スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

原子力やめますか?それとも人間やめますか?

 2012-05-20
注:

私は、怒っています。

これは、あくまでも「一個人のたわごと」です。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


原発は麻薬のようなものです。

人間の弱い部分に入り込み、

中毒症状を起こしてしまうのです。

Picture1_20120521075228.jpg

例えばおおい町議会議長のように。。。




20120516 「再稼動容認」のあきれた舞台裏... by PMG5


15分(議会開始が)遅れたのはなぜですか?

Picture2_20120521075227.jpg



再稼動容認の議会の決定をどう受止めているのか一言だけでも感想を。

Picture3_20120521075226.jpg



原子力ムラ勢力に脅されて、破れかぶれになっているのか。。。

あるいは、ただ単に中毒にかかってしまっただけなのか。。。



この議会で採決された「大飯原発再稼動」同意を、日本の主相は「重い決断」と評価しました。


NHK9時のニュースでのインタビューです。

「私のリーダーシップのもとで再稼働判断の時期は近い」


びっくり発言を抜粋します。


あの福島並みの地震や大きな津波があった時に、炉心溶融に至らないという余裕がどれくらいありかという事をチェックをしているわけで、そこはクリアしていることは間違いない事であります。

今までずっとごまかされてきているのです。何を根拠にそのようなことがいえるのか、そこが一番肝心だと思うのですが。。。


福島並みの津波とか、地震があった時に、炉心溶融に至らないと、いう事は徹底したチェックをしている。その意味での安全という事は確保していることは間違いありません

科学的にも誰も保証していないのにですか?福島の津波と地震とは少し違った状況になった場合は、「想定外」ということで許される、ということでしょうか?


あの今大事なことは、あの今ご指摘のあったおおい町の町議会はこれは再稼働について「合意する」という、意思表明をしていただきました。私はそのおおい町であるとか、福井県であるとか、そのいわゆる立地自治体。40年間にわたって原発と向き合ってきて、そして消費地に電力を供給してきた、そういう皆さんのご意向はやっぱり最優先に考えるべきだとおもいます。

今も昔も、大事なこと、最優先に考えるべきことは、安全確保ではなかったのですか?住民の声を検討せずに、あのふざけた議長の下に決定された意向を最優先にするわけですね?


我々は「きちっとこういう形で安全性を確認をいたしました。だからご判断いただけますか」という説明をさ・・あ・・しています。その説明を受けて、重たい判断を頂きました。今度重たい判断をするのは、政府の番だというふうに思います。

とてもきちっと安全性を納得されているようには感じられませんが。。。???そして、その説明は、国民全員にされるべきではないですか???福島で起きた事故が、どれだけ国民全体に、国外にも影響を与えているのか、本当に理解されているのでしょうか?


突然たとえば人工呼吸器にたよっている方の人命にかかわることです。あるいは中小企業含めて経済にも大きな影響を及ぼします。そういう悪影響を及ぼさないためにも、政府が重たい判断をしなければなりません。

当の病院側は、そのようなことが起きないように、設備の強化の努力を実際に着手していますよ?重たい判断をしているのは、政府ではなく、一人一人の国民です!



安全性が最優先。加えて必要性も加味しながらしっかりと最後は私のリーダーシップのもとで4閣僚で意思決定をしたいと思っています。

NO THANK YOU!!!


それは、もうそろそろ、その判断の時期は近いというふうに思っています。で、その判断をした暁には、安全性、必要性、万全期しる体制をわたしを先頭に作っていきたいと思っています。

どうやって??
それより先に、先頭に立って、福島原発を何とかしてください。
病状と不安に苦しんでいる、福島他影響を受けている人たちを救ってください。
原発で生活を奪われた人たちが、新しい希望を見出せるような仕組みを構築してください。
安全な食物の流通と、汚染されていない土地の確保に全力を尽くしてください。
起こってしまった事故の対応が全くできていない状態で、再び原発をどうしたら動かせるというのでしょう?
破滅に向かうリーダーは、私たちには害になるだけです。



アナ:まず安全確認が先だと、その考えは絶対に守っていただけるとお約束いただけますか?

野田:もちろんです


信じられると思いますか???そんなに簡単に口にできることですか?

これほどの無責任さが他にあるでしょうか。。。。 ただただ。。。ありえない。。。。

黙祷・・・・・・・・

IMG_7151.jpg


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/801-6e35d7e2

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。