FC2ブログ

放射能の森を生かす

 2012-04-22
japan_times_logo.jpg

Sunday, April 22, 2012

SUNDAY TIMEOUT

Chernobyl expert takes a look at Tohoku's trees
チェルノブイリの専門家、東北の森を見る


By WINIFRED BIRD
Special to The Japan Times


Somewhere between downtown Utsunomiya in Tochigi Prefecture, and the village of Ogisu an hour's drive to the northeast, Dr. Tatsuhiro Ohkubo pulls over to buy a box of sakura mochi.
栃木県宇都宮と大木須村の間を北東に運転し、オオクボ・タツヒコ博士は、桜餅の箱を買うために車を止めました。


Back on the road, he passes one of the bright-pink rice cakes to the back seat for Dr. Sergiy Zibtsev, who is visiting Japan for the first time. His tall frame folded grasshopper-fashion into the small car, the Ukrainian forest ecologist bites into the salted cherry leaf wrapped around the rice cake.
路上に戻り、彼は、初めて日本を訪れている、後部座席のSergiy Zibtsev博士に、明るいピンク色のおもちを手渡します。背の高い博士は、体をバッタのように折り曲げて小さい車に収まり、そのウクライナ人生態学者は、サクラの葉に包まれた桜餅に噛み付きます。


"Mm," he says. "What species is this?"
「うーむ。これは、何種ですか?」彼は言います。


Ohkubo doesn't miss a beat. "Prunus speciosa," he says.
オオクボさんは、すかさず、「オオシマザクラだよ。」と言います。


Ohkubo, 53, also a forest ecologist, can match Zibtsev thrust for thrust in Latin-laced banter. Despite the light mood, however, the pair's mission on this late March morning is somber. They're on their way to visit an organic farmer whose forests have been contaminated by radioactive fallout from the ongoing crisis at the Fukushima No. 1 nuclear power plant about 100 km to the northeast.
オオクボさん(53)は、森林生態学者で、Zibtsev氏のラテン系のからかいのやりとりに応えます。そのような軽い気分にも関わらず、この2人の今年の3月下旬の使命は、憂鬱なものです。2人は、約100km北東の福島第一原発での持続する惨事からの放射性降下物によって汚染されてしまった森を持つ、オーガニック農家を尋ねる途中なのです。


Some 70 percent of Fukushima, and a similar portion of neighboring prefectures, is covered in forests. Managing the aftermath of the recent nuclear disaster is therefore largely a question of managing contaminated forests - but almost no one in Japan knows how to do that.
フクシマの70%ほどと、近隣の県の同じくらいの割合が森で覆われています。それ故、最近の原子力惨事の後の管理については、その多くが、汚染された森をどう管理するかという問題です。しかし、ほとんど日本人の誰もが、どうすればよいのか分からないのです。


Fifty-year-old Zibtsev, a professor at the National University of Life and Environmental Sciences of Ukraine in Kiev, does - he has been studying forests contaminated by the 1986 Chernobyl nuclear disaster on and off for 19 years. Ohkubo, who teaches at Utsunomiya University, has been doing the same, in Japan, for just one year.
50歳のZibtsev氏は、ウクライナ、キエフの生命・環境科学国立大学の教授で、1986年のチェルノブイリ原子力事故によって汚染された森を、19年間、時折研究してきました。宇都宮大学で教えている大久保氏は、同じことを、日本でちょうど1年やってきました。


Picture31.jpg
Like minds: Irradiated forests are the concern of Ukraine's Sergiy Zibtsev (left) and Japanese academic Tatsuhiro Ohkubo, seen here in Tochigi Pref. WINIFRED BIRD


The two met in 2005 at Yale University's famed School of Forestry and Environmental Studies, where Zibtsev was a Fulbright scholar and Ohkubo a visiting associate professor. At Ohkubo's invitation, Zibtsev is spending a week touring northeastern Japan to speak about how radiation impacts forests.
この2人は、2005年にイエール大学の名高い森林環境学部で出会いました。Zibtsev氏は、フルブライト奨学金受領者で、オオクボ氏は、準教授を訪ねていたのです。オオクボ氏の招待で、Zibtsev氏は、放射能がどのように森へ影響を与えているかについて話すために、日本の東北を1週間周遊しています。


He says that by now scientists in Ukraine fully understand how to manage the heavily contaminated forests that cover more than half the 2,600-sq.-km exclusion zone around the Chernobyl plant whose reactor exploded almost exactly 26 years ago - as well as the moderately contaminated forests further afield.
今では、ウクライナの科学者たちが、ちょうど26年前に原子炉が爆発したチェルノブイリの発電所の周りの避難地区2600平方kmの半分以上覆われた、重度に汚染された森と、遠く離れた中度に汚染された森をどのように管理するかについて、充分に理解しているのだ、と彼は言います。


"We can forecast 50 to 70 years. We know when we can harvest those forests and use the wood safely," Zibtsev says, as Ohkubo drives through the tree-covered hills that still present such a puzzle to Japanese scientists studying the consequences of the March 2011 catastrophes at Tokyo Electric Power Co.'s Fukushima plant.
50年から70年が予測できます。私たちは、いつ、それらの森を刈り取り、木を安全に使えるのか分かっています。」3月11日の東京電力の福島原発の大惨事の結果を研究している日本の科学者たちを未だに当惑させている、木に覆われた丘をオオクボ氏が運転しているときに、Zibtsev氏は話しました。


Broadly experienced and sharply intelligent, Zibtsev speaks with confidence about Ukraine's hard-won knowledge. Yet the lessons, he says, cannot easily be transferred to Japan. Radionuclides move differently through the environment depending on tree type, climate and topography(Fukushima Prefecture is mountainous; the Chernobyl exclusion zone is mostly flat).
幅広い経験と、鋭い才知のあるZibtsev氏は、大変な想いで獲得したウクライナの知識について自信を持って言いました。しかし、その教訓は、簡単に日本に行こうできるものではない、と言います。放射性各種は木の種類、気候、地形(福島県は、山が多く、チェルノブイリの避難地区は、ほとんどが平野です)により、環境中を様々に移動します。


Picture15_20120422111818.jpg
Science master: Ukrainian academic Sergiy Zibtsev, who has a wealth of experience dealing with radioactively contaminated forests, seen in Ogisu, Tochigi Prefecture, during his visit to Tohoku. WINIFRED BIRD


Also, radiocesium binds strongly to clay soils (common in Japan) but washes easily out of sandy ones (common in Ukraine).
また、放射性セシウムは粘土土(日本では一般的)に強く結びつきますが、砂状の土(ウクライナで一般的)は、簡単に流れ出します。


And how people use forests for food, fuel, building and recreation influences how much radiation reaches their bodies - while politics, economics and culture sway the success of attempts to limit human exposure.
そして、人々が食、燃料、建物や気晴らしにどのように森を使うかが、人々の体にどれだけ影響を与えるかに影響します。一方、政治、経済、文化は人々の被曝を制限する試みの成功を左右します。


Despite these differences, Zibtsev can offer a career's worth of relevant experience. His involvement with Chernobyl began in 1993, when a government official asked him to lead a team developing a management system for the contaminated forests around the site. He hesitated: the work was risky, and he had turned down a similar offer in the past. But this time, to advance his career, he agreed.
これらの違いにもかかわらず、Zibtsev氏は関連のある経験からの、価値のある仕事を提供できます。彼がチェルノブイリに関わり始めたのは1993年でした。政府から現場付近の汚染された森のシステム管理を開発するチームを先導するように頼まれたのです。彼は、躊躇しました。その仕事は危険が伴い、過去にも同じような申し出を断ったのです。しかし今回は、自分の経歴を高めるために、同意しました。


For the next five years, and again starting in 2004, Zibtsev studied the forests. His recent research has focused on minimizing the risk of a catastrophic fire that could endanger firefighters and send contaminant-laden smoke beyond the exclusion zone.
これから5年間、そして、2004年に再び、Zibtsevは森の勉強を始めました。彼の最近の研究は、消防士たちを危険にさらし、避難地区を越えて汚染物質を帯びた煙を流してしまうような悲劇的な火事の危険性を最小限にする事について、焦点を当てています。


From the start, he says, the situation around Chernobyl was complicated by the wide range of radionuclides emitted during the disaster.
はじめから、チェルノブイリの状況は、災害中に放射された広範囲にわたる放射線各種によって、複雑になっていました。


Whereas in the long term Japan faces mostly radiocesium contamination, Ukraine also has to deal with contaminants including radiostrontium and, near the plant, plutonium. Soon after the accident these contaminants began moving from the surface of plants into the leaf litter and the soil below. From there some of them were taken up by plants, returned to the soil via fallen leaves, and taken up again in a continuous cycle.
日本が、おそらく放射性セシウムの汚染に長いこと直面するであろう一方、ウクライナは、放射性ストロンチウムと、発電所付近では、プルトニウムにも退去しなければなりません。事故からまもなく、これらの汚染物質は発電所の表面から落ち葉や、その下の土へ移動を始めたのです。そこから、いくらかは植物に吸い上げられ、葉が落ちると土に返りました。そしてまた吸い上げられ、ずっとそのサイクルが続くのです。

ストロンチウム、プルトニウムについては、今は徹底した調査が行われていないので、表に出てきていませんが、日本でも同じようの問題がいつかは明らかにされるのでしょう。特に海水に大量に流れ出てしまったストロンチウムについてが、心配です。


Where the contamination was highest, some trees died and others grew in abnormal shapes. Starting about 5 to 10 km from the plant, however, Zibtsev says the forests appear normal - if unusually rich in wildlife, due to the absence of humans. Nevertheless, the contamination remains.
汚染が一番酷いところでは、死んでしまう木や、異常な形になってしまった木もありました。しかしながら、発電所から5-10kmのところの森は異常がなかった、とZibtsev氏は言います。-もし何か野生生物に変わったことがあるとすれば、人間がいないために、とても豊かだということです。それにもかかわらず、汚染は残っています。


Zibtsev explains that as long as trees and leaf litter are healthy, forest ecosystems trap radionuclides and prevent them from seeping down into the groundwater, or being carried into streams by erosion - or blowing away as dust in the wind.
Zibtsev氏は、木の葉や落ち葉が健康である限り、生態系が放射性各種を捕らえ、地下水に押し流されたり、侵食により川へ運ばれたり、風にのって吹き飛ばされるのを防いでいるのだ、と説明します。


Ukraine's management policy has aimed to maximize the role of forests as holding tanks for contamination rather than attempt decontamination.
ウクライナ管理方策は、除染を試みるというよりは、汚染を蓄えるタンクを抱えるような森の役割を最大限利用することを目指してきました。


"The approach has been to let the ecosystem work. Fungi is much more effective than millions of people (at containing contamination)," Zibtsev said. He is skeptical of proposals in Japan to decontaminate parts of the forest by removing leaf litter, undergrowth and tree branches, because such measures could undermine forest health.
その手法は、生態系が働くようにしています。きのこ類は、(汚染を収めようとしている)何百万人の人間よりはるかに効果的なのです。"とZibtsevは話しました。落ち葉、やぶ、木の枝を取り除くことによる森の除染という日本の提案には懐疑的です。そのような手段は、森の健康状態を軽視しているからです。


It's like if your body is functioning, and you decide, why don't I remove my liver to clean it? And then you realize you can't live without it," he says, with characteristic black humor. "People in Japan want the forest to be clean. They want to rewind before 3/11. (But) we're living in a new reality."
それは、自分の体が機能しているのと同じようなもので、肝臓を綺麗にするために、肝臓そのものを取り除くと決断するようなものです。そして、その肝臓なしでは生きられないと気付くのです。」彼特有のブラックユーモアをこめて言いました。「日本の人々は、森が綺麗になって欲しいと思っています。3月11日前に(時を)戻したいのです。(しかし)私たちは、新しい現実の中に生きているのです。」

多くの人が、その現実を受け止めています。その痛切な覚悟と国が打ち出す対策が全くかみ合っていない事が、今の日本の本当の不幸なのかもしれません。


In Ukraine, that new reality persists 26 years after the disaster. The Chernobyl exclusion zone remains off-limits for living, its forests untouched except for experiments and minimal management aimed at preventing fires, tree disease, and insect infestation (which, by weakening the forest, weakens its role as buffer).
ウクライナでは、その新しい現実が、事故の後26年も執拗に続いています。チェルノブイリの立ち入り禁止地区は、いまだに住んではいけないところです。森は、実験と、火事、木の病気と寄生虫(森を弱体化することにより緩衝体としての役割が弱くなる)を防ぐための最低限の管理のほかは手をつけていません。


Outside the exclusion zone, the government regulates forest use according to contamination levels, which scientists have carefully monitored.
立ち入り禁止地区外で政府は、科学者たちが注意深くモニタリングしている汚染レベルに応じて、森林の使用を規定しています。


Residents receive maps showing where to avoid harvesting mushrooms, hunting wildlife and grazing their livestock. Because food now accounts for 70 to 90 percent of exposure, Zibtsev says, this greatly reduces health risks.
住民たちは、どこできのこ類の収穫、野生動物の狩、家畜の放牧を避けるべきなのかを示した地図を受け取りました。食物が、70-90%の被曝を占めるからで、これが、健康障害の危険をおおいに減少させるのだ、とZibtsev氏は言います。


But he has come to understand that rules offer only partial protection from exposure. One experience in particular brought that lesson home, he says. Zibtsev was working on a World Bank project with a young Italian colleague, and one day the pair drove out to the economically depressed area just outside the exclusion zone. As they finished up their work, Zibtsev's old car broke down on the empty highway. It was 9 p.m. and minus 27 degrees Centigrade.
しかし、彼は、そのルールが、被曝からのほんの部分的な防御にしかならないと理解するに至りました。ある一つの経験がその教訓をもたらした、と言います。Zibtsev氏は、若いイタリア人の同僚を、世界銀行のプロジェクトに取り組んでいました。そして、ある日二人は、立ち入り禁止地区のすぐ外側で、経済的に落ち込んだ地区へドライブしました。その取り組みを終え、Zibtsev氏の古い車は、誰もいないハイウェイで故障しました。午後9時で、マイナス27度でした。


They made their way to a nearby village. There, a poor woman discovered the pair of freezing scientists and invited them to her house.
二人は、近くの村まで行きました。そこで、貧しい女性が凍えた2人の科学者を見つけ、家に招いてくれたのです。


"There was one room with a fireplace, and a kitchen with no heating. She said we could use her bed and she'd sleep in the kitchen. She started a fire and it became warm. Our hearts were full of gratitude."
「暖炉がある部屋が1つあり、台所には暖房がありません。彼女は、私たちが彼女のベットを使い、彼女は台所に寝るといいました。彼女が暖炉をつけると温かくなりました。私たちの心は感謝で一杯でした。」


In the morning, the woman prepared a pot of mushroom soup for breakfast. However, as Zibtsev and his companion well knew, mushrooms growing on the forest floor serve as sponges for radionuclides. Their root-like mycelium can spread 15 meters or more over the soil, consuming contaminants from a huge area. In that particular village, 90 percent of mushrooms exceeded the legal limit for contamination.
朝、その女性は朝食にきのこスープを用意してくれました。しかしZibtsev氏も彼の同僚も良く知っていたように、その森の地で育ったきのこは放射性各種にとってスポンジの役目を果しています。その根のような菌糸は土壌に15メートル以上拡散している可能性があります。巨大な地域から汚染物質を摂取しているのです。その村では、90%のきのこが、汚染の法的限界を超えていました。


"The Italian whispers to me, 'Sergiy, I'm not going to eat this!' " Zibtsev recalls.
「イタリア人が私にささやきました。

"I said, 'She's poor, this is all she has.'
「Sergiy、私はこれ食べないよ!」Zibtsev氏は思い返します。


"No, no," he says.
「だめだ、だめだ。」と彼は言います。


"I told the woman he had stomach ache. But I ate the soup. It was very nice. I was uncomfortable saying to the woman, 'I won't eat it but you can.' "
「私はその女性にお腹の調子が悪いのだといいました。でも、そのスープを食べました。とてもおいしかったです。私は、『自分は食べないけれど、あなたは食べていいですよ』と、その女性に言いづらかったのです。」


In the forests surrounding the Fukushima exclusion zone, residents have yet to establish their own balance between necessity, science - and fear. The government has set limits for contamination in firewood, mushrooms and composted leaves, but not other forest products. And while the Forestry Agency recommends removing leaf litter from woods within 20 meters of houses, broader guidance is still lacking. Scientists are still studying how the contaminants behave in lush, mountainous forests. Meanwhile, many forest owners and farmers are unsure how to move forward.
福島立ち入り禁止地区に囲まれた森の中で、住民たちはまだ、必要性、科学、そして恐怖の間で自分たちのバランスを確立していません。政府は薪、きのこ、堆肥された葉の汚染限界を定めました。しかし、他の森林からの産物についてはまだです。農林水産省は、家から20メートル以内の林からの落ち葉を取り除くことを薦めていますが、広範囲にわたる指示はまだ欠如しています。科学者たちはまだ、汚染物質が、茂み、山々の森林でどのような振る舞いをするのか研究しています。その間、多くの森林の持ち主や農家の人がどうしてよいのか分からないでいるのです。


When Zibtsev and Ohkubo reach the quiet hamlet of Ogisu, nestled between rolling forested hills, they talk with 69-year-old organic farmer Shigeru Komori about his concerns. Doses of radiation in the air there are low, and farming is still possible, but Komori no longer adds leaf litter collected from the forest to his rice paddies (a traditional practice he had recently revived). He has also given up on growing shiitake mushrooms on logs.
オオクボ氏とZibsev氏が、緩やかな丘の谷間の大木須の静かな村落に辿り着いた時、2人は、69歳のオーガニック農家のコモリ・シゲルさんと、彼の懸念について話をしました。そこの空気中の線量は低く、農業はまだ可能ですが、コモリさんは自分の田んぼのために森から落ち葉を集めて撒くことは、もうしません。(彼が最近復活させた伝統的な施肥の方法です)彼はまた、丸太できのこを育てることも諦めました。


Picture21_20120422111817.jpg
Level-headed: Ogisu, Tochigi Prefecture, organic farmer Shigeru Komori no longer raises mushrooms or uses leaf litter as fertilizer on his paddies. WINIFRED BIRD


After listening to Komori and walking through his fields and woods, however, Zibtsev is guardedly upbeat.
小森さんの話を聞き、彼の農地と林を歩いた後、Zibtsev氏は慎重に、楽観的でした。


"The soil is so heavy, there's no big threat of cesium migration (into groundwater). No one grazes livestock so there will be no cesium from milk. If people don't break the rules, don't hunt or eat mushrooms every day, they should be fine," he says.
「土壌はとても重く、セシウムの(地下水への)移動の大きな恐れがありません。誰も放牧していないので、牛乳からのセシウムもありません。人々が規則を破らなければ、きのこを採ったり、毎日食べたりしなければ、大丈夫なはずです。」と、彼は言います。


A moment later, though, he seems to realize the limit of his own argument.
しかし、少し後になって、自分自信の議論の限界に気がついたようでした。


"If you say 'Oh, it's no problem,' but you are in Tokyo and they're in Fukushima ... " he trails off. "If people consider it a threat, it becomes a threat."
「もし、『あぁ、何の問題もない』と言っても、自分が東京にいて、彼らは福島にいるのだから。。。」彼の言葉は途絶えました。「人々の脅威と心配すれば、それは脅威となるのです。」


By now he is again in the car with Ohkubo, heading through the patchwork of farms and forests towards another speech and, the next day, Fukushima Prefecture. Wherever he goes scientists and residents will be hanging on his words. When it comes to science, he may very well be able to supply the answers they are searching for. As for the messier question of how people should integrate that science into their lives - that's another matter entirely.
今、彼はオオクボ氏と車の中です。農場と森のパッチワークを通り抜け、翌日話をしにいくところに向かいます。福島県です。彼がどこに行こうと、科学者や住民は彼の言葉にすがるでしょう。科学のことを言えば、彼は人々が求めている答えを十分に提供する事が出来るのかもしれません。人々が、その科学を自分の生活にどのように統合するかというごちゃごちゃな問いについては-全く違う事なのです。




人間は、地震・津波からの復興をなしえる力を持っているでしょう。

でも、

放射能の災害には、「復興」という言葉は存在できないのです。

元に戻すことが出来ない、という悲しく、腹立たしい現実があります。



新しい現実の中では、

もう、人間の都合だけでは生きていけないのだ、

という事を、覚悟を決めて受け止めなければなりません。


森の除染は森への冒涜のような気がします。


magical-forest.jpg


人間がばら撒いてしまった放射能を、

森は、その生態サイクルに取り込み、

長い、長い年月の間。。。

やがて消えていくまで、抱え続けます。

人間は、それを邪魔するのではなく、

最大限の治癒力を発揮できるように、

静かに、手を貸すだけであるべきです。


そのとき初めて、自然が、人間を守ってくれるのかもしれません。


人は、その新しい現実を直視して、

各個人がこれからの生きる道を選択しなければならないのです。


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/768-73698e65

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 23歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 19歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 10歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊が自分のライフスタイルを実現する場所だと考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック