スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

除染~チェルノブイリと同じ道をたどるか否か

 2012-04-25
毎日新聞英語版からです。(緑の部分は、日本語原文と少し違う英語文章の私訳です)

With clean-up around Chernobyl abandoned, what can Japan learn from 1986 disaster?
チェルノブイリ事故:26日で26年 大規模除染を断念

毎日新聞 2012年04月25日 00時09分(最終更新 04月25日 10時41分)


CHERNOBYL, Ukraine -- April 26 will mark the 26th anniversary of the worst case of nuclear contamination in history: the 1986 Chernobyl disaster. Since the meltdowns at the Fukushima No. 1 nuclear plant in March last year, the Japanese government has shown interest in decontamination and other projects around Chernobyl as a reference point for efforts to deal with its own nuclear disaster.
史上最悪の放射能漏れを起こしたチェルノブイリ原子力発電所(旧ソ連・ウクライナ)の事故から26日で26年になる。東京電力福島第1原発事故後、日本政府は除染活動などの参考にしようと関心を示しているが、


However in northern Ukraine, where the radioactive husk of the former Soviet power station lies, large-scale decontamination work has been abandoned as largely ineffective, and disaster refugees are no closer to going home.
現地(ウクライナの北部、前ソビエトの発電所の放射能の抜け殻があるところ)では効果が薄いとしてすでに大規模な除染は断念し、避難した住民の帰還も進んでいない(程遠い状態)。【チェルノブイリで大前仁】


I am a little less than 10 kilometers from the Chernobyl nuclear plant, in a warehouse-like building with a long, narrow trough for waste water cut into the floor. This is where workers clad in protective suits scrub down vehicles and heavy machinery that have gone into high-radiation areas. The scrubbing is done by hand, until the radiation emissions from the truck or the bulldozer drops below 0.5 microsieverts per hour.
倉庫風の建物に入ると、床に掘られた「貯水槽」が細長く伸びていた。00年に閉鎖されたチェルノブイリ原発から10キロ弱。放射線量が高い一帯を走るトラックやブルドーザーなどを洗浄する施設だ。防護服を身につけた作業員が手作業で、車両から発する放射線量が毎時0.5マイクロシーベルトへ下がるまで洗い流す。


001.jpg
チェルノブイリ原発敷地内にあるトラックなどを水で洗う除染施設。現在は中央にある細長い設備だけが洗浄作業に使われている=ウクライナ北部チェルノブイリで2012年4月19日、大前仁撮影


Just after the 1986 disaster -- in which one of the Chernobyl plant's reactors exploded, blowing off the reactor housing roof and spewing radioactive material into the air -- Soviet authorities swung into a full-scale decontamination effort, including burying contaminated soil, and washing and then melting down contaminated machinery. However, in the 14 years between the disaster and the year 2000 -- when the last operating reactor at the plant was finally shut down -- authorities apparently judged that there had been "little improvement" in soil conditions, and they decided to halt soil decontamination.
86年4月26日の事故後、原子炉の建物の屋根が吹き飛び、放射性物質が大気に噴き出しました。ソ連当局は原発周辺の汚染土壌を地中へ埋めたり、汚染した機械を洗浄してから溶解したりするなど大がかりな除染活動に取り組んだ。しかし、事故から14年後の00年に最後まで稼働していた3号機の運転が停止され、やがて土壌の除染も「状況はほとんど改善されていない」と判断し、打ち切りを決めたという。


The only decontamination operations going on now are for workers doing safety work in and around the dead plant, including decommissioning the reactors and preventing forest fires. There are currently about 3,700 people who work inside the 30-kilometer radius no-go area around the plant -- referred to simply as "the Zone" -- and they must have their clothes decontaminated periodically. During seasons when humidity is low, vehicles are typically washed one or two times a week, and roads near the plant are also scrubbed.
現在も続くのは、廃炉作業や森林火災などの事故を防ぐ管理作業にあたる作業員らのための除染だけだ。約3700人の職員が発電所から半径30キロに設定された立ち入り禁止区域(通称「ゾーン」)の中で働き、定期的に衣服除染を受けている。空気が乾燥する季節には洗浄車が週1-2回の割合で、発電所近くの路面を洗う。


C0089925-Chernobyl_decontamination-SPL.jpg


More than 110,000 people once lived in the Zone, all of whom were evacuated right after the accident. The Soviet authorities apparently attempted to decontaminate the town of Prypiat -- where Chernobyl plant workers and their families had lived -- soon after, but with no success.
「ゾーン」内部で生活していた11万人超の住民は、事故直後に避難させられた。当時のソ連当局は初期の段階で、原発職員(とその家族)が住んでいたプリピャチの除染を試みたが、(全く)成果は上がらなかったという。 


zone_0059_pripyat.jpg


Mr. Zolotoverkh, 58, who is in charge of managing the Zone, says there is no chance that decontamination will be resumed, adding, "No one will be allowed to return, not after decades, not after centuries."
「ゾーン」の管理責任者ゾロトベルフ氏(58)は除染を再開する可能性を否定し、「数十年どころか数百年たっても、住民の帰還を許可しない」と言い切る。


Picture1_20120426151356.jpg


About 110 kilometers southwest of the plant is the city of Korostyshiv, which the former Soviet government labeled an "evacuation advisory area" -- one of 440 residential communities given the designation. The Soviet Union established four categories for irradiated areas: forced evacuation areas, forced migration areas, evacuation advisory areas, and radiation management areas. Serious decontamination work in the advisory areas such as Korostyshiv did not begin until 1990, four years after the accident.
チェルノブイリの南西約110キロにあるコロステニ市。旧ソ連政府が「避難勧告地域」に指定した440居住区の一つだ。汚染地域は放射線濃度に従って▽強制避難地域(ゾーンを含む)▽強制移住地域▽避難勧告地域▽放射線の管理地域-の四つに区分されている。避難勧告地域で除染活動が本格化したのは事故から4年たった90年ごろからだ。


The municipal government, meanwhile, replaced the local top soil as well as the roof of every home and school in its jurisdiction. The city also paved over land that had been exposed to the Chernobyl fallout, including the front yard of 53-year-old housewife Ms. Valentina.
市当局は全域で、学校や住宅の屋根を取り換え、敷地の土壌入れ替えを実施。主婦のワレンチナさん(53)宅の敷地もコンクリートで舗装された。


The municipal official in charge of the project emphasizes that the efforts resulted in a 50 percent drop in radiation in the 20 years after the accident. This has not, however, staunched a steady flow of people out of the city. Since 1990, Korostyshiv's population has dropped from about 80,000 to 67,000, though the city stresses that this is beginning to turn around.
市の担当者は20年で放射線量が半減したと成果を強調。(しかしながら、このことで、市からの間断のない人口流出は止まっていない。)市の人口は90年代初頭の約8万人から約6万7000人へ減ったが、回復傾向にあると主張する。


Valentina's husband passed away from cancer in 2000 at just 48-years-old, and she says that many other members of her family have suffered damage to their health.
だがワレンチナさんは00年、当時48歳だった夫をがんで亡くし、家族の健康被害も相次いだ。


Regarding decontamination of homes, Ukrainian government radiation expert Mr. Tabachnyi says, "I can't say it's had any effect but to calm the fears of the residents," adding, "About $1 million was thrown into reducing radiation levels in Korostyshiv to 1 sievert or less per year. It was definitely not a cost-effective effort."
ウクライナ政府職員で放射能問題専門家のタバチニ氏は住宅の除染について「住民の緊張を和らげる以上の効果があったとは思えない」と話し、「コロステニでは放射線量を年間1シーベルト下げるために100万ドル近くを投じる結果となり、費用対効果が悪かった」と指摘している。


In June 1986, the Soviet government decided to allow residents back to parts of the forced migration areas that were relatively uncontaminated on a trial basis. Decontamination work was done, and the project drew up indices that would show whether the efforts could be applied to the clean-up of other areas. However, the authorities recognized that dangerous radioactive materials remained, and revoked permission for residents to return two years later.
旧ソ連政府は86年6月、「強制移住地域」のうち汚染状況が軽い一部で住民の帰還を試験的に容認し、除染活動を実施したうえで、他の地域にも適用できるか判断する「指標」にしようとした。だが放射性物質の危険が残ることが確認され、2年後に帰還許可を撤回


Now, with buildings and infrastructure decaying, "there's almost no chance that permission to return will ever be given," says Tabachnyi, meaning the more than 10,000 Ukrainian "forced migrants" will probably never go home again.
今ではインフラや建物の損壊が進み、「今さら帰還が許される可能性はほとんどない」(タバチニ氏)という。ウクライナだけで1万人以上が「強制移住」させられ、帰還できないままだ。 (おそらく帰宅は決してできないだろう)

polidori_pripyat_operating_room_126_lg.jpg


On April 18 this year, Japan and the Ukraine finalized an agreement to share information on the countries' respective nuclear disasters, and the Japanese government is looking to learn "the lessons of Chernobyl" as it implements policy to contain the aftermath of the Fukushima meltdowns.
日本は今月18日、ウクライナと原発事故の経験や情報の共有をうたった協力協定を締結し、福島第1原発事故の収拾策として「チェルノブイリの教訓」を学ぼうとしている。


The scale of the two disasters, however, is different. The Chernobyl accident is thought to have released several times the radioactive material of the Fukushima disaster. The decontamination of agricultural lands -- a process that Japan has put so much faith into -- has been essentially abandoned around the Chernobyl plant, and there is increasing criticism that there is "no way Chernobyl can give any insight into the Japanese situation."
だが二つの事故は規模も違い、放射性物質の放出量も福島はチェルノブイリの数分の1とされる。チェルノブイリ周辺では日本が期待する農地の土壌除染も早々に断念しており「日本の状況に適した助言ができるわけではない」との声も上がっている。


April 25, 2012(Mainichi Japan)





アンダーセン博士は、チェルノブイリの10倍と言っています。(おそらくそれは、放出した放射能の量というより、事故が与える悲劇的影響、という意味だと思いますが)


日本で行われている除染は、チェルノブイリで行われていたのと同じもので、

今までの成果を考えれば、チェルノブイリの辿った道を、間違えなく歩んでいるようです。



今必要なのは、「不屈の挑戦」のプロパガンダではなく、

現実を受止めた、「潔い決断」ではないでしょうか。



ウクライナから来た人も、ロシアや東欧から来た人も身近にいますが、


彼らは、とても勤勉で賢く、「不屈の精神」があるように感じます。


その彼らが、既に、決死の挑戦をしたのです。




その教訓を生かした新しい視点での取り組みを、


一刻も早く。。。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/771-8289895e

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。