スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

終わらない最悪のシナリオ

 2012-05-14
政府が事故当時、最悪のシナリオを隠蔽したとして、批判されたりしましたが。。。

完全にそれが回避できているわけではなく、

そのシナリオは、まだ現在進行中です。


4号機については、ずいぶん前から、特に「冷温停止宣言」のあと、年末あたりから警笛が音が高くなり、4月に爆発するのを待つもう一つの爆弾だ、といった米国オレゴン州のワイデン議員が発言してからは、世界中で懸念が高まっています。

おそらく日本でも多くの人が、絶望的な危機感を持っているのでしょうが、ニュースや新聞で連日報道される、ということもなく、状況の重大性からして、本当に不思議です。

「自分がおかしいのか」とうい心境に陥らせる策が、あちこちで横行しているようですが。。。そう感じている人こそが、あるべき姿なので、そんな自分を誇りに思っていただきたい、と思います。


オンライン上で紹介されている、ごく最近の週刊朝日の英語版記事です。 オンラインで見られる日本語原文は茶色でしるします。他の部分は私訳です。


Doomsday scenarios spread about No. 4 reactor at Fukushima plant
福島原発
4号機について広まる世界破滅のシナリオ

事故で世界中が破滅...... 福島第一原発4号機に危機感を募らせる国際社会

May 10, 2012 By HIDEO SATO/ Shukan Asahi Weekly Magazine
週刊朝日 5月9日(水)7時9分配信 ※週刊朝日 2012年5月18日号


5月5日、北海道電力泊原子力発電所3号機が停止し、国内全50基の原発が停止した。しかし、これで安心といったわけではなく、福島第一原発4号機の危険性を世界が危惧している。


AJ201205100052M.jpg
Fukushima prefectural government workers gaze at the blown-off roof of the No. 4 reactor at the Fukushima No. 1 nuclear power plant.
吹き飛んだ4号機ををみつめる福島県職員



When Ron Wyden, a Democratic senator from the U.S. state of Oregon, visited the Fukushima No. 1 nuclear power plant on April 6, he spent about an hour looking at a building constructed under strict anti-quake standards and observed the facility that processes water contaminated by radiation.
米上院エネルギー委員会の有力メンバーの一人、ロン・ワイデン議員は4月6日に福島第一原発を視察。約一時間かけて、厳しい耐震基準の下に建築された建物を見、放射能で汚染された水を処理する施設を見学しました。


Although he was driven by car past the reactor buildings, he did not actually enter any of the reactor buildings, according to officials of Tokyo Electric Power Co. (TEPCO), the operator of the plant.
東電職員によると、原子炉建屋を車で通り過ぎましたが、実際にはそのうちのどれにも入っていない、ということでした。


But after his return to the United States, Wyden, who sits on the Senate Committee on Energy and Natural Resources, fueled concerns of possible catastrophic events at the No. 4 reactor of the Fukushima plant, specifically what would happen if a huge quake damaged the spent fuel rod pool there.
しかしその後、16日付で4号機の原子炉建屋が再び大きな地震や津波に見舞われれば、使用済み燃料プールが崩壊し、「当初の事故より大規模な放射性物質の放出が起こる恐れがある」と警告した。


TEPCO has issued statements reassuring the public that such a disaster would not occur, saying the structure has been reinforced to withstand serious shaking.
東電は、そのような災害は起こらないと、公式発表しました。深刻な揺れにも持ちこたえるよう、強化されているのだというのです。


But these days, even politicians may seem more reliable than TEPCO about information concerning nuclear safety.
しかし今では、政治家さえもが、東電の原子力安全についての情報よりは確かなように思えます。


senronwyden.jpg


Wyden sent a letter dated April 16 to Ichiro Fujisaki, Japan's ambassador to the United States, that said the storage pool holding spent nuclear fuel at the No. 4 reactor could collapse if the reactor building was hit by another major earthquake or tsunami. The senator also warned that emissions of radioactive materials in such an event would be much greater than after last year's accident.
ワイデン氏は、アメリカ大使のフジサキ・イチロウ氏に4月16日付けで、4号機の使用済み燃料プールが、次に大きな地震や津波がきたら崩壊する可能性がある、という手紙を送りました。彼はまた、放射能物質のの放出は、去年の事故のものよりはるかに大きくなるのだと、警告しました。


The letter also said that work should be accelerated to remove the nuclear fuel from the pool and stated that the United States was prepared to provide all forms of support for such efforts.
使用済み燃料プールから、核燃料を取り出す作業を加速させるべきだとも述べ、アメリカが、そのような取り組みには、いかなる支援も惜しまない用意があるとも書かれていました。


もう、みんな隠し事は分かってますから、この辺で、正直に謝って、お願いしましょうよ。。。


Copies of the letter were sent to U.S. Secretary of State Hillary Clinton and Gregory Jaczko, chairman of the U.S. Nuclear Regulatory Commission (NRC).
手紙のコピーは、ヒラリー・クリントン国務長官と米国原子力規制委員会の委員長、グレゴリー・ヤツコ氏にも送られました。


In its April 17 edition, the Wall Street Journal ran a story that included Wyden’s claim that there was a serious and unresolved understatement of the earthquake risk at the Fukushima No. 1 nuclear plant.
4月17日発行のウォールストリートジャーナルでは、福島第一原発で起きる地震の確率について、深刻で、未解決の過小評価がされている、と主張している話が掲載されました。


科学者たちが、近い将来の福島原発付近で起きる可能性のある大地震を警告しているのです。


The Huffington Post carried a report that included an analysis by an expert who said that if radiation spewed from nuclear fuel in the No. 4 reactor pool because of insufficient cooling, the total amount of cesium-137 emitted would be at least 10 times the amount released during the Chernobyl disaster.
さらに、ニュースサイト『ハフィントン・ポスト』は、4号機のプールにある核燃料棒が冷却されずに放射能が放出された場合、そこから出るセシウムの総量は、チェルノブイリ事故で出た量の少なくとも10倍になる、との専門家の分析を紹介した。

Picture1_20120515101328.jpg


その爆発、出火が原因で、第一サイト全てが火事になる可能性が高く、その場合はチェルノブイリの85倍。ガンダーセン氏いわく、原爆800発分以上だそうです。




The Washington Post also ran an article about the dangers of the No. 4 reactor.
ワシントンポストはまた、4号機の危険性についての記事も掲載しました。

Alarms about the No. 4 reactor were also being raised in Japan.
4号機についての警笛は、日本でも鳴らされています。

Mitsuhei Murata, 74, a professor emeritus at Tokaigakuen University who once served as Japan's ambassador to Switzerland, said, "The existence of the No. 4 reactor has become a major national security issue for the entire world that does not take a back seat even to North Korea's missile issue."
これほどまで国際社会で福島第一原発4号機が注目される理由を、元スイス大使で東海学園大学名誉教授の村田光平氏はこう言う。
「いまや4号機の存在は、北朝鮮のミサイル問題にも劣らぬ、全世界にとっての安全保障上の大問題になっているのです」


この重要な事実が、日本で大きく報道されている感じがしないのが、ず~っと不思議だったのですが。。。気のせいでしょうか。。。


He had called for a halt to operations at the Hamaoka nuclear power plant even before the Great East Japan Earthquake struck last year, leading to the nuclear crisis.
彼は、去年放射能大惨事を導いた、東北関東大震災が襲う前から、浜岡原発の稼動を停止するように要求していたのです。


"If an accident should occur at the No. 4 reactor, it could be called the start of the ultimate catastrophe for the world," Murata said as a witness at an Upper House Budget Committee hearing in March.
さらに村田氏は今年3月、参院予算委員会の公聴会に公述人として出席し、「4号機が事故を起こせば、世界の究極の破局の始まりと言える」と警告している。


Picture2_20120515101327.jpg


According to Murata, his comments at the hearing were translated into English and posted on a blog by Akio Matsumura, who once worked at the United Nations. The post was accessed by individuals from 160 nations.
村田氏によると、その公聴会での発言は、英語に翻訳され、かつて国連で働いていたマツムラ・アキオさんによりブログにのせられた、とのことです。その記事は、160カ国の人々からのアクセスがありました。


Compared with the No. 1 to No. 3 reactors at the Fukushima No. 1 nuclear plant, which all experienced meltdowns, the No. 4 reactor was not seriously damaged by the March 11, 2011, quake and tsunami because it was undergoing a periodic inspection at the time.
メルトダウンした福島第一原発の1号機から3号機に比べると、4号機は2011年3月11日の地震と津波による深刻な損傷はありませんでした。そのとき、定期点検中だったのです。


However, the No. 4 reactor building houses a storage pool containing 1,535 spent fuel rods, the largest number of any of the reactors.
しかしながら、4号機には1535本の使用済み燃料棒が貯蔵されています。どの原子炉よりも大きな貯蔵数なのです。

An explosion and fire at the No. 4 reactor blew away the walls and roof of the steel-reinforced concrete building, so the reactor building was hit by major structural damage.
4号機での爆発と火災が、スチールで強化されたコンクリートの建物の壁と屋根を吹き飛ばしました。なので、その原子炉の建物は、重要な構造的ダメージを与えられたのです。


Moreover, the storage pool is still not covered and remains exposed to the atmosphere. That situation has raised serious questions about what would happen if another quake with an intensity of 7 struck the Fukushima No. 1 nuclear plant.
それにもまして、貯蔵プールは覆いがされていなく、大気に曝されているままです。その状況が、福島第一原発に、震度7の地震が起こったらどうなるかについての、深刻な疑念を高めているのです。


Murata has his own predictions.
村田氏には、独自の予測があります。

"If the storage pool should collapse and the 1,535 fuel rods began burning in the atmosphere, an endless amount of radiation would be emitted. Of course, that would mean that Tokyo would become unlivable," he said.
「もし、貯蔵プールが崩壊し、1535本の燃料棒が空気中に燃え上がり始めたら、無限の放射能が噴出されます。もちろんそれは、東京が住めないところになる、ということを意味します。」


Murata continued: "Just 50 meters from the No. 4 reactor is the common pool for the No. 1 to No. 6 reactors. The common pool holds 6,375 spent nuclear fuel rods. If a fire should occur at the No. 4 reactor pool, the common pool would also not stand a chance."
村田氏は続けます。「4号機からたった50mのところに1号機から6号機の原子炉の共同プールがあるのです。この共同プールには6375本の核燃料棒が保管されています。もし、4号機で火災が起きれば、共同プールも免れる見込みはありません。」


That is the potential crisis at the No. 4 reactor that is causing so much fear around the world.
それは、世界中を怖れさせる4号機の危機の可能性なのです。


In fact, immediately after last year's accident, the biggest concern raised by the United States was the storage pool at the No. 4 reactor.
実に、去年の事故の直後に、米国で持ち上がった一番大きな懸念が、4号機の貯蔵プールだったのです。


A major factor behind the NRC's decision to issue an evacuation recommendation for U.S. citizens within an 80-kilometer radius of the Fukushima No. 1 nuclear plant, much wider than the one set by the Japanese government, was because of information obtained that the storage pool at the No. 4 reactor was empty of cooling water.
福島原発から80km以内のアメリカ市民を避難させるという-日本政府が定めたものよりかなり広い範囲ですが-提言を発することにしたNRCの背後にある主な要因が、4号機の貯蔵プールの冷却水が空になったという情報を入手したからだったのです。

That information later proved false. And cooling of the storage pool has now been maintained.
この情報は誤りであることが後に分かりました。そして、今では貯蔵プールの冷却は維持されています。


But Arnie Gundersen, a U.S. nuclear engineer who visited Japan in February, has raised other concerns.
しかし、アメリカの原子力技術者のアーニー・ガンダーセン氏は、2月に日本を訪れ、他の懸念を挙げました。


In an interview with Shukan Asahi at that time, Gundersen said the nuclear fuel pool at the No. 4 reactor still has the power to physically split the Japanese archipelago.
そのときの週刊朝日とのインタビューで、ガンダーセン氏は、4号機の核燃料貯蔵プールが未だに日本列島を物理的に引き裂く力を持っているのだと述べました。


He said the spent nuclear fuel in the No. 4 reactor pool is equivalent to several reactor cores and contains radiation equal to the amount released in the atmosphere by all past nuclear experiments.
彼は、4号機のプール内の使用済み核燃料が、数機の炉心に値し、過去の核実験で大気に放出された全てと同量の放射能を含んでいるのだと言います。


Gundersen has also written that the No. 4 reactor building's structure has weakened, the building is tilted, and that he has advised friends in Tokyo to immediately evacuate should the No. 4 reactor collapse.
ガンダーセン氏はまた、4号機の建物の構造が弱体化し、傾いていると書いています。そして、東京の友人に、4号機の原子炉が崩壊するようなことがあれば、ただちに避難するように忠告しました。


TEPCO on April 26 issued a press release that disputed Gundersen’s claims.
東電は4月26日、4号機原子炉建屋の倒壊危険性を否定するリリースを発表。

TKY201202200554.jpg 
The Fourth Reactor at Fukushima on February 20, 2012. The yellow area is the containment vessel. --The Asahi Shimbum Digital
(東電が大丈夫と太鼓判を押す4号機)


"The No. 4 reactor building is not tilted and it, including the storage pool, will not be destroyed by a quake," it said.
「4号機の建物は傾いていません。貯蔵プールも含めてです。地震により破壊されることはありません。」と述べました。



According to the release, measurements were taken to confirm that the floor where the storage pool is located is parallel to the water surface of the pool.
発表によると、貯蔵プールのある床とプールの水面が平行であると確証するために、測量された、ということです。


TEPCO officials also explained that the steel support at the base of the pool and concrete wall had been reinforced by last July, which has increased by 20 percent the leeway against a possible quake.
東電職員はまた、プールの底にスチールでサポートし、コンクリートの壁は去年の7月に強化されていて、起こりうる地震に対し20%余裕を増加したのだと、説明しました。


In addition, the utility conducted a simulation exercise using analytical models that showed that even if a lower-6 intensity quake were to strike the plant again, it would not collapse.
加えて、東電は震度6弱の地震が発電所を襲っても崩壊しないことを示す、分析的モデルを使用したシュミレーションを行いました。


震度6弱で本当によいのでしょうか?シュミレーションの優位性をきちんと説明していただきたいものです。


TEPCO has also begun work to cover the entire No. 4 reactor building in order to start removing the spent nuclear fuel from the storage pool. Work to remove the fuel rods could begin as soon as next year.
東電はまた、貯蔵プールから使用済み燃料を取り出し始めるために、4号機建屋全体を覆う作業を始めました。


However, one problem is that TEPCO’s information is now generally greeted with doubts.
しかし、東電の情報の問題の1つは、今では、一般的に疑念を持って聞かれているということです。


"The trust in the central government and TEPCO which allowed the accident to happen has fallen around the world,” Murata said. “There is no nation that wholeheartedly believes those releases."
村田氏が「事故を起こした国や東電の信頼は世界中で地に落ちています。発表をうのみにする国など、どこにもありません」と言うように、「これらの発表を心の底から信じている国はないのです。」

In the United States, plans have been devised to set up a neutral and independent evaluation committee consisting of experts from around the world to look into the situation at the Fukushima No. 1 nuclear plant and consider ways to resolve the problems there. Such moves show that many feel TEPCO and the Japanese government can no longer be depended upon to deal with the accident.
米国では福島第一原発の現状と事故の収束に向けて、世界のエキスパートを集め、中立した独立機関としての評価委員会を作る動きがある。そのような動きは、東電と日本政府には、もはや、事故の取り扱いを頼ることができないと、多くの人々が感じている、ということを示しています。


事故直後から始まったこの国民感情は、もはや世界に広がっている、ということですね。。。もう、面目を保つ必要も、建前を保守する必要もないではないですか!


"Since TEPCO is, after all, a for-profit company, it cannot be said to be making every possible effort,” Murata said. “There is no time to waste. Knowledge from around the world should be gathered as soon as possible to begin the work of removing the nuclear fuel from the storage pool."
「結局のところ、東電は、利益を追求する企業なので、可能な限りの取り組みをするだろうとはいえないのです。」村田氏は言います。「無駄にする時間はありません。貯蔵プールから核燃料を取り出す作業を始めるのを可能にするため、可能な限り、世界中からの知識が集められるべきなのです。」


Murata has sent a letter to Prime Minister Yoshihiko Noda asking that action be taken, but so far nothing specific has been done.
村田氏は善処を求める書簡を野田佳彦首相にも送った。だが、いまのところ、具体的な動きはない。


~*~*~*~*~*~*~*~*~

そんな野田氏に、ウォールストリートジャーナルがインタビューしました。

May 14, 2012, 7:02 PM JST.

Noda’s Hedged Reassurances on Fukushima Daiichi.
福島第一について、野田総理の言葉を濁した再保証


By Yuka Hayashi

The biggest question for many foreigners thinking about visiting Japan is whether the Fukushima Daiichi nuclear plant is now safe enough. Reviving their fear recently was a letter from a U.S. senator to Japanese and American officials warning of the huge potential danger of the spent fuel pool at the No.4 reactor.
多くの外国人が、日本を訪問することについて考えるときの最大の疑問は、福島第一原発が今十分に安全かどうかということです。彼らの恐怖をよみがえらせたのは、アメリカの議員が日本とアメリカの政府筋に宛てた、4号機の使用済み燃料に可能性のある危険を警告した一通の手紙でした。


So when JRT got a chance to interview the prime minister Saturday, we asked his views of the current state of the crippled plant.
そして、JRTが土曜日、首相にインタビューを取り付けたとき、崩壊した発電所の現在の状態についての見解を尋ねました。


The answers from Mr. Noda - a conscientious speaker often willing to examine carefully different aspects of a single matter - were not so clear cut.
野田氏からの返答は、「良心的な発言者が、しばしば違った局面から1つの事を率先して吟味する事があります。」と、全くはっきりしません。



“Basically, we no longer have a situation where more people have to evacuate due to problems like melting fuel rods,” he said.
「基本的に、燃料棒のメルトダウンのような問題で人々が避難しなければならに事は、これ以上ない、という事です。」と述べました。


Mr. Noda noted that that the effort to stabilize the plant had reached a milestone known as “cold shutdown” in December. But he also acknowledged: “Since then, we have had minor problems like water leaks, and I think we need to remain vigilant.”
野田氏は、発電所を安定させる取り組みは、12月に「冷温停止」として知られるステージに到達した、と言及しました。しかし彼はまた、「それ以来、水漏れのような小さな問題があり、油断できないと考えてる。」と認識していました。


“We have passed a situation where people have to run far away or evacuate,” he said. “Ahead of us are time-consuming tasks like decontamination and decommissioning (of the plants). We will proceed with the utmost care.”
「人々が遠くまで逃げたり避難したりする状況は過ぎたのです。この先には、除染や、(発電所)の閉鎖のような時間のかかる作業が立ちはだかっています。最大の注意をもって、続行します。」


Mr. Noda didn’t answer directly the question about the spent fuel pool at No. 4.
野田氏は、4号機の使用済み燃料についての質問に直接は答えませんでした。


現実を直視するつもりはないのだ、と確信しました。どこの星からきた方でしょう???最近、宇宙人か妖怪にしかみえなくて。。。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/790-f948ed27

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。