スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

1周年後の福島~隠された素顔(前)

 2012-05-09
震災、原発事故から1年以上たち、

あらゆる苦悩の渦の中で暮らす人々が抱える問題の本質が、

本当によく描かれている記事だと思います。


japan_focus_logo.jpg


After The Media Has Gone: Fukushima, Suicide and the Legacy of 3.11
メディアが去った後~福島、自殺、そして3.11が残したもの
(前)

Makiko SEGAWA

For the media, time is of the essence in a news story. The March 11, 2011 disaster attracted thousands of reporters and photographers from around the world. There was a brief deluge of Japanese and international media coverage on the first anniversary, this spring. Now the journalists have packed up and gone and by accident or design Japan’s government seems to be mobilizing its agenda, aware that it is under less scrutiny.
メディアにとって、ニュース・ストーリーは、タイミングが重要です。2011年3月11日の大惨事は、何千ものレポーター、写真家を世界中から惹きつけました。この春には、日本、海外から、その1周年を報道しようと、短期間、殺到しました。今では、ジャーナリストたちは荷造りをし、去ってしまいました。偶然なのか、日本政府に故意に作られた行動計画のように、あまり詮索はされていません。


The press pack has disappeared like a ghost since this April. The influx of foreign media has suddenly stopped, as I can attest since I worked as a translator and aid to many foreign journalists in the year up to the 3.11 anniversary in 2012. Using the keywords ‘Fukushima’ and ‘nuclear plant’ in Japanese to scour the Nikkei TELECOM 21 search engine shows 9,981 domestic news items in April 2012, just over half the 17,272 stories the previous month.
4月以来、報道陣は、亡霊のように姿を消しました。海外メディアの殺到は突然止みました。去年から今年の1周年、3月11日まで、通訳として、多くの外国人ジャーナリストを手伝ったので、証言できます。日本語の「福島」「原発」というキーワードで検索すると、日系テレコム21の検索サイトで、2012年4月の国内ニュース9,981件が表示されます。前月の1万7,272件の半分ちょっとだけです。


As if to take advantage of the precise timing of the media evacuation, the municipal government of Minami-soma city, Fukushima Prefecture began implementing a blueprint planned some time earlier. In the dead of night on Monday April 16th, the city lifted the no-entry regulations and changed evacuation zone designations that had stood since March 12, 2011. The decision allowed people to return to the district of Odaka and some parts of the Haramachi district.
メディア立ち退きのタイミングをきっかりと利用するように、福島県の南相馬市は、当初計画していたブループリントを実行し始めました。4月16日(月)の真夜中に、南相馬市は立ち入り禁止規制を解除し、2011年3月12日以来定められていた避難地区を変更しました。


155.jpg
Map showing 20 kilometer evacuation zone and neighboring towns


Watanabe Ichie, a volunteer from Tokyo who witnessed the scene near the roadblock into the zone observed that: “several police vehicles with flashing red lights arrived after 23:00 on April 15th. By 0:15, all the vehicles had gone”. “After that, all that remained was the light from the traffic signals.” The following morning, cars moved freely inside the once-prohibited area.
避難地区に入るバリケードの近くでその様子を目撃した東京からボランティアに来ているワタナベ・イチエさんは、「4月15日の夜11時に、サイレンを点滅したパトカーが何台か到着し、午前0:15までにはパトカーは立ち去ってしまった。」と証言しました。「その後残ったものは、信号機からの光だけでした。」次の日の朝、車は自由に、かつては立ち入りを禁止されていた地域に出入りしていました。


Mayor Sakurai’s Drive to Reopen Minami-Soma
南相馬を再開する桜井市長の精力


The home of Minami-soma’s mayor, Sakurai Katsunobu, is located in the newly reopened part of Haramachi. He has often complained about what he calls the irrational policy of the government, calculating the exclusion zone by distance rather than the spread of radiation. A former dairy farmer and a passionate booster of the region, he is attached to his land and desperate to quicken the reconstruction of his devastated city, despite the risks.
南相馬市長、桜井勝延氏の家は、新しく再開した原町の一部にあります。彼はしばしば、放射能の広がりより、距離により立ち入り禁止地区を計算している、政府の不合理な政策といわれているものについて不平の述べていました。以前は乳牛畜産家で、その地区の熱心な後援者である彼は、土地に強い愛着があり、荒廃した彼の地域の再建を早めることに必死なのです。


The 56-year-old mayor has been single all his life and has no children. In interviews, he tends to downplay the risk of radiation. In the first week of May 2011, he even joked: “Fukushima is not the same as Hiroshima or Nagasaki. No one even knows for sure how many people died as a result of the Chernobyl disaster. Regardless of radiation, the cancer rate in our world is quite high. Yet people appear to be afraid of radiation, which is like a ghost that never appears.”
56歳のその市長はずっと独身で、子どもがいません。取材で彼は、放射能の危険性を小さく見せる傾向があります。2011年5月の第一週、彼はこんな冗談さえ言いました。「福島は広島や長崎と同じではない。チェルノブイリの惨事の結果として、何人死亡したのか誰も確かなことは知らない。放射能に関わらず、私たちの世界で、癌の発症率はとても高い。それなのに、人は、決して現れもしないお化けのような放射能を明らかに怖がっている。」




The city reopened the no-entry zone in May, insisting that radiation levels in Odaka and some parts of Haramachi had fallen enough to be safe. However, some residents are unhappy with this decision. Shibaguchi Takashi (42), a former acupuncturist and the father of a 6-year-old daughter Nana, refuses to return to his home inside the former exclusion zone, preferring his temporary accommodation. “The city says that the radiation level is completely safe, but when my neighbors checked the radiation level under the eaves of my house, it was over two microsieverts.” (henceforth, μSv) He added: “I am sure that radioactive materials released immediately after the explosion are unchanged on the leaking roof. I believe it is too dangerous to go back there.”
5月に、南相馬市は立ち入り禁止地区を再開しまた。小高区と原町のいくつかの場所では、放射線レベルが安全といえるくらいに下がったと主張していました。しかしながら、住民の中にはその決断に不満な人もいます。シバグチ・タカシさん(42)は、前は鍼師で、6歳の娘ナナちゃんの父親でもありますが、以前の立ち入り禁止地区内にある自宅に戻ることは拒絶し、仮設住宅の方がよい、と言います。「南相馬市は放射線レベルが完全に安全だといいますが、近所の人が私の家の軒下の放射線レベルを確認したところ、2マイクロSvを超えていました。」彼はこうも話しました。「爆発直後に放出された放射性物質は、雨漏りをしている屋根で変わっていないのは確かです。あそこに戻るのは危険すぎます。」


Even if it were safe, Odaka has other problems: “There is no reconstruction of public facilities and infrastructure, and I wonder how we can make a living there.” There is also growing anxiety over the compensation process among evacuees inside the newly liberated zone. Does this mean that compensation is going to be halted, as many fear?
たとえ安全だとしても、小高には他の問題があります。「公共施設やインフラが再建されていないのです。どうやってそこで生活できるでしょう。」制約から解放された地区に住む避難者の中では、このことが、賠償金の手続きにどんな意味をなすのかという不安も高まってきています。それは、多くの人が怖れているように、補償が止まってしまうことを意味するのか


317.jpg
Odaka under mountains of debris one year after the earthquake


On April 21st, with cherry blossoms in full bloom in Minami-soma, I was shown around Odaka and parts of Haramachi by 73-year-old Otome Takao, the head of a group of local volunteers and owner of a business hotel called “Rokkaku” near a former security check point. The roadblocks were gone and I saw many cars going back and forth inside the area. Lots of police cars were patrolling - neighbors said that as soon as the security check points were lifted, thieves began sneaking into houses.
4月21日、南相馬では、サクラの花が満開でした。地元のボランティアの長で、前の検問近くにある「ろっかく」というビジネスホテルを経営する73歳のオトメ・タカオさんが、小高と、原町の周辺を私に見せてくれました。バリケードは取り払われ、多くの車がその地域内を行き来するのを見かけました。沢山のパトカーがパトロールしていました。近所の人の話によると、検問所が取り去られてからすぐ、家の中に泥棒は入り始めたのだそうです。


The area is like a wasteland. There is almost no life, most facilities are closed, the shopping street is dead and everything has basically frozen in time since March 11, 2011.
あたりは不毛の地のようでした。生活がほとんどありません。ほとんどの施設は閉まっています。ショッピング通りは閑散とし、全てが基本的に2011年3月11日以来止まってしまっています。


In many places, water is leaking as the tsunami and earthquake shifted the ground. Debris from the disaster is scattered everywhere, and houses, shrines and infrastructure are badly damaged. By contrast, the cherry trees were in full bloom as if nothing was wrong, regardless of the chaos caused by contamination and radiation.
津波と地震で地面がずれてしまったので、多くの場所で水が漏れています。災害からの瓦礫はそこら中に散らばっています。家々、お寺、インフラは深刻に損傷しています。対照的に、サクラの木は何も無かったように満開でした。汚染と放射能による混沌に関係なく。


45.jpg


Some residents, including small children who looked to be under 10 years old were cleaning up the streets in front of their houses from the mud and vegetation washed up by the Tsunami. Near the coastline, others were clearing out the mud from houses that had been partially swallowed up by the water.
10歳にも満たないように見える小さな子どもたちを含め、住民たちの中には、自宅の前の泥や、津波で打ち上げられた植物を片付けているものもいます。海岸近くで他の人たちは、水に一部飲み込まれた家から泥をかき出していました。


April is a symbolic month in Japan because thousands of students enter new schools. Some public schools in the city that were closed amidst fears of high radiation are now able to reopen, based on the results of the local governmental reports on decontamination.
4月は、何千もの生徒たちが新しい学校に入学する象徴的な月です。高い放射線のさなか閉校していた市内のいくつかの公立学校も、地域行政が除染について報告した結果に基づき、今では再開することができています。


But Miura Bansyo, a Buddhist priest and anti-nuclear activist, has disputed government claims that schools are safe. He and other members of his NGO confirmed radiation of 2 - 9 uSv per hour at a number of spots on the school route around the Ishigami Daiichi Elementary School in February 2012. Disregarding his warnings, the elementary school was reopened on February 27th, accommodating hundreds of pupils.
しかし、僧侶で、反核活動家のミウラ・バンショウさんは、学校が安全だという政府の主張に異議を唱えます。彼や他のNGOのメンバーは、2012年2月に、石神第一小学校の通学路のあちこちで、毎時2-9マイクロSvを確認しました。彼の警告を無視し、2月27日に学校は再開され、何百人もの学童を通わせています。




Growing concern about the health risks for children aside, residents of the city appear to be leading ordinary lives. At Yonomori Park, the most popular site for “Hanami” viewing in the city, about a dozen children played in the sand under the beautiful cherry blossom on April 21th - admittedly a much smaller number than usual.
子どもたちにとっての健康リスクについての高まる懸念を置き去りにして、市の住民たちは明らかに普通の暮らしを続けています。4月21日、花見で最も人気のある夜ノ森公園では、およそ12名の子どもたちが美しいサクラの花の下の砂場で遊んでいました。ひと目でいつもよりかなり少ない人出なのが分かります。


58.jpg


Suzuki Tokiko (64), who lives near the park, detected 0.97 uSv per hour there with her own dosimeter on April 20th. When she informed the city, she says they responded that “The radiation level is low and you can enjoy cherry blossom viewing without problems.”
その公園の近くに住むスズキ・トキコさん(64)は、自分の線量器で4月20日にそこを測ると0・97mSvを検出しました。市に連絡すると、「その線量は低く、問題なく花見を楽しめます。」と答えたそうです。




After the crisis began on April 19th, 2011, the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology announced that the amount of radiation a child can be exposed to in one year is 20 millisieverts. This figure is 20 times higher than the former exposure ceiling of 1 millisievert per year.
2011年4月19日に始まった危機の後、文部科学省は1年に子どもが浴びられる放射線が20ミリシーベルトだと発表しました。この値は、以前の年間最大1ミリシーベルトの20倍高いものです。

この事実は、歴史に必ず刻まれるものですね。。。


Despite growing concern about the health of children, an experts-panel commissioned by the Cabinet last December 15th rubber-stamped the 20-millisievert cap for exposure per year. The report said, “the risk to health, compared to other cancer-promoting factors, is low. Smoking contains a risk equivalent to 1000-2000 millisieverts, obesity 200-500 millisieverts, and lack of vegetables and passive smoking is equal to 100-200 millisieverts.”
子どもたちの健康についての高まる懸念にもかかわらず、去年12月15日に内閣に委託された専門化のパネルは、年間許容被曝量20ミリシーベルトに判子を押しました。報告には、「健康への危険は、他の発がん性要因に比べると低いものである。喫煙は1000-2000ミリシーベルトに値する危険があり、野菜不足や間接的にタバコの煙を吸うことは、100-200ミリシーベルトと同様である。」と書かれています。




Dr. Koide Hiroaki, assistant professor at Kyoto University’s Nuclear Reactor Experiment Research Center, criticized those standards in a discussion with the author in January: “Japan is supposed to be a law-abiding country. So, legally, we should not expose ordinary people to more than 1 millisievert a year”, he said. He explained, “I am considered ‘a radiation worker’ since I work at a radiation research laboratory at Kyoto University. The upper limit of radiation exposure per year for me is 20 millisieverts as I am paid in accordance to my exposure to radiation. Only those with such specialized jobs are allowed exposure to that level of radiation and if they exceed the cap, they have to leave their jobs.”
京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は、1月に私との話の中で、これらの基準について批判しました。「日本は法治国家であるはずです。なので、法的に一般の人が年間1ミリシーベルト以上浴びてはいけないのです。」と話しました。そして、こう説明します。「私は放射線関係の職業に就く者と考えられています。京都大学の放射線リサーチ研究所で働いているからです。そのような私の年間被曝の最大限度が20ミリシーベルトです。私の被曝量によって支払われているのです。そのような特別な仕事に就くものだけがそのレベルの放射線被曝を許されています。もし、その限度を超えれば、その職を去らなければならないのです。」


“The government is pushing this standard on ordinary people, including children. That is a very high exposure level that goes beyond the imagination,” he said angrily.
「政府はこの基準を、一般の人に押し付けています。子どもも含めてです。それはとても高い被曝レベルで、想像を絶します。」と彼は怒りを込めて言いました。


A fifth grader (age 11) at Haramachi Daisan Elementary School, alluded to the fact that, among those who remained in the city, radiation has become the elephant in the room. “Now, no one talks about radiation. Teachers used to talk about it but it has stopped since 3 months ago. I no longer hear anything about it.”
原町第三小学校の5年生(11歳)のある生徒は、市内に留まっている人たちの間で、放射能は、エレファント(口に出してはいけないこと)になっていると言います。「今では、誰も放射能のことは話しません。先生は前話していましたが、3ヶ月前から話さなくなりました。もう、放射能については何も聞くことがありません。」

ほとんどの人が、深く深く考えた末、そこにいるに違いありません。もう、諦めるしかない。充分分かっているからこそ、もはや口にすることが、腹立たしく、むなしく、悲しく、怖くなるのだと思います。こんなにつらい状況が。。。あるでしょうか??


He reported that 21 students have returned to his class, down from 30 before March 11. He lives in the city with his father, his mother having fled to Hiroshima with his 1-year-old sister. The boy innocently disclosed that his parents’ marriage is probably on the rocks because his mum has found a new boyfriend in Hiroshima. Indeed, marriages have been strained by the divisions since 3.11.
その男の子は、21人の生徒がクラスに戻ってきたのだと教えてくれました。3月11日前は30人でした。彼は、市内で父親と暮らしています。母親は1歳の妹と広島に逃げたのだと言います。その子は無邪気に、母親が新しいボーイフレンドを広島で見つけたので、両親の結婚が暗礁に乗り上げたようだと明かしました。3月11日以来、実に結婚生活は意見の不一致に歪められているのです。


Apart from lifting the no-go zone in Odaka and parts of Haramachi, the city government plans to start “disaster area reconstruction support tours”, as early as June. The city wants to bring back tourists and is even planning to allow people to experience nuclear hazards by providing them with dosimeters, a city official said.
小高と原町の一部の立ち入り禁止解除の他に、市は、6月には「災害地域復興のツアー支援」を開始する計画を立てています。市は、観光客を呼び戻したいのです。そして、人々に線量計を配り、放射能の危険を経験してもらうことを許す計画さえしています。

。。。。。

ちなみにこの小高と原町の最新の土壌調査結果は。。。驚愕の測定結果!!550万Bq超え:これでいいのか日本!全世界拡散!


Spring, Sakura and Suicide
春、桜、自殺


In the beautiful season of spring, under a bed of Sakura petals, there is a hidden facet of life here that the Japan media and the state do little to publicize - the surging suicide rate among evacuees.
美しい春の季節、桜の花びらの絨毯の下で、日本のメディアも国もほとんど公表しない生活の隠された側面があります。避難者の間での自殺率の急上昇です。


222.jpg
Cherry blossoms in Minami-soma


Local counselors in northeast Japan agree that suicide cases among the evacuees in temporary houses is rising due to their isolated and hopeless situation after being evacuated from their communities.
東北の地元のカウンセラーたちは、地元から立ち退かされた後の孤立と、どうしようもない状況のために、仮設住宅の避難者の間での自殺の例が増えていることに同意しています。


The National Police Agency (NPA) announced in January, however, that the three disaster-affected prefectures of Iwate, Miyagi and Fukushima boasted a record-low suicide rate in the decade until 2011. Citing the NPA, the Mainichi newspaper on January 11th reported suicide figures for the year 2011: Iwate (400), Miyagi (483) and Fukushima (525). The national average for the year per prefecture was 652. In 2010, the figure for suicides in Iwate was 467, in Miyagi 620 and in Fukushima 540.2
しかしながら、警察庁は、1月に岩手、宮城、福島の3つの被災県が、2011年までの10年で、記録的に自殺率が低かったことを誇っていると発表しました。それを受けて毎日新聞は、1月11日に2011年の自殺数を報告しました-岩手(400)、宮城(483)、福島(525)。一県につき、国の平均は、652件でした。2010年の自殺数は、岩手が467件、宮城が620件、福島が540件でした。


However, many people in the devastated areas are suspicious of the official statistics. Has the government fabricated the figure to avoid panic? Why is the suicide rate in Tohoku so low despite the fact that articles even in the mainstream media have highlighted the problem of suicides in temporary housing?
しかし、荒廃した地域の多くの人々は、その公式の統計に疑念を抱いています。パニックを避けるために、政府は数字をでっち上げているのではないか?仮設住宅での自殺の問題について、主要メディアの記事さえもが強調しているにもかかわらず、なぜ東北の自殺率がそんなに低いのか?


Domae Syogo, who heads a local NGO called “Kyodo-No-Tsudoi Net” in Iwaki city, 40 kms from the radiation exclusion zone, does not believe the government’s figure. He reports that at least 50 people have taken their own lives in temporary houses in Iwaki city. The elderly are the most vulnerable. “In most cases, the evacuees live in isolation and lack communication with others. They choose to die by starvation, refusing to eat.” Domae himself has been a witness to inspections conducted after the suicide of an evacuee.
立ち入り禁止地区から40kmにある、いわき市の「郷土の集いNET]と呼ばれる地元のNGOの長、ドマエ・ショウゴさんは、政府の数字を信じていません。いわき市の仮設住宅で、少なくとも50人が自らの命を立っているのだと言います。お年寄りが一番危険です。「ほとんどのケースが、孤立して、誰かと話すことのない避難者です。彼らは、食べることを拒み、餓死する選択をします。」ドマエさん自信も、避難者が自殺した後、捜査が行われているのを目撃しています。


Domae says that the official suicide figures have been fabricated to save face. “Nobody in the bureaucracy wants to take responsibility for the deaths of these people. In order to conceal their fault, police and city officials press hard for cover-ups, such as by classifying the suicides as accidents or death from sickness.”
ドマエさんは、公式な自殺数が、面目を保つために捏造されているのだと言います。「官僚の誰もが彼らの死の責任を負いたくないのです。彼らの失策を隠すため、警察も、市の職員も、自殺を事故や病死と分類するような、隠蔽するのに必死です。


Suicide cases are expected to grow. Dr. Noda Fumitaka, a psychiatrist at Yotsuya Yui Clinic in Tokyo, explains why. “In the first year after the disaster, people do not have enough room to consider their own psychological health as they are striving so hard to restore their material lives to where they were before the disaster. What they lost returns to them with the strongest impact at around the first-year anniversary.”
自殺は増えると考えられています。東京の、ヤツタ・ユイ・クリニックの精神科医、ノダ・ムミタカ医師はその理由を次のように説明します。「災害の年に、人は、災害前の実質的な生活を取り戻すためにあまりにも一生懸命もがいているので、心の健康について考える余裕がありません。彼らが失ったものが、1年経ったころに強烈な衝撃と共に返って来るのです。」


“Mental care, especially during this crucial period is vital and we need to take care of these people,” he stresses. At the same time, the number of volunteers coming to Fukushima and northeast Japan has plummeted and many volunteer groups face bankruptcy and the shutdown of their activities for want of donations and staff.
「心のケアーは、特にこの致命的な期間にきわめて重要で、彼らに心を配る必要があります。」と彼は強調しました。同時に、福島と東北にやってくるボランティアの数は急落し、多くのボランティア団体は破産に直面し、寄付金とスタッフ不足のため、活動を停止しています。


つづく。。。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/788-db9381ee

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。