スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

日本人は、怒っています

 2012-04-24
イギリス、ロンドンのエコノミスト誌より。


Picture2_20111114142725.jpg

Post-crisis Japan
危機後の日本

Lingering agony
消えない苦悩


Apr 24th 2012, 6:50 by H.T. | NIHONMATSU 二本松


“THEY can’t be Japanese!” a journalist from Tokyo whispered caustically into your correspondent’s ear on hearing the uncharacteristic volume of shouting and heckling at a well-attended town-hall meeting. This past weekend, the Japanese parliament’s Nuclear Accident Independent Investigation Commission held a two-day hearing for villagers of Namie and Okuma, two of the evacuated towns close to the Fukushima Dai-ichi nuclear-power plant, which suffered a triple meltdown in March last year. On April 21st the Namie residents in Nihonmatsu, where they have been relocated since the evacuation, were shockingly outspoken. More than 13 months after the disaster, much of the news interest in Fukushima has faded. But the agony of evacuation, and the sense of helplessness and frustration that it has spawned, remain palpable.
「彼らは日本人じゃないよ。」と東京から来たジャーナリストは、特派員の耳元で辛らつにささやきました。町役場の会合に多くの人が出席し、日本人らしくない大声の叫びや野次を耳にしたのです。先週末に、2日間に渡り日本の原始力事故独立調査委員会が、浪江と大熊村のために聴聞会を催しました。去年3月以来、トリプルメルトダウンに苦悩している福島第一原発に近い2つの避難対象の村です。4月21日に、浪江の住民は、避難が始まって以来ずっと移転させられたままの二本松で、衝撃的に感情むき出しでした。事故から13ヶ月以上経ち、福島の多くのニュースに対する関心は衰えました。しかし、植えつけられてきた避難の苦悩や、無力感、苛立ちの感覚が、いまだに明白です。


The testimony of Namie city officials, who complained repeatedly about the lack of official information they were given as radiation levels increased during the disaster, is available online. But ordinary villagers made particularly pertinent points about the after-effects.
国からの、災害中に増加した放射線レベルについて知らされる情報不足について繰り返し不平を言っていた浪江市の証言はインターネット上で見られます。こちら。(英語の吹き替えです)
しかし、普通の村人たちが事故後の影響について的を得た指摘をしていました。


Nihonmatsu20000_Hkg4861598,20290
(Picture credit: Yoshikazu Tsuno / AFP)


First, they demanded clarity on the safe level of radiation exposure, especially for children and pregnant mothers. The government has allowed the residents of some evacuated municipalities to return to areas where the annual dosage is 20 millisieverts (ie 20 mSv) or below, pending further efforts at decontamination. It has also said that some displaced residents will be able to return home during the day even where the dosage is up to 50 mSv/year. But for those with children, there remain stubborn doubts about the long-term health effects of living under such dosages. Such places include Nihonmatsu, to where many of Namie’s children have been evacuated. Radiation there, in some areas, is in the range of 5 mSv/year or higher (they have been checked only sporadically). The International Commission on Radiological Protection says an appropriate “normal” level is 1mSv/year, over the long term.
第1に、彼らは、放射線被曝の安全な被曝につき明らかにすることを要求し増した。特に子どもと妊婦についてです。政府は、年間の線量が20ミリシーベルトかそれ以下の地域の、避難対象の市町村の住民に戻ることを許可し、更なる除染の取り組みを保留にしています。政府はまた、立ち退かされた住民が、年間50ミリシーベルトのところにも、日中家に戻れるといいました。しかし、子どもがいる者にとって、そのような線量の中で長期暮らすことが健康に与える影響について、執拗に疑念を持ったままです。そのような場所は、浪江の子どもたちが避難させられている二本松も含みます。そこでの放射線は、場所によっては、年間5ミリシーベルトかそれより高いところがあるのです。(線量は散発的にしか調べられていません。)国際放射線防護委員会(ICRP)(でさえ) 適切な「通常の」レベルは、長期に渡っては、年間1ミリシーベルトと言っています。


Second, some asked the national government to exempt all evacuees from the cost of their medical checks, not just the under-18-year-olds, as was apparently offered. It was noted that it might take years for cancers to develop, if they do at all, by which time many of the children who were exposed to radiation after the accident would be over 18. There was widespread support for an idea, pushed by Namie officials, to give everyone books to keep track of their health history. It’s astounding this has not been done already.
第2に、国に対して、明白に申し出があったように、18歳以下だけでなく、全ての避難者に医療検査の費用を免除するように頼みました。ガンが発病するまでに、何年もかかるかもしれないと、認められていました。もしそうなれば、事故のあと被曝した多くの子どもたちが発病するころには、18歳以上になっています。浪江町の、皆にノートを渡し、健康の経過を記録させる、という考えが広く支持されていました。これがまだなされていないことが驚異です。


Third, one Namie man made the point that the government provides insufficient support to those evacuees who are living in rented housing, as opposed to temporary accommodation. He said the aid for those assigned to temporary housing was mandated by law following the 1995 Kobe earthquake. But the law had not been changed to reflect the fact that many of the 100,000 or so nuclear evacuees have rented homes for themselves, instead of moving into temporary accommodation-because they know their evacuation will be permanent.
第3に、1人の浪江町の男性が、仮説住宅ではなく、貸家に住んでいる避難者に対する政府の不十分な支援を指摘しました。仮設住宅に入っている人たちへの援助は、1995年の神戸地震以来、法で義務づけられています。しかし、法は、10万人もの人がいるという事実に反映するように変えられていませんでした。放射能からの避難者は、仮設住宅に移る代わりに、自分たちで家を借りているのです。避難が、永遠のものだと分かっているからです。


Fourth, there was widespread condemnation of a decision by the prime minister, Yoshihiko Noda, to press for the restart of suspended nuclear reactors in other parts of Japan, even before the various accident-investigation commissions had finished their work. Some people at the meeting said this was a clear sign the government had forgotten the toll the accident had taken on their lives; the sense of being considered expendable ran through much of the hearing. “We have been mentally, spiritually and morally destroyed,” shouted one man to loud applause. He said the only way parliament could be reminded of how badly their lives were affected would be to move the Diet to the radiated zone near Fukushima Dai-ichi.
第4に、野田佳彦主相による、日本のほかの場所で休止している原子炉の再稼動を押し進めるという決断に、非難が広がっています。様々な事故調査委員会が彼らの調査を終える前なのにです。これで、政府が事故が彼らの生活に与えた犠牲のことを忘れてしまっていることが明らかだ、と言うものもいました。聞こえてくる多くのことに、消耗品だと考えられているような感じがします。「私たちは、心情的に、精神的に、道徳的に崩壊したんだ。」男性が叫ぶと、大きな拍手が沸きました。自分たちの生活がどんなに酷く影響を受けたかということ思い出させる唯一の方法は、内閣を福島第一原発の放射能汚染された地区に動かすしかないのだろう、と彼は述べました。


That recommendation will no doubt be omitted from the independent investigation’s final report. But it sums up how badly the people of Namie feel they have been abandoned by the central government-and that holds true for many elsewhere from within the nuclear-evacuation zone, too. In their outspoken anger, they may not sound very Japanese. But some wonder whether the government remembers they are citizens of Japan at all.
その提案が、独立調査の最終報告から省かれることは疑いないでしょう。しかし、それは、浪江の人々が、日本政府によって見捨てられた、とどれだけつらく感じているのかという要点を表し、それは、立ち入り禁止地区内からいろいろなところに避難している多くの人の真実でもあるのです。彼らの赤裸々な怒りの中には、日本人のような感じは受けないかもしれません。しかし、政府が彼らも日本の国民であるという事を覚えているのかを、全く疑う者もいるのです。





Picture1_20120425150428.jpg



違う場所でも、怒りはもうオーバーフローしています。
毎日新聞からです。(何故か英語だけですが)

Official 'decommissioning' of Fukushima reactors brings locals no peace
正式な福島の廃炉は地元に平和をもたらさず



At the stroke of midnight on April 19, Japan's nuclear reactor count will officially drop from 54 to 50, as the ruined No. 1-4 reactors at the Fukushima No. 1 nuclear plant will be formally retired.
4月19日の深夜をもって、日本の原子炉は、54基から50基に正式に減る事になります。福島第一原子力発電所の崩壊した1-4号機が、正式に廃止となるのです。


Plant operator Tokyo Electric Power Co. (TEPCO) submitted the decommissioning paperwork to the Ministry of Economy, Trade and Industry at the end of March this year, and the necessary legal procedures have been progressing quietly ever since. While the operational lives of the shattered reactors may be officially over, however, they continue to be the source of significant problems, as well as of a serious threat to the lives and livelihoods of many across Japan.
発電所の経営者である東京電力は、3月末に、経済産業大臣に廃炉の文書を提出し、それ以来、法的な手続きが静かに続けられていました。紛糾した原子炉の稼動生命は正式に終わるかもしれませんが、それは引き続き日本中の多くの命、生活に対しての脅威であると共に、相当な問題源であり続けます。


The load is particularly heavy on those who have been literally dislocated by the March 2011 meltdowns, forced from their homes by radioactive contamination, such as the people of Naraha, Fukushima Prefecture.
その重荷は、特に、2011年3月メルトダウンで、放射能により家を追われ、文字通り締め出されてしまっている人々に重くのしかかります。福島県の楢葉町の人たちなどです。


"How will you extract the melted fuel from the reactors?" "How can we believe you when you say, 'It will be safe after decontamination' even while radioactive material leaks continue?"
「どうやって、溶けた燃料を原子炉から取り出すのですか?」
「放射性物質が漏れ続けいている時に、除染の後で安全になるなどと言っているあなた方の言うことを、どうすれば信じられるのですか?」


These were just a few of the angry comments and questions posed by Naraha townspeople at an April 11 central government information session in the prefectural city of Iwaki, where they now live as nuclear disaster refugees. Most of Naraha is currently covered by the 20-kilometer no-go zone around the Fukushima No. 1 plant, and the entire town was evacuated. The April 11 meeting was held to tell residents they would soon be able to go home, as the entire town -- with local radiation doses at 20 millisieverts per year or less -- was to be re-designated for preparation for lifting the evacuation order.
これらは、4月11日の、現在放射能避難民として暮らしているいわき市での政府の説明会にて発言された、楢葉町の人々の怒りのコメントの質疑の一部に過ぎません。楢葉町のほとんどが、現在のところ、福島第一原発付近の20km立ち居り圏内となっています。そして町全体が避難させられました。4月11日の会合は、住民に、町全体として、まもなく帰宅できる、ということを告げるために開かれたものでした。そこの線量は、年間20ミリシーベルトかそれ以下です。そこは、避難指示解除準備区域とされました。


Happy news, one might think, but residents' anger became obvious during the question and answer section.
嬉しいニュースと考える人もいるかもしれませんが、住民の怒りは質疑応答の時、明らかになりました。


"We need safe air and water for our children," one person said. "We are not guinea pigs!" cried another. Kensuke Tomita, the government's representative at the meeting and deputy head of the Cabinet's Nuclear Emergency Response Headquarters, finally replied that "TEPCO and the government will take responsibility for restoring local infrastructure, decontamination and (nuclear disaster) compensation," but he emerged from the encounter shocked.
「私たちは、子供にとって安全な空気と水が必要なのです。」とある人が言いました。
私たちは、モルモットではないのです。」他の人が叫びました。
その会合に立ち会った政府の代表、トミタ・ケンスケ氏は、内閣の原子力緊急対策本部の副本部長ですが、とうとう、こう応えました。
「東電と政府が地元のインフラと除染、補償の責任を持ちます。」しかし彼は、衝撃を受ける抵抗にあったのです。


"I never thought there'd be this much of a backlash," he said. The town government, meanwhile, has given up on plans to have Naraha re-designated before the end of April.
「こんなにたくさんの、抵抗にあうとは思いませんでした。」と彼は話しました。
町役場は、一方で、4月下旬前に楢葉の区域の見直す計画を諦めていました。


One of the main reasons for the townspeople's anger is the continued problems at the ruined nuclear plant, despite the government's December 2011 declaration that it was in "cold shutdown."
町の人々の怒りの主な理由の1つは、2011年12月の政府の「冷温停止」宣言に反して、破壊された原発の一向に止まない問題です。


Just in April, there has been another contaminated water leak (April 5), a breakdown in the No. 4 reactor's spent fuel pool cooling system (April 12), and a halt in the flow of nitrogen gas to the No. 1-3 reactors, necessary to prevent further hydrogen explosions (April 13).
4月になってすぐ(4月5日)、また汚染水漏れがあり、4号機の使用済み燃料の冷却システムが止まり(4月12日)、1-3号機の更なる水素爆発を防ぐために必要な、窒素の注入が止まったのです。(4月13日)


Fukushima Gov. Yuhei Sato told an April 16 meeting of the Nuclear Emergency Response Headquarters that the problems at the plant were "stirring anxiety among the people of the prefecture," and once more demanded the government supervise operations there thoroughly.
福島県知事、サトウ・ユウヘイ氏は、4月16日の原子力緊急対策本部の会合で、発電所の問題が、「県民の心配をかき回している」のだ、と述べました。そして今一度、全体的にそこでのオペレーションを監督するように、求めました。


The official decommissioning of the plant's No. 1-4 reactors appears to be one step towards fulfilling the prefecture's demands that all nuclear reactors in its jurisdiction be shuttered, but "our goal in demanding reactors be shut down is the protection of our residents' safety," a Fukushima prefectural official told the Mainichi.
1-4号機の正式な廃炉は、県内の全ての原子炉を閉鎖するという要求を果すことに向けての一歩のようですが、「原子炉停止要求においての私たちのも目標は、住民の安全を守ることだ」と福島県は毎日新聞に対し、述べました。

April 18, 2012(Mainichi Japan)





福島県の人たちだけでなく、日本人が、世界の人々が、怒っているのをわかっていない、ということの方が衝撃でした。。。


日本人は、3.11後に意識が大きく変わっていると思います。


どうして、国が、取り残されているのですか???



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/770-45806c33

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。