スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

1周年後の福島~隠された素顔(後)

 2012-05-10
1周年後の福島~隠された素顔(前)の続きです。


japan_focus_logo.jpg


After The Media Has Gone: Fukushima, Suicide and the Legacy of 3.11
メディアが去った後~福島、自殺、そして3.11が残したもの
(後半)

Makiko SEGAWA


A Crime Wave in the Wake of Disaster
災害の波の中の犯罪の波



Behind the doors, in Iwaki city, there is another story that rarely appears openly in the media. Violent crimes conducted by nuclear workers at the Fukushima Daiichi nuclear plant.
扉の後ろで、いわき市では、メディアではめったに明かされない、もう一つの話があります。福島第一原発の作業員による暴力的犯罪です。


Iwaki city is the staging area for workers from the plant. Every three months, hundreds of new faces have been coming to the city in rotation; the average period that a worker can work on site is about three months due to the cap on radiation exposure.
いわき市は発電所からの作業員の拠点になっています。3ヶ月ごとに、何百人もの新しい面々が交代でやって来ます。現場で作業員が働ける平均期間は、被曝限度のため、約3ヶ月です。


Local people near Iwaki’s downtown area complain that the atmosphere and security in their district has changed dramatically for the worse because of these workers. On January 12th, when I tried to tour the entertainment areas of the city’s downtown at around 9 p.m., three female high school students stopped me. “Never go there alone,” they warned. There have been so many rapes in the Tamachi district because stressed-out nuclear workers have been attacking girls!”
いわき中心地の地元の人は、そこの雰囲気や治安が、作業員たちのために劇的に悪化したと不満を言っています。1月12日、私が夜9時ごろ中心地の繁華街を見に行こうとすると、3人の女子高校生が私を引き止めました。「絶対一人で行っちゃだめ。」と警告します。ストレスをためた作業員が、女性を襲いレイプするケースが田町地区で沢山あるというのです。


One of the girls, 16-year-old Kikuchi Maki, told me the story about an incident involving her 19-year-old friend last April. She said her friend was raped by a man who looked like a nuclear worker in a back alley when she was alone after saying goodbye to her friends downtown between 1:00-2:00 a.m. Although she reported the rape, a policeman in his fifties refused to accept her complaint and sent her home. The three girls said that such rapes were unheard of before 3.11. They have become very cautious even during daytime, avoiding visiting the downtown district alone.
16歳のキクチ・マキさんは、19歳の友達が去年の4月に巻き込まれた事件について話してくれました。彼女が言うには、その友人が、午前1時から2時の間に自分と別れて一人になったとき、裏道で原発作業員と思われる男にレイプされたのだそうです。警察に報告しましたが、50代の警官はその訴えを拒否し、家に送り返しました。3人の女子高生は、そのようなレイプは3月11日前には聞いたことがない、と話しました。彼女たちは、日中でも用心するようになりました。ひとりで繁華街に行くのは避けています。


fh0234t.jpg
田町の歓楽街


That story is likely the tip of the iceberg. In Iwaki’s entertainment district, there are many similar stories and rumors of rape by nuclear workers whose victims include young hostesses and even the elderly manager of a bar. Alongside the rape cases, Mr. Saito a local resident in his early thirties who works at the Fukushima Daiichi plant tells of a friend who was beaten up by four or five unfamiliar people who spoke the Kyushu dialect. He said the assault, which took place one late night last August after a friend’s wedding, was carried out with a wooden sword and required hospitalization. Saito is sure that the assaulters were nuclear workers.
その話は氷山の一角のようです。いわきの歓楽街では、同様の多くの話や、原発作業員によるレイプのうわさが流れています。犠牲になっているのは、若いホステスや、年配のバーのママさんさえも含みます。レイプ事件もそうですが、30代前半の地元住民、福島第一原発で働くサトウさんは、九州弁を話していた4、5人の見知らぬ人たちに殴りつけられた話をします。8月の終わりのある夜、友人の結婚式の後に、棍棒で強襲にあり、入院しなければならなかったのだと話しました。サイトウさんは、襲ったものたちが、原発作業員だったという確信があります。


According to the testimony of residents in the downtown area, nuclear workers have become quieter since last August partly because their companies have slapped a curfew at their hotels after 21:00 and also because temporary houses were built last August to accommodate them.
繁華街の住民の証言によると、原発作業員は、去年の8月以来静かになったのだということです。その理由の一つは、会社側が夜9時以降の外出を禁止しているからで、去年の8月に、作業員を宿泊させる仮設住宅が建てられたからでもあります。


2d990_111113014733-fukushima-05-horizontal-gallery.jpg


When I searched for articles on “Rape” and “Iwaki” from the period of March 11th, 2011 to today, I found not a single result. Yet local people claim that these crimes have occurred. Fujinami Keiko, a mother of a high school girl, explained why journalists have not publicized these cases: “The Japanese media do not want to escalate the confrontation against TEPCO, a major sponsor, by picking up on the crimes of their subcontracted workers.”
2011年3月11日から今までの期間で、「レイプ」と「いわき」で記事を検索してみると、1つも結果としてヒットしませんでした。しかし、それらの犯罪が起こっていたのだと、地元の人々は訴えています。高校生の娘を持つ母親のフジナミ・ケイコさんは、これらの事件を、なぜジャーナリストたちが明らかにしないのかを説明してくれました。「日本のマスコミは、下請け作業員の犯罪を取り上げる事で、東電との衝突をエススカレートさせたくないのです。主要なスポンサーですから。」

ちなみに「いわき」「繁華街」で検索してみたら、日刊スパの、『原発作業員に「夜遊び禁止令」!? いわき市の歓楽街に異変あり』という記事がヒットしました。

In Hirono, which hosts the J-Village temporary crisis center, some residents believe that nuclear workers were responsible for a string of thefts inside the red zone. The owner of an inn that accommodates dozens of these workers confided: “I am sure that the thefts have been done by the nuclear workers. In my inn, I see many suspicious people with tattoos and so on.” Rumors are also rife about yakuza who enter the red zone to steal new cars and even expensive pets.
Jビレッジ一時原発事故対応センターのある広野では、住民たちの中に、原発作業員が立ち入り禁止地区内で連続している盗難に関係していたと主張するものがいます。原発作業員が寝泊りしている宿屋の主人は、こう打ち明けました。「盗難は、原発作業員の仕業だと確信があります。うちでも、刺青などをした怪しい人を沢山見かけます。」立ち入り禁止地区に入り込んだやくざが新車や高価なペットを盗んでいったといううわさも広まっています。


” A nuclear worker who was in charge of supervising the construction site under Kajima Construction company commented: “The thieves are ‘nuclear workers’. Putting the entry-permit issued by TEPCO on the front window of a car means that any nuclear worker can easily pass the security checkpoint. It is very hard to catch them.” In fact, there has not been a single news story about the arrest of nuclear workers for theft within the prohibited zone.
「鹿島建設の管轄で工事現場を監視する役目の原発作業員は、このようにコメントしました。「泥棒は原発作業員たちです。東電が発行している立ち入り許可証を車の窓に張ってあれば、作業員は検問を簡単に通過できます。彼らを捕まえるのは本当に困難なのです。」実際に、立ち入り禁止内での盗難で、原発作業員が逮捕されたというニュースは1つもありません。


On the one hand, such charges may express the inclination of local people to blame crime on outsiders. On the other hand, we know from places like Okinawa that a concentration of men constrained to tough discipline and stressful working conditions might provoke such crimes. And Fukushima Daiichi has indeed become another war front.
地元の人達が犯罪をよそ者の罪だと非難する一方で、沖縄のような土地柄からも知っているとおり、厳しい制約とストレスの多い仕事場に集まる男たちは、そのような犯罪を誘発されるものです。福島第一は、実に、戦場の最前線のようなものなのです。


Young Nuclear Workers at Risk
危険に曝される若い原発作業員


Another aspect of the Daiichi story has not been adequately discussed: the growing number of young nuclear subcontract workers. Approximately half of the workers at the plant since last August are aged 19-35. A radiation expert who has checked hundreds of workers for a major construction company told me that young workers are favored because they can endure physically demanding tasks like lifting heavy objects and climbing heights.
もう一つの(福島)第一ストーリーの一面が、十分に論じられていません。若い原発下請け作業員の増加です。去年の8月以来、発電所のおよそ半数の作業員が19-35歳です。主要な建設会社の何百人もの作業員を検査した放射線専門家は、重いものや高い場所に上るような体を使う仕事の必要性に耐えうるため、若い作業員が好まれているのだ、と話しました。


"Older laborers are not useful at all,” a radiation expert said. A 33-year-old nuclear worker in charge of treating the contaminated water at the Daiichi plant indicated that the number of young workers from across Japan has rapidly increased since last summer. “It is double the pay of a normal construction job,” he said. “They make themselves believe that everything will be all right since others the same age are already there".
「高齢の労働者は全く役に立ちません。」と放射線専門家は言います。第一原発で、汚染水を取り扱う役目の33歳の原発作業員は、去年の夏以来、日本の各地からの若い作業員の数が急増したと指摘しました。「給料が、普通の建設関係の仕事の倍なのです。」と言います。「他の同じ年の人が既にそこにいるのだから、何の問題もないのだと、自分に信じ込ませているのです。」


High unemployment in rural areas appears to be playing a role in boosting the numbers of young nuclear workers. Last December, at newly constructed temporary houses in J-Village, Hirono town, I met dozens of young nuclear workers aged 19-23, originally from Niigata prefecture. They said that they came to Fukushima Daiichi because there was no work at home.
田舎の失業率の高さが、若い原発作業員の数を後押ししているようです。去年の12月、広野町、Jビレッジ内に新しく建設された仮設住宅で、十数人の19-23歳の若い原発労働者に合いました。新潟県から来ていました。地元には仕事がないので、福島第一に来たのだと言っていました。


Since the 3.11 memorial event in March, newspaper and TV coverage of nuclear issues and nuclear workers have sharply declined. Will they too be forgotten as the government and TEPCO align their agenda?
3月の3.11追悼行事以来、新聞やテレビの核問題や、原発労働者についての報道は急激に減少しました。東電や政府が目論んだように、彼らも忘れていくのでしょうか?


Continuous Dumping of Contaminated Water
止まない汚染水の排水


Possibly angry at this situation, on April 21st a 62-year-old nuclear worker broke the silence on the continued leakage of contaminated water from Fukushima Daiichi. Speaking to me, he requested anonymity for fear of losing his job. He supervises a construction site aimed at building a new facility to extract radioactive materials such as cesium and strontium from the contaminated water used to cool the plant’s crippled reactors. He revealed that the current facility removes only cesium and that other radioactive materials such as strontium cannot be cleaned up.
この状況に腹を立てたのか、4月21日、62歳の原発作業員が、福島第一から、止まらない汚染水漏洩について、沈黙を破りました。彼は、紛糾した原発の原子炉を冷却するのに使う汚染水からセシウムとストロンチウムのような放射性物質を抽出するための新しい施設の建築を目指す工事現場を任されています。彼は、現在の施設では、セシウムしか取り除いていず、ストロンチウムのような他の放射性物質は、きれいに取り除くことができないのだと明かしました。

このことは、たしか、かなり早い時点で小出先生がおっしゃられていましたが、ほとんどの日本のニュースが、確か、「セシウムを取り除く」除染施設とだけ言っていて、あえて他の核種については触れていなかった狙いは、やはり、放出し続けている水が、かなり綺麗な状態になっている、という錯覚を起こさせるのが狙いなのでしょう。。。ね。。。


He expressed astonishment at the scale of the cleanup operation. “You know how much contaminated water is stored at the Fukushima Daiichi site? It is 200,000 tons. It is an enormous amount!” “In reality,” he said, raising his voice, "it is impossible to store that much water on site. So, it is obvious that some of the contaminated water has been leaked into the ocean.”
彼は、除染オペレーションの規模についての驚きを表しました。「福島第一の現場にどのくらいの汚染水が貯蔵されているか知ってますか?20万トンです。それはものすごい量なのです!」「現実的に・・」と彼は声を上げます。「現場にそれだけの水を貯蔵するなど不可能です。だから、いくらかの汚染水が海に漏れ出しているのは明らかです。」


TEPCO announced on March 26th, 2012 that approximately 120 tons of water had leaked from a treatment pipe, forcing them to halt operating the treatment facility. Thi was the second time in two weeks that contaminated water leaked from the nuclear power plant.3
東電は、2012年3月26日に、約120トンの水が、パイプから漏れ、汚染処理施設の稼動が停止した、と発表しました。3号機から汚染水が漏れるのは、2週間でこれが2回目です。





After being used to cool the reactors, the water contains massive amounts of radioactive substances and is put into the water-processing facility so it can be recycled for use as a coolant. “Everyone there knows that the amount of water is huge but does not speak about it. Anyone who works there understands that nothing can be done except to leak the water!” he stressed. "Everyone criticizes North Korea for its missiles. But what about Japanese morality? The contamination will spread all over the world, reaching to Kamchatka, Hawaii and the U.S. soon,” he added.
原子炉を冷やすのに使われた後、その水は膨大な量の放射性物質を含み、汚水処理施設に流し込まれ、冷却水としてまた再利用されます。そこで働いている者なら誰でも、水を放出する以外なす術がないと分かっています!」彼は強調しました。「日本人は皆、北朝鮮のミサイルを批判していますが、日本の道徳心についてはどうですか?汚染は世界中に広がっています。カムチャッカ、ハワイ、アメリカにまもなく到達するのです。」と付け加えました。


Toward the end of our conversation, he said, “You know, in Japan, there is ‘honne’ (honest feeling) and ‘tatemae’ (polite-face). “Our tatemae is that we are doing our utmost to stop the leakage of contamination, and our honnne is that we are dumping massive amounts of contaminated water into the ocean.”
会話の終わりに向かい、彼は言いました。「日本では、本音と建前がありますよね。私たちの「建前」は、汚染漏れを止めるために最大の努力をしている、ということです。そして、私たちの「本音」は、膨大な量の汚染水を海に捨てている、ということです。」


After hearing his testimony, on April 25th I watched Japan’s Nippon TV special program, "Continued Days of Inspection: The Safety of Tap Water.” The program focused on the efforts made by the Water Bureau of the Tokyo Metropolitan Government to deal with concerns over radioactive materials in the water. Officials spoke while the screen showed TV crews at the bureau’s site examining the cleanup of radioactive materials. A mother of small children who refuses to drink tap water and instead buys bottled water appeared as a consumer representative. The water official held a lump of soil taken from the water facility and said: “Even though we found 38 becquerels of cesium per kilogram, this is below government standards. So, we can safely drink the water.” The announcer stated that the Tokyo Water Bureau updates its water examination every day on their website.
この証言を聞いた後、4月25日に日本テレビの特別番組を見ました。「引き続き続けられる検査~水道水の安全性」です。その番組は、東京都水道局が、水に含まれる放射性物質についての懸念に対応する取り組みに焦点を当てていました。TV撮影陣に放射性物質の除染を検査する水道局の現場を見せている間、職員が話しました。水道水の飲むのを拒み、ボトルの水を購入する小さな子どもの母親が、消費者の代表として現れました。水道局職員は施設から採取した土の塊を手にして言いました。「1kgあたり38ベクレルのセシウムを検出しましたが、政府が定める基準より低いのです。なので、水を飲んでも安全です。」アナウンサーは、水道局の検査が、毎日ウェブサイトで更新されている、と述べました。


The Ministry of Health, Labor and Welfare in December announced a new standard for safe drinking water of 10 becquerels of cesium per kilogram. The ministry had previously set a provisional standard of 200 becquerels per kilogram (cesium), 300 bec (iodine), 20 bec (uranium) and 1 bec (plutonium) for drinking water, according to the official press release on March 17th.
厚生労働省は12月に、飲み水の新しい規準を1kgあたり、セシウム10ベクレルと発表しました。3月17日の記者会見によると、飲み水の以前の1kgあたりの暫定基準値は、セシウム200ベクレル、ヨウ素300ベクレル、ウラン20ベクレル、プルトニウム1ベクレルでした。

水に溶けやすいストロンチウムはいくつだったかな?基準値はあったけど、測定していないというのは。。。何のための基準値だったのでしょうか。。。あっ!建前、か。。。


At the end of the program, a young male announcer concluded saying, “I have an impression that there is still a gap between the endeavors of the water bureau and the mentality of consumers. Today, also, no radioactive materials were detected in the water.”
番組の終わりに、若い男性のアナウンサーがこう締めくくりました。「水道局の努力と消費者の見方にギャップがある印象を受けました。今日もまた、水から放射性物質は検出されていません。」


Reflecting on the nuclear whistleblower who warned about the Daiichi cleanup, we must ask whether this assurance of the safety of Tokyo’s tap water is ‘tatemae’ or ‘honnne’?
(福島)第一での除染について警告する原発告発者のことを考えると、私たちはこの東京の水道水の安全保証が「建前」なのか、「本音」なのか問わなければなりません。





なるほど。。。

面目を重視、建前の文化からきていたのですね。

「冷温停止状態」は建前で、「収束の見込みがない」ことを隠したい、のが本音。


「毎時20マイクロシーベルトは安全」は建前で、「どこもかしこも危険で全員避難する予算など捻出できない」ので、健康障害はストレスでごまかしたい、のが本音。


「除染すれば安全に住める」のは建前で、「除染などできるわけない」けれど、なせばなると思わせたい、のが本音。安全と思わせるためなら、子どもの運動会を野外で行い、報道陣の防護服を脱がせることもいとわない。


「低線量被曝も内部被曝も証拠がないから安全」と思わせるためには、瓦礫を受け入れ、被災地で収穫された作物を食べることを奨励することもいとわない。


「管理の行き届いた環境、過酷な現場で命がけで戦っている作業員の美談」をアピールし、「人権を無視して過酷労働を強いている現状の影で起きている暗い世界」についてはふたをする。


日本の国は今、面目と建前を装うことに尽力を注いでいたのですね。



私はまだ。。。

悪夢の中からぬけだせないでいるようです。。。




どうか。。。

面目と建前から

脱皮してください。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/789-ac1902d1

コメント
事実を、事実と理解して、お金と、人道心を高く持つ人を数多く募り、アルバータ平原一角に、日本人避難移住村を作り、だだ漏れが、カナダ全土を健康被害に陥れるまでの、何十年かの間の、サバイバル試作としてはいかがでしょうか。人類は、どの道、滅亡に向かい急速に進化を続けようとしちゃってる。という、方向性に己が乗っかっている。 という、現実に気付こうとしていないわけだからさ。
【2012/05/11 04:25】 | Meiko #- | [edit]
第2次世界大戦の日本人収容所のイメージが浮かんでしまいました。。。
滅亡に向かおうとしているのは、ごく一部だと思っています。ほとんどの一般人が、何とかしようとがんばってますよね。。。と信じたいです。再生に向かって進化している人の力を信じて、私も、何とかその力になりたい!!めいこさん。気を送ってください。
【2012/05/11 22:38】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。