スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

チェルノブイリを忘れない~福島に心を寄せる力

 2012-04-28
26 years on: helping Chernobyl's children
チェルノブイリの子どもたちに手を差し伸べ続けて26年


By Katie Walmsley, CNN
updated 5:53 PM EDT, Wed April 25, 2012

青字は、動画のナレーションで、下記の記事に述べられていない部分です。





(CNN) -- Twenty-six years ago this week, a botched reactor safety test in a corner of what was then the Soviet Union set off the worst nuclear accident in history.
CNN --今週から26年前、当時のソビエト連合の片隅で、原子炉の安全テストがやり損なわれたことが、史上最悪の原子力事故を引き起こしました。


The radiation effects of the April 26, 1986, reactor explosion were about 400 times more potent than the bomb dropped on Hiroshima during World War II, and nearly 14 times greater than the disaster last year at the Fukushima plant in Japan.
1986年4月26日の原子炉爆発からの放射能が及ぼした影響は、第二次世界大戦中に広島に投下された爆弾の約400倍、去年起きた日本の福島の災害の14倍の効能がありました。

正確には、チェルノブイリと福島の放射能の効能の比較の結論は、まだ出せないでしょう。10年、20年後にこの数字が大幅に塗り替えられないことを、願わずにはいられません。


Fast forward to today, and even in the exclusion zone, plants have re-grown, animals are flourishing and Chernobyl has been opened to tourists.
今日に至り、立ち入り禁止地区でさえ、植物は再生し、動物たちが繁殖し、チェルノブイリは、観光客にも、開かれています。


But Chernobyl refuses to be relegated to the past. Indeed it may still be devastating the lives of millions who continue to live in the fallout zone.
しかし、チェルノブイリは、過去に追いやられることを拒絶しています。実にそのことが、放射性物質降下地区に住み続けている、何百万人もの生活をまだ途方に暮れさせているのかもしれません。


Chernobyl Children International, or CCI, works to help kids in the region whose lives have been impacted by a disaster that happened years before they were born. Many suffer from physical problems such as congenital heart defects. Many kids have chronic illnesses or disabilities, and many live full time in institutions.
チェルノブイリ・チルドレン・インターナショナル(CCI)は、自分たちが生まれる何年も前に起こった災害によって影響を受けた、その地域の子どもたちを援助するために活動しています。多くのもの達は、先天的心臓病のような身体的問題で苦しんでいます。多くの子どもたちが、慢性の病気や障害を抱えています。そして、多くのもの達が、終日、施設で暮らしています。


Picture2_20120429103609.jpg


00:59
16 years later, here are still no clear answers why so many kids born outside the exclusion zone well after Chernobyl are sick.
16年経っても、立ち入り禁止地区の外で生まれたあまりにも多くの子どもたちが、なぜ、チェルノブイリの事故から充分経っているのに、病気なのか、明らかな答えは未だにありません。



To help them, CCI sends surgical teams who in turn help train local doctors. CCI nurses teach institution staff techniques, and volunteers renovate facilities.
彼らに手を差し伸べるため、CCIでは、地元の医師達を養成する手助けをするために、外科医のチームを送ります。


One of CCI's main goals going forward is a program they call "Home of Hope," which uses money from donations to place institutionalized kids with nearby families.
CCIが目指す主要な目標の1つは、「希望の家」と呼ばれるプログラムです。寄付金からの資金を使い、施設にいる子どもたちを、近くにすむ家族達に任せるものです。


Picture12_20120429114350.jpg


02:05
These are the families that agreed to take 10 who used to live in orphanage. Donations from sponsor allows them to put together at homes with real parents and real siblings.
孤児院にいた10人の子供たちの面倒を引き受けてくれることに同意してくれた家族たちです。スポンサーからの寄付金は、真の両親、真の兄弟と共に家に一緒にいられることを可能にします。



For many severely disabled children there, the future is uncertain. CCI works to build community centers in affected areas, in the hopes that there will be some support system for them after they are too old to remain in institutions.
深刻な障害のある子供達の多くにとって、将来が不確かです。CCIは、彼らが施設にいられる年齢を越した後でも支援を受けられるように、被災地にコミュニティーセンターを作る活動をしています。


Decades after the meltdown, the mission of CCI is complicated by the fact that there is no real consensus on how many of the region's current problems can be directly attributed to Chernobyl.
メルトダウンの後何十年も経ち、CCIの使命は、現在、その地域で起きている問題のどのくらいが、直接チェルノブイリに起因しているのかについての一致した見解が無いことで終始しています。


Only 30 people died in the immediate aftermath, either from the explosion or acute radiation syndrome. But the disaster sent a cloud of radioactive fallout over hundreds of thousands of square miles of what is now Russia, Belarus and Ukraine that would have an impact on the health of many more.
事故直後に、爆発、あるいは急性放射線シンドロームで命を失ったのは、30名ですが、その惨事は、放射能の雲を、更に多くの健康に影響に与えるであろう、今のロシア、ベラルーシ、ウクライナの何10万平方マイル以上にまで送り込んだのです。


More than 200,000 people were evacuated, never to return. However, a 2005 report by "The Chernobyl Forum" (the most comprehensive to date) estimated more than 5 million remain in what have been termed "contaminated territories," and a quarter-million live in "highly contaminated territories."
20万人以上の人々が避難させられ、二度と戻れませんでした。しかしながら、2005年に、「チェルノブイリ・フォーラム」(現在の所もっとも包括的)での報告では、「汚染領域」と定義されてきたところに、5百万人以上がまだ残っていて、「高度汚染領域」には、25万人が住んでいると推定されました。



Picture6_20120429104253.jpg


Ten years after the explosion, a CNN team visited Chernobyl to ascertain the long-term effects of radiation exposure for those living near Chernobyl during the accident, for cleanup workers or "liquidators," or for those who continued to live in areas that were classified as polluted. They found more questions than answers.
爆発から10年、CNNのチームは、事故の間、チェルノブイリの近くに住んでいた人、除染作業員、「リクビダートル」、汚染されたと分類された地域に住み続けた人々の放射線被曝の長期的影響を確かめるために、チェルノブイリを訪れました。彼らは、その答えより、更なる疑問を見出すことになったのです。


Picture9_20120429111320.jpg

00:46
"Certainly radiaion here contaminated these mice."
「確かに、ここの放射能が、これらのネズミを汚染した。」



Research funds were scarce. Economies of affected countries were decimated by the disaster and by the subsequent breakup of the USSR.
調査基金は欠乏していました。被災した国々の経済は、災害と、後に続いたソ連の崩壊により、壊滅状態でした。


Years later, there aren't many more definitive answers than there were then, to the question of how exactly Chernobyl has affected the lives, not just of those who lived through it, but of subsequent generations still living in these "contaminated' areas"
何年も経ち、チェルノブイリは、そこに生きた人だけでなく、まだ「汚染地域」で暮らしている、後に続いた世代で、正確に、どれだけ人の命に影響を与えたのかという問いに対して、当時以上に決定的な答えは多くありません。


Many of us have certain mental images that spring to mind when thinking of the effects of radioactive contamination: mutated animals, children with deformities and birth defects, for example. But the 2005 Chernobyl Forum report found scant evidence that this was the case.
多くの私達は、放射能汚染の影響を考えるとき、例えば、突然変異した動物たち、奇形の子どもたちや、先天性異常という特定のイメージを心に浮かべがちです。しかし、2005年のチェルノブイリフォーラムの報告では、そのようなケースがあった証拠は不十分とされました。

どれだけの証拠があったら、充分なのでしょうか???  


In fact, other than a marked increase in thyroid cancers in those living near the exclusion zone, the report found few definitive links to increased instances of disease or birth defects.
実際に、甲状腺ガンの増加が示されたほかは、立ち入り禁止地区付近に暮らす人達の中に、病気や出生異常に決定的に関連している実例は見出されなかったと報告されました。

国際的に築き上げられたこれらの、悲しい学問のまやかしを信じらられるひとは、今どのくらいいるのでしょうか?


Their conclusion; in the 600,000 people they studied, they might expect around 4,000 extra deaths that could be directly linked to Chernobyl.
彼らの結論は、こうです。60万人の人々が研究対象となり、チェルノブイリに直接結びつく4000ほどの過剰な死が見込まれる。

2005年のフォーラムから7年、福島の事故から1年。このような「過小評価」というものは、もはや古典的、時代遅れ、タブーなものになったと思います。


The report created fierce debate among some who felt it grossly underestimated the impact of the disaster. A subsequent study titled "The Torch Report," commissioned by the European Green Party, put the number of extra cancer deaths alone at a much higher rate -- somewhere between 30,000 and 60,000.
その報告は、災害が与えた影響を酷く過小評価しているように感じられるという人により、猛烈な討論がなされました。ヨーロッパのグリーン政党が委託した「文化の光の報告」と題された後の研究では、過剰なガンによる死亡数だけで、もっと高い率、3万と6万の間だとしています。

ずいぶん幅がありますね??


Figures released by UNICEF in 2010 showed that more than 20% of adolescent children in Belarus suffered from disabilities and chronic illness. Belarus absorbed 70% of Chernobyl's fallout.
UNICEFで2010年に発表された数値は、ベラルーシの20%以上の青年期の子どもたちが、障害や慢性の病気で苦しんでいることを示しています。ベラルーシの地には、70%のチェルノブイリの降下物が吸収されたのです。

Picture4_20120429103610.jpg


But the truth is, no one really knows where to lay the blame for these figures.
しかし真実は、これらの数に対し、本当に責任がもてる者がいない、ということです。


One of the main challenges for anyone attempting to ascertain the health effects of Chernobyl radiation is that there is so much background radiation in the atmosphere to begin with. But more specifically, Chernobyl was so much more than an explosion.
チェルノブイリの放射能が健康に与えた影響について確かめようとする人々にとっての主な難点は、調査をするにあたり、多くの自然放射能が大気中にあるのだ、ということです。

何十年もの間記録をとったデータがあるはずですし、放射線各種が選別検出できる技術があり、その各種による特質が判明している今の時代に、このまやかしは、もうそろそろやめるべきだと思いますが・・・・もしそのようなデータや技術がないのであれば、世界一安全な原発をつくるなんて、幻にもなりません。


"When we think about Chernobyl, most people think about the medical consequences of living with radiation," said Kathy Ryan, a spokesperson for Chernobyl Children's International (CCI). "But it's important to understand that people are still being affected by the social and economic fallout."
「チェルノブイリについて考えるとき、ほとんどの人が、放射能と共に暮らすことの医学的結果について考えます。」とCCIのスポークスマン、Kathy Ryanさんは言います。「しかし、人々がまだ、社会的、経済的降下の被害を受けていると理解することが重要なのです。」


After the Chernobyl disaster, millions living on previously prime farmland found that no one would import their "contaminated" produce. The high cost of cleanup from the accident, which cost Belarus alone well over $200 billion, is thought to have contributed to the breakup of the Soviet Union and further crippled affected region's economy.
チェルノブイリの惨事の後、以前は優良だった農地で暮らしていた何百万人もの人たちは、だれも彼らの「汚染された」産物を輸入してくれないのだと知りました。事故からの除染にかかる高いコスト、それは、ベラルーシだけで2兆ドル以上かかり、ソ連の崩壊と、荒廃した被災地域の更なる経済の崩壊を導いたと考えられています。


With diminished ways to make a living, many were -- and still are -- forced to eat food and drink water from the polluted areas where they live. Whether radiation in produce is or is not harmful, what's certain is malnutrition is common, which often can result in illnesses and birth defects. Another factor is a sense of defeatism in Chernobyl-affected people, many of whom had to leave homes their families had lived in for generations.
限られた方法で生活し、多くの人が、かつても今も、自分たちが住んでいる汚染された地域からの食物を食べ、水を飲むことを強いられています。産物ないの放射能が害であろうが無かろうが、確かなことは、栄養不良が一般的だと言うことです。それは、しばしば病気や先天性異常という結果になりかねません。他の要因は、チェルノブイリの被害に合った人々の敗北感です。多くの人が、何世代も家族が暮らしてきた家を追われたのです。


Picture10_20120429112523.jpg

01:28
According to the World Health Organization, the residents do have a higher rate of some cancers.
WHOによると、住民がガンにかかる率が高い、ということです。



The International Atomic Energy Agency (IAEA) says displacement, poverty and fear of radiation sickness have contributed to "suicides, drinking problems and apathy."
国際原子力機関(IAEA)は、立ち退き、貧困、被曝による病気への恐れが「自殺、アルコール依存、無関心」という結果を招いてきたのだと言います。


It's issues like these -- prenatal alcohol exposure for example -- that have led to birth defects and illnesses in many children. As a result, many children live in institutions; UNICEF estimates the number in Belarus alone to be nearly 10,000.
それは、このような問題です。--例えば、出生前のアルコール摂取は、多くの子どもたちに先天性異常や先天性の病気を導きます。結果として、施設で多くの子どもたちが暮らすことになるのです。UNICEFはベラルーシだけで、ほぼ1万人になると推定しています。

つまり、被曝の影響ではなくて、妊娠中のアルコール摂取のせいだ、との主張ですね。。。先天性異常、死産、その原因が、直接的な被曝によるものなのか、間接的な精神的ストレスによるものなのか、それがたとえ判明しないにしても、結局のところ、なぜアルコール依存になるのか、なぜ、経済的崩壊が起きてしまったのか、を考えれば、直接健康に影響に与えるだけでなく、生活そのものに、地域に、国に、崩壊するほどの影響を与える危険性を常に抱えているのが、原子力政策だ、という結論を認識しなければなりません。


"The children in many cases were removed from their home ... because the parents might have had issues with alcoholism or with poverty," Ryan said.
「多くの場合、子どもたちは、彼らの家から移されました。。。両親がアルコール中毒症や貧困という問題を抱えていたからです。」とRyanさんは話しました。


According to CCI, many kids suffer almost as much from being in an institution as they do from their disability or illness.
CCIによると、多くの子どもたちは、自分の障害や病気に苦しむのとほとんど同じくらい、施設にいることに苦しんでるのだと言います。


Rebecca Fordham, communications officer from UNICEF, said that finding an alternative to institutions is a worldwide priority for them.
ユニセフ広報担当のRebecca fordhamさんは、施設に代わるものを見つけることが、彼らにとって、世界的に優先さされるべきものだ、と述べました。


"It can be impersonal," she said. "They're not getting the dedicated services they need, not having enough access to proper food or physical activity."
「非人間的なのです。」と彼女は言います。「必要としている献身的なサービスを受けていません。適切な食べ物と運動を得ることができないでいるのです。」


The question now, is how populations can begin to move on from the specter of Chernobyl?
今問われるのは疑問は、チェルノブイリの恐ろしい幻影から、人々がどうやって前進し始めることができるのか?ということです。


Reports by the U.N. Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation (UNSCEAR) and the World Health Organization claim that much of the land designated as "contaminated" by the former Soviet Union actually contains radiation levels not much higher than vast areas considered "safe." In fact, by the USSR's standards, it's not just the former Soviet republics that should be concerned..
原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)とWHOの報告によると、前ソビエト連合が「汚染されている」と選定した土地の多くが「安全」と考えられている広大な地域より放射線レベルがあまり高くないところを含んでいるのだと主張します。実際に、ソビエト連邦の基準で、前のソビエト共和国だけ関係しているのではないのです。。


"Some 45,000 square kilometers in Western Europe have measurable levels of radioactivity in the soil from Chernobyl above the criterion applied in the former Soviet Union to designate 'contaminated' areas," said UNSCEAR Secretary Malcolm Crick. And yet, those areas have experienced nowhere near the alienation and economic impact of much of Belarus and Ukraine.
「西ヨーロッパの4万5000平方kmの土壌に、ソビエト連邦が『汚染された』地域と指定した判定基準を超えるチェルノブイリからの放射性物資のレベルが測定されています。」と、原子放射線の影響に関する国連科学委員会の長官、Malcolm Crick氏は話しました。しかし、これらの地域はどこも、ベラルーシやウクライナほど大きな孤立も、経済的影響も受けてないのです。

ドイツのことでしょうか。ドイツがいち早く原発からの脱却を打ち出したのはなぜですか?チェルノブイリから遠く離れたドイツでさえ、大きな被害に見舞われた経験があったからではないでしょうか?


How many areas are still "contaminated," and what does that mean? Does lingering radiation adversely affect the health of residents, and is there still a danger from eating food grown there? These are questions that many not have answers to for some time to come.
どれだけの地域がまだ「汚染されている」のか、そしてそれはどういう意味なのか?だらだらと存在し続ける放射能は、住民の健康に悪影響を与えるのか、そこで育つ食物を食べるのは、まだ危険なのか?これらの疑問の多くの答えは、まだしばらく出ないでしょう。

出てますよね??


In the meantime, a priority for CCI volunteers is simply to spend time with the kids, hug them, show them some love, and help them look forward to some kind of future -- whatever their link to the explosion that so altered their past.
その間、CCIのボランティアの優先することは、単に、子どもたちと時を過ごし、抱きしめ、愛情を示し、ある種の将来を楽しみにできるよう援助することです。彼らの過去を変えてしまった爆発との関連がなんであろうと。


Picture11_20120429112834.jpg


"We're not scientists; we're humanitarians," Ryan said. "We just don't want these people to be forgotten."
「私たちは、科学者ではありません。人道主義者です。」とRyanさんは言いました。「私たちはただ、彼らが忘れ去られるのがいやなのです。」


-------------------


「放射能が危険か否か」

「犠牲者が百万人か数千人か」



実際に苦しんでいる人たちの見えないところで、

そんな議論が白熱し続けていることが、

何かとても悲しくもあります。



永久に。。。

忘れないこと。

気持に寄り添うこと。


そのことで、

苦しみが少し和らぎ、

今日という一日を生きる元気が少しもてることを願って。


それに尽きるのかもしれません。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/776-96ad0307

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。