スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島の悲劇の危険と引き換えに。。。

 2012-04-13
Analysis - Japan reactor restart debate swells beyond nuclear frontline
分析:(原発を抱える)最前線を越えて膨らむ再稼動議論


By Yoko Kubota

OTSU, Japan | Fri Apr 13, 2012 12:16pm BST

OTSU, Japan (Reuters) - Japan's nuclear power industry had never spent much time or money winning over the hearts and minds of people like Susumu Takahashi, a fisherman angling for small sweetfish from the serene shores of Lake Biwa, a world away from any nuclear reactor.
大津(ロイター通信)- 日本の原子力業界は、どの原発からも縁の無い世界にあるのどかな琵琶湖畔でとれる小さなアユを釣っている、釣り人のタカハシ・ススムさんのような人々の心中や気持を勝ち取ろうと、時間をかけたり、お金をかけたりは、決してしてきませんでした。


But with the industry paralysed after last year's Fukushima nuclear disaster, and badly in need of public trust to get moving again, it may wish it had gone to the trouble.
しかし、去年の福島の原子力災害の後、原子力業界は無力になり、再び前進するには、住民の信頼がなんとしてでも必要であり、そのような努力も惜しまないと望んでいるかもません。


"If Lake Biwa gets contaminated, then that would be irreversible," said Takahashi, a doctor who regularly casts his line into the mountain-ringed lake in western Shiga prefecture, which contains none of Japan's 54 nuclear reactors but sits next to Fukui prefecture which hosts 13 of them.
「琵琶湖は汚染され、そうなれば取り返しがつきません。」と、定期的に滋賀県の西にある琵琶湖に釣りに来る、医者であるタカハシさんは話しました。そこには、54基の原発の1つもありませんが、13基の原発を持つ福井県に隣接しているのです。


"The lake is in our hands now but it is also for future generations, and contamination would be passed down for generations. I am against the restarts of halted reactors," adds the 61-year-old, sitting near a box crammed with fish, each no bigger than a finger, soon to be fried and served as tempura.
「今、湖は、私たちの手にありますが、それはまた、未来の世代のものでもあるのです。そして、汚染は、何世代にも渡っていきます。私は、停止している原子炉の再稼動には反対です。」魚でいっぱいになった入れ物のそばに座っているその61歳のタカハシさんは言いました。その魚は、指よりも小さいですが、まもなく揚げられて、てんぷらにされます。

アユといえば、汚染が進んでいる種です。。。

水産省の検査結果から。1000ベクレル以上をフィルターしました。
(詳細はおすすめリンクにあります)

Picture_20120414125917.jpg

福島原発から、伊達市、福島市は、50km-100km圏内。

Picture1_20120414132426.jpg


大飯原発から琵琶湖までは、約50kmです。琵琶湖のアユは、食べられなくなりますね。。。


b7f4d0991c9902a06b802b40af5baca5.jpg



Prefectures like Shiga, which have never been courted by the nuclear industry but lie close enough to reactors to be wary of them, are emerging as a serious complication for government and industry efforts to get nuclear power running again.
滋賀のような県は、原子力業界からご機嫌伺いなど全くありませんでしたが、慎重にならざるを得ないほどに近接しています。それは、政府と業界の、原発発電所の再稼動の取り組みに、深刻な問題を露わにしています。


With only one of the nation's reactors online - and due to shut down for maintenance next month - Japan could face a second summer of power shortages unless the government can persuade local authorities that it is safe to begin restarting them.
日本で稼動している原子炉は1つで、検査のために来月には停止される状況で、政府が再稼動しても安全だと、地元に説得できない限り、日本は、2回目の夏の電力不足に直面しかねません。

「電力不足神話」をあくまでも通そうと必死ですが、信じている人。。。もはやあまりいませんよね??万が一、信じている人がいたら、おすすめリンクの「みんな楽しくHappyがいい♪」必読です。


So far, Trade Minister Yukio Edano, who holds the energy portfolio, has focused his attention on prefectures that host the nuclear reactors, areas traditionally supportive of nuclear power after decades of employment and generous industry and government subsidies.
今のところ、枝野幸雄経済産業大臣が、エネルギー対策担当で、原発立地県に的を絞っています。それらの県は、伝統的に何十年にも渡る、雇用と、懐の大きい業界と政府からの補助金で、原子力発電には協力的なのです。


Even that is a challenge, but now other prefectures further from the nuclear front line, such as Shiga, are demanding they too have a say in any decision to restart reactors - a demand Edano needs to handle carefully.
難しいにしても、原発最前線から離れた滋賀県のような他の県も、原発再稼動の決断について、発言する権利があると主張しています。枝野大臣に、慎重な取り扱いの必要性を求めているのです。


"We cannot say yes to restarts until we are certain that they are absolutely safe," Shiga Governor Yukiko Kada said in an interview with Reuters last week.
「絶対的に安全だと確信がもてるまで、YESとはいえません。と滋賀県、嘉田由紀子知事は、先週のロイター通信とのインタビューで述べました。


She belongs to a union of local governments in and around Japan's second-biggest metropolitan area of Osaka, including Shiga and the ancient capital of Kyoto, which has called for the government to heed their concerns.
彼女は、日本第2の都市、大阪周辺、滋賀、古都・京都、を含む地元政府連合に所属し、日本政府に彼らの懸念に留意するよう呼びかけています。


The union covers the politically powerful Kansai region and nearby areas, with 16 percent of the nation's population, a constituency that Edano and his boss, Prime Minister Yoshihiko Noda, can ill afford to upset especially with his government's support rating hovering at around 30 percent.
その連合は、政治的に力のある関西地域と周辺の地域を網羅し、日本の人口の16%を占め、枝野大臣と、野田総理の選挙区でもあり、支持率が30%を行き来している状況では特に、困惑させるわけにはいかないでしょう。


The Union of Kansai Governments, which is involved in setting electricity conservation targets, remains unconvinced that nearby Fukui's reactors can be restarted safely, despite assurances from the government and the region's nuclear utility, Kansai Electric Power Co.
関西地元政府連合は、電力保全目標を立て、政府と、その地域の電力会社、関西電力の安全保証にもかかわらず、福井近辺の原発が安全に再稼動できるとは信じていません。

というか。。。小学生にとってさえもお粗末であろう説明で、誰が、そんな安全保証を信じることができるのでしょう???


"We, along with Kyoto, have asked Trade Minister Edano to come and explain," said Governor Kada, parts of whose prefecture are not much more than 10 km (6 miles) from some of the reactors in Fukui whose string of power plants is known as Japan's "nuclear arcade".
「私たちは、京都府と共に、枝野経済産業大臣に出向いて説明してもらうよう要請しました。」原発アーケードとして知られている原発が連立する福井県のいくつかの原子炉から10kmほどしか離れていないところに位置する嘉田知事は言いました。


WHAT IS A SAFE DISTANCE?
何が安全距離?



For prefectures such as Shiga, whose Lake Biwa is one of Japan's largest sources of drinking water, the Fukushima disaster showed that regions once considered a safe distance from reactors were also at risk of contamination.
飲料水の源となる日本最大湖の一つ、琵琶湖のある滋賀のような県にとっては、福島県の悲劇が、以前は原子炉からは安全な距離だと考えられていた地域も、汚染の危険があるのだと示したのです。


r2.jpg


The Fukushima plant in northeast Japan, devastated by a huge tsunami in March 2011, spewed radiation across eastern Japan, leaving some food and water contaminated and forcing 80,000 people to flee from the plant's 30 km (18 miles) radius.
東北の福島原発は、2011年3月に大津波により崩壊し、東日本中に放射能を放出し、食物と水を汚染し、8万人の人が発電所から半径30kmから逃げなければならなかったのです。


The disaster sparked an awakening around the Kansai region, from the tranquil shores of Lake Biwa, which supplies drinking water to more than one in 10 Japanese, to bustling Osaka, where popular mayor Toru Hashimoto, a former TV celebrity, has become a vocal critic of Noda's administration and Kansai Electric.
その災害は、10分の1以上の日本人の飲み水を供給している穏やかな琵琶湖畔から、元テレビセレブだった人気のある橋下徹市長のいる精力的な大阪に至るまで、関西地域周辺で目覚めを誘発し、野田政権と、関西電力に対しての批判の声となっているのです。


On Tuesday, an Osaka energy panel proposed eight conditions it said should be met before nearby reactors could be restarted, including a requirement that Kansai Electric sign safety agreements with local governments within a 100-km (60-mile) radius from the Ohi plant, which would include Shiga and Osaka.
火曜日に、大阪府エネルギーパネルは、周辺の原子炉再稼動を可能にするためには、8つの条件を満たすべきだと言いました。それには、関西電力が大飯原発から、滋賀県と大阪府を含む半径100km圏内の自治体との安全同意書に署名をする、ということを含んでいます。


For the Ohi plant, Kansai has signed safety agreements only with Fukui prefecture and with Ohi town.
大飯原発に関しては、関西(電力)は福井県と大飯町との安全同意書に著名しています。


"The reason why we are coming up with this is because this is politically effective. The voters will make a decision, so we will leave it to the public to decide in an election," Osaka mayor Hashimoto told reporters this week.
「これに到達した理由は、政治的に効果的だからです。有権者が決断するでしょう。選挙で、決断を住民に委ねます。」と今週、当レポーターに対し、橋本市長は話しました。


Edano is expected to visit Fukui soon as part of his effort to get at least two of the four reactors at Ohi up and running again in time for the approaching summer. Shiga's governor wants him to make a trip to her prefecture as well.
枝野大臣は、夏が近づいてくるまでに、大飯の4つの原子炉のうち、少なくとも2つを再稼動する取り組みの一環として、まもなく福井を訪れます。滋賀県知事は、自分の県にも来て欲しいと思っています。


ALL RISKS, NO REWARDS
危険だけで、報酬なし



Lake Biwa spans over 670 sq km (260 sq m) and is home to trout and carp. In spring, fall and winter, the wind often blows from the north - from the plants in Fukui.
琵琶湖は、670平方kmまでに及び、マスやコイの住処になっています。春、秋、冬には、北風がしばしば吹きます。福井原発からです。


r_20120414151435.jpg


Unlike Fukui, and other prefectures that host nuclear plants, Shiga feels as though it shares the risks of the nuclear industry but reaps few if any of the rewards.
福井や、原発立地の他の県とは違い、滋賀県は、原子力業界の危険を共有しているけれど、何の報いも受けていないと感じています。


"In the case of Fukushima, the local communities that had hosted the plants used to see some positive elements through subsidies, employment and the economy," Kada said.
「福島の場合、原発立地の地元社会は、かつて補助金、雇用、経済を通して、何らかのメリットがありました。」と嘉田知事は言います。


"Shiga has absolutely no benefits in that sense. If we were just to receive damage, then I cannot explain that to the residents," said the 61-year-old Kada, a former professor of environmental sociology.
「滋賀県は、そういう意味で、何の利益もありません。ただ損害だけ受けたのでは、住民に説明できません。」元、環境社会学の教授だった61歳の嘉田知事は話しました。

ちょっと待った!!! まさか、とは思いますが、利益(補助金)があれば、説得するのですか?????ならば、福島の事故で、補助金、雇用、経済の恩恵を受けていた人は、賠償金などいらない、という理屈になってしまいます。正に、こんな結末になると言う危険をお金と引き換えに了承したわけですから。それでは引き換えになどならないと、今回思い知ったのですよね??!飲み水と引き換えにできるものなど、ないですよね?


Shiga gets no tax revenues from nuclear plants. Two towns bordering Fukui received about 140 million yen (752.9 thousand pounds) in subsidies because of their proximity in the 2010/11 financial year.
滋賀県は、原発からなんの税収もありません。福井の隣接する2つの町は、2010・11年度に近接していると言う理由で、1億4000万円を受け取りました。


That contrasts with Fukui prefecture, where about 12 billion yen ($150 million), or some 13 percent of its tax revenue, came from nuclear power-related levies in addition to 9 billion yen in subsidies.
福井県とのその契約では、90億円の補助金に加え、120億円か、原子力関係の徴税から13%ばかりの税収があります。


Towns in Fukui hosting plants have built expensive facilities, such as cultural and recreational halls. Communities living close to plants in the prefecture are set to receive about 20 billion yen ($247 million) in taxes or subsidies linked to nuclear plants in 2012/13, the Mainichi newspaper reported.
原発のある福井県の町は、文化、レクレーションホールのような高価な施設を建てました。圏内の原発近くの地域は、2012・13年度には、原発関係の税収か補助金で約200億円を受け取ることになっています。

補助金は国民の税金で、そして住民の電力会社への支払いでまかなわれていることを、忘れてはなりません。


"There are few merits to having them around, even though if there is an accident, we're in the same position as Fukui," said Masanori Sugimoto, 68, a Shiga resident who nonetheless supports the restarts due to concerns about the impact on Japan's economy.
「事故があったとしても、原発が回りにあることで、何のメリットもありません。福井と同じ状況にあるのに、です。」と、日本経済への影響を考えて、再稼動に協力的にもかかわらず、滋賀県の住民、スギモト・マサノリさん(68)は言います。


Kansai Electric, which is lobbying Fukui residents actively over planned restarts, says communities closest to its reactors deserve different treatment to those living further afield.
計画されている再稼動について積極的に福井県の住民に働きかけている関西電力は、原発に一番近い地域は、はるか遠くに住んでいる人とは違った扱いを受ける価値がある、と言います。

どうしてですか?安全を保証しているんですよね?それとも、近くに住んでいると、特別扱いする価値があるほど、危険なのですか?そもそも、安全を保証するなら、補助金など要らないはずです。雇用が生まれ、経済が潤えば、それだけで充分じゃないですか!!補助金のやり取りは、金額の分の何倍も「危険」だと言うことを示しているのです。


"There is a difference," said Akihiro Aoike, a spokesman at Kansai Electric, referring to the level of explanations given to those in hosting towns and those nearby.
「違いがあります。」と関西電力のスポークスマン、アオイケ・アキヒロ氏は、立地する町と近隣の町に対する説明のレベルを参考に、言いました。

 


"We have said that we want to explain in a way that we can win their understanding, so if we have any requests, we will consider them and respond sincerely," he said about communities outside of Fukui.
「みなの理解を勝ち取るような方法で説明したいのだ、と言っているのです。もし要求があるのであれば、それを考慮し、誠実に対応します。」と福井以外の地域について述べました。


要するに・・・値はちょっと下がるけど、お金は払うよ。ということでしょうか。。。こんな時のために都合よく作り上げられた、事実がゆがめられた「100mSv以下の疫学的安全神話」を利用し、健康障害や、突然死があっても、「被曝とは関係ない」と断言することで、神話をより強固なものにしようとし、おまけに責任までも逃れることができるから、そういう人たちには、多額のお金は払えない、と言うことですね。。。

大体、理解と言うものは、勝ち取るものではありません。精神誠意、相手の気持を理解する姿勢があれば、自然と生まれるものなのです。そして、理解しようとすれば、原発などという選択肢は自ずと排除せざるを得なくなるでしょう。


(Editing by Linda Sieg, Mark Bendeich and Alex Richardson)





人工衛星と称する弾道ミサイルの発射の失敗を初めて公言したどこかの国と同じレベルか、もしかして、「ごまかし」の度合いを考えれば、それ以下???の「宣言」が続き、

日本人として、ものすごく恥ずかしく、怒りの気持さえもがこみ上げてきます。


「冷温停止状態」宣言に続く、

安全対策計画が出されただけの実質の伴わない、まさかの「安全保証」宣言。



何かに取り憑かれていませんか?

日本の国の存続が。。。。

心配です。



こんな状況なのに、愛想尽かさず、自分たちの国土と国の未来のために、


ずっとがんばっている大勢の人たちの声が、聞こえないのでしょうか???



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/756-1ccd6654

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。