スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

利益重視の留学生受け入れ教育機関に要注意

 2012-03-19
バンクーバーのダウンタウンは、アジア系の留学生で溢れています。

多くの留学生が、民間の、営利学校へ通っています。

しかし、その実情について、あまり良い話を聞いたことはありません。



For-profit schools hit by complaints
苦情を訴えられる営利学校



By Cassidy Olivier, The Province March 11, 2012

The complaints started two years ago, but the views have remained the same:
その苦情は2年前に始まりましたが、今でも変わっていません:


I didn’t get what I signed up for. I feel like I was misled. Don’t make the same mistake I did.
何に申し込んだのか分かりません。惑わされたのだと感じています。私と同じ間違えをしないでください。


Written in online forums, the posts, more than 200 of them, are describing University of Canada West (UCW), Vancouver Career College and CDI College, for-profit schools under the Eminata Group name -a Vancouver-based education empire that brands itself as “Canada’s Education Company.”
ネットフォーラムに書き込みされ、掲載されたた200以上のものが、「カナダの教育企業」としてブランドを確立したバンクーバー拠点の教育業界の帝王、Eminataグループの傘下にある、営利学校、カナダ・ウェスト大学(UCW)、バンクーバー・キャリア・カレッジとCDIカレッジのことを書いています。


All three schools are accredited by the province of B.C. and claim to deliver quality, “market-driven education” that betters lives. But many of the posts allege a different story - not one of schools opening doors to brighter futures, but of business practices that are leaving students, many of them international, frustrated and seeking answers.
これら3つの全ての学校は、BC州から認可されていて、生活を向上させる「市場駆動形の教育」としての質について主張しています。しかし、多くの掲示内容は、違う内容を強く主張しています。― どの学校も、明るい未来へのドアを開けるものなのではなく、ビジネスのためのもので、それで生徒は辞めていっている。それら多くの生徒は国外からの留学生で、答えを求めていらだっている、と。


Some posts describe tactics that are similar to some of what U.S. authorities found in a series of investigations there into for-profit schools beginning in the 1990s, such as hardball recruitment tactics and promises of high-paying jobs on graduation.
中には、1990年代に営利学校について始められた一連の調査で、アメリカ当局が見出したものと同じような手口が描かれている掲示があります。


Two of Eminata’s senior staff, Randy Cox and Daren Hancott, previously held executive positions at U.S. schools that were investigated and fined millions of dollars by U.S. regulators. Each headed his school’s Canadian division, and these were not investigated.
Eminataの2人の長年のスタッフ、Randy CoxさんとDaren Hancottさんは、調査を受け、アメリカの規制機関に何百万ドルもの罰金を払ったアメリカの学校の役員をしていました。2人ともカナダの分校を率い、それらはまだ調査が成されていません。


(Cox was previously a vice-president of Corinthians Colleges Inc. (NYSE:COCO). In 2007, Corinthian Schools Inc., a subsidiary of Corinthians Colleges Inc. and a related corporation, agreed to pay $6.6 million in compensation to students, mainly for “providing misleading statements to induce students to enrol.” Hancott was at Phoenix University, the largest for-profit university in the U.S., which in 2004 was fined $9.8 million by federal regulators for violating a law preventing recruiters from being offered pay incentives for signing up students. The fines were paid but neither school ever admitted to wrongdoing, according to media reports. Phoenix shut down its Canadian operations in 2010.)
(Cox氏は前はCorinthiansカレッジ社の副社長でした。2007年にCorinthiansカレッジ社の付属校、Corinthianスクール社が関連会社となり、6600万ドルの賠償金を生徒たちに払うことに同意しました。主に「生徒を入学させるための惑わすような言明」によるものです。Hancott氏は、アメリカで最大の営利大学の、Phoenix大学で、2004年にアメリカ規制機関から、生徒の勧誘者に対して、生徒の登録数による奨励金を与えることを防止するための法を破ったとして、9800万ドルの罰金を課せられました。罰金は支払われましたが、メディアの報告によると、どちらの学校も、間違ったことをしたとは認めていません。Phoenixはカナダでの営業を2010年に閉鎖しました。


The Eminata Group has dismissed the posts as a smear campaign launched by a few dissatisfied former students and staff, including a former director whom they claim is trying to extort money from them.
Eminataグループは、その掲示を、数人の不満な生徒やスタッフからの誹謗中傷だとして退けました。その中には、前ディレクターが生徒たちからお金を無理強いしようとしたという主張も含まれています。


A complaint filed by the Eminata Group to the Vancouver Police Department about the extortion matter was closed with no charges laid, Const. Lindsey Houghton told The Province.
無理強いの件に関して、Eminataグループがファイルし、バンクーバー警察に提出した苦情については、何の罪も問われなかった、とLindsey Houghton巡査はProvince紙に対して述べました。


“That website is obviously concerning,” said Drew Lawrenson, spokesperson for Vancouver Career College and CDI College, talking about the online posts. “We are aware of who they are, and we are dealing with them as best we can.”
ネット掲示版について、「そのウェブサイトは、明らかに懸念を起こさせます。」とバンクーバー・キャリア・カレッジとCDIカレッジのスポークスマン、Drew Lawrenson氏は話しました。「誰が書いているのか知っていますし、彼らについては、できる限りの対応をしています。」


6284246.jpg


But an investigation by The Province suggests there might be more to the posts than just disgruntled
students.
しかし、Province紙による調査は、単に不平不満の生徒という以上のものが、その掲示にあるかもしれないと示唆しています。


The Province has also learned that Dr. Verna Magee-Shepherd, president and vice-chancellor of UCW, resigned from her position March 9.
当紙はまた、UCWの学長であり、副総長であるVerna Magee-Shepherd博士が、3月9日にその職を辞していたことを知りました。


In a letter to students, she advised that Vancouver lawyer Skipp Triplett, who recently conducted a months-long review of B.C.’s community gaming grants after being appointed by Premier Christy Clark, will serve as board steward to UCW during the search for a new president.
生徒たちに宛てた手紙の中で彼女は、Christy Clark知事に任命された後、BC州の地域賭博助成金についての何ヶ月間にもわたる見直しをしていたバンクーバーの弁護士、Skipp Triplett氏が、新しい学長を探している間、UCWの重役会の執事として務めることになる、と書いていました。


Attempts to reach Magee-Shepherd for comment were unsuccessful.
当紙は、Magee-Shepherdにコメントを求めようと思いましたが、つかまえることができませんでした。


A current instructor at CDI College’s Surrey campus, who agreed to speak with The Province on condition of anonymity, said she knew some of the online allegations to be valid, including the use of unqualified teachers, misleading enrolment information, commissioned sales reps and inconsistent exam standards.す現在のCDIカレッジのサーレーキャンパスの匿名希望のインストラクターは、当紙に対して話すことに同意してくれました。ネット上の申し立てのいくつかが有効であると知っていた、と言います。資格の無い教師たち、惑わすような入学情報、勧誘員へのコミッション、そして、統一性のない試験基準


“It is just about money,” the instructor felt. “The whole thing is just wrong.”
「ただ、お金のことだけなのだ。」とそのインストラクターは感じていました。「全てのことが、間違っています。」


Not named in the allegations is the founder of the Eminata Group, Dr. Peter M. Chung, an enigmatic pastor’s son from L.A. who served as Paraguay’s honorary consul to Canada from 2007 until 2009, a position that required approval from the Canadian government.
申し立ての中では名前を記されていませんでしたが、Eminataグループの創立者、Peter M. Chung博士は、カナダ政府から認可が必要とされた役職、2007年から2009年までカナダのパラグアイ大使、を務めた、ロサンジェルスからの謎めいた牧師の息子です。


An ardent Christian, Chung openly speaks of his love of God in interviews and of his international missionary work.
熱心なキリスト教徒のChung氏は、インタビューで、神の愛と、彼の国際的使命について率直に話します。


But there is another side to Chung that is glossed over in his interviews.
しかし、そのインタビューの中には、うわべを取り繕うとする、もう一つの側面のChung氏がいます。


Close to 20 years ago, he left California in disgrace, his fortune depleted and his computer school ordered closed by state authorities. He has described this time of his life as a “business reversal” and to this day denies wrongdoing.
20年近く前、彼は恥辱の中、カリフォルニア州を後にしました。彼の財産は使い果たされ、彼のコンピュータスクールは州政府により閉鎖を命じられました。彼は、人生のこのときのことを、「ビジネス転倒」と表現しました。そして今日に至るまで、間違っていたことを否定しています。


A newspaper story at the time quoted him as blaming the school’s problems on “disgruntled ex-employees who had been discharged” and “a handful of dissatisfied students.”
当時の新聞には、彼のことを、学校が抱えている問題を、「不満を抱いているやめさせられた元従業員」のせいにした、と示しています。


Documents filed in 1993 in the Superior Court of the State of California, however, describe it differently.
文書は、1998年にカリフォルニア州高等裁判所に提出されましたが、違ったように書かれています。


In a judgment handed down in his absence, he and his companies were ordered to pay $12 million to the students they were found to have defrauded using methods reminiscent of the online posts now showing up in B.C.
判決は、彼がいないところで伝えられ、彼と会社は1200万円をそれらの掲示(今ではBCのネット掲示版に現れていますが)を回想する手法を使ってだまされいたということ分かった生徒に払うことを命じられました。

This was in 1992/1993.
これが、1992年と1993年のことです。


About two years later, Chung founded the Eminata Group in Vancouver.
それから約2年後、Chung氏はEminataグループをバンクーバーに創立したのです。


The admissions rep had called every day for several weeks. Tony Des Lauriers, then a 27-year-old Surrey resident with a dream, had a decision to make. That web design course he’d been eyeing was about to start. The seats were filling up fast. So was he ready to chase the dream or not?
入学勧誘者は何週間もの間毎日電話をかけました。当時27歳だった、夢を持った、サーリーに住んでいたTony des lauriersさんは、決断したのです。彼が注目していたウェブデザインのコースは、始まろうとしていました。席はすぐ埋まってしまいます。では、夢を追う準備ができているか?そうではないか?


“They were putting pressure on me, telling me that class was going to start soon,” Des Lauriers told The Province. “That’s actually why I made the appointment.”
「彼らは、私にプレッシャーをかけました。クラスはまもなく始まるというのです。」Des Lauriersは、当紙に話しました。「それが、実際に私が予約をした理由です。」


The appointment was at CDI College’s Surrey campus. The date 2008. Des Lauriers knew the college well - he had passed by it dozens of times on his way to and from the White Rock retirement home where he worked the night shift. An idea planted itself in his head and he filled out the online request for information. That’s when the calls started.
その予約はCDIカレッジのサーレーキャンパスででした。2008年のことです。Des Lauriersさんは、カレッジのことを良く知っていました。ホワイトロックの老人ホームへ夜のシフトで働きに行く通り道で、何十回も通り過ぎていたのです。その考えが頭に根付いてしまい、情報のためにネットでリクエストを送りました。それが、電話の始まりでした。


But Des Lauriers liked what he heard that day at the campus, especially the promise of small class sizes, meaning a lot of one-on-one time with his instructor who, he was told, would be excellent.
しかし、Des Lauriersさんは、キャンパスでその日聞いたことが気に入っていました。特に少ない生徒数を確約していることです。インストラクターとの1対1の時間がたくさんあるということです。インストラクターはすばらしいのだ、と言われました。


“One of the biggest things that sold me was he said I would be in a class of seven,” Des Lauriers said. “They didn’t make any express promise of getting a job, but what they kept reiterating was that a high percentage of their students were employed.”
「私に売り込んだものの中で一番大きかったことの1つは、彼が、7人のクラスになるだろう、と言ったことです。仕事が得られることの約束は全く口にしませんでしたが、何度も繰り返して言っていたのは、生徒たちが、高確率で仕事に就いた、ということでした。」


Des Lauriers took out a student loan for $14,000, enrolled, and quickly regretted setting foot on the campus.
Des Lauriersさんは1万4000ドル(約140万円)のスチューデントローンを組み、入学登録し、キャンパスに足を踏み入れたとたんに後悔しました。


“I was in a room of 40 to 45 people and everybody was taking different courses,” he said. “Some people were doing accounting, business applications on computers. Actually, for web design, in that entire room there was only myself and my brother.”
「私は40人から45人のクラスに入れられて、皆が違うコースの話をしていました。ある人は経理、ビジネスのコンピュータープログラムについてやっていました。実際に、ウェブデザインのためにそのクラスにいたのはわたしと私と弟だけでした。」


Des Lauriers said the admissions rep denied telling him that he would be in a class size of seven. The college didn’t have the books needed for his program, meaning he had to start in a different “learning module” that taught computer basics, said Des Lauriers.
入学勧誘者は、7人のクラスと言ったことを否定しているのだ、とDes Lauriersさんは言います。そのカレッジでは、彼のプログラムには、教科書がありませんでした。つまり、彼はコンピューターの基本を教える、違うモジュールから始めなければならなかったのだ、と話しました。


When Des Lauriers raised these issues with his instructor, he was told things would get better once he moved on from the introductory courses. But things never did get better.
インストラクターにこの問題を取り上げたとき、基礎のコースから進むにつれて、状況は良くなるだろう、と言われました。しかし、状況は決して良くならなかったのです。


Luis Bernardo, a Mexican national, had a similar dream this year when he enrolled in UCW’s $36,000 MBA program. He particularly liked the idea of gaining valuable work experience in Vancouver during his practicum.
メキシコ国籍のLuis Bernardoは、今年UCWの3万6000ドルのMBAのプログラムに入学登録したときに同様の夢をもっていました。彼は時に、実習期間にバンクーバーでの貴重な職歴を得ることができるという考えが気に入りました。


6284241.jpg


He never made it that far, quitting within days of starting the program. The reasons? He felt the instruction was poor and the staff was -unfriendly.
彼は決してそこまでいきませんでした。プログラムが始まって数日内にやめてしまったのです。どうしてか?そこでの教育が乏しく、スタッフは、不親切だったと感じたのです。


“I just didn’t like the fact that the teachers can’t speak proper English,” he told The Province. “I know my accent isn’t perfect, but at least I can make myself understandable. It’s such a disappointment.”
「教師たちが、きちんとした英語を話せないということが気に入りませんでした。」と彼は当紙に話しました。「自分のアクセントが完璧でないのは知っていますが、少なくとも、人に理解させることはできます。そのことには失望させられたのです。」


Bernardo is now preparing to return to Mexico without the $4,200 tuition deposit he paid, a sour taste in his mouth.
Bernardoさんは、彼が支払った4200ドルの前金を取り戻さずにメキシコに戻る準備をしています。とても口惜しそうに言いました。


“I was looking for a good education,” he said. “It didn’t work out for me.”
「私は良い教育を求めていたのです。私には、それはうまくいきませんでした。」


Asked about this specific complaint, Daren Hancott, the chief administrative officer at UCW and former vice-president of Canadian operations at Phoenix University, said the school’s teaching staff have solid credentials and are educated at the masters and doctorate level.
特定の苦情についてたずねると、ICWの入学事務局長であり、Phoenix大学カナダ支部の前副学長であるDaren Hancott氏は、講師スタッフは、根拠のしっかりした資格証明書を持っていて、修士号か博士号レベルの教育を受けているのだと話しました。


“I think we do a good job and I would stand by that,” he said. “I can’t really comment on that [Bernardo’s complaint] because maybe my English is not so good and I was born in Canada.”
「私たちは良い仕事をしているし、そのことについては忠実です。Bernardoの苦情についてはコメントできません。私の英語はそんなによくないかもしれませんが、私はカナダで生まれたのですから。」


A five-page letter provided to The Province, dated Sept. 14, 2011, and addressed to CDI College by a student in the dental assistance program, questions why she had to restart the entire second level of the program at a cost of $5,000, on top of her initial $20,000 tuition fee, for failing an exam.
2011年9月14日付けで当紙に提出された5ページにわたる手紙は、歯科助手プログラムの生徒が、CDIカレッジのことに言及しているものでした。当初支払った2万ドルに加え、試験に落ちたことで、なぜ5000ドルを更に払って、第2レベルのプログラム全てをやり直さなければならないのか疑問を持っていました。


6287268.jpg


The Province has also obtained a copy of a petition dated March 7, 2012, signed by six students in the same program, complaining about the punctuality of staff, a lack of basic instruments, and that they did not have “enough hands-on experience on real patients” before a recent exam.
当紙はまた、2012年3月7日付けの嘆願書のコピーも入手しました。同じプログラムの6人の生徒により署名されていました。スタッフの時間厳守のこと、基本的な教材そして最近の試験の前に、実際の患者との実習を充分にもてなかったことについての苦情です。


There is also a significant number of civil court documents bearing the names Vancouver Career College, CDI College and University of Canada West. Collectively, when these names are entered into B.C.’s online court registry, more than 20 civil cases within the last five years come up.
また、バンクーバー・キャリア・カレッジ、CDIカレッジ、カナダウェスト大学の名に関する民事法廷文書が多くあります。過去5年間にBC州のネット上の法廷登録で、20以上の民事ケースが入力されています。


Of the seven cases The Province looked at, two were settled (one was Des Lauriers’) and three were later withdrawn. Allegations included poor and non-existent instruction, misleading enrolment information, missing grades and sudden enrolment termination.
当紙が見た7ケースのうち、2つは解決済みで(1つはDes Laurier'sさんのものでした)そして、3つは後に撤回されていました。申し立ては、教育の欠如及び皆無、入学を惑わすような情報、成績評価がない、突然の入学取り消しなどを含んでいました。


The two other claims remain before the Supreme Court of B.C. They allege serious misconduct, including deliberately trying to mislead students into enrolling by providing inaccurate information, all of which is denied by the Eminata companies.
2つのほかの申し立ては、BC州高等裁判所へ上げられるものとして残っています。深刻な違法行為を申し立てています。故意に不正確の情報で生徒を入学させようと惑わせようとしている、というものを含みます。Eminata社はそれを否定しています。


Premier Christy Clark’s name is mentioned in one of these claims (more on this in Part 2 tomorrow).
BC州知事、Chiristy Clarkの名も1つの申し立てに言及されています。


The reviews, however, aren’t all negative. The Province spoke with students enrolled at Vancouver Career College and CDI College’s downtown campuses. While they thought there was room for improvement, the basic response from students was that they got out what they put into it.
しかしながら、再調査によると、全てが否定的ではありません。当紙は、バンクーバー・キャリア・カレッジとCDIカレッジのダウンタウンキャンパスの生徒と話をしました。彼らは、改善の余地はあると思うけれど、基本的な回答は、自分が払ったものは引き出せた、というものでした。


6287269.jpg



Des Lauriers, the Surrey resident who took CDI College’s web design program, maintains a different opinion.
サーレーに住んでいたCDIカレッジのウェブデザインプログラムをとったDes Lauriersは、他の選択肢を維持しています。


“They [Eminata schools] are offering you a space, to use, to rent, and to teach yourself at inflated prices,” he said.
「Eminata学校は、暴騰価格で、独学するためのスペースを使用、借用させてくれます。」


After withdrawing from his course, he tried to get his money back, an endeavour that led to several meetings, including one with a senior counsel for the Eminata Group, Royden Trainor. The matter was eventually settled in small claims court in his favour. A court order prevents him from speaking about the details.
コースを辞退した後、払った額を取り戻そうとしました。その試みは、何回かの会合を要しました。Eminataグループの主席弁護士のRoyden Trainorとの会合も含みます。最終的には、彼の望んだように少額請求裁判所に落ち着きました。裁判所命令のため、彼は詳細については話せません。

colivier@theprovince.com
Copyright (c) The Province






この営利学校グループではありませんが、私も、バンクーバーに移転したときに、留学生カウンセラーというタイトルの求人に応募したことがあります。

給料は馬鹿にされていると感じられるほど安く、全てコミッション制でした。

その場で、決断を求められました。

雇用条件のことなどは、詳しく話そうとせずに、とにかく「明日から来るのか来ないのか!」と。


丁重にお断りさせていただきました。


全てではないのでしょうが、ダウンタウンにある営利教育機関のほとんどが、このような利益重視主義で、教育のことなどあまり考えていないもののように感じられます。


運がよければ、良心的な講師で出会える、ということ。

それでも、学校の体質自体に問題があるので、教育環境として好ましいとは、私はとても思えません。(実際に営利カレッジに半年通った経験もありますが。)


公立の大学やカレッジは、言葉の壁が大きいとハードルが高いし、営利学校だと、公立学校より卒業までの期間が短いケースが多いということもあり、つい、安易にいける営利教育機関への留学が激増しているように思われます。


ウェブサイトを見ても分かるように、BC州の認定もされていますし、お金を出す両親は、実際にそこで講義を受けるわけでもなく、だまされてしまうでしょう。

遊び半分で留学気分を楽しんでいる学生は、自分で苦労したお金を持っていかれているわけではないので、苦情もあまり言わず、親元を離れ、自由奔放に海外生活を楽しんでいるだけように見受けられるケースも多々あります。


ずっと疑問でした。

教育と、営利活動は、本当に両立できるのか?


今のBC州の知事は、「雇用と州の経済を活性化させる計画の柱」の一つとして、国際教育、つまり留学生の受け入れ促進を掲げています。



premier-clark-and-south-korean-delegation.jpg
From left to right: Kim, Seong-Jong; Park, Sang-Bum; Premier Christy Clark; Dr. Peter Chung; and Randy Cox



違和感を感じずにはいられません。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/720-a2ef0842

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。