スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

放射能と戦うためのベース

 2012-04-18
今年の3月11日に、バンクーバーで行われた、 「福島惨事~その1年後」のイベントに、日本から、2人の方がスピーカーとして来てくれました。

Rodio Ecoshockの録音は、こちら。3月13日にポストされている”FUKUSHIMA DISASTER - ONE YEAR LATER"です。


46:26から、アヤさんのスピーチ。

51:03からが、ワタルさんのスピーチです。



Picture4_20120419133748.jpg
Image from Flickr (バンクーバーのイベントのものではありません)


187878_67002189303_993456_n.jpg


Fukushima: “Everything has to be done again for us to stay in the contaminated areas”  
汚染地域に残るには、すべてやり直さないと



Apr. 15, 2012


An interview with Iwata Wataru by Nadine and Thierry Ribault
イワタ・ワタルさんへのインタビュー

Translation by Francis Guerin
(ここでの翻訳は、フランス語から英語です)


Introduction
まえがき


We have known Iwata Wataru for more than two years, and when he decided to depart to Fukushima from Kyoto, he asked us to locate Geiger counters in France because at that time there were none available for his use in Japan. Despite active searching we found none. However, we contacted the independent radioactivity measuring laboratory CRIIRAD, which was created in France following the Chernobyl accident. The CRIIRAD people decided to send counters and other measurement accessories free to Wataru’s recently created "Project 47". In May 2011, we joined the CRIIRAD measurement mission to Fukushima and witnessed the first steps in "Project 47" and their collaboration with CRIIRAD. The link was made and the idea to create a Japanese version of CRIIRAD came to mind and Iwata took the lead: in July 2011 CRMS was born. Iwata became the founder and technical director, with the technical support of CRIIRAD and of the Umweltinstitut in Munich, with the financial support of Days Japan and other donors. Iwata's experience engagement and commitment is the topic of the new book by Nadine and Thierry Ribault :
私たちは、イワタ・ワタルさんとは、2年越しの知り合いです。彼が京都から福島に発とうと決意したとき、ガイガーカウンターを探しあてるためにフランスの私たちに頼んできました。そのとき、日本で彼が使えるガイガーカウンターは皆無だったのです。いろいろ探してみましたが、全く見つかりませんでした。しかしながら、私たちは、チェルノブイリ後にフランスに作られた、独立した放射能測定研究所のCHIIRADに連絡を取りました。CHIIRADの人たちは、カウンターと、測定器具アクセサリーを無料でワタルさんが最近創設した「プロジェクト47」に送ることにしました。2011年の5月には、私たちも福島でのCRIIRAD測定ミッションに参加し、「プロジェクト47」の最初の一歩とCRIIRADとの共同作業にに立会いました。彼らは連携し、CRIIRADの日本版という考えを思いつき、イワタさんが先導しました。2011年7月にCRMSが生まれたのです。イワタさんは、CRIIRADとミュンヘンの環境研究所からの技術的支援と、Days Japan他からの金銭的支援を得て、創設者、技術指導者となりました。イワタさんの経験、取り組み、そして献身は、NadineとThierry Ribaultの新刊のテーマになっています。


Composer Iwata Wataru poses many difficult questions regarding the long-term health risks faced by the victims of the Fukushima nuclear meltdown. He presents a compelling call to action framed in terms of what he calls an “auto-evacuation”. In contrast to the state’s directive to evacuate specific areas, the nature of auto-evacuation is that “people themselves decide to evacuate the affected zone.”
イワタ・トオルさんは、福島メルトダウンの犠牲者が直面している長期の健康被害の危険性について、多くの困難な疑問を投げかけます。自分が言うところの「自己避難」行動の呼びかけを示します。特定の地域から避難するという国の指示とは対照的に、「自己避難」の姿は、「自分たちが汚染地域から避難する決断をする」というものです。


On March 13 2011, two days after the Tohoku Earthquake, tsunami and nuclear disaster at Fukushima, the composer Iwata Wataru left his studio in the suburbs of Tokyo to take refuge in Kyoto. He was acutely aware, as the entire population now is, that an unprecedented catastrophe -even larger than Chernobyl - had occurred. After sleepless nights, Iwata, who never engaged in activism before, either humanitarian or political, decided to go to Fukushima prefecture on March 20, propelled by a zeal even he cannot fully explain.
東北地震、津波、福島放射能災害の2日後、2011年3月13日に、イワタさんは京都に避難するために東京郊外のアパートを出ました。彼は、痛切に気付いていたのです。全住民が今、空前の惨事にあることを。チェルノブイリよりも大きな惨事が起こってしまったことを。眠れない数夜を過ごした後、いままで人道活動や政治活動に関わったことなど無かったイワタさんは、3月20日に福島県に行くことにしました。完全には説明ができない、熱意に突き動かされたのです。


During the following three months, Iwata created “Project 47″, named after the 47 prefectures of Japan. Funds were raised both to organize the evacuation of victims and to buy radiation measurement equipment to gather data that would subsequently be published. He explains:
それから3ヶ月の間に、イワタさんは「プロジェクト47」を立ち上げました。日本の47都道府県から名付けたものです。資金は、犠牲者の避難を調整するためと、データを公表するための放射能測定器具の購入のために集められました。彼は、こう説明します。


“The situation in Japan looks more and more like that in wartime: television, print and Internet outlets are being called upon to impose a voluntary gag order on themselves.”
「日本の状況は、だんだん戦争中のようになります。テレビ、書籍、インターネットは自分自身に自主的に口止めを課しているのです。」


“Project 47″ observers go to farms, schools and homes with radiometers and Geiger counters to measure radiation levels and publish them on their association website. They want to create the basis for what they call “auto-evacuation”: a system whereby people can autonomously decide to evacuate those affected zones in which the state does not oblige them to evacuate.
「プロジェクト47」の観測者たちは農場、学校、住宅に放射能測定器とガイガーカウンターを持って、線量を測りにいき、自分たちの団体のウェブサイトに公表します。彼らの言うところの「自己避難」を基盤を作りたいのです。それは、国が避難義務を負わせていない汚染された地域から人々が自動的に避難を決意するシステムです。


Iwata Wataru: “stubborn and an agitator“
イワタ・ワタル:不屈な、扇動者


Facing the impossible nature of official oversight with regard to the disaster, “we need infinite noncompliance,” says Iwata. In June 2011, he canceled his Tokyo lease and rented a Fukushima City studio apartment where he lives surrounded by radiation measurement tools - thereby creating the first autonomous radiation measurement station in Japan, which went into effect on July 1st 2011.
災害についてのあり得ない行政の手落ちの特性に直面し、「私たちには、無限の指示不履行が必要なのです。」とイワタさんは言います。2011年6月に、東京のアパートの契約を解除し、福島市のアパートを借り、放射能測定機器に囲まれて暮らしています。こうして、日本に、自発的な放射能測定所が作られ、2011年7月1日に始められました。


Project 47’s “Citizen’s Radioactivity Measuring Station” (CRMS)
プロジェクト47の「市民放射能測定所」(CRMS)


“The day we launched the Whole Body Counter [WBC, a machine used to measure radioactivity in the human body],” says Iwata, “we received on hundred orders within five minutes. We had to close down.” Little by little, other centers opened in Koriyama, Fukagawa, Nihonmatsu, and Tamura. On December 14, 2011, the CRMS network’s first People’s Station for the Measurement of Radioactivity opened in Tokyo.
「ホールボディーカウンターを開始した日、5分以内に100件の申し込みを受けました。終了しなければならなかったのです。」とイワタさんは話します。少しずつ、郡山、深川、二本松と田村で他の測定所が開きました。2011年12月14日には、東京で初めてのCRMSネットワークの放射能測定所が開きました。


Iwata belongs to no hierarchical organization and depends on no one. It is his personal motivation in the wake of the Fukushima disaster that drives him. He is stubborn and an agitator.
イワタさんは、階級性の組織に所属せず、何にも依存していません。それが、福島の災害の後、彼を動かしてきたモチベーションです。 彼は不屈の扇動者なのです。


On November 27, 2011, during an event organized by the CRMS in Tokyo to provide information to the population at large, he stated that he is wary of the WBC, since it can be used to exonerate people who decide not to move. People from Fukushima who fled to Kyoto ask: how can we prove anything, if we come down with a disease later on? Wataru advises them to keep their children’s teeth and hair. After the meeting, he confesses considering a change in direction, to lead a more direct struggle against the authorities and against apathy in the ranks of the populace.
2011年11月27日、CRMSにより催された東京でのイベントで、多くの人々に情報を提供し、ホールボディーカウンターについては慎重にしている、と述べました。人々が避難を免れることに使われる可能性があるからです。京都に逃げた福島からの人々は尋ねます。どうやって自分たちが後で病気になると証明できるのか。イワタさんは、皆に子どもの歯と髪の毛を保存しておくように言います。そして、会合のあと、方向性の返還を考慮することを打ち明けます。政府に対して、そして、人々の無関心に関してもっと直接的な闘争を導くために。


We met Wataru Iwata on February 12, 2012, in Fukushima, during the “Protect Life from Radiation” symposium.
私たちは、イワタ・ワタルさんに2012年2月12日に福島で会いました。「放射能から命を守る」シンポジウムの最中でした。


Picture3_20120419133558.jpg
Image from Flickr

Interview
インタビュー



Nadine and Thierry Ribault: Seven months after the creation of the CRMS, how have things turned out?
Nadine and Thierry: CRMSを立ち上げてから7ヶ月、どのようなことが分かりましたか?


Wataru Iwata: Fukushima residents approached us when we first arrived with radiation measurement equipment. Our objective was not to push people to flee, but to give them information so they could decide for themselves.
イワタ: 福島の住民は、私たちが放射能測定器具を持って到着したときに、やってきました。私たちの目的は、人々に逃げることを押し付けるものではなく、情報を与えて、自分たちで決断ができるようにすることでした。


People could not talk about radiation, they could not mention the nuclear power plant. The central and local authorities made no proposal to combat contamination. Instead, they raised annual “tolerable” levels of radiation.
人々は放射能について、話ができませんでした。原発のことを言葉に出せませんでした。日本政府も地元の行政も、汚染と戦うための提案を全くしません。その代わりに、年間「耐えうる」放射能レベルを引き上げたのです。


The watchword was “Hang in there Fukushima!” (Fukushima Ganbare!) And people, including children in schools, were being urged to consume food from Fukushima. People worried about the risks of radiation soon understood that they had to protect themselves from internal irradiation as much as external irradiation. Mothers, worried about their children’s nutritional health, sounded the alarm.
合言葉は、「ここでがんばろう、福島」でした。そして、学校にいる子どもも含めて人々は福島からの食物を消費することを促がされたのです。皆、放射能の危険について心配し、すぐに外部被曝と同様に内部被曝からも自分たちを守らなければならないことを理解しました。母親は、子どもの栄養からの健康を心配し、警報を発しました。


Mothers, then, lacked confidence in the authorities?
母親たちは、そこで、行政に対する信頼を失ったのですね?


Yes, which was legitimate. Government officials worried little about the health and security of the people. There was a lack of precise information. Authorities confessed to me that, for example, they would select three rice paddy (soil) samples and then if the contamination level was below 5000Bq/kg on its soil, then they would let all the rice paddy of the whole city or town or village to be cultivated. They refer to a coefficient of migration of Cesium of 1/10, the tentative amount limit of food stuffs were 500Bq/kg, so that's why they let them to be cultivated at the value of 5000Bq/kg in last April. However, that is too hasty a conclusion, since contamination levels change every 100 meters.
そうです。道理にかなったことです。政府の人間は人々の健康や安全性のことをほとんど気にかけませんでした。正確な情報が欠けていたのです。例えば、当局は3つの田んぼの土のサンプルを選び汚染レベルが1kgあたり5000ベクレル以下だったと明かしました。そして彼らは、その市、町、村全ての田んぼで耕作させたのです。セシウムの移動率が1/10を参考に、食物の仮限界値の1kg500ベクレルだったので、去年の4月に1kgあたり5000ベクレルを耕作してもよいとしたのです。結論を急ぎすぎています。100メートルごとに汚染レベルは変わるのですから。


There was an enormous disconnect between reality and how reality was portrayed by the authorities. When we opened the first station at Fukushima, we were supposed to start at 13:00 and people were already lining up at 11:00. I told them that we could not measure water, though many brought water to us anyway.
現実と、当局によって描かれているものがあまりにもかけ離れていました。福島で最初の測定所を開いたとき、午後1時に始めるはずだったのですが、午前11時には、既に行列が出来ていました。水は測れないと言ったのですが、多くのひとが、とにかく水を持ってきました。


They wanted to understand and know what was happening, even the farmers. At the beginning, many people from the organic farming world were asking if they could cultivate and sell their crops. Precise measurements are necessary to make such decisions.
農家の人でさえも、何が起こっているのか、理解し、知りたかったのです。最初は、オーガニック農業をしている人が、作物を耕作して、販売できるのかという事を尋ねていました。正確な測定が、そのような決断を下すのに必要なのです。


What kind of relationship do you have with the authorities?
当局とはどのような関係なのですか?


After receiving the WBC data, we developed relationships with the sanitary authorities who came to see what we were doing. People had told them the results we obtained. They were friendly, offering cynical apologies that they could not conduct such activities themselves.
ホールボディーカウンターのデータを受け取るようになり、私たちが何をしているのか見に来た保健所との関係を築きました。その人達は、私たちが入手した結果を彼らに伝えました。彼らはとても親しみやすく、自分たちでこのような活動が出来ない皮肉を詫びました。


People do not trust them any more, but within their ranks are some who desire to protect the people. They just don’t have the equipment to do so. They were not trying to hide things, but people did not believe them. At Fukushima Medical University, for example, the WBC was contaminated from the start. Some residents asked to be measured but the authorities refused.
人々は 彼らをもう信用しませんでしたが、彼らのようなレベルの人達は、人々を守りたいと願っているのです。ただ、そうするだけの器具がないのです。彼らは何かを隠そうとはしませんでした。それでも人々は彼らを信じませんでした。たとえば、福島医科大学では、ホールボディーカウンターが最初から汚染されていました測定して欲しいと頼んだ人たちがいましたが、当局はそれを拒否したのです。


People then turned to us and we ended up creating relationships with some of them, since they felt that they could no longer depend on the authorities … but this means that now they depend on the CRMS. Some people no longer have autonomy. Nevertheless, we are doing everything we can for those who do not leave the contaminated areas. It is not realistic to think that everyone will leave. The people who stay need protection and medical follow-up.
それで皆、私たちの方へ来て、彼らとの関係を作ることになったのです。皆、当局にはもはや頼れないと感じたので。。。でも、それは、今では彼らがCRMSを頼っているということです。自治体がもはや無い人もいます。それでも、私たちは汚染地域を離れない人のためにできることは何でもやっています。留まっている人には、保護と健康管理が必要なのです。


From that point of view, we are attempting to work with the authorities. We have to do more than just complain. We have to act according to what the residents need. However, only 3% of them are left, and 10% of these are children. These are leftover people.
そのような観点から、私たちは、当局と協力する試みをしているのです。不満を言う以上のことをしなければなりません。住民の人達が必要としている事に従って、行動しなければなりません。しかし、3%の人だけが取り残されて、そのうちの10%は子供たちなのです。残り物の人達です。


What kind of relationship do you have with scientists?
科学者とはどのような関係ですか?


Medical examinations given as part of the public health survey supervised by Professor Yamashita Shinichi’s team are free.[1] Fukushima prefecture asked the central government to ensure that the entirety of the medical care for those under 18 year-old would be free of charge. But this request was shelved as of January 28 by Hirano Tatsu, Minister for Reconstruction.
山下俊一教授のチームによってなされる、住民の健康検査の一環としての健康診断は、無料です。福島県は日本政府に18歳以下の若者の診療を全て無料で行うように要請しました。しかし、復興省の平野達男大臣により、1月28日を以って、その要請は棚上げされました。



Therefore, some scientists have a somehow strange attitude. Conflicts arise: vice-president Yamashita, from Nagasaki, and vice-president Kamiya, from Hiroshima, are publicly at odds concerning the investigation. According to Hiroshima doctors, the failure to distribute iodine tablets on the first days of the disaster was a mistake, while others do not see it that way.
それなので、科学者の中には、何か奇妙な態度の人がいます。口論が持ち上がります。長崎から来ている、山下副学長と、広島からの神谷副学長は、調査について、公然と反目しています。広島の医師たちによると、事故がおきた初日にヨウ素剤を配らなかった失態は、間違っていた、と言い、一方他の医師たちは、そのように考えていません。


It is difficult for doctors to work independently due to the power of the medical associations that prohibit them from warning people about radiation, and some pediatricians even resent mothers who express worries about their children’s health; however, many doctors, especially those from Fukushima, sincerely want to provide protection and assistance. We are therefore establishing working connections with some of them, as well as with some researchers.
医師たちにとっては、放射能について人々に警告をすることを禁じている医療協会の力のために、独立して取り組むことが難しいのです。そして、小児科医たちは、母親が自分の子どもたちの健康を心配しているようなことを言うと、腹をたてたりさえするのです。しかしながら、多くの、特に福島からの医師たちは、心から保護し、助けたいと思っています。なので、そのような医師たちや研究者たちと繋がり、協力するようにしています。


Is the CRMS a place of truth?
CRMSは真実の場所ですか?


Picture8_20120420145646.jpg
From YouTube

The CRMS has to establish a form of trust. This is done step by step. People have been highly exposed, and we do not know what will happen in the following years. Stories spread: dead fetuses in mothers’ stomachs, malformations… but we cannot say for sure at present what is caused by radiation and what is not.
CRMSは信頼を築かなければなりません。それは、一歩一歩成されました。人々は沢山被曝してきました。そして、私たちは、将来何が起こるのかわかりません。話は広がります。母親のお腹にいる死んだ胎児。奇形。。。でも、今は、放射能によるものが何なのか、何がそうでないのかを言うことはできません。


The head of the radio station in Koriyama recently had a baby born with a heart malformation similar to the ones children in Chernobyl had. Journalists spread fear with these stories, but no conclusion can yet be made.
郡山にあるラジオ局の局長の赤ちゃんは、最近、チェルノブイリの子どもたちに見られたような心臓の奇形をもって生まれてきました。 このような話で、ジャーナリストは恐怖を広げます。しかし、結論はまだ出せないのです。


What is certain is that people need follow-ups. They need to have examinations and be treated as soon as we find something. We need to look carefully for abnormalities, because the possibility of developing disease has increased. However, as I said, the government refuses to remove the medical fees for those under 18 in the Fukushima prefecture; only “sanitary control” examinations conducted as part of the health surveys are free. The medical fees should be removed, but we also have to be aware that if such a law were passed, people would no longer be able to keep their personal information private from authorities. People would be examined in Fukushima and those examination results would remain “stuck” to their identities like criminal records.
確かなことは、人々にフォローアップが必要なことです。検査を受ける必要があり、何かを見つけたら、すぐに治療を受ける必要があります。異常を注意深く見る必要があります。病気が悪くなる可能性が高くなるからです。しかし、今言ったように、政府は福島の18歳以下の若者の医療費を免除することを拒否しました。 健康調査の一環として行われている「衛生管理」の検査のみ無料なのです。医療費は免除されるべきです。しかし、そのような法が通れば、人々は、自分の個人情報を、当局から守ることができなくなる、ということにも気付きました。福島で検査され、その検査結果は、犯罪暦のように、個人に付きまとうでしょう。


Only 20% of the population answered the survey conducted by Fukushima Medical University. For many, Fukushima Medical University has become Dracula’s Castle. Nevertheless, the role of this university is to care for people, and in order to do that correctly, those in charge need to change their policy. They have to discuss issues with residents and citizens and consider their opinions and requests while determining how the survey is conducted, for example. We need to be close to people. We need to consider the precise situation and act accordingly.
住民のたった20%だけが、福島医科大学によって行われたアンケートに答えました。多くの人にとって、福島医科大学は、ドラキュラの城 となっています。とは言うものの、この大学の役割は、人々の面倒を見ることで、それを正しくするために、担当の者は、そのポリシーを変える必要があります。例えば、どのように調査を行うかを決めるために、住民や市民と問題を話し合い、彼らの意見や要望を考慮する必要があるのです。私たちは、人々と近くなければなりません。正確な状況を考慮し、それに応じて行動する必要があるのです。






3月11日の、バンクーバーでのイベントでは、ワタルさんとアヤさん合わせて15分から20分くらいの短いプレゼンで、

その後のグループごとの1時間のワークショップで、わたしが参加したモニタリングのグループにワタルさんもいらっしゃったのですが、

時間が限られていた中で、終始静かに落ち着いて話をされていた彼が、このような情熱をもって、こんな風に活動をしていたとは、全く想像できませんでした。



事故当初から、このような医療バックアップが必要だと、ずっと焦燥感に悩まされてきましたが、

そうですか。正に、私が望んでいたことを、実行してくれていた方だったんですね。



もっと話がしたかったです。。。


わたしは、今でも、何ができるのか、暗中模索しています。




事故原因を徹底検証するために、第3者の独立機関ができました。


電力需要と供給の徹底検証をするために、第3者の独立機関ができるようです。


健康障害と治療を徹底追跡するために、第3者の独立医療機関が必要です!!!!!

チェルノブイリを見てきた医師たちがいるではないですか!



第3者とはつまり、原子力ムラの村人ではない人たち、ということです。


それで、初めて今回の惨事に立ち向かうベースができるのです。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/763-4f3908e3

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。