スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

真実が明かされない仕組み

 2012-03-22
Picture1_20111112135036.jpg


REPORT AIR DATE: March 9, 2012

Near Fukushima, a Big 'Guessing Game' Over Radiation's Long-Term Risks
長期放射能被曝について、福島付近の連想ゲーム



Watch Near Fukushima, a Big 'Guessing Game' Over Long-Term Risks on PBS. See more from PBS NewsHour.



RAY SUAREZ: Sunday will mark a year since the massive earthquake and tsunami struck Japan. The pair of tragic events killed as many as 20,000 people, and led to the partial meltdown of three nuclear reactor
s at the Fukushima plants.
レイ: 日曜日(3月11日)は巨大地震と津波が日本を襲ってから1年を刻む日です。この2つの悲劇的な出来事は2万人もの人の命を奪い、福島原発の3つの原子炉のメルトダウンを引き起こしました。


The Japanese government is expected to be cleaning up radiation for years, and nearly 90,000 residents in an evacuation zone had to leave their homes, likely forever.
日本政府は、何年にもわたり、除染することになっています。そして、9万人の避難地区の住民は自宅を去り、おそらく永遠にそのままでしょう。


NewsHour science correspondent Miles O'Brien recently returned to the area for a series of reports one year later.
ニュースアワーの科学部門特派員のマイルズ・オブライアンは、1年後のレポートのシリーズのため、その地域に戻りました。


Here's the first.
これが、その最初のものです。


MILES O'BRIEN: Okay. And then the hood up?
マイルズ: OK。それで、フードをするの?


MAN: Yes.
男性: そうです。


MILES O'BRIEN: Near of edge of the Fukushima exclusion zone, the area deemed too hot for human habitation, we geared up for the trip inside.
マイルズ: 福島立ち入り禁止地区の境界線近く、人間が住むには、あまりにも線量が高いと認められている地域に入るために、私たちは準備を整えました。


Tyvek overalls with hoods, booties and masks, coverage from head to toe.
フードつきのタイベック防護服、ブーティにマスク。頭の先からつま先まで覆います。


I'm wearing this suit not to protect myself against gamma radiation, but to ensure that any contamination which I pick up while I'm inside the exclusion zone doesn't stay with me when I leave.
私は、この防護服を、ガンマ線から守るために着ているのではありません。立ち入り禁止内にいる間に拾ってしまうどんな汚染もが、そこをで出るときに残っていないようにするためです。


We carried a pass that got us through the heavily guarded checkpoint, 20 kilometers, or 12 miles, from the Fukushima Daiichi nuclear power plant. We were traveling with scientists from the University of Tokyo, driving through abandoned cities and towns that once bustled with life, silent now, except for the menacing crescendo of our Geiger counter. It is an eerie post-apocalyptic scene.
福島第一原子力発電所から20km、あるいは12マイルにある厳重な警備確認ポイントを通過するためのパスを持っています。かつては人々の生活で賑わっていましたが、今では差し迫ったガイガーカウンタの音が強まっていく以外は静寂の、人気のいない市町村を、東京大学の科学者と一緒に車で移動しています。それは、不気味な世界の終焉の後のような光景です。


Picture1_20120322082502.jpg



At the Manami Elementary School in Naraha, life stood still at 2:46 on the afternoon of March 11, 2011. The blackboards are filled with untaught lessons, book bags left behind, shoes still in the cubbies. The scientists were gathering detailed readings, trying to assess the full extent of the radiation contamination nearly one year after the Fukushima nuclear meltdown.
楢葉にある、みなみ小学校では、2011年3月11日、午後2:46で止まったままでした。黒板はまだ教えられていない授業で満たされ、ランドセルは置き去りにされ、靴は下駄箱にまだあります。科学者たちが詳細にわたる測定値を集めていました。福島のメルトダウンから1年後になろうとしている時に、放射能の汚染の全容を査定しようとしているのです。


Picture2_20120322082501.jpg



MILES O'BRIEN: What was it like inside?
マイルズ: 屋内はどうでしたか?


WOMAN: It was 0.2 something.
女性: 0.2なんとか、でした。


MILES O'BRIEN: Yes, it was 0.5.
マイルズ: そう、0.5でした。


The results were mixed. Inside, radiation contamination was relatively low, but out in the playground, too high for kids to play.
結果はいろいろ混ざっています。屋内の放射能汚染は、比較的低いですが、公園は、子どもたちが遊ぶには高すぎます。


"If it's decontaminated, I think the school can open," said scientist Akira Sugiyama.
「もし、除染されたら、学校を再開できると思います。」と、科学者のスギヤマ・アキラ氏は言いました。


We visited another school in the city of Namie, a private preschool. There were hot spots, to be sure, but, overall, the readings were relatively low.
私たちは、福島県浪江町にある学校を訪れました。私立の幼稚園です。ホットスポットが確実にありますが、全体的に、測定値は比較的低いです。


I asked the principal, Hitomi Uchimi, whether she wanted to come back.
園長のウチミ・ヒトミさんに戻ってきたいか、聞いてみました。


"To be honest, I have mixed feelings," she told me. "I want to be back and at the same time, I think it's difficult. This area may read low radiation, but the mountains are reading high."
「正直に言うと、複雑な気持です。戻って来たいのと同時に、難しいとも思います。この地域の線量は低いですが、山の測定値は高いのです。」


Picture3_20120322082501.jpg



The hydrogen explosions at the nuclear plant a year ago launched radioactive isotopes into the air. They were blown by the wind, then fell with the dew and precipitation. As a result, the footprint of cesium-137, the most prevalent and persistent radioactive fallout, does not match the neat circles of the mandatory and voluntary evacuation zones, 20 and 30 kilometers from the plant.
1年前の原発での水素爆発は、放射性アイソトープを空気中に放出しました。それらは風に吹かれ、露や降雨と共に落ちたのです。結果として、最も広域に広がり持続性のある放射性降下物であるセシウム137の足跡は、原発から半径20-30kmの強制、自主的非難地区にぴったりとは重なりません。


There are plenty of hot spots outside those circles and some clean spots within, until you get close to the plant.
原発近く以外は、その円外に多くのホットスポットがあり、円内にきれいなスポットもあるのです。


Picture4_20120322082501.jpg


This is the town of Okuma. We're on Highway 6. We are about a kilometer from the Fukushima Daiichi plant, getting particularly high readings, 34 microsieverts per hour. This is an area where it is hard to imagine they will be remediating and repopulating any time soon.
ここは大熊町です。高速5号線にいます。福島第一原発から1kmくらいのところです。とりわけ高い測定値になっています。1時間当たり34マイクロシーベルトです。この地域は、近々改善されて、人々が又住めるようになるとは想像するのが難しいところです。


The readings were 15 times what is considered permissible for radiation workers, 300 times more than the acceptable dose for average citizens. But if that standard were enforced here, it would prompt a dramatically larger evacuation. And that's not going to happen.
線量は、原子力現場での作業員の許容量とされる15倍で、一般市民が受け入れられる量の300倍です。しかし、(今までの)基準がここで強いられたら、劇的の大規模な避難が促がされるでしょう。そして、そのようなことは起こりません。


So the Japan government has said the standard for radiation workers, 20 millisieverts a year, will apply to everyone for now.
そこで、日本政府は、原子力現場の作業員の基準である年間20ミリシーベルトを、全国民に適用するのです。


TATSUHIKO KODAMA, University of Tokyo: More than one million residents are living in high radioactivity area now.
東京大学の児玉龍彦氏: 百万人以上の住民が線量の高い地域で住んでいます。


Picture5_20120322082500.jpg



MILES O'BRIEN: Tatsuhiko Kodama is a physician, professor and head of the Radioisotope Center at the University of Tokyo. He's also become a YouTube sensation in Japan after this angry testimony before a committee at the parliament.
マイルズ: 児玉龍彦氏は、医師であり、教授であり、東京大学アイソトープ総合センターセンター長です。議会で怒りの証言をした後、YouTubeのセンセーションを日本に巻き起こしました。


TATSUHIKO KODAMA (through translator): I am shaking with anger!
児玉氏: 怒りに震えています。


MILES O'BRIEN: He believes Tokyo has been slow to respond to the crisis, has withheld information, and has tried to downplay the concern. In fact, the government has been all over the map on what it deems allowable radiation levels for average citizens, at one time saying 33 millisieverts a year would be okay at a school playground.
マイルズ: 彼は、中央政府の危機対策が遅いと主張します。情報を隠し、懸念を小さくしようとしました。実際に、一般市民にとって、何が許容放射線レベルなのかとという点について、一度は、校庭でさえも年間33ミリシーベルトで大丈夫だとと言ったり、ばらばらだったのです。


They were saying higher levels than you would expect for a radiation worker for somebody in kindergarten.
政府は、幼稚園児に対して、原子力作業員に適用していたよりも高いレベルのことを言っていました。


TATSUHIKO KODAMA (through translator): So that was so crazy decision. So, I cannot believe what government is talking about.
児玉氏: だから、それはきちがいじみた決断だったのです。だから、私は政府が言っていることが信じられません。


MILES O'BRIEN: Given their history, they do not have to look far to get the most accurate scientific data on radiation exposition and its long-term effects on human beings. After all, the atomic age began here.
マイルズ: 歴史的を考えれば、政府は放射能被曝と、その、人間に長期的に与える影響についてのもっとも正確な科学的データを得るために遠い将来を考える必要はありません。結局のところ、核の時代は、ここから始まったのです。


Picture6_20120322082500.jpg


I went to Hiroshima to learn more about the famous Radiation Effects Research Foundation. Sitting high above a now thriving city, this joint Japan and U.S. project has tracked and studied 94,000 survivors of the Hiroshima and Nagasaki atomic bomb attacks since 1947.
私は、有名な放射線影響研究所についてもっと知るために広島へ行きました。今では繁栄している都市の高台に立ち、この、日本とアメリカの共同プロジェクトは1947年以来、広島、長崎の原爆からの7万4000名の残存者の痕跡をだとり、研究するものでした。


Picture7_20120322082548.jpg


EVAN DOUPLE, Radiation Effects Research Foundation: This is a very exceptionally rare and unique opportunity.
イヴァン、放射線影響研究所: これは、非常にに稀で、独特な機会です。


MILES O'BRIEN: Evan Douple is the associate director of research here. He took me on a tour. In liquid nitrogen and 65 deep freezers, scientists here store thousands of blood, urine and other biological samples from bomb survivors and a large control group of their contemporaries who were unexposed.
マイルズ: イヴァン・タプル氏は、調査準長官です。施設を案内してくれました。冷凍冷蔵庫の中の、液体窒素の中で、科学者たちは、原爆生存者と、被曝しなかったその時代に生きていた人たちのグループからの何千もの血液、尿、他の生物学的サンプルを保存しています。


Picture13_20120322083536.jpg


Is there an aberration here?
ここに異常がありますか?


MAN: Yeah.
男性: ええ。


MILES O'BRIEN: Researchers analyze stem cells and abnormal chromosomes, looking for signs of damage that can only be explained by exposure to radiation. And they conduct thorough medical exams on a large group of survivors every other year.
マイルズ: 調査員は、幹細胞と異常な染色体を、放射性に被曝したことでしか説明できないような徴候を求めて分析しています。1年おきに、多くの生存者の包括的医療検診を行っています。


They have published now about 1,000 peer-reviewed studies and have found conclusive proof that radiation causes an increase in the rate of leukemia a few years after exposure and, over time, more solid cancers as well.
1000件の研究者仲間や同分野の専門家による評価や検証研究を発表し、放射線が、被曝後数年での白血病や、年月を経て確かにより多くの癌の原因になっているという結論的証拠を見出しました。


But below 100 millisieverts, no one here, after all these years, can detect any adverse effects.
しかし、100ミリシーベルト以下では、ずっと今までの年月の後、有害な影響が検出された人はいません。


EVAN DOUPLE: Extrapolating down, where we tend to have most of our survivors, because radiation is not such a strong mutagen, it becomes more and more difficult to show significance. So, as an epidemiology study, it's a big challenge to try to show effects that are significant at low doses.
イヴァン: 既知の事柄から推定すると、ほとんどの生存者の傾向から、放射能は、そのような強い突然変異原ではないので、重大性を示すのがより難しくなっているのです。なので、疫学的研究として、低線量の影響が重大だと示そうとするのは、大きな挑戦です。

 
MILES O'BRIEN: Scientists are now devising ways to study the people of Fukushima Prefecture, but it will be a challenge to connect the dots. While it is relatively easy to calculate the radiation dose that an atomic bomb survivor received in one instant, determining it for those who receive a very low dose for a very long time is much more of a guessing game.
マイルズ: 科学者たちは今、福島県の人々の研究方法を考案しています。しかし、点と点をつなげるのは大変なのことでしょう。一瞬で被曝した原爆の生存者の被爆量を計算するのは比較的容易である一方で、とても低い被曝量をとても長い期間受ける人々にとって、被曝量を確定するのは、連想ゲームののようなものでしょう。


It's a big job, isn't it?
大変なことですよね?


KAZUO SAKAI, National institute of Radiological Sciences: It is. The target people is more than two million. So -- and that will be a very difficult, very challenging, challenging work.
放射線医学総合研究所、サカイ・カズオ氏: その通りです。対象になる人は、2百万人以上なのです。なので。。。とても困難でしょう。大きな挑戦で、挑戦的な作業です。


Picture8_20120322082547.jpg


(この放射線医学総合研究所がどういうところか、ということを、前出児玉教授がお話しています

放医研の理事っていうのは文科省の天下りばっかりで、140億円も税金を使って自分たちは病理学検査を一件もやっていず、政治機関になっちゃって、「低線量が悪い」っていう研究者にレッテルを貼り、金で作ったホームページで、どんどん、どんどんそういう研究者叩きを始めているから、いまの放医研は、本当にクレイジーな事になっている。(要約です)

のだそうです。



MILES O'BRIEN: Kazuo Sakai is a radiation biologist with Japan's National Institute of Radiological Sciences. He says a gradual radiation dose is not as harmful as an instantaneous one.
マイルズ: サカイ氏は、放射線医学総合研究所の放射線生物学者です。彼は、徐々に被曝するのは、瞬間的な被曝ほど害は無い、と言います。


KAZUO SAKAI: When you reduce dose rate, so the effect is becoming smaller and smaller.
サカイ氏: 被曝量を減らすと、その影響はより小さくなります。


MILES O'BRIEN: The body heals, doesn't it?
マイルズ: 体が治癒するのですね?


KAZUO SAKAI: Yes.
サカイ氏: そうです。


MILES O'BRIEN: If you get it all in one shot, it is much more of a shock, right?
マイルズ: もし一度に全てを受けてしまうと、もっと多くの衝撃、ということですね?


KAZUO SAKAI: Yeah, you are right.
サカイ氏: そうです。 その通りです。
(文部省からの天下りで、病理学検査を全然やっていない人ではないですよね?)


MILES O'BRIEN: Right?
マイルズ: そうなのですか?


KAZUO SAKAI: Yeah.
サカイ氏: そうです。
(断言するならば、いずれ責任を取ってもらいましょう。でも。。。それでも責任を取らなくて良いのが、現在の世の中の仕組みなのでしょうが。。。)


MILES O'BRIEN: Sakai says six workers at the Fukushima Daiichi plant sustained doses in excess of 250 millisieverts, but none have developed acute radiation sickness.
マイルズ: サカイ氏は、福島第一原発の6名の作業員が、250ミリシーベルトを超える量を被ったけれど、誰も放射線からの急性の病気にならなかったのだと言います。
(注:何の調査も無いまま、そのように表向きに発表されているだけです。)

As for the general population, so far no sign of illnesses. At this hospital in Minamisoma, a city that straddles the 20 kilometer exclusion zone, residents line up all day to be tested for radiation exposure. So far, they have scanned 10,000 people. About half had detectable amounts of cesium-137, but all at levels far below the threshold for concern.
一般市民については、今のところ病気の徴候はありません。20km県内をまたがる南相馬のこの病院で、住民たちは被曝量を検査するために毎日並んでいます。現在のところ、1万人を検査しました。約半数からセシウム137を検出可能な量異常が見つけられましたが、全てのレベルは、心配するような敷居値より、かなり低いものでした。
(注:一般市民の病気の徴候は恐ろしいほどたくさん出ています。心配する敷居値がいくつで、何が根拠なのか?誰も説明できていません。)


"It was unfortunate that people were exposed to radiation, but the radiation level is very low," says the hospital director, Yukio Kanazawa. "That's our conclusion."
「人々が放射線に被曝してしまったのは不運なことでした。しかし、放射線レベルは、非常に低いのです。」と、その病院の医院長、カナザワ・ユキオ氏は言います。「それが私たちの結論です。」


Picture9_20120322082547.jpg

(まだ、世界中の科学者が結論を出せないでいるのに、すでに結論を出しているところが、すごいですね。)


At the conclusion of my journey into the hot zone, I too got a thorough check -- fortunately, no cause for concern.
避難(ホット)地区への私の旅の最後に、私も全身チェックを受けました。---幸運なことに、懸念材料はありませんでした。


Did I pass? No problem?
私は本当に大丈夫なんですか?何の問題もないですか?


MAN: No problem.
男性: 問題ないです。


MILES O'BRIEN: It was the end of a sad visit. There may be no proof that living with low levels of radiation contamination can make you sick, but the absence of evidence is not enough to wipe away the evidence of absence. And the emboldened wild boar will likely have free rein here for decades to come.
マイルズ: それが私の悲しい訪問の最後でした。

Picture11_20120322082546.jpg


低レベルの放射能汚染と生きることで、病気になると言う証拠はありません。しかし、証拠の欠如は、それ自体を振り払うためには充分ではありません。そして、これから何十年もの間、ここでは、紐を解かれた野生のいのししが自由にしているのでしょう。


Picture12_20120322082546.jpg






長年にわたる研究やデータの証拠が隠されている、という証拠があるのです。

その隠そうという行為そのものが、

人々の恐怖心を煽ってしまうのです。



私が一番恐ろしく感じ、許せなくなってしまうのは。。。


放射能そのものよりも。。。


私欲のために、人を欺いて、


原子力を守ろうとする、


とても大きな権力。


そして、それをどうすることもできない自分、

なのかもしれません。




その大きな権力、原子力ムラの実態を、是非、今一度、振り返る必要があると思います。

ドイツZDF 「フクシマのうそ」


ドイツZDF フクシマのうそ by sievert311


菅氏:「網の目が細かく張りめぐらされて, 原発に対する批判がまったくなされない環境が作り上げられてしまいました。ですから原子力ムラというのは決して小さい領域ではなくて国全体にはびこる問題なのです。」


権力につぶされた

福島県の前佐藤知事が、事故当時現役だったら

住民への健康被害も、現在かかえている心労も、

全く違っていたことでしょう。


菅総理が、まだ現役総理で、

内閣そのものが、原子力ムラの圧力を完全にシャットアウトできたとしたら、

夢と希望の光を感じることのできた人が、もっといたことでしょう。


児玉教授が、被曝犠牲者の健康管理プロジェクトを率いていたら、

多くの被害者が協力し、

治療の改善を含め、確かなデータで、

長期低線量被曝の実態が早いうちに証明されることになるでしょう。



小出助教授が、原子力安全規制委員会の委員長だったら、

安全に、確実に、

あらゆる原発を廃炉にする道筋を立ててくれるでしょう。




本当にたくさんの、あらゆる分野の人たちが、

そして、巨大な力を持ちうる「世論」を作ることのできる、

多くの目覚めた市民たちが、

この巨大権力と戦っています。



どうか、

光が、闇を打ち破りますように。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/725-dc712937

まとめteみた.【真実が明かされない仕組み】 【まとめwoネタ速suru】
REPORT AIR DATE: March 9, 2012 Near Fukushima, a Big #039;Guessing Game#039; Over Radiation#039;s Long-Term Risks 長期放射能被曝について、福島付近の連想ゲーム Watch Near Fukushima, a Big #039;Guessing Game#039; Over Long-Term Risks on PBS. See mor...
【2012/03/29 22:16】
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。