スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カナダの主流メディアが伝えた4号機の危機

 2012-05-21
どこの主流メディアもそうであるように、カナダのCTVも、今まで事故や放射能の健康被害については、表面的に言われている事だけを伝える、一般的な報道に終始していました。

遅れらばせながら、その保守的なCTVが、ガンダーセン氏のインタビューを採用し、4号機を警告しています。


Fukushima Reactor 4 poses massive global risk
世界中を膨大な危険に曝す福島4号機


Andy Johnson, CTVNews.ca

Date: Saturday May. 19, 2012 8:20 PM ET

Picture1_20120522120251.jpg
Cranes stand around tsunami-crippled four reactors, from left, Unit 1 to Unit 4, at Fukushima Dadi-ichi nuclear power plant in Okuma, Fukushima Prefecture, Japan Sunday, March 11, 2012. (AP /Kyodo News)


More than a year after a devastating earthquake and tsunami triggered a massive nuclear disaster, experts are warning that Japan isn't out of the woods yet and the worst nuclear storm the world has ever seen could be just one earthquake away from reality.
圧倒的な地震と津波が膨大な放射能災害を引き起こしてから1年以上経ち、専門家たちは、日本が未だに困難から抜け出していず、もう一度の地震で、世界が見たことのない最悪の放射能の嵐を現実のものとしかねない状態だと警告しています。


The troubled Reactor 4 at the Fukushima Daiichi nuclear plant is at the centre of this potential catastrophe.
問題の福島第一原発の4号機は、起こりうる大惨事の中心にあります。


Reactor 4 -- and to a lesser extent Reactor 3 -- still hold large quantities of cooling waters surrounding spent nuclear fuel, all bound by a fragile concrete pool located 30 metres above the ground, and exposed to the elements.
4号機--そして少し程度の低い3号機--はまだ、使用済み燃料を取り囲んだ大量の冷却水を抱えています。全て、地上30メートルのコンクリートのプールに包まれていて、風雨に曝されています。


A magnitude 7 or 7.5 earthquake would likely fracture that pool, and disaster would ensue, says Arnie Gundersen, a nuclear engineer with Fairewinds Energy Education who has visited the site.
マグニチュード7か7.5の地震が一度起これば、プールは紛糾し、結果として災害が起こる可能性が高いと、現場を訪れた、フェアウィンズ・エネルギー・エジュケーションの原子力技術者、アーニー・ガンダーセン氏は言います。


The 1,535 spent fuel rods would become exposed to the air and would likely catch fire, with the most-recently added fuel rods igniting first.
1535本の使用済み燃料棒が大気に曝され、最も新しく加えられた燃料棒がまず発火することで火災になるでしょう。


The incredible heat generated from that blaze, Gundersen said, could then ignite the older fuel in the cooling pool, causing a massive oxygen-eating radiological fire that could not be extinguished with water.
その炎からは恐ろしいほどの熱が発生し、冷却プール内の古い燃料を発火させるのです。それは膨大な酸素を吸収する放射能の火事で、水で消火することはできません


"So the fear is the newest fuel could begin to burn and then we'd have a conflagration of the whole pool because it would become hotter and hotter. The health consequences of that are beyond where science has ever gone before," Gundersen told CTVNews.ca in an interview from his home in Vermont.
「つまり、恐ろしいのは、最も新しい燃料が燃え始め、どんどん温度が上がるので、プール全体の大火災となるのです。そのことが健康に与える結果は、いままでの科学の域を超えています。」とCTVニュースのインタビューに答えて、自宅バーモント州からガンダーセン氏は話しました。


Worst-case scenario
最悪のシナリオ


There are a couple of possible outcomes, Gundersen said.
2つの可能な結果が考えられる、とガンダーセン氏は言いました。


Highly radioactive cesium and strontium isotopes would likely go airborne and "volatilize" -- turning into a vapour that could move with the wind, potentially travelling thousands of kilometres from the source.
高放射性セシウムとストロンチウムの各種が空気で運ばれ、揮発する--蒸気となり風にのって何千kmも出所から運ばれる可能性がある、ということです。


The size of those particles would determine whether they remained in Japan, or made their way to the rest of Asia and other continents.
これらの粒子の大きさで、それらが日本に留まるのか、アジアや他の国々に飛んでいくのかどうかが決まります。


"And here's where there's no science because no one's ever dared to attempt the experiment," Gundersen said. "If it flies far enough it goes around the world, if the particles stay a little bigger, they settle in Japan. Either is awful."
「そして、これは、科学者の誰もがかつて、敢えて実験しようと試みなかったことなのです。」ガンダーセン氏は言いました。「地球を一周するほどまでに飛ぶにしろ、粒子が少しばかり大きいままで日本に留まるにしろ、どちらの場合も、凄まじいことです。」


Essentially, he said, Japan is sitting on a ticking time bomb.
本質的に、日本は時限爆弾の上にあるようなものです。


The damaged Reactor 4 cooling pool was reinforced by workers who went in and "jury-rigged" it after the tsunami, but the structure still contains a massive amount of fuel, Gundersen said.
損傷した4号機の冷却プールは、津波の後、作業員が中に入り「応急処置」で補強されましたが、その構造物には、まだ膨大な量の燃料が貯蔵されているのだと、ガンダーセン氏は言いました。


Reactor 3 has less fuel inside its cooling pool, but it has not been strengthened since the disaster and poses a greater risk of failing.
3号機は冷却プールの中の燃料は少ないですが、災害が起きて以来補強されていません。問題が起きる危険性がとても大きいのです。


"Reactor 3 has a little less consequences but a little more risk, and Reactor 4 has more consequences but…a little less risk," he said.
「3号機は何かあった場合の結果は(4号機の場合ほど)大きくありませんが、危険性は(4号機の場合より)もう少し高いのです。そして、4号機に何かあった場合の結果は(3号機より)大きいですが。。。危険性は(3号機より)少しばかり少ないのです。」と彼は話しました。


Finding a fix
建て直しを見定める


The solution, Gundersen said, is for the Tokyo Electric Power Company (TEPCO) to immediately begin the process of transferring the fuel rods from the cooling pools to dry cask storage -- a massive and costly endeavour, but one he said is absolutely essential.
解決策は、東京電力がただちに冷却プールから燃料棒をドライキャスク貯蔵庫に移す作業を開始することです。大規模な費用のかかる努力ですが、彼が言うところの、絶対的に必須なことなのです。


DryCaskStorage1.jpg


To even begin the removal process at Reactor 4, TEPCO would first have to construct a crane capable of lifting the 100-tonne fuel rod canister, since the original crane was destroyed in the disaster last year.
4号機の取り出し段階に入るのでさえ、東電はまず、100トンの燃料棒円筒缶を持ち上げられるだけのクレーンを建築しなければなりません。元々のクレーンは去年の災害で崩壊してしまったのです。


In order to do that, they would have to build a massive structure around the existing pool to support the new crane, which would then be used to lift the fuel rod canister from the water, down to the ground and into a steel and concrete dry-cask.
そのためには、水中から燃料棒円筒缶を持ち上げ、スチールとコンクリートのドライキャスクに降ろすための新しいクレーンを支えるため、今のプールの周りに膨大な構造物を建てなければならないでしょう。


All this of course, has to be done in a highly contaminated area where workers must wear protective suits and limit their radiation exposure each day, adding time and expense to the process.
これら全てはもちろん、作業員が防護服を着て、日々の被曝量を制限しなければならない高度の汚染地区で行われなければならず、そのプロセスに、時間と費用が加わるのです。


Still, with the consequences so high, Gundersen said there's no time to lose.
それでも尚、何かが起こってしまった時の結果の大きさを考えると、無駄にする時間はありません。と、ガンダーセン氏は述べました。


"This is a 'now' problem, this is not a 'let's-wait-until-we-get-the-cash-flow-from-the-Japanese-government' problem. The consequences of a 7 or 7.5 earthquake don't happen every day, but we know it happened last year so you have to anticipate that it will happen," Gundersen said.
「これは『今』の問題です。これは、『日本政府からのお金が入ってくるまで待とう』という問題ではありません。マグニチュード7あるいは7.5の地震がもたらす結果は、毎日起こるようなものではありませんが、去年それが起きたことは分かっていて、これからも起こるであろうと先を読まなければならないのです。」


This is indeed a proactive action!! 目に見えて何か起こってからしか対応しないことが、どんな悲劇を招いたのか、少なくともそれだけは日本が繰り返してはならないことです。


‘Fate of the world' depends on Reactor 4
「世界の運命」は4号機にかかっている


He's not alone in pressing the Japanese government to adopt a sense of urgency about the Reactor 4 dilemma.
4号機のジレンマについて、日本政府に緊急性の承認を迫っているのはガンダーセン氏だけではありません。


Robert Alvarez, a former top adviser at the U.S. Department of Energy, also expressed concern in a letter to Akio Matsumura, a Japanese diplomat who has turned his focus to the nuclear calamity.
アメリカ合衆国エネルギー省の前トップアドバイザーだった、ロバートAlvarez氏も、その原子力惨事に注意を向けているマツムラ・アキオ氏に宛てた手紙の中で、その懸念を表しました。


Matsumura had asked Alvarez about the risk associated with Reactor 4.
マツムラ氏はAlvarez氏に、4号機に関連する危険性について尋ねていました。


"The No. 4 pool is about 100 feet above ground, is structurally damaged and is exposed to the open elements," Alvarez said in his response. "If an earthquake or other event were to cause this pool to drain this could result in a catastrophic radiological fire involving nearly 10 times the amount of Cesium-137 released by the Chernobyl accident."
「4号機は地上約100フィートのところにあり、構造に損傷を受け、風雨に曝されています。」とAlvarezは返事をしました。「もし、地震や、プールの水が排出する原因になるような事象が起きれば、悲惨な放射能の火災が起こり、それは、チェルノブイリ事故で放出されたセシウム137の10倍ほどを含んでいるものなのです。」


Mitsuhei Murata, Japan's former ambassador to Switzerland and Senegal, has also made it his mission to convince the UN and the world that urgent action is needed.
元スイスとセネガル大使の村田光平氏も、UNと世界に対し緊急行動を起こす必要性を説得することを自分の使命としました。


"It is no exaggeration to say that the fate of Japan and the whole world depends on No. 4 reactor," Murata said in a recent letter to UN Secretary-General Ban Ki-moon, in which he urged him to back efforts to address the problem.
日本と全世界の運命が4号機にかかっているというのは誇張でも何でもないのです。」と村田氏は、国連の潘基文(バン・キムン)事務総長にあてた手紙で述べ、その問題に取り組む後押しを促がしました。


Last week, Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda said most major threats have been eliminated and "cold shutdown" status had been achieved in December.
先週、日本の主相、野田佳彦氏は最も大きな怖れは取り除かれ、12月に「冷却停止」状態が達成されたのだと述べました。

壊れたレコード状態です  


But Noda declined to comment directly on the risk posed by Reactor 4, only telling The Wall Street Journal's Asia edition that it was important to "remain vigilant."
しかし、野田氏は4号機が曝されている危険性についての直接コメントは断りました。ただ、ウォール・ストリート・ジャーナルのアジア版に対し、「油断しないでいる」ことが重要だと述べただけです。


"We have passed a situation where people have to run far away or evacuate," he said. "Ahead of us are time-consuming tasks like decontamination and decommissioning (of the plants). We will proceed with the utmost care."
「人々が遠くまで逃げたり避難したりする状況は過ぎたのです。この先には、除染や、(発電所)の閉鎖のような時間のかかる作業が立ちはだかっています。最大の注意をもって、続行します。」 と述べました。

それにしても。。。もう少しましなスクリプトは書けないものでしょうか。。。


Gundersen said the remaining challenges at the Fukushima Da-Ichi site are not technological. Everyone knows what needs to be done and how to do it, he said. The challenge lies, rather, in convincing Japan that action must be taken now.
ガンダーセン氏は、福島第一の現場にある今残っている困難は技術的なものではないのだと言います。誰もが何がなされなければならず、どうすればよいのか分かっているのだと。困難は、むしろ日本に今それが行われなければならないと納得させることなのです。

政治とは概して。。。人々のためにあるのではなく。。。彼ら自信のため、建前、面子、権力死守そして彼らだけの繁栄のためにあるのですね。そのためには、人としての良心も誠意も捨て去ることを躊躇せず、恥を世界中に曝すことも恐れない。。。近隣の国の理解に苦しむリーダーと同じですね。。。今回は、身にしみて感じさせていただきました・・・・


That will require international pressure, as well as international investment, on a grand scale, he said.
それには、大規模な国際的圧力と国際的投資が必要だと、ガンダーセン氏は言います。


"We're all in a situation of having to pray there's not an earthquake. And there's the other half of that, which is pray to God but row toward shore. And Tokyo's not really rowing toward shore right now," Gundersen said.
「私たちは皆、地震が起こらないことを祈っている状況にあります。そして、もう反面は、神に祈りつつ、岸に向かって漕ぐのです。そして、東京は現在岸に向かって全く漕いでいません。」





国際的圧力をかけるために、国連の潘基文(バン・キムン)事務総長に、直ちにこの緊急事態に取り組むよう要請するためのオンライン署名です。 こちらから。


さて、東電の計画とはどんなものなのでしょう。。。?

前出のロバートAlvarezがIPSに掲載した記事より抜粋。


The stark reality, if TEPCO's plan is realized, is that nearly all of the spent fuel at the Da-Ichi containing some of the largest concentrations of radioactivity on the planet will remain indefinitely in vulnerable pools. TEPCO wants to store the spent fuel from the damaged reactors in the common pool, and only to resort to dry, cask storage when the common pool's capacity is exceeded. At this time, the common pool is at 80 percent storage capacity and will require removal of SNF to make room. TEPCO's plan is to minimize dry cask storage as much as possible and to rely indefinitely on vulnerable pool storage. Senator Wyden finds that TEPCO's plan for remediation carries extraordinary and continuing risk. He sensibly recommends that retrieval of spent fuel in existing on-site spent fuel pools to safer storage in dry casks should be a priority.
純然たる現実は、もし東電の計画を認識しているのであれば、(福島)第一の使用済み燃料のほぼ全てが地球上で最も多くの放射性物質が集結したもののいくつかを含み、それが無期限に脆いプールに残ったまま、ということになるのです。東電は、使用済み燃料を損傷した原子炉から共有プールへ貯蔵し、共有プールの容量が超過したときにだけドライキャスク貯蔵庫に頼ることを望んでいます。現在、共有プールは80%埋まっていて、収容場所を作るために使用済み核燃料を取り出す必要があるでしょう。東電はドライキャスク貯蔵庫を最小限にとどめようと計画しています。そして、無期限に脆くなった貯蔵プールに頼ろうとしているのです。ワイデン議員は東電の改善のための計画はとんでもなく、危険を抱え続けていることを見出しました。彼は、良識を持って、使用済み燃料を、現在のプールからもっと安全なドライキャスク貯蔵庫へ回収することが最優先であるべきだと提言しました。


Picture10_20120522122915.jpg


Given these circumstances, a key goal for the stabilization of the Fukushima-Daichi site is to place all of its spent reactor fuel into dry, hardened storage casks. This will require about 244 additional casks at a cost of about $1 mllion per cask. To accomplish this goal, an international effort is required -something that Senator Ron Wyden (D-OR) has called for. As we have learned, despite the enormous destruction from the earthquake and tsunami at the Dai-Ich Site, the nine dry casks and their contents were unscathed. This is an important lesson we should not ignore.
このような状況を考えると、福島第一原発を安定させるための目標の鍵は、使用済み燃料の全てを固められたドライキャスク貯蔵庫に収めることです。この目標を達成するためには、ロン・ワイデン議員が呼びかけている国際的な取り組みが必要です。お分かりのように、第一原発での地震と津波からの莫大な破壊にも関わらず、9つのドライキャスクと、その内臓物は無傷です。この重要な教訓は無視するべきではありません。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


さて、この世界中の不安と、忠告、助言、提案、要請、協力の申し出に対して、日本はどのように答えたのでしょう?

想像に難くないとおもいますが・・・・



~つづく。。。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/786-072547e3

コメント
頑張って、書き続けてね。

NHKも、日本のメディアも、一線では、もう、この話題から、引いちゃっている。

世間が騒がないから、大丈夫と思う。という、暗黙の心理作戦に、世間の人々も、めくらまし。。掛けられている。。と、思うよ。

ホントに。。。天国で、アインシュタインは、嘆き泣き、悲しんでいる。。

ジェット気流や、潮流を考えたら北米は、日本で何かあったら、次に、ブツが到達する国。なんじゃない? 下手したら、モンゴルとか、インドより、先に食らうでしょう!?

2012年、人類滅亡の、大予想。。。があたらないことを祈ります。

あかりは、その時は、その時、ママ、一緒に死のうね。っていってくれるんだけどさぁ。
【2012/05/23 07:34】 | Meiko #- | [edit]
めいこさん

書いてないと。。。頭がおかしくなりそうなんです。
だから、自分の中のバランスを保つためにでもあります。

原子力の問題は、規模が大きすぎます。
WHOの発表。。。NRC委員長の辞任。
分かっているけど、あまりにもあからさまな欺きに怒りを抑えられなくなる今日この頃。
国際社会の権力者たちが、明らかな偽りで、皆をがんじがらめにしているのが、
本当に恐ろしいです。

できるだけPOSITIVEに、をモットーにしていましたが、
最近苦しい。。。なぁ。。。

だって。。。
あからさまにも、許容限度ってものがありますよね。

実際に大きな事故がまた起こってしまっても、
死に至るまでに、とてもつらい道のりが待っていることになり。。。
どんなことが起こっても、最後まで家族みんなで助け合って、
温かい気持ちで最後を迎えたいと思っていますが。。。
簡単じゃないですよね。これも、試練・修行かな。

息子たちだけでも、南半球に送りたい。。。
なんてことも、結構真剣に考えちゃいます。
【2012/05/24 22:25】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。