燃料は、「もはや日本だけの問題でなく、深刻な結果を招く可能性のある国際的問題だということ」は明らかだ、と。「それゆえに、日本政府と国際社会が、手遅れになる前にこの危機について共に取り組むことが必須であるのです。」


At issue is not only the risk of radioactive fallout that could affect Russia’s Far East - just the mere threat of contamination last year plunged the residents of Russia’s Far Eastern regions into a panic, with many rushing to local pharmacies to stock on iodine - but more radioactively contaminated export goods finding their way across the border. It was only roughly a month ago that Russian customs officials in the Far East reported of yet another (in Russian) batch of Japanese-made cars that had failed to pass radiation safety control upon delivery to a Russian port. And latest tests have revealed radioactive contamination still present in goods and produce in nine prefectures in Japan.
未解決の問題は、ロシアの極東に影響を与えた放射性降下物-去年、単なる汚染の脅威がロシア極東の住民をパニックにさせ、ヨウ素剤を貯め込むために地元の薬局に殺到した-だけではなく、国境を渡り更なる放射性汚染輸入品が向かっていたのです。それはたったの1ヶ月ほど前でした。極東のロシアの税関係員がまた港に運ばれた日本製の車の一群が、放射能汚染安全管理を通過できなかったと報告しました。最も最近の検査では、放射能汚染が未だに商品に存在し、日本の9つの県で生産されていることが明らかになったのです。

食べ物だけではなく、日本からの物品についての検査もカナダ政府には要請しなければならない、ということでしょうか・・・土壌汚染がひどい所の出入りが自由になり、出入りする車の検査もされてないわけですから、もう、これは、拡散しっぱなし、ということですね。。。。


Alas, the Russian government’s reaction when the catastrophe at Fukushima Daiichi struck last year was much in the same vein as how Japan’s nuclear officials chose to treat it: Denial, withholding, and understatement. As the disaster at Fukushima kept deteriorating, the Russian nuclear industry, which has never had occasion to complain about a lack of unquestioning support from the Kremlin, responded with upbeat no-need-to-worry commentary multiplied across national TV channels and publications.
なんということか、去年福島第一の大惨事が起きた時のロシア政府の反応は、日本の原子力関係の役人の取り扱いと同じでした。否定。隠蔽。そして控えめな物言い。福島の災害が悪化し続けるように、クレムリンからの絶対的な支援の欠如について不平を述べる機会が全くなかったロシアの原子力業界は、楽天的で、心配ないという解説を国営テレビと出版物を通して倍増することで対応したのです。


This is the old “nuclear power is safe” rhetoric it has dedicated too much energy and too many resources disseminating and one it still needs to stay true to - lest it is forced to concede that nuclear energy comes with demons even a nation as technologically advanced as Japan may fail to bring to heel. Just as Japan before Fukushima, Russia has the nuclear industry and government leadership joined at the hip, with the result that it may sooner try to disregard a threat than join a call to address it.
これは古い「原子力が安全」という美辞で、過度のエネルギー、過度の資源のばら撒きに専念し、それがまだ真実である必要があるのです。原子力は、日本のような技術の進んだ国でも回復できないかもしれないような悪魔なのだということをしぶしぶ認めさせないように。福島(事故)の前の日本とちょうど同じように、ロシアは原子力業界と政府のリーダーシップが密着し、脅威についての取り組みを要請するというより、すぐに脅威を切り捨てようとするのでしょう。


But this is an arrangement that not only prevents acknowledgment of a problem that too much effort has been expended denying, but builds a wall of stubborn isolation exactly when so much depends on openness and willingness to offer or accept help. Tragically, Japan is learning the truth of it the hard way.
しかしこのような調整は、否定のためのあまりにも多くの努力が費やされているという認識を妨げるだけでなく、あまりにも多くのことが、正に、透明性と助けを快く申し出る、あるいは受け入れることにかかっている時に、頑固な孤立の壁を築いてしまうのです。悲劇的なことに、日本はその真実を身をもって学んでいます。





本当に残念ですが。。。

今の政府に任せておくと、

大変なことになりそうです。。。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/802-5ba90b4c

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/05/25 19:19】 | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/05/25 19:22】 | # | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。