スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カナダに避難したい日本人が難民になれない理由

 2012-03-30
放射能の脅威が理由でのカナダへの難民申請が却下されましたが、

その審査の詳細は以下のようなものだったようです。

Japanese woman fearing Fukushima radiation denied asylum in Canada
福島放射能を恐れた日本女性、カナダの保護を否認される


By Steve Mertl | Daily Brew- Fri, 2 Mar, 2012


Japanese citizens who want to flee radiation exposure from the damaged Fukushima nuclear plant won't find safe haven in Canada, at least as refugees.
崩壊した福島原発からの放射能被曝から逃れたい日本人が、少なくとも、難民としては、カナダでの安全な安息の場を見出すことはないのでしょう。


The Immigration and Refugee Board has denied a claim from a Japanese woman who wanted asylum in Canada because of health concerns from the plant that was damaged as a result of the tsunami following last year's deadly earthquake.
恐ろしいまでの地震に続いて起きた津波の結果として、発電所が損傷したことによる健康への懸念のためカナダに保護を求めた日本女性の要求を、移民難民評議会は否認しました。


The board panel said the woman felt she was genetically vulnerable to radiation effects, and was not convinced by Japanese government assurances that she was safe.
評議会の審査員は、その女性が、遺伝的に放射線の影響を受けやすく、安全だという日本政府の保証を納得できないでいた、と述べました。


"The panel found that there was no nexus to the (United Nations) Convention grounds," according to a summary of the decision posted on the board's web site.
評議会のウェブサイトの結論の要約にによると、「審査員は、(国連の)協定の根拠に連動するものではないとした。」と言うことです。


Picture1_20120330115437.jpg


"The claimant feared being a victim of hazards that emanated from a combined natural and man-made disaster," the board said.
「申請者は、自然災害と人的災害が同時発生したことによる危険の犠牲になることを恐れていた。」と審査員は述べました。



"Although the claimant may be genetically at more risk of harm from radiation exposure than other persons in Japan, this distinction did not remove the risk from being a generalized risk. Such a subgroup of persons was sufficiently large that the risk could reasonably be characterized as being widespread or prevalent in Japan."
「申請者は、日本のほかの人々よりも遺伝的に放射能被曝の危険が高いかもしれないが、この特性は、一般的な危険性からはずれるものではない。そのような人々の集団は、その危険が、日本で広域に広がり、蔓延していることとして、申し分なく特徴づけることのできるほどに大きなものである。」


The National Post reported the unnamed 30-year-old woman was living in Canada when the massive offshore earthquake and tsunami hit the coast last March 11. More than 15,000 people died and a failure of the cooling system at the Fukushima Daiichi reactor caused the worst radiation leak since the Chernobyl meltdown in 1986.
ナショナルポスト紙は、その30歳の女性が、3月11日巨大地震と津波が襲ったときに、カナダで暮らしていた、と伝えました。1万5000人以上の人々が死亡し、福島原発の原子炉冷却システムの喪失は、1986年のチェルノブイリ以来の最大の放射能放出を引き起こしました。


中略~Omission~


The woman filed her refugee claim April 27, saying she believed the wind carried the radiation across all Japan and rain had contaminated the soil, groundwater and food.
その女性は、風が放射能を日本中に運び、雨が土壌、地下水、食物を汚染したと主張し、難民申請を4月27日に提出しました。


"The claimant believes the Japanese government is trying to keep the public calm by downplaying the risks," says the decision, reached last November but not posted until last month.
「申請者は、日本政府が、危険を小さく見せようとして、国民を静めようとし続けている、と主張している。」と11月下旬に出された結論文書は述べています。それは、先月まで掲載されませんでしたが。


Picture2_20120330131745.jpg


"The claimant believes that the radiation is dangerous and her health and life will be in danger if she returns to Japan."
「申請者は、放射能が危険なもので、日本に戻れば、彼女の健康と命が危険に曝される、と主張している。」


But the board, despite believing the woman was sincere about her fears, said the risk she faced was no different from that confronting other Japanese citizens.
しかし審査員は、その女性が恐怖心について誠実であったにもかかわらず、彼女が直面している危険は、他の日本の市民が立ち向かっていることとなんら変わりはない、と述べました。


"The panel finds that the claimant has not satisfied the burden of establishing a serious possibility of persecution on a Convention ground, or that, on a balance of probabilities, she would personally be subjected to a risk to life or a risk of cruel and unusual treatment or punishment or a danger of torture upon return to her country."
「審査員団は、申請者が協定の根拠についての、迫害の深刻な可能性を立証すると言う主旨、あるいは、彼女が個人的に命の危険、残酷で異常な扱いを受ける危険、あるいは自国に戻る場合の拷問の危険性を満たすものではない、とした。」


The Toronto Sun noted the woman can still appeal the board's decision to the Federal Court of Canada, and the court's decision in turn can be appealed.
トロントサン紙は、その女性が、連邦裁判所に上訴することができ、裁判所の決定も、更に上訴することができる、と記しています。





この結論文書には、上記のほかに、以下のようなことが書かれています。

[3] The claimant is a 30 year old woman from XXXXX, Japan. The claimant arrived in Canada on XXXXX, 2009. The claimant made an inland refugee claim on April 27, 2011.
申請者は30歳の女性で日本のxxxから来ている。カナダに2009年xxxに到着し、難民申請は2011年4月27日に提出。

**2009年から2年ほどカナダにいらっしゃる方だったようです。


[10] The panel found the claimant to be a generally credible witness.
審査員は、申請者が一般的に信頼のできる証人だと認めた。


[12] The claimant testified that the Japanese government is doing their best to deal with the disaster and is trying to solve the problem. However, the claimant does not feel that her government’s established safety standards are sufficient. She testified that, for example, the amount of radiation allowed in the drinking water in Japan is significantly higher than in North American countries. She testified that the Japanese government has told persons that there are no immediate health concerns outside of a 30 kilometer zone near Fukushima, but that this assurance does not take into account the long-term effects of exposure to even low levels of radiation. She testified that the radiation in Japan would be impossible to avoid as it is in the air, food, and water.
申請者は、日本政府は災害の対応に最善を尽くし、問題を解決しようとしていると証言した。しかしながら、申請者は政府の定めた安全基準が充分でないと感じている。例えば、日本の飲料水の放射能許容量が北米よりもはるかに高い、と証言。日本政府は、福島付近の30km圏外の人々には、今すぐ健康についての心配はない、と言ったが、長期に渡る低レベルの放射線被曝を考慮に入れていない。日本では、空気中、食物、水が汚染されているので、放射能を避けることは不可能、と証言した。

**とても客観的に事実を証言していると思います。日本人のほとんどが、同じ気持ではないでしょうか?


[13] The claimant testified that her fear of radiation and cancer is due, in part, to a history of cancer in her family. The claimant testified that her maternal grandfather died of XXXXX - cancer several years ago in Japan. The claimant testified that he had received medical treatment in Japan for the cancer. As well, the claimant testified that, last month, her mother had surgery in Japan for XXXXX -cancer. The claimant testified that her mother was able to access medical care in Japan and is now recovering.
申請者は、放射能とガンの恐怖が、一部、自分の家族の病歴にあると証言した。母方の祖父がxxxガンで数年前に日本で死亡したと証言。祖父は日本でガンの治療を受けていたと証言。先月彼女の母親が日本でxxxガンの手術を受けたと証言。その母親は、日本で現在治療を受けることができ、回復していると証言。


**日本の医療の現場での人権は守られている、と言うことを証言していることになります。


[15] The claimant testified that her mother and father live in XXXXX, Japan. She testified that they are not overly concerned about the radiation risk in XXXXX, as they have been assured of their safety by the Japanese government. The claimant testified that her brother, who had been in Canada, returned to XXXXX in XXXXX 2011. She testified that his views about the radiation risks are the same as her parents. The claimant testified that she has a XXXXX background as a XXXXX and has worked in Canada as a XXXXX XXXXX. She testified that she has done considerable reading, including on the internet, regarding the effects of radiation exposure and whether it is safe to live in Japan due to the Fukushima disaster. She testified that, unlike her parents and brother, she is not convinced by the Japanese government’s assurances of the safety from radiation in Japan. The claimant has filed internet articles that discuss the varying opinions regarding the risks of radiation exposure and the safety of living in Japan subsequent to the Fukushima disaster.
申請者は、母親と父親が日本のxxxに住んでいると証言。両親は、政府に安心させれているので、xxxでの放射能の危険についてはあまり心配していない、と証言。彼女の兄弟は、カナダに住んでいて2011年xxxにxxxに戻った、と証言。兄弟の放射能の危険についての考えも、両親と同じだと証言。申請者は、xxxとして、xxxの背景があり、xxx xxxとしてカナダで働いてきた。インターネットを含み、放射能被曝の影響や、福島災害により、日本に住むことが安全かどうかについて、かなり多くのものを読んだ、と証言。両親や兄弟と違い、自分は日本政府の保証に納得していない、と証言。放射線被曝や福島災害の結果として日本に住むことの安全性についての様々な見解を論じているインターネットの記事を提出している。


**難民申請としては難しいのかもしれませんが、賠償などの訴訟を考えたとき、このような現状でやるせなさや憤りを感じている人は、ものすごく沢山いるのではないでしょうか?福島県以外でも、汚染が酷いところが多々ありますが、置きざりになっているでしょうし、福島県内でさえ、安全基準を高くし、冷温停止宣言と、住民帰還許可で安全性をアピールされることで、充分な賠償を受けられず、苦しんでいる人は、もう、ものすごい数でしょう・・・


[16] The panel finds that the claimant is not a Convention refugee as her fear of persecution is not by reason of any of the five grounds set out in the definition -race, religion, nationality, membership in a particular social group, or political opinion.
審査員は、申請者の対する迫害の恐怖が、定義にある5つの根拠-人種、宗教、国籍、特定の社会団体のメンバー、あるいは、政治的意見-のどの理由にもあたらないとして、彼女が協定難民ではない、としました。


[17] The claimant’s fears returning to Japan because radiation from the damaged Fukushima nuclear reactors will negatively impact her health.
破損した福島原発からの放射能が故の、日本帰国への恐怖は、申請者の健康に、悪い影響を与えるであろう。


**こういう理論は、真実なのですが、なにか。。。悲しいですね。ストレスは万病のもと。日本の国の政策が、母国に帰るということに対して、これだけの恐怖心とストレスを与えている、という事を、どうか認識して欲しいです。まして、国内にいる人は、いかほどでしょう!!


[18] The Supreme Court of Canada (SCC) in Ward discussed the built-in limitations regarding the obligations of the international community to offer surrogate protection to those fearing harm in their home country:
カナダ最高裁判所は、自国での危害に対する恐怖から代理保護を提供するための、国際社会の義務についての定められた限度について論じました。

...the international role was qualified by built-in limitations. These restricting mechanisms reflect the fact that the international community did not intend to offer a haven for all suffering individuals. The need for “persecution” in order to warrant international protection, for example, results in the exclusion of such pleas as those of economic migrants, i.e., individuals in search of better living
conditions, and those of victims of natural disasters, even when the home state is unable to provide assistance, although both of these cases might seem deserving of international sanctuary.
。。。国際的役割は、その限度により認定される。これらの制限メカニズムは、国際社会が、全ての耐え忍ぶ個人に安息の地を提供するということを意図していないことを反映する。国際保護を請け負うために、「迫害」の必要性は、以下のような嘆願を除外することになる。例えば、経済的移住者、より良い生活条件を求める個人、自然災害の被災者、たとえ、自国が支援を提供できないとしても。しかし、これらの場合は、国際庇護の価値があるとみなされるかもしれない。


[23] Again, the panel notes that the claimant was candid and sincere in her testimony, and expressed a genuine fear of returning to Japan due to the potential impact on her health from radiation exposure. However, the claimant is facing a risk which is also faced generally by others in Japan and thus the panel cannot extent protection to her under the limited scope of the legislation it must work under.
繰り返し、審査員は申請者の証言が率直且つ誠実であり、放射線被曝が健康に与える可能性のある影響が故に、日本に帰ることへの純粋な恐怖を示した事を認めます。しかしながら、申請者が直面している危険は、日本にいる他の人々が一般的に直面していることでもあり、故に、審査員は法が定める限定された範囲の元、保護することはできません。


~*~*~*~*~*~*~*~

このような理由で、審査員は、彼女の協定難民としての申請を否認したのでした。




「難民」として国際的に定められた定義にに当てはまらなかっただけで、

充分な人権が守られている、ということではないと思います。



もし、この申請者に対して、「身勝手な、常識知らずの非国民」

と、一言で片付けてしまうような人がいるとすれば、


それは、今、日本が置かれている状況について、

あまりにも「無知」と言わざるを得ません。




子どもを持つ親の、我が子をどんなことをしてでも守りたい、という強い想いや、

若い人の、元気な子どもを持つために我が身を守りたい、という気持は、


私たちの未来そのものを守りたいという、

生きるものとしての尊い本能です。

image023.jpg


権力、地位、お金、というような私欲のために、

その本能が萎えてしまった人は、

「勝ち組」と虚勢を張ってはいても、

結局は、煩悩に致命的な敗北してしまった人たちでしょう。



日本という国を存続させるためには、

今は、

一人一人の一般市民が、

国を動かしていくしかないのだと、

そう思えて仕方がありません。



未来を守ることを考えれば、

避難しようと行動する人も、

安全が確保されていない給食を拒否することも、

汚染された故郷に帰還することを拒否することも、

広域瓦礫処理に反対することも、

非国民扱いされるべきではありません。



むしろ、そういう人たちが、煩悩を超えて、

これからの日本の未来を見据えている人たちなのです。


image014.jpg



本当に守りたいのであれば、

未来を担っていく人たちを、

汚染された土地から避難させ、

きれいな土地で受け入れ、

残りたいという強い意志を持つ人たちには、

きれいな食べ物を送ることが、

本当の「支援」の形のはずです。



みんなで苦しみを共有し、現実から目を背け、共に滅びることが絆なのか?

未来の可能性を求めて、つらい現実を直視し、ともに生きる道を探ることが絆なのか?



もう、傍観したり、迷っている時間はありません。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/738-c45d9e42

コメント
「申請者が直面している危険は、日本にいる他の人々が一般的に直面していることでもあり、
故に、審査員は法が定める限定された範囲の元、保護することはできません。」

とありますね。
申請が却下されたことは残念だと思う反面、
カナダ政府の言い分は、自国の混乱を回避するという点では、
もっともなことだとも思います。

この方を難民として受け入れるということは、
日本から同じような難民申請があった時に、
それらの人々をも受け入れるということを、容認することになりますよね。
何万という単位で申請があった場合、
それをすべて受け入れられるような体制がある国は、存在するでしょうか?

その一方で、日本という国が、
安全に暮らせない国になってしまったということもまた事実です。
現状でさえそうなのに、
これ以上の原発災害に見舞われるようなことがあれば、
緊急難民が多数発生することも、考えられないことではありません。

どの状態をもって緊急事態と呼ぶのか難しいですが、
ひとたび原子力災害が起これば、このように、国単位での被害者が出ることは確かです。

国単位の難民を受け入れられる国がないならば、
被害国の国民はそこにとどまり、
健康被害を受けながら生きることを、甘受しなければなりません。

こちらが受入国であった場合を考えると、
カナダ政府の現状での判断を、一概に責めることはできないという思いです。。。

これは、難しい問題ですね。







【2012/06/20 22:31】 | さくらさく #- | [edit]
さくらさくさん

「難民」としての規定に、日本の今回の状況はあてはまらないんですよね。
例えば、「脱原発」という思想を指示したから投獄され、拷問される、とか、家族が襲撃されるとか、そういう状態を証明できれば、おそらく「難民申請」の資格がある、ということになると思います。(これ、実際にはありますよね。ムラに命を脅かされるケース。これ、証明できたら。。。。と思います。画期的なケースになるはずです。)

実際に、宗教の違う人を好きになって、結婚しようとしたら、反対した家族に命をねらわれる危険がある、とか、医者が、反政府の市民を治療したら、自分のみならず、家族まで命が脅かされる、などなど、世界中に人権を無視した狂気が満ち溢れています。一般市民もそうですが、ジャーナリスト、弁護士、知識人、その家族がそのような境遇にあうことの多い現状の国が結構あります。

日本の場合、まがりなりとも、日本政府が、国民を守るという姿勢を見せようとしています。事故調などが立ち上がったり、マスコミも最近がんばって放送しても、逮捕されることも拷問されることもありません。デモをやっても平和的です。そういう意味では、表面的には法治国家、民主主義国家という国際認識があるんですよね。

難民の場合は、自国のどこの場所に逃げても、命が脅かされる、というのが条件の一つです。例えば沖縄はどうなのか?西日本は?

目の前で肉親の命を絶たれたような状況でも、それをうまく証明できなければ、結局は申請が却下されることもあります。
今回の被曝の脅威が理由の日本の場合は、「難民」という定義にどうしても当てはまらない、というのが、現実ですね。それはカナダに限らず、どこでも同じだと思います。

そして、国際的に、被曝を過小評価しようとする仕組みがありますから、更に壁は高いです。今は、民間の支援の力が一番期待でき、これからますます必要となってくるでしょう。クリスマス時期の地方紙の投稿で見かけた言葉。ボランティアの人のことばで、「わたしが家で家族と夕食が食べられ、家族でテレビが見れる。そんな世の中になったらよいのに。」と。ボランティアの出番がなくなるような世の中。国の仕組みが、本当に人々のために働いている世の中。

そんな日本になったらいいですね。そんな日はくるのかな?
【2012/06/21 21:43】 | Blue Dolphine #- | [edit]
逆の視点で見ればわかると思うのですが、韓国で仮に
白頭山が噴火し、原子力発電所に被害が起きて放射能が
蔓延したと仮定します。韓国がアメリカや日本に難民を
受け入れる様に要請しても、却下されるでしょう。日本は
天災以外、テロや暴動が頻繁に起こらない国です。平和を
謳歌しており、災害時も皆で助け合う国民性でありますが、
外国人を受け入れるのには消極的です。つまり、カナダも
今回日本人を助けなかったから、薄情な国だと思うよりか
普通に考えて、我が国も人の事が言えないのが現状です。
確かに酷いと最初は思いますが、冷静に考えれば自国で
問題を処理できない政府を信じるのが無理な話ですよね。
【2012/12/25 11:24】 | あまてらす@名無しさん #- | [edit]
そうですよね。特に、国際人権法での定義があるので、それにあてはまらなければ難民というカテゴリーでは申請できない、と言う事でもあります。これは世界共通でしょう。
その人権法は、まさにあまてらすさんのおっしゃるような考えの元に決められているのだと思います。
特に民主主義国家と認められている国からは、難民自体が生まれる要素がありませんよね。
カナダ国内には、難民の受け入れに当てられている予算を、カナダの国民のために当てるべきだ、との厳しい声もあり、難しい問題ですが、多くのカナダ人は人道的に寛容な国民性があると感じています。もともと難民、移民の国ですから、特にそういう文化になりますよね。

ただ、チェルノブイリや福島、他数々の原子力事故による被害者の方々の事を考えると、今まで全く定義されていなかった分野なだけで、何か他に救助の手を差し伸べられるような人道的国際法が新たに制定されてほしいと願わずにはいられません。今の汚染地域に取り残されいる方々にとっては、やはり、人道的権利が完全に侵害されていると感じられますので。。。

コメント、ありがとうございました


【2012/12/25 21:52】 | Blue Dolphine #- | [edit]
建前はなんでも良いんだよ

日本人を難民と認めると

日本人が大勢逃げて来ちゃうでしょ?

放射能汚染された遺伝子なんか

国に入れて自国民に遺伝子異常ある

子供なんか出来たら

自国の存続の危機でしょ

単純に日本と対立してまで

日本人なんか救う価値ないだろうし

日本は世界中から見放されてる

衰退国の奴隷だからね


【2015/12/03 16:03】 | 海外に避難したい #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。