スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

日本人の住処は、核廃棄物処理場ですか?

 2012-03-31
Picture1_20111102144959.jpg 

Tokyo Soil Samples Would Be Considered Nuclear Waste In The US
東京の土壌サンプルは、アメリカでは核廃棄物とみなされる





NRC Chairman Jaczko: The events at Fukushima reinforce that any nuclear accident with public health and safety or environmental consequences of that magnitude, is inherently unacceptable. But we focussed on the radiological consequences of this event. I believe we cannot ignore the large social and economic consequences such an event poses to any country with a nuclear facility that deals with such a crisis.
アメリカ合衆国原子力規制委員会:
福島の事故は、公衆衛生と安全性、あるいは、その規模がもたらす環境への結果を伴ういかなる原子力事故もが、本質的に受け入れられるものではない、と言うことを強調しています。我々は、このような事故が、このような危機を扱う原子力施設を持ついかなる国にももたらす、大規模な社会的、経済的結果を無視することができないと考えます。

Picture1_20120401145611.jpg


In Japan, more than 90,000 people remain displaced from their homes and land, with some having no prospect for a return to their previous lifestyle in the foreseeable future. While not easy to characterize, these are significant hardships on these people and they are inherently unacceptable. So as we look to the future and we look in a proactive way, we ultimately will have to address the issue of how do we deal with nuclear events that lead to significant land contamination. And displacement, perhaps permanently, of people from their homes and their livelihoods and their communities.
日本では、9万人以上の人々が自分の家と土地から移されたままです。先の見えない中で、元の生活に戻ることができるのか全く予測できない人もいます。特徴づけるのは簡単ではありませんが、それらの人々にとって、相当な困難があり、それは、本質的に受け入れられないものです。故に、私たちの将来を考え、先を見据えるとき、膨大な土地の汚染を招く原子力事故をどのように取り扱うかの問題について究極的に取り掛からなければなりません。


Arnie Gundersen: What you have just heard was the Nuclear Regulatory Commission's chairman, Gregory Jaczko, saying that the NRC does not take in to account mass evacuations and people not getting back on their land for centuries when it does a cost benefit analysis as to whether or not a nuclear plant should be licensed.
アーニー・ガンダーセン:
今お聞きになったのは、アメリカ合衆国原子力規制委員会の議長、Gregory Jaczko氏が、原子力発電所を許可するべきかどうかについての費用便益分析をする際に、莫大な避難と、何世紀もの間自分たちの土地に戻れない人々のことを考慮していない、と述べているのです。

Picture2_20120401145611.jpg


I am Arnie Gundersen from Fairewinds and today I am at the Regulatory Information Conference put on by the NRC in Washington D.C.
フェアウィンズのアーニー・ガンダーセンです。今日は、ワシントンDCのアメリカ合衆国原子力規制委員会により開催された、規制情報会議に来ています。


So today, I am in Washington D.C. Couple of weeks ago though, I was in Tokyo and when I was in Tokyo, I took some samples. Now, I did not look for the highest radiation spot. I just went around with five plastic bags and when I found an area, I just scooped up some dirt and put it in a bag. One of those samples was from a crack in the sidewalk. Another one of those samples was from a children's playground that had been previously decontaminated. Another sample had come from some moss on the side of the road. Another sample came from the roof of an office building that I was at. And the last sample was right across the street from the main judicial center in downtown Tokyo. I brought those samples back, declared them through Customs, and sent them to the lab. And the lab determined that ALL of them would be qualified as radioactive waste here in the United States and would have to be shipped to Texas to be disposed of.
なので、今日は、ワシントンDCにいますが、数週間前には、東京にいました。東京にいた時に、いくつかのサンプルをとりました。放射線量の高いスポットを探していたわけではなく、ただ5つのビニール袋を持って歩き回り、場所を見つけ、いくらかの土をすくい上げ、袋に入れただけです。そのうちの1つのサンプルは、歩道の割れ目からのものでした。

Picture4_20120401145610.jpg


もう一つのサンプルは、以前に除染画された子どもたちの公園からのものでした。

Picture5_20120401145610.jpg


もう一つは、道端のこけで、

Picture6_20120401145610.jpg


他は、オフィスビルの屋上からのもの、

Picture7_20120401145610.jpg


そして都心の司法センターの向かいの道から取ったものです。

Picture8_20120401145628.jpg

**素手ですが、大丈夫なのでしょうか??


私はそれらのサンプルを持ち帰り、税関で申請し、研究室に送りました。そして、その研究室は、全てのものが、アメリカでは核廃棄物とみなされると結論しました。そして、その処理のために、テキサスへ送られなければなりません。

Picture10_20120401145628.jpg
enenews_-2012-03-26-05_35.jpg
Note that samples are tested wet. Drying out the samples would most likely result in higher radioactivity readings on a per kilogram basis.
湿ったサンプル(下)は、kgベースなので、乾いたサンプル(上)より通常数値が低いことが多い。
Cobalt-60 @ 40 pCi/g = 40,000 pCi/kg = 1481.48 Bq/kg



Now think about the ramifications for the nation's capital, whether it is Tokyo or the United States. How would you like it if you went to pick your flowers and were kneeling in radioactive waste? That is what is happening in Tokyo now. And I think that is the point that Chairman Jaczko was trying to make. When the Nuclear Regulatory Commission does it's cost benefit analyses now, it does not take into account the cost to society if you have to evacuate for generations or if you have to move 100,000 people, perhaps forever.
今、東京であろうと、アメリカであろうと、その首都の枝葉について考えます。もしあなたが、花を摘みに行き、核廃棄物にひざをついていたとしたら、どんな風に思いますか? それが、今、東京で起きていることのなのです。そして、それが、Jaczko議長が指摘しようとしたことだと思います。原子力規制委員会が、その費用便益分析をするとき、何世代にもわたり避難させなければならない場合や、10万人の人々を、おそらく永遠に移動させなければならないという社会への費用を考慮していないのです。

Picture11_20120401145628.jpg


There is a hundred miles between us and a dozen nuclear power plants here in Washington D.C. Fukushima was almost 200 miles away from Tokyo, and yet Tokyo soil in some places, the ones I just happened to find, would qualify as radioactive waste here in the United States.
私たちとの(ワシントンDCとの)距離は、100マイルで、ここ、ワシントンDCには12の原発があります。福島は東京からほぼ200マイルです。それでも東京のいくつかの場所の土は、わたしがたまたま見つけたもののように、アメリカでは核廃棄物とみなされるのです。


How would we feel if our nation's capital were contaminated to that degree? So I agree with Chairman Jaczko, new nukes and old nukes that are being re-licensed should include as a cost in their analysis what we have learned to be happening in Tokyo and in Japan.
それまでに自分たちの国の首都が汚染されてしまったら、どのように感じるでしょう? なので、わたしはJaczko議長に同感です。新しい原子力発電所や、古い原子力発電所を認めるのに、東京と、日本で起きていることから学んだ分析を、費用として含むべきなのです。


Thank you very much and I will keep you informed.
ありがとうございます。また、お伝えします。






100ベクレルだった基準を、8000ベクレルまで埋め立ててよい、と変えられしまった規定。

10kg埋めたら8万ベクレルです。今まで何kg埋めたのでしょう?



自然界は全て繋がっていますよね?

汚染がどんなに小さくても、事故から発生した人工的な放射性物質は自然に帰す?じゃなくて、ばら撒くべきではありません。

せっかく集めたものは、隔離し、厳重にずっと、ずっと閉じ込めておかなければ、

いつか、またどこかで、出会ってしまうことになります。

それは、自分の体内かもしれません。



全てを閉じ込める貯蔵施設の大きさこそが、


今回の原発事故が放出した放射能物質の大きさそのものなのです。


それさえも、まだ解決できずにいるのに、


どうしたら、


今より更に、莫大な核廃棄物を生み出す原発再稼動ができるのでしょうか???



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/740-0edcd162

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。